2010年01月28日

ケインズ vs ハイエク

先日、アメリカの経済学者は素人に経済の仕組みを理解させることに熱心だと書きましたが、これはその象徴です。



ケインズとハイエクが夜の街にくりだしてお互いの説をぶつけ合うラップですが、すごくわかりやすいしおもしろい。まだ公開から1週間もたっていませんが、すでに20万ビューを越えています。日本の財務相は、マストシーです。

でもビデオそれ自体よりおもしろいのは、制作の裏話です。

男性向けケーブルチャンネルのスパイクTVで働くビデオプロデューサーのジョン・パポラさんは、経済に興味を持っていて、日頃から経済について発信したいと思っていました。でもしょせんは素人なので、言えることは限られています。そこで、ビデオ制作という自分の能力を生かせば、誰にも負けない発信ができると思い立ちます。

早速彼は、以前からネットで意見を聞いて尊敬していた、経済学者のラス・ロバーツさんに連絡を取ります。するとロバーツさんは乗り気で、ロバーツさんの提案でラップにしようということになり、あとはトントン拍子。誰にでもわかり、なおかつ噛み応えのある、ハイクオリティのミュージックビデオができあがりました。

パポラさんのオフィスで、ロバートさんに完成したビデオを見せていると、ミュージシャンの Ke$ha が通りかかり、ロバーツさんとケシャが一緒にプレビュー。ケシャが「これは本物。いいラップね」と太鼓判を押すと、ロバーツさんもケシャの「Tik Tok」のビデオを見て、「このビデオは一見ケインズ的だけど、本質はハイエク的だ」とか述べて、まあとにかくそんな感じです。

kesha.jpg


エッチなチャンネルのプロデューサーと、高名な経済学者と、ケインズとハイエクと、アイドルというまったくバラバラな要素が融合して、これだけ高品質なビデオができてしまうというのは、いかにもネット時代らしい現象です。このビデオは、ケインズ対ハイエクという問いに対する答えを、その制作スタイルにより示しているようにも思います。

英語と経済の両方を学べるこのビデオの歌詞は、こちらのページで見られます。MP3もダウンロードできます。また、ケインズとハイエクの思想については、こちらのページにまとめられています。

banner_03.gif
この記事へのコメント
おもしろいですね。ビデオだけではちゃんと聞き取れなかったので、歌詞を見ながらですが。

学者の発信の仕方にも問題がありますが、専門知を媒介する、まさに「メディア」の手法も「わかりやすい=レベルを落とす」というのばかり。

ドイツやアメリカはケーブルテレビが普及していて、専門チャンネルは日本の民放と客層も違うからだろう、と思っていましたが、スパイクTVでこういうことができるのなら、民放にできないはずはないんですが。

それぞれの専門家が協働することで達成されるこういう仕事が日本に滅多に現れないのは、俳優にしろ歌手にしろ、まともな専門家に光を当てずにテレビタレントばかりを重用する姿勢からもたらされた帰結なのかな、という気がします。
Posted by ウンザレ・ザッヘ at 2010年01月29日 09:03
ケイジャン料理

コックさん

キッシンジャー博士に似ている感じ、

はやぐい。
Posted by yUKio at 2010年07月10日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。