2009年06月14日

生身のバーチャルアイドル

個人的にこの週末に一番気になったニュースは、どうしたわけか、Perfumeのメンバーの“お泊まり愛”のことでした。

別にPerfumeのファンというわけではないのですが、すごく違和感を感じたのです。

これが“個性”を売りにするようなアイドルであれば、もちろんファンはがっかりでしょうが、存在自体に矛盾は生じません。しかしPerfumeの場合、その存在自体を否定してしまうように思うのです。

要するに、Perfumeというのは、凡庸な人間臭さを隠したり、卓抜した“個性”を前面に押し出すことで、生身の人間を神々しいバーチャルな存在にまで高めるという従来のアイドル製造法をコペルニクス的転換し、バーチャルアイドルを生身にしたような存在でした。

その意味でPerfumeというのは、完全にバーチャルなGenki Rocketsとか、極端な例では初音ミクなどと同列な存在です。ただし完全にバーチャルな存在だと感情移入しにくいですし、反対に生身の方が強く出過ぎると、バーチャル性が否定されてしまいます。Perfumeというのは、そこのところを絶妙にクリアし、バーチャルアイドルでありながら生身であることを達成していたのです。

Perfumeに生身の体を与えた彼女たちは、徹底的に没個性です。いや、確かに個性はあるものの、それは子どもの個性のように無垢なレベルで、ひねくれたものである大人の個性ではありません。没個性ですらない没個性で、それは意図して作れるものではなく、そこにこそPerfumeの匠はありました。

しかし、“お泊まり愛激撮”というあまりに下世話なエピソードは、そのバランスを崩すに十分です。この影響はおそらく、ひたすら恋愛沙汰を隠していた昔のアイドルのスキャンダルよりも深刻です。昔のアイドルには、アーティスト性という個性をより前面に押し出すことで神々しさを取り戻すという手もありましたが、彼女たちの場合、個性を前に出すことはできません。そんなことをすれば、その存在の根幹であるバーチャル性が崩れ、凡庸なガールズユニットに堕してしまうからです。

Perfumeの生身の部分に何が起ころうと、中田ヤスタカのセンスのいい音楽は変わりません。しかし、生身のバーチャルアイドルという微妙なバランスを崩したPerfumeは、希少性を失った、誰にでもコピーできる存在でしかなく、コアなファンとともに、そのおもしろさのかなりの部分を失うに違いありません。

Perfumeは、これからの時代のアイドルのおもしろさを見せてくれるとともに、その持続性の難しさ、はかなさを示した例だと思います。


凵iトライアングル)(初回限定盤)


banner_03.gif
この記事へのコメント
そんなことよりも、oribeさん、鳩山・西川騒動についてはどうお考えなのですか?四年前に小泉竹中改革・郵政民営化支持を表明していたブログ主として、市場原理主義の失敗、欺瞞と利権に塗れた郵政民営化の実態が明らかになりつつある今、改革とは、小泉とは何だったのか。復帰するに当たり、きっちりと総括をして頂きたいと思います。
Posted by 敦盛 at 2009年06月14日 09:54
>敦盛
>きっちりと総括をして頂きたいと思います
総括を要求するとは・・・サヨクのかたですか?w
Posted by at 2009年06月14日 11:28
◆◇小向美奈子 ストリップデビュー映像入手!!◆◇


http://minakohamachan.blogspot.com/


「この日を迎えられてとてもうれしい。精いっぱい頑張ります」というあいさつの後にネグリジェ姿で登場。


◆◇小向美奈子 ストリップデビュー映像入手!!◆◇


http://minakohamachan.blogspot.com/
Posted by ◆◇小向美奈子 ストリップデビュー映像入手!!◆◇ at 2009年06月14日 13:39
Perfume は動画で2回位見ただけなんですが、
特にバーチャルな気がしないですけどね。単に「エフェクト効かせまくりで元声判んねえよ」と思っただけで、飽くまで生身の人間という印象でしかないです。地声で魅了する実力に乏しいのなら自前の「スターのオーラ」も出て無い訳で「下世話な営業もやってきたんやろな」などと寧ろ下世話な想像しますね。まぁ、問題はコアなファン層がどう感じるかなのですが、僕はそういうことを想像しないでいられる便利な脳ではない。

独断と偏見で言えば、初音ミクの様なボーカロイドこそ、
現在の技術水準では最も完成度の高いバーチャルアイドルの在り方かなと。声色が確かなものとして在るためか、ビジュアルだけのキャラよりも存在を錯覚できる。また、この辺が上手いと思うのですが、サンプリング元の声優を前面に出さず、かつ、特に隠しもしないので、その声優とは別存在と割り切れるのです。アニメキャラの様に、変に声優を持ちあげたり、同じキャラクターを異なる音声(声優)が演じたりしませんし、話す言葉(歌詞)と声優が切離されているので、何をしゃべらそうが飽くまでボーカロイド自身の言葉と認識できるんですね。
そして、人間という「本体」がないから、期待を裏切ることもない。同時に本体がないから実体が遍在できる。ビジュアル的に簡単な漫画で描こうが、三頭身にしようが、人形にしようが、ある程度の記号が揃っていれば、音声と組合わせた瞬間に、どれも「初音ミク」実体として認識されます。
かつ、本体が無いと「絶対に本体に触れられない」哀しさが憧れを増幅します。

・・・などと考えていましたが、
バーチャアイドルの究極はキリストさんかと(ヤハウェさんまで行くと曖昧すぎ)。
音声は残ってませんが、歴史上実在したことになっている以上「存在感」は獲得済みで無問題です。ビジュアルも記号だけ残っているが故に、どう描いてもOK。言葉は全て伝聞であるが故に、期待を裏切る行為は偽記述とできるし、もう死んでいる(?)ので余計なことはしない。
多分「詳細は曖昧だけど確固たるイメージ」がポイントかと。
Posted by 小野まさ at 2009年06月15日 00:11
私はPerfume の音楽がかなり好みなので、個人的には普通のアイドルがすっぱ抜かれたんだな位の感想で、特に失望を感じるとか、そういうことはありません。音楽にはあまり影響がないので。
私自身初音ミクを名前でしか知らないので、バーチャルアイドルっていうのもいまいちぴんと来ないっていうのもあるのかも。
とりあえず、Perfumeは歌も下手ではないと思うし(前に何かの番組で加工してない歌声を聴いたことある)、田中ヤスタカの作る音楽は天才的だなぁ、と私は単純に思っているのですが、世の中そんな単純な人間ばかりではないのですね。
Perfume責任重大なんですね。
Posted by natyu at 2009年06月15日 02:33
私もPerfumeは結構好きなのですが、ちょっと変わったガールズユニットとしかみていません。もっとも、私は、彼女たちのイメージとかは関係なく、パフォーマンスのみを評価しているだけなのかもしれません。
ですので、男の本能としてなんか悔しいとは思いましたが、「年頃の女の子なんだから、そんなこともあるだろう」という感じです。
Posted by はるか at 2009年06月15日 03:19
perfumeは地方の売れないアイドルグループからスタートして、ずっと鳴かず飛ばず。ニコニコ動画のアイドルマスターMADでやっと大ブレイクした感じですよね。
なのでバーチャルアイドルというくくりは理解来ます。

ブレイク後の活動はいわゆる普通の売れっ子で、露出露出露出の嵐。
知名度は上がったものの、手垢にまみれていって(この「手垢」=「斜陽企業のテレビ」ってのが怖い!)そして今回の事件(?)に至る訳です。

僕はアイドルに彼氏が!だのどうでもいいタチで、女性にアイドル性を求める事もないですが、もっといい売り出し方があっただろうにと思う事が多いです。
Posted by ムーム at 2009年06月15日 08:10
>敦盛

http://diamond.jp/series/tsujihiro/10064/

結局は既得権をめぐった抗争なんだが、明らかに鳩山には理がないね。

http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/d/20090610

ただ、こういうのを見ると、「あの事件」とも関係があったようで、思ったより根は深い問題なのかも。

まあ、そんなことより、perfumeの話でもしようぜ。
Posted by さく at 2009年06月16日 05:18
しかし、かつて

>敦盛

のような意見が大数を占めた結果全体主義化、統制経済化が進み、「いつか来た道」が訪れたのかと思うと興味深いわ。
Posted by さく at 2009年06月16日 05:31
今まで見たPerfumeに関する評論のなかで、一番納得できる記事でした。
もともとの声に極端にエフェクトをかけて生声を殺し、限りなくバーチャルに仕上げた初音ミクの代替品を我々は愛してしまったというわけですね。オタクでなくてもかかわれる初音ミク、というポジションでしょうか。

でも、それなら一層、初音ミクの声優さんがリアル世界で何をしようと初音ミクの人気にあまり影響が無いように、今回のことはPerfumeの人気に影響を生じないかもしれません。

今回のスキャンダルが新しいアルバムの売り上げに影響を及ぼすかどうか。・・ここを見ていけば、ファンが彼女達をほんとうはどうとらえているのか、「Perfumeの中の人」「Perfumeの声優さん」が何をしても構わないと思っているかどうか、そのあたりがはっきりするでしょうね。
これからの時代のアイドル、確かに面白いですね。
Posted by nanoshi at 2009年06月18日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/121445656
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。