2009年09月01日

祭りの後

先日の選挙は、予想通り民主党が圧勝したわけですが、選挙前の声同様、選挙後の声も人それぞれで、まあ本当に民主党というのは、見る人によってぜんぜん違う顔を持つ党だなと改めて思います。

古典的な左翼の人たちは、民主党内の自由主義勢力と保守勢力に目をつぶり、市民派政党としての民主党の勝利を喜び、社会正義の実現を期待しています。

自民党内の改革派を売国奴と呼ぶ国家社会主義的右翼の人たちは、民主党の左翼臭と自由主義臭に目をつぶり、古典的左翼同様に民主党の反米、反資本主義的姿勢に共感を示しています。

では自由主義的な改革を求める人たちはどうかというと、鳩山次期首相の掲げる「アジア主義」や「資本主義の見直し」等のアナクロな主張に目をつぶり、民主党の中の自由主義勢力に期待をかけています。

彼らが民主党に見る顔はどれも幻想ではありません。民主党はそれらの側面をすべて内包する何でも屋です。そしてそれはまさに自民党そのもので、ただ今回の選挙において、人々は自民の嫌な部分だけを見て、民主のいい部分だけを見ようとしたのです。

民主党のスローガンは「政権交代」でしたが、今回起きたことは、それ以上でもそれ以下でもありません。オバマ氏の訴えた「チェンジ」は、自由な社会から公平な社会へいう意味でのチェンジでしたが、日本で起きたのは、中身のないチェンジです。

政党政治というのは、理念と政策を異にする集団がそれぞれ違う政党として独立して初めて成立します。でなければ有権者は政治参加できません。自民党という統治機構は、さまざまな政治理念をすべて内包する何でも屋で、本来なら選挙で争われるべき政策転換は、党内党たる派閥間の取引で行われてきました。改革路線からのV字ターンも、そんな党内政権交代のノリで行われたのでした。

そして今回政権につく民主党は、自民党同様の、いや旧社会党勢力を含んでいることからすれば、それ以上の何でも屋です。左右のステーティストも自由主義者も、ここから先は、外野から文句を言うことしかできず、すべては民主党内の力学で決まることになります。

これは明らかな後退です。政党の名前は自民から民主に変わりましたが、そうすることで、真に求められていた、自民を追い込むことにより実現されると思われていた、選挙による国民の政治参加の道は遠のいてしまったのです。

自民党の河野太郎氏は、大きな政府を目指すことになるだろう民主党への対抗軸として、小さな政府を目指す自由主義政党としての自民党の再出発を提言しており、それは民主政権瓦解後の政界再編を期待する多くの人たちの願いと被りますが、ぼくは悲観しています。

巨大な寄り合い所帯となることで自民党に対抗し、巨大な寄り合い所帯として政権についた民主党に対抗するのに一番現実的な方法は、なるべく大きな勢力を維持したまま、空手形を発行しすぎた民主の自壊を待つことだからです。下手に自民だけ割れたりして、民主が割れなければ、民主政権の長期化を助けるだけです。

今回の選挙により、自民党をスケープゴートとすることで、より大きな枠組みとしての日本の政治構造は温存されたわけで、とりもなおさずそれは、政党を理念や政策で評価しにくい構造であり、愚民と政治の間にクッションを置く構造であり、それで利益を得るのは、国民と政治の間を取り仕切るブローカー勢力なわけです。

banner_03.gif
この記事へのコメント

ぽっちゃり美人のなおちゃんに生まれて初めてバキューム プェラしてもらったっス!!
しかもなおちゃんのほっぺ&唇がぷにっぷにだからほとんど口がマ ヌ コみたいだったし!!wwwww

アレ経験したら普通のプェラとかマジでクソですなぁwwwwwムフフフフ(*´ー`*)ーЭ

http://SoiE.IkisugI.com/iwyugim/
Posted by むちむち美人とずっぽりん! at 2009年09月01日 14:20
とりあえず期待が大きいと失望も大きくなるのかな?

鳩山さんの支持率次第なのかな・・・

日本銀行総裁の白川さんは新規国債発行にすでに反対の様子。

ねじれ国会で散々な目にあわされたから、対抗するのかな?

みんな都合のよう所だけ見て安心したいのは仕方ない。

でも安心なんてどこにもない。

チェンジもしてない。

辻元氏を防衛大臣にしようとするのも、たぶん鳩山さんの影を隠すためだろうか。

注目を辻元さんにそらして乗り切る。
いけにえなのかもしれない。

みんな山本譲司さんや辻元さんの秘書献金問題を忘れている。

鳩山さんの秘書は行方不明なのに・・・

見苦しくてもそれぞれの立場、事情を思って辞職したり醜態を晒されたり、刑務所へぶち込まれる結果になったり・・

それを超える宇宙人は何をするのか・・・

みんなネタに出来ている間はさぞかし幸せなんだろう。

しかし小沢一郎以上の怪物が今総理大臣になろうとしている。

まあいいか・・

まとまりのない文章ですみません。


Posted by a at 2009年09月01日 15:20
「民主党にも期待できる人はいる」
「民主党は必ずしも隠れ社会党ではない。いろいろな人がいる」
よく聞く言葉です。
また、本記事でも民主党を「何でも屋」と表現しています。
しかし、私はそのどちらにも賛成できません。
確かに個人としての考えや価値観あるいはテレビでの発言等を見れば、そう思いたくなるのも判らないではありませんが、問題はそれを国会で特に採決の際に発揮できるかどうかです。
民主党は支持団体による選挙・政策への影響力が、自民党と比較してかなり大きいです。
そうした支持団体やその顔色を伺う党幹部に逆らえるか?と言えば答えはNo.です。
例えば、北朝鮮関連の法案が政局優先による国会空転によって時間切れ廃案になってしまいましたが、「期待できる人」「いろいろな人」とやらはなにもしませんでした。

結局、民主党には「いろいろな人」などいないのです。
公人においては、内面などはどうでもいいことです。最終的にどう行動したかが重要です。
「あの人はホントは良い人なんです」
なんてバカげてます。
Posted by あ at 2009年09月01日 17:01
『ブローカー勢力』 を影で操っている人たちのほうも気になります。
Posted by 権兵衛 at 2009年09月01日 18:30
こんな言葉をなぜか思い出しました(笑

・・・韓国を好きな人はいない。
いるのは韓国を知らない無関心な人か、
韓国をよく知る嫌いな人か、2種類しかいない。
・・・もちろん冗談ですが。

国民が今まさにそんな状態ではないですか。
民主党に期待してる日本人なんて皆無ですよ。
政治にあまり関心のない民主党を知らない人か、
政治に関心があり絶望している人か、2種類しかいません。
Posted by もうね at 2009年09月01日 19:19
民主党に期待しています。いつか来なければならない日が来たのです。むしろ遅すぎたと言える。来てしまったからには足を引っ張るのではなく、より良い政治が行えるようサポートすることでしょう。
Posted by w at 2009年09月01日 20:23
では具体的に、日本人が民主党の掲げる政策でどう得をするのか一つあげて下さい。
あくまで具体的に、解りやすくお願いします。
中国韓国と友愛できるなんてのは駄目ですよ(笑)
Posted by もうね at 2009年09月01日 21:38
 民主党で現実に実現されるのは、左翼臭と反米、反資本主義的な「アジア主義」や「資本主義の見直し」な社会正義の実現でしょう。

 そしてその対抗軸に自民党で結成されるのは、河野太郎を中心とする大アジア主義じゃないですかね?

 日本のマスコミはそれがお望みのようですから。

 戦前は226のクーデタから始まったのではなく、2大政党政治の腐敗から始まったのだということを、この国のマスコミはいつまで隠蔽するつもりですかね?

 私は次にクーデターが起こるまでだと思いますが。
Posted by 七誌 at 2009年09月01日 21:38
> 日本人が民主党の掲げる政策でどう得をするのか一つあげて下さい。

うーん、色々と思い知ることかな。えー「社会勉強」というか。
後「野良犬に噛まれたと思って」・・・はちょっと違うな。
Posted by 小野まさ at 2009年09月01日 23:19
ORIBEさんに全く同意です。
統一した理念の無い民主党は、自民党の鏡像に過ぎず、利権が民主党に移るだけのことであると思います。

 それを踏まえて突っ込みを入れるとするならば、理念政策集団としての政党は、日本の風土に合わないのではないか、西洋型の民主主義は、日本に根付くことは無いのではと云う疑念を抱いております。

 多様な価値観を有する日本では、単一の理念とか思想が絶対支配することは無い、天秤量りの様な右か左か的なものではなくて、筏で平衡を保つような感じと云うか、人、時、場所の力関係だけで、如何なる方向へも政治が動く、また、それで良いように思えてなりません。 

 その意味では、政党要件を廃止して、一人一党。多様な意見が喧々諤々として総意を決めた方が日本的と考えます。
例えば羽柴秀吉氏のような一匹狼が当選するならば、政治をユーモアの領域に高めれると言うことで、真に宜しかろう、派遣が格差だと言うならば、派遣社員も派遣党の幟を背中に掲げて、一人で選挙に打って出れば良いではないかと考えます。
Posted by merlin at 2009年09月02日 01:15
竹中・中川(女)以上のネオリベ民営化論者と、安倍や中川(酒)以上の対北強硬論者と、みずほ・辻元以上の護憲論者と、加藤紘一・山崎拓以上の対北宥和論者と、綿貫・亀井(どっちでも可)以上の郵政再国有化論者と。

すべて兼ね備えた最強の政党ですね!いよっ!!民主党!





欠けてるのは小泉以上の党首(首相)ぐらいじゃないですかwww


Posted by 鈴木高次 at 2009年09月02日 02:11
少し悲観的すぎる気が。。。
議席数的には確かに民主党は圧勝したように見えますが、小選挙区制の数字のマジックがあってのことで、総得票数としては言うほどの差はないわけです(それも小沢一郎という稀代の選挙請負人がいてのことです)。もし、民主党には政権担当能力がないということが判明してくれば、あっと言う間に立場は逆転するでしょう。
なんやかんや言っても日本は官僚の力が強い国ですから、数年の内に極端な改革は不可能でしょう。願わくば、今回の敗戦を糧に、その数年間で自民党が刷新・再生してくれればいいのですが。。。
Posted by JFK at 2009年09月02日 04:18
>うーん、色々と思い知ることかな。えー「社会勉強」というか。
残念ながらそういう人たちってのはそれで社会勉強はせずに
「騙された!我々は被害者だ!」
と叫びながら懲りずにまた騙されるような気がしますが。
Posted by ふとん at 2009年09月02日 07:29
すごく納得、今日のエントリー。
自民党内でずっと政権交代していたのだということですね。
自民党の再生に期待しますが、なによりまとまるのか心配です。
麻生政権の足をひっぱた議員が残り、
実力あるベテランが軒並み落ちました。
またタカ派からリベラルに主導権が
変わると民主との対立軸が目立たなくなりそう。
それにしてもTVは、益々酷い。
テレ朝の番組で鳩山家の華麗な系図やら家柄を放送してたんだけど
麻生さんと時あれほど叩いたくせに、鳩山家はお金持ちなことは肯定的に持ち上げまくり。
鳩山氏が自民にいたらそうではないのでしょう。
自民憎しがあふれている放送です。


Posted by けいの母 at 2009年09月02日 10:25
先の自民敗北の最大の原因は旧来のしがらみにとらわれて構造改革路線を放棄して右往左往したことにもかかわらず、一部の自称保守派の中にはこの破滅への路線を批判した人達に「足を引っ張った」などと責任をなすり付けることを自民党の再建と勘違いしてる人がいますね。
そもそも自民党の衰退傾向は小泉以前からの趨勢であったにもかかわらず全て氏の責任になすり付け、無党派を取り込んで自民党に最後の復活の機会を作ったのは恩人を足蹴にするような輩は、自らの夢想するような古き良き日本人より、日本の協力を無視して自画自賛する特亜の方によほどメンタリティが近いでしょう。
Posted by み at 2009年09月02日 11:02
日本国民にとって害悪なものは全て話し合いだ。

それでもどうしようもないんなら・・友愛の精神を持って対応するしかないと思う。
Posted by P at 2009年09月02日 17:35
小泉も小沢も日本人の魂を持たない異民族だ。
両側が浸食されているが、一方を激しく劣化させた小泉一派は
その反動の小沢シフトを誘発させる自爆だったのではないか。

いずれにしても、日本人から富を奪う売国政治家たちであり、
恐怖支配の言論弾圧政治家をマスコミが煽動して、
中の人の系譜に有利な政治状況を創聖している気がする。

一部、自滅戦略で与党を毀損した宗教政党がいましたね。
それとも、自民党による自滅戦略だったのか。迷いますね。
Posted by 不思議 at 2009年09月04日 02:58
merlin 氏の、
>理念政策集団としての政党は、日本の風土に合わないのではないか、西洋型の民主主義は、日本に根付くことは無いのでは

との意見に同感です(その先の"処方箋"についてはかなり考えを異にすると思いますが)。
全ての成人が政治や自分の生活圏をはなれた広い社会に関心を持ち、メディアを通して情報を集め、議論を通じて持論を磨き、投票によってそれを現実に反映させる…こんなことが、本当に僕たち日本人に向いているのでしょうか。
自分の属する社会に権利を要求し、その代わりに大きな責任を負う…それを「市民」と呼ぶならば、日本人の大部分は「町人」で居たいのでは。自分の手に余る大きすぎることはお武家様たちに任せ、自分は自分の手の届く範囲のことを、世界のどの国の人々にも負けないほど「地道」にやってみせ、休みの日には行楽に行ったりえろい版画を見たり、やたらに朝顔の品種改良に凝ってみたりする。お武家様があまりにひどければ一揆も起こす。
世襲のお武家様に政治を任せきると必ず腐敗し、硬直する…こういう認識があるから普通選挙制や
政党政治があるのでしょうが、それならばなぜ、日本は未曾有の国難であった黒船来港を、ああも鮮やかに乗り切れたのでしょう。逆に、いま現代の黒船がやってきたとき、日本の有権者・マスコミ・政党はそれを乗り越えられるのでしょうか。
通選挙制を捨てるのは現在は様々な理由で不可能だと思いますが、もう少し日本人は、欧米の偉い政治学者がああ言ったこう言ったばかりにとらわれず「自分たちのやり方」を模索した方がよいと思います。
Posted by じゃリン子テツ at 2009年09月14日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。