2009年07月02日

ステージママ

沖縄に遊びに行ってきました。沖縄の梅雨明けは例年よりだいぶ遅れていたそうですが、沖縄入りすると同時に梅雨が明け、おかげさまで海遊びを満喫させていただきました。

さて、そんな夏真っ盛りの沖縄でのこと。

宿泊したリゾートホテルで、食事のときに三線奏者の女性がテーブルをまわり、民謡や沖縄風ポップスを歌うというサービスをしていました。

彼女がぼくら夫婦の座るテーブルの付近にやってきてリクエストをつのると、となりのテーブルに陣取る女性が、「子どもの帰りをちょっと待っていただけますか」と、たまたま席を外していた子どもの帰りを待つように頼みました。すぐに戻ってきた息子さんは小学校3年生くらい。母親は、「×××(子どもの名前)、なにかリクエストしなさい」と息子を促しました。

するとこの息子さん、物怖じせずに次々とリクエスト曲をあげていきます。それはもう不自然なほどはきはきと。

やがて三線奏者の女性は、客からカメラのフラッシュをあびながら、リクエスト曲を含めて4曲ほど歌い終え、挨拶をして引き上げの準備にかかりました。すると隣のテーブルの妙に快活な子どもが、もどかしそうにこう言いました。

「子役なの・・・」

「え、子役?おばさんのこと?何?」女性はわけがわかりません。母親が説明を始めました。それによると、その子は子役をしていて、×××(ジャニタレを主役に配し、テレビ局がスポンサーについて1年ほど前に宣伝攻勢をかけたリメーク映画)で重要な役を演じたということでした。

「今は髪が伸びたからちょっとわからないかな」と母親。

三線奏者の女性は「へー、そうなんだ!おばさんの方が一緒に写真撮って欲しいくらいだけど、今カメラ持ってないから残念だな。握手?おばさんの方から頼まなくちゃね。ありがとうございます。あ、写真撮ってくれるんですか?感激だな。×××さん(映画の中で母親役を務めた人気女優)はきれいでしたか?そりゃきれいでしょうね!へー」

三線奏者の、自分の役割を心得た大げさなリアクションは痛々しく、ぼくは直視することができませんでした。カミさんを見ると、何か言いたそうに口をふるふるさせています。しかし母親の方は気まずい空気を感じられないようでした。

「今回はプライベートで来てるんです」

そんなことを言いながら、奇妙な母子2人は、三線奏者より先に席を立ちました。離れ際に、「×××(子どもの名前)、みなさんにご挨拶しなさい」と母親に促された息子は、慣れた様子で付近のテーブルの客たちに手を振り、颯爽と引き上げていきました。

churaumi.jpg

banner_03.gif
この記事へのコメント
うわぁ、と思わず声を出してしまった…
Posted by yuu at 2009年07月02日 19:12
>三線奏者の、自分の役割を心得た大げさなリアクションは痛々しく、ぼくは直視することができませんでした

この気持ちすごくよくわかります^^


それにしてもイタイママですねぇ…。
Posted by ぽんた at 2009年07月02日 19:38
芸能界では子役上がりは大成しないとのことですが、何となくその理由が分かったような気がします。そのことに「ママ」が気づいているのかどうか。。。
Posted by JFK at 2009年07月02日 20:35
芸能界で子役上がりは大成しないとのことですが、何となくその理由が分かったような気がします。そのことに「ママ」が気づいているのかどうか。。。
Posted by JFK at 2009年07月02日 20:35
こころなしかイルカさんも渋い表情ですw
Posted by 1GO at 2009年07月02日 22:01
三線奏者の方は色んな意味でプロですね。

私も学生の頃、似たような事をしてお客さんをしらけさせてしまった事が・・・
ある有名大学の有料コンサートに行った折、中盤あたりで観客が参加するコーナーがありました。大勢の中からひとり司会者に指名された私は壇上でコメントを求められ、
「実は私も○○大学で同じ音楽をやってるんですが、本当にみなさん素晴らしくて感激です」と、素直な感想を話しました。

ステージ上の奏者たちはちょっとした驚きと共に偶然を喜んでくれたのですが、観客席からはそれが全て仕込みに見えてしまったらしく、サーッと会場の雰囲気が冷めていくのがわかり、冷や汗が出ました。
今だにあの時どう振舞ったら良かったのか、わからない私はエンターテイナーに向いてないのでしょう。
Posted by ミツ at 2009年07月02日 23:18
ステージ親子のシンプルな価値観が透けて見える。曰く

「テレビの露出の多さと社会的地位は比例する。」

凶悪犯や不倫芸能人なんかのカーストも高そうであります。

尤も、この価値観はテレビ業界内においては絶対の真理であろうし、
業界の外にも結構信奉者を抱えてそうであります。

テレビ持たない歴20年の俺なんかには無縁ですけどね。
Posted by 小野まさ at 2009年07月03日 21:59
偶然(!)、うちもイルカのいる沖縄のホテルに行ってきました。
梅雨明けの沖縄はとてもすてきなところで、海の透明さに感動しました。

そして食事の時、うちのテーブルにも三線奏者の女性が回ってきました。
ちょっと悲しかったのは、演奏が終わったときに酔っぱらったうちの親戚が無理やりその女性にお金を渡そうとしたことです。

周囲の人々はちょっと鼻白んだ様子で、気まずい空気が流れました。

でもその女性はさすがにプロでした。にっこり笑って「あらいいんですか? すみません」と受け取って次のテーブルへと移っていきました。

ええ、とてもお上手な演奏でしたよ。
Posted by nanoshi at 2009年07月08日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/122646700
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。