2009年08月19日

激しく右傾化するアメリカ

作者はなぜ匿名なのか?その理由は恐らく、ポスターが人種差別的なイメージだからだろう。

Obama as The Joker: Racial Fear's Ugly Face ワシントンポスト

このポスターが受ける理由は、人種差別意識に尽きる。

Obama 'Joker' Poster: It's All About Race LAデイリー

このポスターは、違法コピーしたフォトショップで子供が作った作品かもしれないし、中年男がメッセージを広めるために作ったのかもしれない。後者だとすればとても興味深い。なぜならグラフィティやゲリラポスターは、左派の専売特許だからだ。

フェイリーは言う。「人々の注意を引き、メッセージを伝えるというストリートアートの有用性に、ようやく右翼も気がついたのかもしれないね」

Shepard Fairey has 'doubts' about intelligence of Obama Joker artist
 LAタイムズ

jokerobama.jpg
オバマ大統領をバットマンのジョーカーに模したポスターが登場したとき、アメリカのジャーナリズムはこんな調子で警鐘を鳴らしました。

そして昨日、オバマをジョーカーに模した、知性の劣る差別主義者の顔が割れました。犯人は、シカゴ在住でパレスチナ系の20歳の学生でした。

犯人のフィラス・アルカティーブは、すぐに名乗りでなかった理由をこう述べます。

大統領に対して批判的であることを公に知られるのに不安があった。特にシカゴという土地柄は「ものすごくリベラルだから」と彼は言う。

「オバマが当選したあと、まわりはまるでキリストの再来のように見ていた」とアルカティーブ。「ぼくの見方では、彼は見かけだけだ」

Obama Joker artist unmasked: A fellow Chicagoan LAタイムズ紙

イスラエル贔屓だったブッシュ前大統領はもちろん大嫌いで、共和党支持でも民主党支持でもなく、大統領選は棄権したというアルカティーブ。そんな彼が、低俗で恐ろしいイメージ作りに手を染めるとは・・・。アメリカの右傾化、人種差別の影は、こんなところにまで及んでいるのです。

banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。