2009年12月17日

ふたつの日本

ハチャメチャな民主党政権が誕生して、ハチャメチャであるものをハチャメチャであると指摘することに虚脱感を感じてブログを休止して早3ヶ月あまり。ぼくは一昨日香港から帰ってきました。香港に行っていたのに深い理由はありません。日本にいる限りは避けられない日本という空間の精神的閉塞感から一時でも自由になりたいという、ただその程度の思いからでした。

そんな動機で初めて訪れた香港でしたが、結果から言えば、良くも悪しくも、日本の呪縛から逃れることはできませんでした。

何しろ香港という所は、徹底的に日本に汚染されています。人気のカジュアルウェアはユニクロとMUJI(無印良品)で、街のいたる所で見かける香港最大の菓子チェーンは妙な日本語の店名で日本風のお菓子を売る「優の良品」で、街で一際長い行列を作っているレストランは回転寿司とうどん屋で、マクドナルドの一番プッシュは「Ebi Burger」で、化粧品から健康グッズまで一番の売りは「日本で高評価」で、スーパーの食料品を見れば「日式」の嵐。日本から逃れて生活する術はありません。

とは言うものの、香港人には、東南アジアの一部や、或いは欧米のジャパノフィル(日本狂い)に見られるような、日本を過度に美化するような卑屈な態度は感じられません。彼らを魅了しているのは、幻想の中の日本ではなく、あくまで等身大の日本であり、ただとにかく日本の製品や文化をいいと感じるから、日本食をおいしいと思うから素直にそれを評価し、生活の中に受け入れているという風なのです。

逆説的になりますが、だからこそぼくは、いわば日本から逃避したい気持で香港を訪れた今回、皮肉にも以前したどの旅よりも強烈に、日本という巨大な存在に打ちのめされてしまいました。軍事力や圧倒的な経済格差で現地の人々を隷属させるわけではなく、ごく自然に等身大の姿で香港の人々を惹き付け、彼らの生活の中に刻々と根を伸ばしている日本という存在は、とてつもないモンスターです。

そんなモンスターである日本と、日本にいる時に感じた「沈みゆく日本」は、どうにも整合性がとれません。しかし「沈みゆく日本」もまた、決して幻想ではありません。

歴史的な日本の夜明けであり、東アジアの連帯を訴えて海外での評価も高いはずの鳩山政権の動向は、香港ではほとんど伝えられることはなく、唯一そこそこの大きさで伝えられた経済刺激策の発表は、ブルームバーグの香港支局で散々に叩かれていました。いわく、「民主党政権の経済政策はかけ声倒れで歴代政権と変わらぬ思い切りを欠いた対症療法に過ぎず、すでに日本はポイント・オブ・ノーリターンを越えた」・・・。

思うに、香港に根を下ろしている日本的なものは、どれもこれも「下賤」なものばかりです。ユニクロにしろ袋詰めの菓子にしろ、エリートには何の関係もなく、高尚な意図の下にはむしろ有害とすら言える庶民的で悪趣味なシロモノであり、回転寿司やうどんは言うまでもなく庶民のものです。香港の道路を埋め尽くす日本車にしても、日本で最初に自動車製造に目をつけたのは市井のメカオタクとベンチャー企業家であり、エリート役人は冷淡でしたし、ここ数年日本文化の牽引役を務めているアニメやカワイイファッションも、最近でこそ変に公的なお墨付きを得ていますが、昨日までは下の下という扱いでした。

今、香港に限らず世界を惹き付けているモンスターな「日本」のほとんどは、エリート的、或いは官的な感覚とは無関係なところで雑草のように生まれた庶民文化ばかりなのです。

一方、官的な力が強く働いている分野はどうかといえば、こちらは一様にダメダメです。規制のためにガラパゴス化してしまったと言われる携帯電話分野におけるプレゼンスはゼロに等しく、経済政策は世界に反面教師を提供するばかり。そして日本エスタブリッシュメント層の権化たる現首相に至っては、彼から学歴と生まれを取ったら何も残りません。

日本には2つあるのです。モンスターな日本と、その背中に乗り、操縦士をきどる虚弱体質の日本の。

banner_03.gif
この記事へのコメント
おかえりなさい。とりあえず、お身体はご無事のようでなによりです。
> 日本には2つあるのです。モンスターな日本と、その背中に乗り、操縦士をきどる虚弱体質の日本の。

モンスターになる前、それこそ今から百年以上前からそうだったみたいです。
http://www.amazon.co.jp/坂の上の雲では分からない-日露戦争陸戦-別宮-暖朗/dp/4890632492/
Posted by MUTI at 2009年12月17日 22:03
 oribeさん、お帰りなさい。

 海外に居ると、日本マスゴミの伝える日本情勢とその他世界の人が語る日本情勢とのギャップで、頭がくらくらする事でしょう。
 なんとなく厭世的な記事になって居るように思いますが、しかし日本国民は諦めていません。

 マスゴミの説く、謂われ無き悲観論になど惑わされてはなりません。

 民主党の地滑り勝利とまで言われた先の選挙でも、自民党の得票は4割にほぼ届くレベルだったのです。
(民主党の勝利は、日本マスゴミの情報操作と小沢氏による小選挙区制度の結果です)


>ブルームバーグの香港支局で散々に叩かれていました。いわく、「民主党政権の経済政策はかけ声倒れで歴代政権と変わらぬ思い切りを欠いた対症療法に過ぎず、すでに日本はポイント・オブ・ノーリターンを越えた」
 西洋のエリートが、エリートによって主導されていない日本社会を否定的に論評するのは、今に始まった事ではありません。
 民主党政権の愚劣振りについては正確に述べているようですが、だからと言って日本が既に終わったように表現するのは、あまりにも卑怯な物の見方です。
 それを言うなら、今まさに欧米に襲い掛かっている世界同時不況の荒波はどう表現するのでしょう?
 バブルの萎み切った状態でこの世界的大不況を迎えている日本が『阻止不能地点』を超えている状態と言うのなら、欧米は既にコロニーを落着点から見上げている状態ですね。
 これだから欧米マスコミも信頼が出来ないのです。ベクトルが少し違うだけで、日本のマスゴミとまるで本質は違いません。


>規制のためにガラパゴス化してしまったと言われる携帯電話分野におけるプレゼンスはゼロに等しく
 日本の携帯電話は、その利用ニーズがその他世界に比較して進みすぎていて、世界にまだ求められていないと言うべきです。
 今の日本で普通に生きる女子中学生ですら、その他世界の先進国に住むエリートより高度な携帯電話の利用テクニックを持っていますよ。
 世界が高度な携帯電話の利用法を理解し始めれば、それに適合した日本の携帯電話は世界を制覇してしまうでしょう。
『ガラパゴス化』などという言葉自体、日本マスゴミが日本の技術的優位性を隠蔽するために作った造語に過ぎません。
 日本マスゴミの悲観論に惑わされてはなりませんよ。


>経済政策は世界に反面教師を提供するばかり。
 反面教師を提供しているのは、ここ三ヶ月間政権運営をしている……もとい、政権運営を停止させている民主党政権です。
 それ以前の自民党政権の経済政策は、世界経済の先行きを見通した凄まじい切れのある政策でしたよ。自民党政権のままでしたら、今頃は日本から世界景気回復の胎動がはじまっていたでしょう。
 こういう言い方は非常に失礼かと存じますが、oribeさんにおかれましては、安倍・福田・麻生の三代の総理大臣の下でどんな経済政策が行われてきたかをネット上で調べてみられる事をお勧めいたします。
 日本マスゴミが、如何にして日本のためになってきた政策の成立過程を隠蔽してきたか、目の当たりに出来ます。


 最後に、大事な事なのでもう一度繰り返します。
 マスゴミの説く、謂われ無き悲観論になど惑わされてはなりません。
 もはやあれはマスコミではなくマスゴミです。日本のそれも、その他の国のそれも。
 これから民主主義がこの世界に生存するためには、人々に誤った情報を流し込むマスゴミには消えて無くなってもらわないとなりません。




 民主主義が滅ぶか。それともマスゴミが滅ぶか。

 よりよい世界に生き続けたいのなら。
 子供たちに良い世界を残してやりたいのなら。
 現実から目を逸らさずに。
 絶望に負けずに。
 声を上げて。
 戦え。
Posted by 「ど」の字 at 2009年12月18日 00:48
お帰りなさいw
てっきり友愛されたのかと思ってましたw
復活ありがとうございます。
Posted by 飯島飯店 at 2009年12月18日 21:11
 一言だけ。
 携帯におけるガラパゴス化ってのはネガティブイメージで語るべきではない事です。
 回路の設計技術、部品の独占、開発力においては他国の追随を許さないレベルですし日本人が日本人の使いやすい物を作る「個性」なのです。
 日本人は決して、個性的でないわけではないと言う証左でもあります。

 携帯が売れない云々は、進化しすぎているだけであり特に能力が無いわけではありません。
 日本の携帯文化はインフラまで含めて携帯なのですよ。 例にするには不適当です。
Posted by 智 at 2009年12月18日 22:43
oribeさん、またうまく皮肉の効いたエントリを書いて頂けることを期待しますです。

智さん

> 回路の設計技術、部品の独占、開発力においては他国の追随を許さないレベルですし
> 日本人が日本人の使いやすい物を作る「個性」なのです。

> 日本人は決して、個性的でないわけではないと言う証左でもあります。

それはその通りだと私も思います。日本人の作る物が、決して「劣って」いるわけでは
ない、と。むしろ、創意工夫を凝らしていて、凡人には作れない物だ、と。

ところであなたは、インカ帝国の縄文字についてはどう思われますか?

インカ帝国は、マチュ・ピチュ遺跡に象徴されるように、現代人にも解けない
不思議かつ高度な技術を持っていたとされていますが、彼らの文明は、結局滅びて
しまいました。それで、インカ帝国の真の能力は、現代人にはわからないわけです。

凄いけれども、結局誰にも理解されることが未来永劫ありえない「技術」と、それほど
ではないけれども、皆が認める「技術」の、一体どちらが、本当にすぐれている
のでしょうか?

私は、最近この問題について、よく考えさせられてしまうのです。
Posted by MiffyChan at 2009年12月19日 01:09
携帯がガラパゴスってのどうなんだろね?
カメラがつくのが普通になるまで違和感を確かに感じたりはしましたが
その中国ではシェーバー付の携帯もありますよ…
http://japanese.engadget.com/2009/03/22/cool758/

いや、確かにカメラよりは使用頻度高そうな気はするけど
Posted by 日本は携帯先進国! at 2009年12月19日 01:13

27歳のおねーちゃんに8万円で買われてきたYO!!!
ま ○ こがスッポンみたいに食いついてきて超キモチよかった!!!
3回連続中 出 しセク−スやってようやく解放してもらえたよ(笑)
http://hong.findeath.net/yqxz08h/
Posted by もっちゃん at 2009年12月19日 07:57
ブログが再開されて嬉しい限りです。
携帯がガラパゴスかどうかは、まだちょっとわからないですねえ。海外の携帯でも高性能のカメラつきとか増えてきましたし。

日本の発信する文化がボトムアップ式なのは、階級制度の無い日本としてはまあこれは仕方ないでしょうね。おかげでトップダウンの文化しかない欧州の逆をいけました。
Posted by ふとん at 2009年12月19日 09:53
oribeさま

久々の更新お疲れさまです。

ちょっとコメント欄が荒れる傾向がどこでもあるようです。
(悪質な工作員もいますので・・)

コメント欄を承認制にされてはいかがでしょうか?

エントリーに直接関係なくてすみません><
Posted by @ at 2009年12月19日 18:23
> MiffyChanさん

 インカの文化との比較は一寸強引かなとも思います。 でも指摘としては的を射ていて面白かったです。
 携帯の話に戻って申し訳ありませんが、やっぱり日本人が日本人のために使いやすいものを作ると言う目線が最も大切だと思います。

 あと、レスを読んで思ったのですがそんなに、「認めてもらいたい」と思わなくても良いんじゃ無いですか?
 独自文化の成長過程で、偶々出来てきた凄いものなんですよ、日本の携帯って。(笑
 最初は、電話と言う道具を開発していたつもりが、先鋭化して文化にまでなってしまった・・・まぁこんな所じゃないですか?
 だったら、そのうち「日本の携帯はクールだぜ!」って言い出す外人が現れて普及するかもしれないし、日本独自の携帯「文化」としてある意味鎖国的に発展するだけかもしれません。
 比較文化論とまでは行きませんが、これで良いじゃない?と、思えてなりません。(笑

 いやはや、ここまで色々と考えて書き込むのが楽しかったです。 有り難う。
Posted by 智 at 2009年12月20日 00:50
智さん

> 独自文化の成長過程で、偶々出来てきた凄いものなんですよ、日本の携帯って。(笑
> 最初は、電話と言う道具を開発していたつもりが、先鋭化して文化にまでなって
> しまった・・・まぁこんな所じゃないですか?
なるほど、確かに「ケータイ」と言ったら、それは日本独特の使われ方と言うか、
「文化」になっちゃってますね。小学生まで持っていて、同級生と連絡するのに
使っている…のを見たことがありますが、そのために「国際標準であるか?」は
あまり必要性のないことですよね。

> だったら、そのうち「日本の携帯はクールだぜ!」って言い出す外人が現れて
> 普及するかもしれないし、日本独自の携帯「文化」としてある意味鎖国的に
> 発展するだけかもしれません。
はい。
よく考えたら、アニメとか和食とかもそうですね。別に、日本人は、外国人の目を
気にしてそういった物を作ったわけではなかったのに、いつの間にか、外国人を
魅了している。
「官製ではない日本独自」≠「取り残される」ではない、ということですか。
とすると、oribeさんのエントリの主張(香港は「日式」がいっぱい)に、
一周して戻ってしまうことにもなりますね。これは面白い。

> いやはや、ここまで色々と考えて書き込むのが楽しかったです。 有り難う。
いえいえ、こちらこそ。
他のブログでこういうことを書くと、喧嘩になってしまうこともあります。
お互いに共通した問題意識を持っているのに、枝葉末節で無益な争いをするのは、
望ましくないことだと思います。その辺、いわゆるサヨクは、意外にまとまっている
ような気がします。残念なことだと思います。
Posted by MiffyChan at 2009年12月20日 04:55
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1376614/

上記ブログの「鳩山で近衛を連想、で妙な既視感があると思ったらoribeさんのとこでした
しかも、コメント欄で妙な外人名をカタカナにしたやつが
暴れてるとこまで一緒という・・・
お二方ともマスコミ従事だったりの共通点がなかなかおもしろい
て一足早くリンク先のブログでこちらサイトの紹介書き込みがあって
更にびっくりしました。世間て狭いのね
Posted by sk at 2009年12月21日 01:48
> MiffyChanさん

 そうそう、色々と考えているうちに「ああ、これって二つの日本の一端じゃないか」と驚きました。
 ここに来てもう一つ気付いたのですが、時間の流れに依存しない文化的成長?とでも言う成長は、単純な製品開発を超えたところにありそうですね。(これは携帯に限らない話ですが)
 だからと言って、競争が無いわけじゃなく淘汰は必ず存在し、強いものが生き残っている点は更に興味深いですね。

 あと、ブログとそこで起こる議論ですが、相手を説き伏せるとか屈服させる事に重点を置いて本来あるべき議論が吹っ飛んでいる方がいるように思いますね。 誠に残念なことです。
 そして、このブログにもあったと思いますが、保守がサヨクに見習わなければならないのは「鉄の結束」ですね。 この状況に至り余計そう思います。
Posted by 智 at 2009年12月21日 14:30
大手週刊誌の週刊ポストが報じた衝撃的な記事。

「問題映像を独占入手!のりピー?カメラ目線で…性 愛口唇動画の衝撃19秒」

との衝撃的な見出し。

さらに

「これは法子なのか?そうでないと信じたい。それしか、いえない」(元事務所幹部)−−“男と女で覚醒剤”の恐怖の核心はここにある

とのサブ見出しとともに問題の映像を…

http://skinrkfr.blog111.fc2.com/
Posted by 酒井法子のフ○ラ動画がついに流 出か!?問題映像を独占入手! at 2009年12月21日 14:39
えらい嫌われようだな。まあいいけど。

保守思想に汚染された奴の思考パターンは、
敵となる対象は人間であって、主義でも主張でも
ないんだよな。途中から反論が来なかったけど、
文句だけはまだブータラ言ってんですかー。
だったら、反論してくださいよ。できないの?
まあいいけど。

ちなみに、敬愛なり支持するのも人間であって
主張でもその人間のやったことでもない。
「愛国者のあの人なら間違ったことはしない!」
みたいな。だから、進歩が無いんだよ。もっとも
保守思想には、進歩の概念は無いけどな。

まあ、今回の記事にはとくに言うことはない
です。つーか、今回みたいなウソもデタラメ
も無いきちんとした記事を書いてくださいよ。
oribeさん。
Posted by mikhail b sokolov at 2009年12月21日 21:39
そもそも価値観の違いで論争して決着がつくと思ってるのか?

近衛と鳩山の類似性にしたって、ここは似てる
でも、ここは似てないよねーという
建設的な会話ができるならともかく

お前は間違い 俺が正しい

小沢も天皇陛下の政治利用問題で俺が正しい
と豪語してたが
日本の大多数はそれを否定してるけど
小沢が正しいと思うやつもいるだろう

天皇陛下の件についてはいい踏み絵だと思うがね

>保守思想には、進歩の概念は無いけどな
これは本来の意味でなく日本の保守派への皮肉で
言ってるものと解釈しよう
その上で、保守本流といえば阿部元総理
少なくとも近年で彼ほど教育改革、
行政改革を熱心にした者はいないんだが?
それとも小沢現政権が進めてる亀井との
土建天下り天国への邁進を進歩というのか?
陳情一元化という独裁体制を引いてまで利益誘導
昔の自民を更に悪くした物にしか見えんがこれも進歩か?
Posted by sk at 2009年12月21日 22:27
正しいも何も、どうやったら近衛に日本を
滅ぼせるんだよ。因果関係としては明らかに
おかしい。例えばだ。鳩山がこのままグダグダ
のまま失脚して、誰だか知らんが後任の総理が
失政やらかして日本が大変なことになったと
しよう。

そしたら、それは鳩山の「友愛(笑)」の
主張に国民が熱狂したのが原因になるのか?
意味不明なんだけど。

これと同じこと言ってんだけど、それがおかしい
と言って何の問題がある。

>少なくとも近年で彼ほど教育改革、
>行政改革を熱心にした者はいないんだが?

その具体的な成果は?やろうとしたこと事態
に価値があるとか言うなよ。あと、崇拝している
人間の名前くらい正しく書けよ。葬式で名前
間違えるどっかのアホと同じレベルの間違い
してどうする。
Posted by mikhail b sokolov at 2009年12月21日 23:03
試しに振ってみたけど思った以上にひどいな
それで議論できてるつもりなのか?

しかも近衛が日本を滅ぼした、と本気で読めるのか?
それ自分の読解力がないと披露してるもんだぞ

>正義や理想を足蹴にして現実しか見ない人間は空虚ですが、
>現実を蔑ろにして正義や理想しか見ない人間は危険です。
>そういう人間を政治権力の頂点にすえる国は、地獄を見ます。

危険な理想主義者として鳩山と近衛の類似点を挙げてるようにしか読めないけど?
勝手に筆者の意図しない方向に論理をもっていって
俺のいってること正しい シコシコ。。

次に保守思想には、進歩の概念は無い の件
こっちはわざわざお前が皮肉でいってるという
意図を察して答えてやってるのに
まるで明後日の回答が返ってきた

お前がまず答えなければいけないのは
保守に進歩の概念がないってのは言いすぎました
ごめんなさい だろ?
あの鳩山ですら あなたたちに言われたくない
について臨時国会で町村に叱責され、素直に撤回した
お前はあの鳩山以下だ
因みに安部元は憲法改正のための第一歩
国民投票法案をも通している

そして最後、その後のいくつかの質問には自分の都合のいいとこにしか答えていない

こっちはお前の意図を汲んで答えてやってるのに
お前は意図的に都合のいいとこしか答えていない
あの八方美人で中身スカスカの鳩山以下
Posted by sk at 2009年12月22日 01:18
いい加減くどいな。論点の問題じゃない。
事実がどうであったかの問題だ。

>危険な理想主義者として鳩山と近衛の類似点を挙>げてるようにしか読めないけど?

鳩山は知らんが、近衛は理想主義者でもなんで
もない。現実と妥協を繰り返し、何かをやりと
げる意志もない男だった。そのへんは史書を読
んで確かめてくれ。あと、同時代にいたファナ
ティックな指導者であるガンジーはどうだ。
植民地解放のために非暴力主義を貫くなんて
>現実を蔑ろにして正義や理想しか見ない人間
にしか見えないけど、その当時のインドのひと
達は地獄を見たんかい。

>保守に進歩の概念がないってのは言いすぎました
>ごめんなさい だろ?

貴方のレスを見て、ますます自称保守は進歩の
無い連中だ、って感を強くした。注意したのに、
2回も人の名前間違えるとは・・・。

あと、いちいち鳩山の悪口言わんと、俺の言う
ことに反応もできんのかい。俺が言った通りだ
ろうが。保守カブレってのは、人間しか見ない
って。
Posted by mikhail b sokolov at 2009年12月22日 06:13
保守カブレもmikhail b sokolovもいい加減にしろ。

ここはお前らのブログじゃねーんだよ。


そういう人間向きの何でもありネットとして「2ちゃんねる」という巨大掲示板があるからそっちでやってこい。

Posted by @ at 2009年12月22日 18:17
今日本のマスメディアだけが海外で日本ブーム的な発言をしてますけど、その大半はサブカルチャーであって、政治や経済とかレベルの高い分野では無いですよね。
しかもアダルトビデオとかアニメ漫画とかどうでもいい分野ばっかで、大きな利益を得られそうな産業じゃないですよね。
欧米文化=高級、日本文化=低レベルって感じは香港のみならず、欧米でもそんな感じがします。
Posted by   at 2009年12月27日 04:29
日本人こそが日本を過度に卑下するような卑屈な態度を持っているのだと思います。

ずっと自虐史観で育った日本人は、「日本は落ち目だ」「日本はもう駄目だ」「これからは中国の時代だ」とずっとずっと囁かれて来ました。日本の中では、テレビでも、新聞でも、ずっと。

海外に行けば、日本の物やブランドが沢山ありますね。日本人はそれを卑屈な、下等なものばかりだと言います。でも本当にそうなのでしょうか?

文化は常に高いところから低いところへ流れます、かってのアメリカ、そして今の日本がそうであるように。

海外の人は、文化の高尚さとか、たぶん気にしていないと思いますよ。私自身は、むしろ低レベルな日本文化の方に海外に普及してほしいと思います。その方が日本への理解、そして日本人の可能性は伸ばせるでしょうから。

文化は「そこにある」もので、金儲けの手段ではありません。そして、「誰にでも手にすることが出来る」日本文化というものは、多分日本人がこれまで行ってきたことへの、報酬であり、成果なのでしょう。

アフリカのトラックにも日本語が書かれている時代ですから。
Posted by 七誌 at 2009年12月31日 06:51
香港在住の者です。twitterからこのエントリーに参りましたが大変面白かったです。2つの日本がある。そうかもしれません。

香港というところは自らものを創造するのではなく、外からなるべく安く仕入れて消費する場所のようなので、その中で日本製品が現在のようなポジションを得たのでしょう。

Cool Japan的な賛美も、ジャンルによっては見受けられますがこれだけさまざまな日本製品が流通していると(スーパーもあります。百貨店が街を作りました→ほぼ撤退ですけど)もう賛美というレベルではないのでしょう。

下の下のもの、庶民的なもの(携帯も庶民的ですよね?)ということですが、日本製品のポジションそのものが、高級なブランドではな、かと言って香港ではまだまだ主流のどこで作ったのかわからない超安価あるいはニセモノの被服や日用品でもない、ということなのではないでしょうか。

携帯も家電もつい5−6年前まで日本製品があちことで見られましたよ。ただ、その時々でUp to dateなテクノロジーをすこしづつ取り入れたモデルをサイクル短く、かつ安く供給することができずに撤退したのだと思います。

ただ、いずれにせよ、日本的な価値観、ものづくりの心のようなものは、香港の人たちにとっては頭でわかっていても自分達が受け入れる気にはならないと思います。せっかちで刹那的で利己的を良しとする土壌ですし。

エントリー楽しみにしております。

*車は日本車が行き交ってましたか?乗用車は欧州メーカーに完敗、タクシーと16人乗りマイクロバスはトヨタの牙城です。

Posted by t at 2010年01月20日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。