2009年06月07日

モザイク

精神病院の様子を、患者にモザイクをかけることなしに描いたドキュメンタリー映画を撮影した、想田和弘さんが、モザイクについてこう語っています。

「モザイクをかけると患者とそうでない者の関係が固定化され、見てはいけない、触れてはいけないというタブーを拡大再生産するからです。さらに、モザイクをかけることは撮影される側ではなく、撮影する側を守るものだという認識を強く持っていました。出ている人の顔を隠せば、おどろおどろしいBGMを流して異星人のように描いても、責任を追及されない。モザイクは、制作者の被写体に対する責任の放棄であり、映像の自殺といってもいい」

精神科診療所の内部にカメラを入れた映画監督・想田和弘
http://www.cyzo.com/2009/06/post_2099.html


映像を作る仕事をしている人は、このコメントを暗記するまで復唱すべきです。

モザイクというのは、匿名の告発者などの顔を、映像をぼかしてわからなくする映像加工のことですが、昨今のテレビのモザイク病は本当にひどい。時には、街角からレポートするレポーターのまわりすべてにモザイクをかけたりして、平気でいるのです。

映し出せないものであるならば、そこからレポートするのはバカげていないか?映してもいい、別の画を探すべきではないのか?代替する映像が一切ないのであれば、映像作品として成立しないのでボツにすべきではないか?

こういう思考を経ずに安易にモザイクをかけるのは、モザイクをかけることを前提にして、撮影しているからです。モザイクそれ自体を、「見てはいけない、触れてはいけないというタブー」であることを視聴者にアピールして興味を引く小道具として利用しているのです。

ジャーナリズムというものに価値があるとするならば、それはタブーを壊していくことで、タブーを強化するような態度は、ジャーナリズムの自殺どころではありません。そんなのは、ただの人民束縛装置です。

banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。