2009年09月03日

ハイエクを一刀両断

この日本において、もはや議論するまでもなく時代遅れであると証明されている、いわゆる「新自由主義」なるものは、長期にわたる過度な介入主義で疲弊した経済を立て直すべく、1980年代にサッチャーとレーガンという2人の政治家により推し進められた政策です。

2人の政策の下敷きになったのは、オーストリア出身の経済学者、フリードリヒ・ハイエクの思想です。その後ハイエクの思想は、西側諸国の政治家、経済学者、思想家に大きな影響を与え、金融危機を体験したにもかかわらず、遅れた欧米では今も信奉されています。

ポーランドのドナルド・トゥスク首相などは、金融危機について聞かれて、「私の立ち位置はハイエクに近い。人工的に作り出されたバブルは必ずはじける。アメリカはケインズ主義的な規制だらけだ」などと答えています。田舎者はこれだから困ります。こんな発言でも感心して受け入れられてしまうところに、欧米の遅れぶりはよく現れています。

欧米の遅れた人々をそこまで虜にするハイエクという人は、第二次大戦中に書かれた「隷属への道」において、ファシズムを社会主義の一形態として批判したパイオニアで、ケインズ流の介入主義は必然的に腐敗し、やがては個人を抑圧する全体主義に至ると説きました。こうした理論はもちろんすべて誤謬であり、今さら証明するまでもありません。

65年前に発表された「隷属への道」において、ハイエクはこんなことを書きました。

計画経済を実施する目的は、人間をただの手段である状態から解放するためとされるが、個々の人々の嗜好を中央で考慮できるわけなどないのだから、現実には個人はより一層ただの手段におとしめられ、権力により押しつけられる「社会福祉」や「共同体の利益」という抽象概念のために使役させられることになる。

ハイエクは、その著書において、なぜそうなるのかを子細に説明しており、読んでいると思わず納得してしまいそうになります。しかし納得してはいけません。

わが国の次期首相は、世界に波紋を投げかけた論文において、上記のハイエクの説を一刀両断にしています。

冷戦後の日本は、アメリカ発のグローバリズムという名の市場原理主義に翻弄されつづけた。至上の価値であるはずの「自由」、その「自由の経済的形式」であ る資本主義が原理的に追求されていくとき、人間は目的ではなく手段におとしめられ、その尊厳を失う。金融危機後の世界で、われわれはこのことに改めて気が 付いた。道義と節度を喪失した金融資本主義、市場至上主義にいかにして歯止めをかけ、国民経済と国民生活を守っていくか。それが今われわれに突きつけられ ている課題である。

・・・現時点においては、「友愛」は、グローバル化する現代資本主義の行き過ぎを正し、伝統の中で培われてきた国民経済との調整を目指す理念と言えよう。それは、市場至上主義から国民の生活や安全を守る政策に転換し、共生の経済社会を建設することを意味する。

65年前に書かれたハイエクの言葉の方が、次期首相の主張に対する返答のように見えるかもしれませんが、そんなバカなことなどあるわけはありません。次期首相の言葉は、国連の場で、必ずや世界の人々の目を開かせることになるはずです。

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】
西山 千明

春秋社 2008-12-25
売り上げランキング : 5242
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_03.gif
この記事へのコメント
いやー笑わせてもらいました、最高にパンチの効いた文章ですね。感心しました。
私もハイエクが比較的まともだと信じる者ですが、ブログ主の真意を理解できない人々は、意図せずして「自由からの逃走」を進め、結局「隷属への道」を歩むのではないでしょうか。
既にその兆候が見えている昨今、個人的には若干恐怖を覚え始めて日々を暮らしています。政治亡命しないで済む社会が続いて欲しいものです。
Posted by vistaclara at 2009年09月03日 20:26
連投失礼致します。因みに私はアーレントも結構好きですね。
Posted by vistaclara at 2009年09月03日 20:29
国連ではサンダーバードについても語るらしいです。

鳩山代表 「いいアイデアが浮かんだ。サンダーバード隊のようなものを国連演説に入れたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000088-jij-pol
Posted by ミツ at 2009年09月03日 21:07
いやあ、ネタといい文章といい上手いなぁ。
oribeさんのこの芸風は好きだわ。
Posted by お刺身 at 2009年09月03日 23:38
それにしてもこの手の連中は、いくら失敗してもへこたれませんね。
ある意味尊敬します(皮肉)。
いくつも失敗例があるのに世界中で同じことを繰り返してます。
ざっと思いつく限りでも、
・ゆとり教育
・移民政策
・政府による大規模な経済・個人資産への介入
・高福祉
まあどうせ「妨害されたからだ。あるいは、失敗したのはあいつらがバカだから、俺たちならうまくやってみせる」とか考えてて、失敗とは認めてないからこそ何度もやっちゃうんでしょうけどね。
あと我国特有のものとしてはアジア主義でしょうか。
これなんかは、そもそも戦前と同じものである事さえ認めないんでしょうね。
Posted by あ at 2009年09月04日 00:54
ヨウヤクすると、鳩山さんがみんなの前でどんなうっちらかしをするかみんなで予想したり、実際にみて「ほんとにやったよ!(歓喜)」とか笑うしか無いぜってことですよね。
わかったりわかんなかったり。
Posted by な at 2009年09月04日 01:27
> 国連ではサンダーバードについても語るらしいです。
> ・・・・・・・・・・・・・・・・
> by ミツ at 2009年09月03日 21:07

ぜひ、語つていたゞきたい(笑
http://www.youtube.com/watch?v=_dPD_CO8rvQ
Posted by 団塊人 at 2009年09月04日 01:57
なんかここまで来ると気持ち悪いな。
鳩山マニアですか。あんた。

Posted by ミハイル・B・ソコロフ  at 2009年09月04日 08:05
では、おまえはoribeマニアだな、ミハイル・B・ソコロフとやら。
Posted by   at 2009年09月04日 09:19
ミハイル・B・ソコロフでググってみるとなんか面白かったり。
Posted by ZDM at 2009年09月04日 10:18
しかし、この反自由主義、反資本主義、大アジア主義のミックスされた友愛というのは、何なのでしょうね?

 名付けて、友愛と共生が領導する大アジア民族社会主義でよろしいでしょうか?

 気持ち悪!!!

 
Posted by merlin at 2009年09月04日 13:26
ミハイル・B・ソコロフじゃないけど俺はoribeマニアだよ。最近このブログによくくるし、oribeさんの文章面白いし。
Posted by n at 2009年09月04日 16:27
merlin様

大東亜友愛圏構想でいいんじゃない?
Posted by とおりすがり at 2009年09月04日 16:53
今の世界は経済をはじめ全てが複雑に

循環しているんだよ。

そんな大東亜友愛なんて主張していない。

民主党は僕たち日本国民、市民、庶民のともだち

じゃあないものは存在すること自体も

許さないって言っているだけなんだよ。

左右を問わず国民を愚弄してきた政治家、

マスコミも全て対照だ。

ネット右翼から左右に渡って工作いたもの。

それから極右、極左すべて都合の良いことを

ぶちまけて居た者たち全てが友愛精神が

足りないんだ。



Posted by a at 2009年09月04日 17:10
別にマニアじゃねーよ。前にも書いたが、
このブログはハナで笑いながら読んでいたん
だが、最近のあまりの悪質なデマ・ウソ・
偏向に、ちょっと待て物申す、と言ってるだけ
だ。

だいたい、麻生だって市場原理主義の脱却
とか言ってただろ。市場原理主義って言葉
を使うのは極左なんだよな。ブログ主によれば。
麻生は極左か?なぜ麻生を放置して、鳩山
だけにこだわる。ハイ偏向偏向。

Posted by ミハイル・B・ソコロフ at 2009年09月04日 17:51
ううーん、ちょっと嫌味が効きすぎて、
スノッブな感じになっていますよー。
Posted by ぽ at 2009年09月04日 17:55
それと、oribeによれば、現実無視した理想家
が政治をやると、国民は地獄をみるそうだ。

核保有が国際社会でのプレゼンスを決定する
ことが分かった時点で、非核三原則とかいって
日本は核をもちません!と言った超絶お花畑
な政治家がいた。現実を完全に無視して、核
廃絶というバカな理想をおいかけて、日本の
国際的地位を貶めたわけだ。

まったくどうしょうもうないアホ政治家だっ
たわけだが、当時の日本人はさぞかし生き地獄
を見たんだろうよ。
Posted by ミハイル・B・ソコロフ at 2009年09月04日 17:56
Posted by a at 2009年09月04日 17:10

これはちょっと気持ち悪すぎな文章だな
Posted by y at 2009年09月04日 18:06
麻生首相が「市場原理主義」と言ったかどうかは知らないが。彼の主張は伝統的なケインズ主義で市場経済を否定はしてないから、同盟国アメリカが危機感を持つことは無いわな。
次期首相の「友愛論文」とは明らかに違うから、アメリカも危機感を持つことは無かった。
Posted by takashi at 2009年09月05日 00:00
それ以前に、麻生氏は市場拡大(株取引とか)をずっと奨励してた御仁なわけだが。つーかそもそも資本家だしw

http://www.garbagenews.net/archives/497015.html

それをなぜか「証券業者をバカにした」と正反対の言いがかりをつけたマスコミがいて、尻馬に乗った当時の野党幹事長がいたんだけど、誰だったかなあ…
思い出せないなあ…
Posted by 鈴木高次 at 2009年09月05日 01:40
静観しようと思ってましたが、さすがにいくらなんでもちょっとなー、なんで書いときます。
ミハイルさんとやら、非核三原則を日本が唱えようが日米安保条約がしっかり作動していれば当時の冷戦状態では何とか大丈夫だったことも理解できないんですか?

理想を追い求めるタチの悪い政治家っていうのはね、例にたとえれば軍事的に日本の足腰が弱いのにそれを無視して「日本に駐留するのは第七艦隊だけでいい」とか言っちゃうヒトですよ。
まあいくらなんでもそこまで言ってしまうような無能な政治家なんてさすがに存在しないでしょうが。

というかあなた、理解浅すぎです。
私が「世界が高福祉国家を見捨てるつもりなのか?」と皮肉を書けば国際情勢関係無しに自分の意見しか書かないし、パクス・ロマーナに関しても軍事をまるきり無視している。
他人を浅学だと馬鹿にするならば、まずは自分の思考をまとめることから考えたらいかがでしょうか?
Posted by ふとん at 2009年09月05日 07:17
>非核三原則を日本が唱えようが日米安保条約
>がしっかり作動していれば当時の冷戦状態で
>は何とか大丈夫だったことも理解できないん
>ですか?

ソ連崩壊後に出てきたソ連側の資料による
と、そうでもなさそうですがね。残念な
ことに。

あと何度もしつこいけど、ブログ主は浅学で
ウソつきなのは事実なんだからしょうがない。
俺に言わないで下さい。

国際金融情勢を簡単にまとめるとこういうこと。
多くの人間が負けたままで賭場を閉鎖すれば
反発が出るのは超当たり前。それだけの話です。
本当に。ブログ主はウソついてるけどね。
極左鳩山に反発する、市場経済肯定派である
大多数の国々って構図をブログ主(バカ)は
無理やりデッチ上げてるけど、そんなもの
存在しないし、そもそも欧州米国では、現在
日本の動向を全く気にしていません。

理念よりは欲望が優先なのはどこの国でも
一緒です。「損を取り戻すまで、賭場を閉める
な」これが、欧州での市場規制反対の本音。

>パクス・ロマーナに関しても軍事をまるきり
>無視している。

無視はしてない。だけど、滅亡に向かうにつ
れて、兵力はどんどん上がっていった事実は
知ってますか?それの意味するところは?
Posted by ミハイル・B・ソコロフ at 2009年09月05日 07:46
 そこまで嫌いなら来なきゃいいのに・・・・そんなに寂しいんだろうか、この人?(涙)
Posted by TMN at 2009年09月05日 14:26
あれ?もうこねえよウワァァァンじゃなかったの?
どっかの党首みたいなことするなよ?
書いたのに書いてません言ってませんって見苦しい言い訳。
Posted by 鈴木高次 at 2009年09月05日 17:22
つーか非核三原則の「持ち込ませず」本気で信じてた人間も少なかったんじゃね?保守・革新双方にとって都合がいい建前ってことでね。その便利なグレーゾーンを理想に燃えて暴き立てるのはいいが、より有効な代替手段はちゃんと考えてあるのかいな?ってのが気がかりなわけで。
Posted by 猫缶 at 2009年09月05日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。