2006年09月04日

NHKの語学講座

NHKとBBCを比較した記事に寄せられたみなさんのコメントを読んでいると、真剣さが良く伝わってきます。NHKをどうするかは、切実な「自分の問題」ですからね。

さて、NHKの魅力というと、そのひとつに語学講座があげられます。最近は聴いていないのでわかりませんが、ラジオの英会話講座などはかなりクオリティが高いです。NHKの英会話番組に半年くらい真剣に取り組めば、よほど頭が固い人はともかく、テレビの英語ニュースを直に理解できて、外国人とメールのやり取りができるくらいにはなるはずです。昔(本当にちょっとだけ)英会話学校の先生をしたことがあるぼくが言うんだから間違いありません。

うちのカミさんも何年か前まではほとんど英語がダメだったんですが、3ヶ月くらいNHKラジオの英会話講座を集中してやらせたら格段に上達しました。今じゃ英語のサイトでホテルの予約を取って、世界のどこへでも一人で出かけていきます。先日アメリカで、何かの手違いでホテルの予約が取れておらず、しかもどのホテルも満室というトラブルに遭遇したそうですが、あちこち電話をかけまくって相手に予約システムの不備を認めさせ、結局最初よりいいホテルに泊まれたとか何とか言っていました。

というように、NHKの語学講座はとても実用的なわけですが、今の時代にそぐわない重大な欠陥もあります。それは、ウェブをまるで活用していないことです。

NHKのお手本であるイギリスBBCも、公共サービスとして語学講座に力を入れているわけですが、BBCの語学講座のページと、NHKの語学講座のページを比べてみてください。比較にもなりません。NHKのページは本当に番組紹介だけですが、BBCのウェブを使えば、英語を軸にしてフランス語とかドイツ語の基礎を、多分下手な大学に行くよりもしっかり学ぶことができます。

これは外国人向けの母国語講座にも言えて、BBCの英語コースは非常に充実しています。NHKも一応やってはいるのですが、BBCの努力の100分の1くらいで、しかも「ベーシック・ジャパニーズ」の音声を聴いてみようと思ったら、たまたまかもしれませんがつながらない始末・・・。日本語を学びたい外国人はたくさんいるのに、残念なことです。

NHKがウェブに力を入れていないのには理由があります。NHKだって、できればウェブに力を入れたいのですが、「民業圧迫」になるからできないのです。BBCのようにホームページを充実しようとすれば、民放から文句が出ます。役に立つ語学講座をウェブ上でただで公開すれば、英会話学校からも苦情が出るでしょう。

BBCも民業圧迫という批判はされてはいます。でもここまでやれるというのは、前回の記事でも少し触れたように、イギリスにおけるBBCのプレゼンスと、日本におけるNHKのプレゼンスが全然違うということがあると思います。

イギリスという国では、テレビ放送の民間開放が日本よりずっと遅れていたこともあり、BBCとその他の民間放送の勢力割合は、多分5対5くらいです。だから今でも、テレビメディアはBBCが引っ張り、民間はそれに続くという構図が残っています。BBCがネットに力を入れれば、民間放送は確かに圧迫されるのですが、そのおこぼれに預かる面も残されており、損する一方ではないわけです。

ところが日本の場合、NHKと民放の勢力割合は、地方に行けばNHKの力は増すものの、全体として見れば、せいぜい3対7くらいだと思います。だからNHKがネットに力を入れれば、民業圧迫は深刻な問題になります。

というわけで、やりたくてもやれない、できるのにやらないわけです。受信料支払いを義務化したところでこの構図は変わりません。時代に即した本当に役に立つサービスは、時代が進めば進むほど期待できなくなっていくのです。バカな話しだと思いませんか?

ところで語学講座の話しに戻りますが、NHKの語学講座は本当に効果があります。しかもテレビではなく、デイリーで放送しているラジオ講座です。英語が出来るようになったからと言って、誰もがうちのカミさんのように猛者になれるわけではありませんが、英会話学校に金を出すよりも確実でずっと安いので、是非お奨めします。

banner_03.gif
この記事へのコメント
ラジオ、テレビで語学講座やっても「民業圧迫」になるのでは?

なぜウェブには力を入れられないのかという説明が、「民業圧迫」という観点からではあまり納得のいく説明がつかないと思いました。
Posted by YM at 2006年09月04日 19:19
>YMさん

それは昔からやっているからです。もし今まで全然やっていなくて、今年から新たに始めるのであれば、語学講座をやることも民業圧迫と批判されるはずです。
Posted by oribe at 2006年09月04日 19:28
おお〜これはお役立ちですね!BBCの語学講座、初めて知りました。
日本の語学学習熱は、欧州一外国語ができないという英国の比じゃないんですけどね。
Posted by 0o0 at 2006年09月04日 19:51
うちのNHKはそれなりに使えると思っていたところに、よその羨ましい実態を知らされると
落差に愕然としちゃいますね。
日本は効果の疑わしい短期語学留学だの駅前留学だのドリッピーだのと
妙な分布で業者がはびこっているので、ぜひ公共放送には頑張ってほしいものです。
Posted by 大葉 at 2006年09月04日 20:24
そういえば中学のときの英語の先生が
NHKの英会話講座で英語を覚えたっていってたのをおもいだしました。
Posted by 5959 at 2006年09月04日 20:27
仕事上付き合いのある某国立大学の職員の口癖は「出来ません。」某官公庁の口癖は「出来ません。」某親方日の丸企業の口癖は「出来ません。」要するに、やる気とやらせる環境の不在、でしょうね。
Posted by さつき at 2006年09月04日 23:07
管理人さんには是非英会話スクール裏話を!
Posted by sango at 2006年09月05日 05:46
今はすっかり講座名が変わってしまいましたが、
その昔NHKラジオの英会話講座を、基礎英語〜ビジネス英会話(の途中)まで、中1から高3までやっておりました。
大して英語を勉強した訳ではないのに、模擬試験では全国偏差70を叩き出し、理数系クラスでありながら英語だけで学年上位に居座る事が出来ました。


が、点数や偏差値なんかどうだっていいんです。


「生きた英語が学べる、結果として英語を好きになれる」



ただこの1点において、NHKラジオはお勧めです。
今のはちょっと分からないですが、横道にそれた話を含め、色々刺激的な題材が多かったと思いますので。


※NHKラジオは、中2の時気まぐれでロシア語講座に手を出した事がありますが、英会話系よりコンテンツが乏しくて、味気なかったというか‥
逆に英会話講座のクオリティの高さを思い知ったものです。
Posted by nikki at 2006年09月05日 07:56
フランス学習者です。
このたびは良いサイトをご紹介いただき、ありがとうございました。
BBCのサイトとは・・盲点でした(笑)。
Posted by omi at 2006年09月05日 08:45
私もNHKの語学講座大好きです。そしてNHKがネットの活用に二の足踏んでいるのをとても歯がゆく、いらだたしく見ていました。そんな理由があったとは。
Posted by もふもふ at 2006年09月05日 10:44
そもそも、民業圧迫というのは、何なのでしょうか。
利便性が向上する受益者の側がそんなこと言うはずないので、そんなこと言うのは実際に影響を受ける可能性のある業者しかないわけですが、未だにそういう計画が具体化されていない以上、文句を言われる「可能性」でしかないわけです。
そのようなつまらない「可能性」を楯に、やらない理由とするのは、怠慢としか思えません。
まあ、半分お役所みたいなもんだから、仕方ないのかな。

>BBCのようにホームページを充実しようとすれば、民放から文句が出ます。
これで民業圧迫になるというのなら、民放はBBCのような充実したホームページを提供しているのかと問いたいですね。
もし仮に提供できていないのなら、文句を言うこと自体が筋違いだと思います。
書いていて気付いたんですが、そもそも民放は、語学講座をやってましたっけ。
自分達がやってもいないのに「民業圧迫」ってのはおかしいんじゃないかなあ。

英会話学校が文句を言いたくなるのは仕方ないところですが、異論はあるかもしれませんが、私はこれも筋違いだと考えます。
そもそも、英会話学校へ通う層と、NHKの語学講座を視聴する層とは、微妙に違うように思います。
私は、NHKの講座ではもの足りなくなった人たちが英会話学校へ行くというのが本来の姿だと思います。(もっとも現状では少し違っているようですが。)
それでも実際に、無料講座を充実させることで間口が広がるという効果は、十分に期待できるんじゃないかな。
特に日本語学校や、英語以外の外国語なんかは、その効果が大きいように思います。

>それは昔からやっているからです。もし今まで全然やっていなくて、今年から新たに始めるのであれば、
>語学講座をやることも民業圧迫と批判されるはずです。
たしかに理屈はわかりますが、なんとも理不尽に感じます。
結果論になりますが、現在、語学講座はNHKの看板と言えるほどのものになっています。
こういう明らかに国民にとって有益なコンテンツでも、新規に立ち上げようとしたら「民業圧迫」として批判され(廃止に追い込まれ)るのであれば、「民業圧迫」を批判として認めること自体がおかしいんじゃないかなあ。

私もNHKの語学講座には随分お世話になったので、ぜひともNHKにはがんばってほしいと思っています。
長文失礼しました。
Posted by bach at 2006年09月05日 14:56
これを読み、oribeさんの奥様を目指し、NHKラジオ英会話入門9月号、買ってきてしまいました! 
調度、英会話の勉強しようと思ってたところだったので、良い情報いただきました。ありがとうございます。最低でも半年間はがんばります。
Posted by ひかり at 2006年09月05日 15:55
まぁ、どんな分野にしろお役所と半役所の「民業圧迫」は問題になりますよね。郵パックと宅急便も問題になりました。民間が手を出す前に新しいサービスを提供し出せば問題ないのでしょうが、民間が始めた商売に重複するサービスを公的機関があとからするとなると障害が大きいのでしょう。

となるとこれからの時代に向けNHKは海外向けの日本語講座のウェブサイトを立ち上げるというのはどうでしょう?これならまだ対立するようなサービスは民間でも市場規模が小さく問題になるとも思えませんし、国益にも貢献出来ます。
Posted by bob at 2006年09月05日 16:05
「語学」カテゴリ待ってました。翻訳記事を読んで感銘を受けてから、
oribeさんの外国語に対するスタンスや学習法に興味があったので。
自分は絶望的にヒアリングが駄目なので、もっぱら読み書き中心の勉強ですが、
NHKの語学コンテンツは字幕ニュースなど10年来の付き合いです。
せっかくここまで蓄積したNHKのノウハウがWEB上で埋もれているのは心底惜しいですね。
Posted by zozo at 2006年09月05日 16:19
BBCのイメージは、日本について恣意的な報道が多い出鱈目なところという、否定的な印象だったのですが、BBCのウェブの英語講座はぜひとも利用する事にします。多民族移民国家で需要も多いのでしょうね。昔暴れまくった負の遺産でしょうか。

NHKに関していえば、TVでちょっと前にやっていた『ハートで感じる英文法』がすごく良かったです。ネイティブが持っている感覚をそのまま理解しようとい趣旨でした。しかしNHKが優れた語学教育のノウハウをもっているなんて、目から鱗です。ラジオも活用してみます。
Posted by タロー at 2006年09月05日 16:24
>>ひかりさん

やる気に水を差すようで恐縮ですが、
英会話入門は6ヶ月講座なので
現在の講座は9月で一旦終了して
10月から新しい講座がはじまります。

念のため・・・
Posted by エンリケ at 2006年09月05日 16:30
NHKの英会話と言えば、英語でしゃべらナイトを楽しみに見てます。勉強で見てるわけじゃないんですけど・・・。
ラジオは音がキレイに入らないので聞いたことがありません。
でも、英語の掲示板読めたら楽しい気がします。
意見を言えたらもっと楽しいかも。う〜む。
Posted by P at 2006年09月05日 17:56
ラジオを前に独り勉強するって流行らないんでしょうか。昔は大学受験講座なんかもあったけど、今はみんな予備校ですよね。

4年くらい前、イギリスで移民に英語検定試験と女王への忠誠を義務付けると話題になりましたが、母国語をマスターさせなければならない需要も多いのかな・・・
Posted by ジン at 2006年09月05日 19:06
>海外向けの日本語講座のウェブサイトを立ち上げる
bobさんに賛成です。NHKは海外とのネットワークが強固なのに国内向けサービスで事足れりとするのは何とも勿体無い。積極的に知日派外国人を育てたいところですね。

Posted by Q at 2006年09月06日 00:08
Oribe夫人はかなりの剛の者ですなー。
冷戦時代、ポーランドだかハンガリーだかのある男性が十数年にわたって
こっそり西側のラジオ番組を聴き続け、数ヶ国語を習得したという話を思い出しました。
語学は才能だから、、、なんてサボってましたが頑張ろう。
Posted by mozuku at 2006年09月06日 11:50
フランスに先日、旅行に行き、フランス語ができたらなぁと痛感しました。やっぱり、語学学校に行って、学ぶのがよいのかしらん・・・と思っていた矢先に、BBCのサイトをこちらで紹介していただいて、ラッキーでした。これなら、好きな時間にお金も大してかけずに学べますね。ありがとうございます!!
Posted by Neko at 2006年09月06日 18:33
世界各国の外国語学習事情が気になってしまいました。
アメリカとかどうなんだろう?
日本は結構恵まれてるのは分るとしても、英語帝国主義の牙城とでも
言うべきイギリスで、こんなに語学教育コンテンツが充実してるのが
不思議な気がしてたのですが、最近「戦中ロンドン日本語学校」(中公新書)
というとても面白い本を読んで、大英帝国のその昔から、イギリスの
語学教育は日本のそれとは根本的な動機付け自体違うのではないかとふと思いました。

対日情報部員養成のための、英軍による日本語教育プロジェクト発足から、
教師・学生達の奮闘、日本語を習得した軍人たちの活躍、戦後の足跡までを
辿った本なのですが、歴史・語学・軍事好きとしては出色の内容でした。
残念なことに現在絶版ですが、機会があればおすすめの一冊です。

あまり他ブログで見かけない語学エントリ、これからも楽しみにしてます。
Posted by memekurage at 2006年09月21日 06:05
半年間英会話聞きました。ちょっと頭が固かったか、それとも適当すぎたか、英語ニュースを聞き取れるほどまでに上達とはいきませんでしたが、それでも地道に進歩してると思います。これからも継続します。
Posted by ひかり at 2007年04月02日 12:03
NHKの英語講座を半年ほど続けましたが、仕事が忙しくなって、難しくなりました。
そんな時、携帯電話を使ったNHK英語講座の勉強方法を紹介してもらいました。
eレッスンNHK英語
http://airlite.nttls.co.jp/mobile/nhkbook/

こちらのサイトですが、放送を逃した時に英語の勉強するのに便利だと思います。
英語は毎日コツコツと積み重ねるのが大事なような気がしました。
Posted by 康子 at 2007年05月02日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23253236

安部銘柄買い気配一本。応援団のポスト争い、先物なら売りだろうに・・・
Excerpt:  安部政権9月発足。株でいえば買い気配一色。だれか、ここでどーんと空売りでもしかけないものか?先物で、いえば「買いじゃないだろう、売りだろう」とうちのボスはいっている。 残念ながら、総裁選挙に、先物相..
Weblog: 現役雑誌記者による、ブログ日記!
Tracked: 2006-09-05 09:07

早朝英会話
Excerpt: ■The Buzz ・早朝英会話教室、今回で皆勤7回目。  英会話教室は英語訓練にはあまり役に  立たないという人もいるが、接点は  必要で、重要である。  6名の生徒で、私より若い人ば..
Weblog: 映画・つぶやき
Tracked: 2006-09-07 03:44

英語って簡単じゃない?!
Excerpt: 英語って簡単じゃない?!〜英語が苦手でも楽しむ事から始められるように最初の一歩をお手伝いするサイトです。〜
Weblog: 英語って簡単じゃない?!
Tracked: 2006-10-14 15:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。