2010年01月03日

なぜお笑いブームは続くのか?

もう5、6年くらい前になりますか、業界人とスッチーを集めた合コンで、脱サラをして駆け出しのお笑い芸人をしているという男に会いました。当時は2000年くらいに始まったお笑いブームが頂点を迎えようとしている頃でしたが、「今駆け出ししているようじゃ遅い。ブームに乗り遅れたな」などと思ったものです。

しかしお笑いブームは去るどころか、その後もお笑い芸人への需要は増え続けています。件の彼は、合コンを盛り上げることすらできないでくのぼうで、顔も名前も忘れてしまいましたが、もしかしたら今や人気芸人の一人として、忙しい日々を過ごしているのかもしれません。

それはともかく、2004年頃に、お笑いブームがここまで続くと予想できた人は多くないと思います。流行というものに敏感な業界人ならなおさらで、当のお笑い芸人たちの中にも、今の状況に半信半疑な人は少なくないはずです。

ではどうしてお笑いブームは続いているのか?その理由としてよく聞くのが、「不況でテレビ局にカネがないので、安いギャラで雇える若手芸人の番組が増えている」というものです。でもこれは理由になっていません。なるほどテレビ局からすればそうかもしれませんが、あらゆる商売というものは、供給側だけの都合で決められません。自動車メーカーが、経営が苦しいからと車の品質を下げたらどうなるのか?客は、努力と工夫で品質をキープするメーカーに流れていきます。テレビ業界というのも、既得権に守られた生ぬるい業界であるとはいえ、一応競争というものはあって、自分の都合だけで番組を作れたりはしないのです。

では需要の方はどうかというと、「どのチャンネルを見てもお笑い芸人が騒いでいるばかりでつまらない」という意見は、それ自体流行遅れになるくらいに、もう何年も前から言われ続けています。視聴者からすれば、ブームは遠に去っているのです。制作側もそれに気づかないほど鈍感ではありません。早く「次」を見つけて他局を出し抜きたいのは山々です。でも見つからないのです。

見つからないのは、決して無能だからではありません。より正確に言えば、見つからないのではなく、「ない」のです。少し遠回りになりますが、どういうことか説明します。

かつてのテレビ界には合い言葉がありました。「視聴者を巻き込め」というやつです。企画会議で必ず聞かされた言葉です。視聴者を、ただ受動的に番組を見る存在にしておかず、積極的な関与者にしろ(そう思わせろ)ということです。視聴者参加はその古典的な手法で、「電波少年」系の企画などは、その進化した姿です。送り手と受け手の間にあるテレビ画面という枠をいかに破壊するかということで、これは要するに、双方向性への希求です。テレビマンの腕の見せ所は、本質的に一方通行なテレビというメディアにおいて、それをどこまで擬似的に実現できるかにあり、テレビの進歩のエネルギーは、そこから生まれていたのです。

しかし、ウェブの登場ですべては変わりました。「視聴者を巻き込め」と、知恵の限りを尽くしてテレビが越えようとしていた壁の向こうに、きょとんとした顔でウェブがいる!そして勝手気ままに振る舞っている!この期に及んで壁を越えようとするのは、滑稽なばかりかテレビの存在意義を低下させるばかりです。そこで00年代中期からさかんにこう叫ばれ始めました。「テレビにしかできないこと」を探せ。

テレビ以上のものになろうとするのを止めて、テレビであることそれ自体の中に価値を見つけようというわけです。しかし、テレビにしかできないことは実はそんなにありません。なるほど局にはコンテンツ制作のノウハウはありますが、そこは何もテレビというメディアに縛られる必要はありません。テレビにしかないものを突き詰めれば、結局のところ過去へのノスタルジーと、華やかな芸能界と、大衆動員力に尽きるのです。

テレビ黄金期の回顧番組、早朝から深夜までタレントの大量起用、そして番宣の大量投下による無理矢理ヒット。3、4年前から各局に共通するトレンドは、テレビにしかできないことを追求した結果です。お笑いブームの異様な長期化の理由もここにあります。若手芸人の大量起用によるバラエティは、ただのブームではなく、テレビにしかできないことを、しかも低予算で実現してくれる、テレビの行き着いた先なのです。

収入低下のテレビ局はタレントの大御所化を歓迎しませんから、消費され尽くして消えていく若手はこれからも後を絶たないはずです。ただ彼らにとって救いなのは、彼らはテレビ局を肥らせるエサとして消えていくのではないということです。彼らはテレビの最後の存在意義であり、一人の若手が消えるたびに、テレビもまた、少しずつ影響力を失っていくのです。

banner_03.gif
この記事へのコメント
うん。文句なく正論かつ名文ですね。ただ全く文句がないゆえに、コメント欄は盛り上がらないでしょう、と予測してみるテスト。
Posted by 七誌 at 2010年01月04日 02:17
年末年始の再放送ばかりのテレビ番組を見て、テレビ局には本当にお金が無いんだなあと実感させられました。

Posted by ぽんた at 2010年01月04日 19:06
需要側、つまり視聴者側からの視点でなぜお笑い芸人がもてはやされるのか?ということを自分なりに考えると、最大の理由はお笑い芸人が「場の空気を読む能力」に非常に長けているからではないかと考えます。

ことテレビで活躍するお笑い芸人には、テレビ特有の短い尺の中に収まる形で聴衆の多くが共感し不愉快に感じない気の利いたコメントを瞬間的に返す能力が要求されます。(もちろんそれだけでは無いと思いますが)しかしこれはなにもテレビの中の世界だけにとどまらずわれわれ一般人が普段の生活の中で交わす会話にもとても重宝する一種の「スキル」です。
そして現代社会においてこの「空気を読む」スキルの重要性が高まっていること(善し悪しは別として・・・)、さらにそれを習得することが自分の周囲からの評価を上げることにいかに有用であるかということに多くの人が気づきはじめているのではないかと思っています。

とある後輩との飲み会でのことですが、彼ら若い世代の会話の中には「ボケ」や「ツッコミ」などにとどまらず「その返しは甘い」とか「かぶせてくるな」などお笑い業界の用語がバンバン飛び出してきて面食らった記憶がありますが、後で考えると彼らが単なるミーハーでそれらの言葉を使っていたのではなくテレビで活躍するお笑い芸人の芸の中に普段の会話スキルを向上させるためのヒントを求めているのではないかと思えてきました。

私のようなおっさん世代は、こういうスキルを家族や友人との会話、先輩後輩との関わりの仲で自然に身につけてきたように思うのですが、こうした関係が希薄になりがちな現代の若者にはテレビの中で活躍するお笑い芸人がその教科書代わりになっているのかななどと思いました。
Posted by white at 2010年01月04日 19:33
アメリカやイギリスでは、インターネットを使って視聴者が参加する番組が多いと聞きます。
スーザン・ボイルも、そういった番組から出てきました。
クイズ・ミリオネイアもイギリスでは一般人参加番組です。
ニュース番組ですら、FOXなどは視聴者が参加するスタイルを試しているそうです。

なぜ日本では視聴者を参加させた番組が作れないかというと、テレビは虚構で成り立っているので、一般人が出てきて、本当の事をしゃべってしまうのが怖いからではないでしょうか。
Posted by 八目山人 at 2010年01月05日 15:49
年末年始帰省してテレビを見る機会があったが、
実際は「テレビを見る甥達を見る機会」になったな(笑)。
偏屈な叔父としては残念ながら、彼等は読書やネットはあまりしないと思う(接点が少ないので正確な処は判らないが)。テレビが好きである。大声で笑いながら「サスケ」とかいう筋肉番付系や、お笑いバラエティ系を視聴していたのであった。

んで、気になったのだが、彼等はタレントの名前を友達の様に呼ぶ。
例えば「松本人志」なる芸人は「松ちゃん」などと呼ぶ。自分の子供の頃は芸能人は、歴史上の人物同様にフルネームが基本であり、まず愛称で呼ぶことはなかった。
また、今見ている番組内のタレントの言動を笑うのは普通だが、他の番組での言動や私生活の軽いスキャンダルまで語り合い、そしてウケ合う。それは「自分のクラスの面白い奴」のことを語るがごとく(彼等は成人だが高校生に見えるので違和感ねえ)。
お笑いタレントは、その芸を楽しむというより「疑似友人」として話のネタになる方向に進んでるんじゃないかな。そうなると芸の上手さやスター性は寧ろ邪魔だろう。実際、特に芸も無く、番組内でコメント言うだけのタレントというのもある様だ。そして「ちょっと面白い奴」として笑える言動をして、ネタを提供すれば良い。演出や企画の妙も必要ない。それは日常の一部であるのだから滅多に飽きられないし、飽きられたら人を換えればよい。

結局、テレビは視聴者の巻込みに成功しているのではないか。
但し、なんとも低調な形態で。
Posted by 小野まさ at 2010年01月06日 00:55
>小野まささん
仰っておられる内容にはほぼ同意なのですが、それは最近に限ったことなのでしょうか。
エノケンまで遡ると少し違う気もしますが、例えば萩本欽一がキンちゃんと呼ばれて
親しまれたのは30年以上昔のことです。アイドル文化華やかなりし頃は田原俊彦が
トシちゃんだったり近藤真彦がマッチだったり多くが愛称で呼ばれていましたし、
そのアイドル達の多くは小野まささんが仰るような消費のされ方をなされていたように思います。

テレビをもう何年もまともに見てない私が言うのもなんですが、テレビって昔からさほど
変わってないんじゃないかなぁと思います。
もしくはこれがoribeさんの仰るテレビ黄金期の回顧なのでしょうか。
Posted by 小僧 at 2010年01月06日 19:32
小僧さん

確かに「欽ちゃん」は別にして、ファンはアイドルを愛称で呼んでましたね。
自分が芸能人に興味が無かった所為でトンチンカンな事を言ったのかも。
・・・だけど甥達の呼び方は何か違和感があるんだなあ。彼等は愛称で呼ぶタレントの熱烈なファンという訳ではなく、親しみは感じるけど、目線的には寧ろ少々見下し加減なんですよね。何か「憧れ」というよりは「狎れ」を感じるっつーか。

まぁ、アイドルも、70年代までは「歌唱力のある美少女」でしたが、80年代以降は「親しみの持てる可愛い娘」でした。今はどうなってるのかは判りませんが、その流れで、ファンの目線の角度もタレントの相場も「憧れの対象」から「話のツマ」にまで、シームレスかつ継続的に下がってきているのでしょう。
それにしても「話のツマ」が必要な人付き合いって何だよ、ガチに真摯でシビアな話を出来ないのかよってのが、甥達に対する僕の一番の不満なのですが、まあ話題に関係ないし、どうでもいいか。

ちなみに、芸能人全体が暴落した訳ではなく、良い歌い手や歌は健在ですね。若い人でも才能のある人がどんどん出ていると思います。ただ、そういう人達はテレビに出ていないし、もともとそうした人達はテレビに出ていなかったのですが。
Posted by 小野まさ at 2010年01月06日 22:01
●沢尻エリカ クラブでベロンベロン片乳出してシェイク!

http://erikasama-blog.blogspot.com/

なんと沢尻エリカがクラブで、ベロンベロンに酔っ払って、ものすごい勢いで体をシェイクして、片乳を放り出しながら踊っていたという(笑)


●沢尻エリカ クラブでベロンベロン片乳出してシェイク!


http://erikasama-blog.blogspot.com/
Posted by ●沢尻エリカ クラブでベロンベロン片乳出してシェイク! at 2010年07月26日 16:36
★篠田麻里子の枕営業疑惑動画流出!!



http://marikosama-blog.blogspot.com/


篠田麻里子と言えば以前お騒ぎになった枕営業疑惑・・・結局、篠田が枕営業をしていた事実はないとのことだが、流出した動画に篠田にとてもよく似た人物が確認されている。





★篠田麻里子の枕営業疑惑動画流出!!



http://marikosama-blog.blogspot.com/
Posted by ★篠田麻里子の枕営業疑惑動画流出!! at 2010年07月26日 16:44
沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

「本物なのか!?」――。
1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。
あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。


http://dvd-erika.blogspot.com/

 実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、DVDの途中でこんなテロップが流れる。


http://dvd-erika.blogspot.com/
Posted by 沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】 at 2010年07月26日 16:50
■小林麻央ショジョ説は嘘?!モト力レ流失力ーセOクス動画が存在した!!


http://kobayasimaozero.blog12.fc2.com/



とあるサイトに元彼と一緒のプりクラと小林麻央と思われる人物の力ーセOクス動画が掲載された。
既に検証されており、本人と断定されてしまった。



http://kobayasimaozero.blog12.fc2.com/
Posted by ■小林麻央ショジョ説は嘘?!モト力レ流失力ーセOクス動画が存在した!! at 2010年07月26日 16:54
【スクープ】元AKB48中西里菜 8月衝撃工ーブィデビュー!!



http://nakanisilina.hp2.jp/


選抜選挙が終了したばかりのAKB48の元メンバーのA.Vデビューが決定し、すでに数作品の撮影も終了しているという情報が!!


http://nakanisilina.hp2.jp/


「元メンバー」の正体は、AKB48の初代センターを務めた超人気メンバーの中西里菜というからファンは驚きを隠せない。
Posted by 【スクープ】元AKB48中西里菜 8月衝撃工ーブィデビュー!! at 2010年07月26日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


[テレビ][ラジオ][政治][芸能][お笑い]2010/01/04 テレビ お笑い その他〜『ロケみつ』の早希ちゃんブログ旅総集編
Excerpt: 小ネタ集 - 本家すいか日記 ほとんど感想書いていないですが、やっている日は出来るだけ見ています。結構寝オチしていたので、エンディングに気付いたのが、年明けてからなんですが、西川のりおが往年と同じ声..
Weblog: 昨日の風はどんなのだっけ?
Tracked: 2010-01-09 17:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。