2009年07月25日

単純感動ワールド

深町秋生さんのブログで、TBSのスポーツの取り扱いについて語られています。

映画では野球の魅力がこれっぽっちも描かれなかったけれど、亀田家を取り上げたときもボクシングという競技をまともに描いてはいなかった。野球でもボクシングでも、試合というのは相手の夢を砕くことなのだが、そうした悲劇性を消し、ときにはルールさえ無視して「夢をかなえる自分たち」という不気味な物語をつむぎつづけていた。自分たちが盛り上がるためなら他人や法律などシカトしてもかまわないというカルト宗教みたいな臭いがした。ここで大事なのは「説教する」「みんなで大声をあげる」「勝利に号泣する」なのであって、つまるところ競技はなんだっていいのだ。

TBSの自己実現。(相手を殺して)明日にきらめけ。

格闘技でもスポーツ映画でも、これと決めた主役を中心にしてチープなストーリーを紡ぎ上げ、スポーツはその舞台でしかなく、賞味期限が過ぎたら競技ごとポイ捨てされ、あとに残るのは搾取され尽くされた残骸だけというわけです。

でもこれ、TBSは特別えげつないだけで、どこのテレビ局も同じようなものです。そしてスポーツだけに限らず、テレビは世の中のあらゆる事象をそんな風に料理します。

テレビの表現には2つのキーワードがあります。ひとつめは「誰にでもわかる単純さ」で、時間をかけて説明しないと面白さが伝わらないものはボツで、幾多の流行語のように、そのおもしろさを一言で表現できれば最高。できないものは、余計な要素を削って無理矢理にでもそれに近づけようとします。

ふたつめは「感動」で、特にスポーツドキュメンタリー系の仕事をしていると、上の人は「もっと感動を!」としか言いません。「あまり感動の安売りをすると、本当の感動までチープにしてしまうのでは?」などという考えは青臭いへ理屈でしかなく、チープだろうとなんだろうと感動物語にすることを求められます。

深町氏を嘆かせるTBSは、ある意味愚直なまでにこの2つのキーワードを実践しているだけです。その理由はたぶん、TBSが民放各局の中でも飛び抜けてまじめな優等生揃いだからに違いありません。

テレビとは、単純な感動が大好きで、単純な感動があればそこに引き寄せられるし、自分の意にそぐわない事象は単純な感動に変えてしまう、そんな怪獣なのです。

banner_03.gif
この記事へのコメント
しかし、果たして今の日本人の程度からみて「本物の感動」と「作られたチープな感動」を判別できるとは思えないですよね。
以前、久米宏さんが何かの番組で言っていましたが、国民の程度とテレビをはじめとするメディアの程度って同じレベルじゃないと成立しないという言葉の表れのような気がします。
Posted by LL at 2009年07月25日 07:31
LLさん

いや、それは自虐的すぎるでしょう。
テレビの手法に違和感を覚える層が増えてきたから、昨今のテレビ業界はお寒い状態の訳ですし。

ただ、年寄り共は相変わらずのお花畑で、そう言った残念な日本人が集団のリーダーをやってるのがひじょーに問題ですね。僕たちワカゾーは生活の為には従わざるをえないので激しいジレンマです。
Posted by りゅー at 2009年07月25日 14:05
鈴木早智子は写真集「Voice」ですでにヌードになっているのだが、本作ではバストトップも惜しみなく披露。
男性との“本番”はないもののセクシーシーンは満載で、胸をもまれるなどの過激なシーンもあるのだという。

↓サンプル動画はこちら
http://nhwtyagg.blogspot.com/
Posted by 「Wink」鈴木早智子 MUTEKIから衝撃のAVデビュー!! at 2009年07月25日 14:17
感動を!!
…てそんなにあるものではないでしょ。
いくつか賞などを貰ったことはあるけど。

Posted by 白 at 2009年07月25日 17:21
感動した!!と言ってた小泉さんとTVはどうりで相性が良かったわけですね。

麻生さんはちょっとネット寄り過ぎたかも。
Posted by a at 2009年07月25日 17:31
りゅーさんと同じく、
>果たして今の日本人の程度からみて
どんなに情報を仕入れていても、個人が消化している量も質も限界があり、結局は自分にとって丁度良い範囲内でぐるぐる思考して消化しているにすぎない。
と考える人からみれば、「日本人の程度」などと全体を愚かに見下す、思い上がった台詞には違和感をおぼえるね。

テレビの用意する「感動」には嫌気がさす、与えられるがままに有り難がってる人は減った、と逆に感じるが。
自分は賢いと思っている人には他人が愚かに見えるのかもしれないが、そう見えることと実際は違う。

Posted by taku at 2009年07月26日 17:02
バラエティによく使われる派手な色の大きな字幕もまさにTV的ですよね。
感動したり、笑ったりしたりして欲しい「ツボ」が瞬時にわかるわけですけど、小説にも太字にする手法はありますが、映画字幕であれをやられたらたまりません。

話は全然違いますが、休日にお台場の等身大ガンダムを見てきました。
会場はおじさん、おばさんがいっぱいで、何か落ち着いた感動に包まれており、携帯やカメラを掲げながら股くぐりする様は、どこか巡礼者のようでした。
まさにこんな感じです

http://blog.kushii.net/archives/885787.html

私の弟は、最初のシリーズの本放送の時にまだ小学3年くらいで、まだ作中の世界観や人間関係などよく理解できなかったと思いますが、親にせがんで分厚い設定資料集などを買ってもらったりして、実に熱心に視聴していたものです。
よくわからなくても、なんかすごいぞと感動出来る、もっと知りたいと興味が持てるのは、脳みその若い人(実年齢に関係なく)の特権でしょうか。
Posted by ミツ at 2009年07月27日 08:02
リンク先、安っぽいアメリカンウェイとか言ってますけど、格闘技に関してはアメリカは今、全然日本より健全な状態だと思いますけどね。

顔の見えないマス層地上派ではなく、コア層PPVで世界最大のUFCが成り立っていてますから。ボクシングにしたって、パッキャオというアジア人がPPVで大興行を打ってるわけで。

その意味で、地上派でありながらガイジン同士のベルト戦ですらあれだけマスもコアも盛り上げたPRIDE手がけたフジTVは奇跡だったと思います。 
しかし、結局PPVには資金でも、健全性でも地上派は勝てない事が今、UFC・アメリカボクシングによって判明した。
もはや日本は、アメリカの奇形性を笑ってバカにしてりゃ済んだ時代じゃないのに。

腐った日本のジリ貧TV局を解体か、新規参入しなきゃ、日本のスポーツ中継はもうどーにもこーにもならんですよね・・。
まあ、それでも長谷川穂積と日テレボクシング中継は、ギリギリのとこで踏ん張ってリアルを見せるように頑張っていますけど・・。だから長谷川は神々しいんでしょうね。
そのギリギリで踏ん張ってる様が・・。
逆にTBSはもう、完全に悪魔に魂売ってアチラ側に逝っちゃってますよね・・。
Posted by 次郎 at 2009年07月27日 11:29
ま、感動の粗悪品を安価で手に入れたい方は、TVへどうぞってことで。昔から分かりきっていたことで、それでいいんじゃないですか、別に。買うやつも悪いってことですわ。ただ、たまには体に悪いものも食べたくなるのもまた人間ってもんなんですが。
Posted by JFK at 2009年07月27日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。