2009年07月29日

逆噴射するオバマの解決策

「黒人」の教授を「白人」の警官が妙なシチュエーションで連行したことをオバマ大統領が「愚かな行為」と指摘し、大騒ぎとなったので「ホワイトハウスで3人でビールを飲むこと」を提案して人種和解を呼びかけた事件の続報。

オバマ大統領の問題解決能力を讃える声も一部で聞かれますが、ゲーツ教授のいかがわしさが明らかになるにつれて、事件を人種差別のコンテキストで語ろうとするゲーツ教授の側に立つ大統領に対する批判は、沈静化するどころか高まる一方です。

オバマ大統領が自らの過ちを認めようとしない中、CNNは、「黒人」のゲーツ教授に手錠をかけた「白人」のクローリー巡査部長の名誉を守ろうと声をあげるケンブリッジ市警の様子を伝えました。

「この件から学ぶべき教訓は、結論を急がずに事実を検証することの大事さです。ゲーツ教授は人種差別という効果的な煙幕を張りましたが、この件はそれとは関係ありません。大統領の態度は残念です。彼を支持し、投票しましたが、もうしません。大統領が友だち(ゲーツ教授)思いであることは結構ですが、過ちを認めるべきでした」

Cambridge cops support Crowley(ビデオ)

インタビューに対する「黒人」のキング巡査の応えです。

黒人女性が中傷覚悟でテレビで「もう支持しない」と語ること、そして「オバマサポーター」のCNNがこういう論調で伝えていることから、オバマ大統領の解決策がぜんぜん成功していないこと、また彼のカリスマパワーが衰えていることが見て取れます。

cambridgepolice.jpg
感極まってキング巡査と抱き合うクローリー巡査部長


ちなみに、ケンブリッジ市警を始めとするクローリー巡査部長擁護派の多くは、決して大統領に敵意をむき出しにしているわけではなく、「大統領を110パーセント支持している」というクローリー氏本人をはじめ、あくまで円満和解を求めています。ギブス報道官によれば、「ホワイトハウスで3人でビールを飲む」というのもクローリー氏からの提案だったということです。

こうした状況を見ていると、古い人種差別の色眼鏡をかけた大統領の失策とそれに対する反発から、本当の人種和解が自律的に起きているようにも見えてきます。そういう意味でこの事件は、人種問題の歴史における金字塔になるかもしれませんが、ここでの大統領が「ヒール役」であることは言うまでもありません。

3人によるホワイトハウスでのビール会談は30日の午後6時に行われるそうです。



banner_03.gif
この記事へのコメント
>この件から学ぶべき教訓は、結論を急がずに事実を検証することの大事さです。

まさにその通り、というか、事の真相はまだ明らかになっていないんですかね。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200907280011.html
>ホワーレンさんの弁護士はCNNに対し、ゲイツ氏の自宅に駆けつけたクローリー巡査部長とホワーレンさんが、現場でことばを交わしたとする同巡査部長の報告内容を否定。弁護士は、ホワーレンさんがどの警官にも、誰に対しても「『黒人2人』とは一度も言っていない」と強調した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009072902000085.html
>一方、巡査部長は、レイシャル・プロファイリングを避けるよう新人警官に指導していた経歴もあり、「逮捕と人種問題は無関係」と主張。米国では現場で警官に抵抗すれば逮捕に至る例は珍しくなく、メディアには逮捕を妥当とする論調も登場した。ただ、教授はののしったことは否定しており、現場の真相は“やぶの中”だ。

米著名黒人教授の誤認逮捕、警察が通報テープを公開
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2625601/4403119

こんな状況で、明日3人仲良くビールで乾杯できるんでしょうか。
Posted by ミツ at 2009年07月29日 10:07
ゲイツ教授のいかがわしさというのは具体的にはどういう話なのでしょうか。
Posted by クロウ at 2009年07月29日 20:09
変な煽るコメントは控えましょう。

ちゃんとよくブログ主の記事を読んでみてください。


さて、オバマ大統領もおそらく時間がない中ある種パッと取り決めてしまったんでしょう。

でも間違いは誰にでもあるでしょうし、素直にここは謝って欲しいですね。
Posted by a at 2009年07月29日 21:44
オバマが過ちを認めないとするならば、
これから「不法侵入と思しき行為」を見かけた警官の行動は大いに鈍るでしょう。
特にその人物が黒人を始めとするマイノリティに相当する場合は絶対に「その行為」を妨げてはなりません。
触らぬ神に祟りなし、人種差別や民族差別を犯してしまう危険性に比べれば、住民の生命や財産の安全など大した問題ではありません。。。。

なんと近い将来、日本にもやって来そうな(もう来ている様な)嫌な風潮です。
Posted by 小野まさ at 2009年07月30日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。