2011年07月30日

韓流というレイシズム

俳優の高岡蒼甫が、ツイッターでフジテレビの韓流プッシュを批判して、事務所を解雇されてしまいました。

ネットでは、高岡さんを支持する声が圧倒的です。彼のツイートを読んでみましたが、イメージとは違い(失礼)しっかりとしたことを書いているし、ご年配の方を除けば、テレビの韓流押しにウンザリしている人は極めて多いと思うので、彼の発言に溜飲を下げ、また彼の解雇に怒りを感じる人の気持ちは理解できます。

しかし、怒りの矛先を向ける方向を間違えてはいけません。おかしいのは韓国ではありません。あくまでテレビ局です。むしろ韓国は、その単純な国民性を手玉にとられて、日本のテレビ局にいいように搾取される被害者といえます。

想像してみてください。日本の「クールジャパン事務局」が、アメリカのテレビ各局に大金を出して、朝昼晩と「日本のアニメってすげー」「日本の芸能人てかっこいいー」なんてやり始めたら、それが日本人にプラスかどうか。短期的には利益を生むかもしれませんが、その気持ち悪さは確実にアンチ層を生み出し、中長期的に大きな打撃となるのは確実です。国家間、異民族間の文化交流というのは、そんな単純に上からのマーケティングで操作できるような代物ではないのです。

エキゾチシズムとかエスニシティは、マーケティングにおいて本来劇薬のようなもので、できれば使わずにこしたことはない、使う場合は細心の注意をもって扱うべき要素です。ところが今のテレビ業界は、そんなセオリーに従う余裕はなく、目先の金のためならなんでもします(NHKを含めて)。エンタメ産業に国家レベルで金をつぎこみ、とにかく「韓国サイコー」と叫んでいれば満足してくれる、女に色目を使われたらホイホイ金を出してしまう男のような韓国は、そんなテレビ局にとって格好のカモなのです。

もし本気で韓国がエンタメ産業で末永く稼ぎたいなら、また韓流プッシュのテレビ局が本心から韓国エンタメのすばらしさを伝播したいと考えているなら、まずすべきことは、「韓」とか「K」とかいうくくりを外すことです。10年ほど前にボアが日本でブレークしたとき、多くのファンは彼女が韓国人であることを特別意識しませんでした。彼女は韓国生まれのJポップアーティストだと見ていました。日本に限らず、外国人タレントが異国で広く長く活躍するためにとるべき態度は、それしかないのです。

その反対に、国とか民族とかを看板にして売りだすやり方は、短期的にはブームを作りやすいですが、一発芸で売りだした芸人と一緒で、すぐにキワモノに転じてしまう運命にあります。そしてそれを不自然に引っ張れば、あとは弊害しか生みません。今の韓流はこの段階にあります。しかしテレビ局はそんなこと知らぬ存ぜぬです。テレビに感化されやすい「情弱層」と、「ホルホル体質」の韓国を手玉にとり、稼げるだけ稼げりゃいいのです。

テレビの中の人たちは、韓流を煽ることで、両国の親善が進むと考えているのかもしれませんが、そんなのは欺瞞です。一見友好的な態度の裏に潜むのはレイシズムで(韓流スターは、どうあがいても国籍を超えられないのだ!)、それは視聴者の心を確実に蝕みます。韓流という言葉が死語になったとき、そしてそのときはあらゆる流行と同じように必ずやってくるのですが、多くの日本人の中に残るのは、韓国人に対する抜きがたい偏見のみになるはずです。

banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。