2009年06月16日

誰もが夢中になる巨人戦

巨人戦の視聴率が結構いいようで、日テレでは来期から巨人戦の放送を増やすことを検討しているそうです。

来季は激増の可能性が出てきた地上波 巨人戦中継

かつてはテレビ局のドル箱だった巨人戦中継の視聴率は、2000年代に入って年々下降し、日テレをはじめとするテレビ局は、視聴率のとれない巨人戦をお荷物視し、やがてはコンテンツとして失格の烙印を押して放送を減らしてきました。しかし、BSやNHKに放送させてみると結構いい数字をとるので、やっぱりいけるんじゃね?と、そういう話です。

記事の中では、巨人戦視聴率復活の理由を、「100年に一度といわれる不景気」により、寄り道せずに帰宅する人が増えているせいだと、大手広告代理店のシンクタンクに断言させています。しかし、仮にその通りだとしても、地上波で放送すれば視聴率が上がるとは限りません。

NHKニュースの視聴率がいいからと、民放でゴールデンタイムにニュースを放送しても視聴率はとれませんよね?かわいいだけの女子アナウンサーが司会をし、著名人がしたり顔でコメントをし、視聴者の感性に訴える煽り満点のショーアップされたニュースなど、誰ものぞんでいないからです。むしろ視聴者はそういうコテコテの演出に違和感を感じているからこそ、NHKニュースに逃げているのです。

しかし、テレビ局に煽りはやめられません。なぜならテレビのパワーの源は、大衆を煽る力にこそあるのであって、煽れないテレビ、煽りのないテレビはテレビではないからです。

そもそも、“誰もが夢中になる巨人戦”という、冷静に見れば気味の悪い現象は、そうしたテレビの煽りパワーにより作り出された煽りの結晶、テレビの最高傑作でした。

巨人戦の視聴率下降のそもそもの理由は、テレビの煽りパワーの低下にこそ求められるべきであり、そうしてみると、それを巨人軍のせいにしてお荷物扱いしたり、今また調子よく地上波に戻そうとしている日テレの行動が、いかに的外れかわかると思います。

ほとんど煽りのないNHKやBSで放送すると結構視聴率がとれるからといって、「これを地上波のゴールデンにすえてショーアップすれば、最低20パーは固いぞ!」というのは物事の本質が見えていない旧思考の最たるもので、テレビ放送が、逆に巨人のお荷物になりかねません。

banner_03.gif
この記事へのコメント
あと、記事の流れからはズレますが、最初から最後まで放送してくれるというところもいいのでは?
NHKは途中でニュースを挟みますが最初から最後までやってくれます。
BS日テレの方は、延長は1時間ですが、10時までにはほとんどの試合は終わりますし、最初から放送してくれます。
ここを考えないでショーアップだけしても無駄だと思いますね。あと、番宣うざすぎ
Posted by at 2009年06月16日 19:56
同感ですね。
民放と違って試合を淡々と見せてくれるから良いんでしょう。視聴者の方も半ば夕飯喰らう時のBGMの様な感じで淡々と見ているのではないでしょうか。

歳とった親がマラソンとか駅伝とか見るの好きなんです。
選手の紹介がちょっと五月蠅いけど、他のスポーツみたいに騒がしくないから良いと。出来ればアナウンサーも無しで、さらに選手が走らなければ尚良いそうな。実際、出歩くことも億劫になって来ると、きれいな風景や訪れたことのない地方の街中の景色がボサーッと流れていく映像が大変ヨロシイそうです。

その内、車載カメラを付けて適当にドライブして撮った映像をチョイチョイと編集した超低コストの番組に、高額ギャラの芸能スターを掻き集めたバラエティー番組が負ける時が来るでしょう。多分、負けても認めず、何年かは隠蔽されるでしょう。超低コスト番組では、テレビ業界の人に旨味が無いでしょうから。
Posted by 小野まさ at 2009年06月16日 22:30
かつてテレビの上客だった人たち、いわゆるテレビの煽りにうまく乗っかってくれるような人たちが、いまネット上では情弱(=情報弱者)とかスイーツ(笑)とか言われています。

昨今のテレビの視聴率を見ていて面白いなと感じるのは、現在テレビで高い視聴率をとっている番組が大きく分けると次の2タイプに分類できるということです。

ひとつは、おそらくインターネットとは縁遠いと思われるお年寄り世代向けの番組。
代表的なものはNHKニュース7や笑点など。
もうひとつは、携帯電話を持つ前の子供とその母親世代が一緒に見ている番組。
代表的なものはヘキサゴンUやはねるのとびらなど。

要するに若い世代(ティーン)や20代30代の男性は以前ほどテレビに夢中になっていないということです。
携帯電話やネットにわりと慣れ親しんでいるであろう世代と妙に一致しているような気がします。
Posted by 権兵衛 at 2009年06月16日 22:51
>「これを地上波のゴールデンにすえてショーアップすれば、最低20パーは固いぞ!」
なんという深夜放送の枠移動討死フラグ。
Posted by wh at 2009年06月17日 06:02
地上波、というか大手メディアのスポーツ部門は本当に酷いと思う。
テレビの地上波での中継も酷い出来なのだけど
新聞の記事もかなりレベルが低い。
野球なんかはまだ良い方でボクシングなどの格闘技系になると
本当に試合を見て書いたのか怪しいような記事もある。
読むべきところはそれこそ識者のコラムだけで
「記事」には全く価値が無いような感じ。

スポーツでの大手メディアのレベルはアメリカとは天と地ほどの差がある気がします。
(NHKでやる)MLBやNBAなんかの英語放送を見ると特にそう思います。
英語が良く分からなくてもそっちのほうが分かりやすいくらいで・・・
有料のチャンネルでは流石にそういうことは少ないですが。
Posted by at 2009年06月17日 18:24
最近はドラマも20%取るのがなかなか難しくなってきましたね。
まずまず当たってると思ったら、ヤンキーものだったり現実離れしたセレブな世界の話だったり・・・確かに「テレビをよく見る層」というのが固定しつつある気がします。

野球のショーアップと言えば、ヘキサゴンナイターなんてありましたね。
ちょうどスーパー銭湯に行った日だったんですが、湯上りのおじさん達が「なんだこれは?」「野球も最近視聴率取れないからな」なんて話してました。
Posted by ミツ at 2009年06月17日 18:36
> 小野まさ
 いつも面白いコメントだなと思ってみているんですが、
ブログとかは書いていないんでしょうか。
Posted by pp at 2009年06月18日 20:42
> ppさん

有り難うございます。ブログは書いてないです。
毎日とは言わずとも、週2回以上も更新が入る様なブログを維持するのは、怠け者の自分にはとても出来ません。。。生業が暇でも無理ですね。締切の無い仕事は出来ない性格っつーか、まぁ、怠け者なんですよ。
oribeさん初め、それが出来ている人は尊敬します。
Posted by 小野まさ at 2009年06月21日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。