2011年11月05日

米韓FTAは不平等条約か?

TPP反対の根拠として、10月に合意した米韓FTAの例をあげる人がいます。日経の記事によれば、

米韓FTAが発効してもすぐには関税率が下がらない。乗用車は韓国側が主張した「関税の即時撤廃」が「5年後撤廃」になり、商用車については「米側は10年目に撤廃。韓国側は現行10%の関税を即時撤廃」にまで押し戻された。

しかも、米側には「自動車に限定したセーフガード(緊急輸入制限)条項」が付いた。米国車に対し韓国国内で協定違反があった場合、「米側は韓国メーカーに関税を2億ドル課することができる」決まりもある。

http://www.nikkei.com/biz/editorial/

とのことで、これを読んだ人の多くは、「なんという不平等条約」「TPPもこれと同じだ」とあきれているようです。

たしかにこの部分だけ見ると、アメリカに都合のよい不平等条約です。しかしFTAで取り決めたのは自動車の輸出入についてだけではありません。

たとえばコメはFTAの除外項目ですし、牛肉の関税撤廃は発効から15年後です。また、ケブラーなどの繊維分野は明確に韓国有利で、アメリカは即時関税撤廃なのに対して、韓国は5年間関税を維持できます。ただでさえ衰弱しているアメリカの繊維業は壊滅的な打撃を受けるといわれています。

というように、全体として見れば、米韓FTAを一方的にアメリカ有利な不平等条約と呼ぶことはできません。だいたい自動車のアメリカ有利の条項にしても、現状として年間80万台の韓国車を買うアメリカに対して、韓国はアメ車を4千台しか買っておらず、そもそも韓国の年間新車販売台数は150万台にすぎないことを思えば、この程度の不平等条項はほとんどなんの効力も持ちません。

前回も書きましたが、米韓FTAはアメリカの民主党支持者の間でとても評判が悪く、十数万の職が失われるとも算出されています。オバマ大統領は、こういう条項を入れることで労組の気持ちをどうにかなだめ、まるで隠れるかのように協定にサインしたわけです(NAFTA以来16年ぶりの大型FTA締結にもかかわらず、ホワイトハウスは報道をトーンダウンさせたのです)。

オバマ大統領はもともと自由貿易協定には反対で、就任当初は米韓FTAもTPPも保留項目とし、NAFTAでさえ大幅見直しすると息巻いていました。ところが2009年の暮れから2010年にかけて大きくスタンスを変えて、なりふり構わず各国に自由貿易協定を提案し始めました。

不平等条約でアメリカを利するためではありません。そうすることを断念したからです。そんなことをしていたら、中国に交易パートナーをとられて、経済的、政治的にアメリカは大損害を被ると気づいたからです。

それはともかく、米韓FTAに話を戻すと、あれで一番大笑いしているのはアメリカ人ではなく、ヒュンダイとサムスンをはじめとする韓国企業であることは確かです。早急に経済ブロックを固めたいアメリカの弱みをついて、うまいタイミングで協定を結んだものだと感心します。

アメリカとの間に関税障壁をなくせば、競合する日本企業は早々に駆逐されてしまうに違いありません。日本政府が何もしなければ、ヒュンダイがトヨタを抜くのは時間の問題です。

韓国は小さな国ですが、普通の国ではありません。ヴォルテール風に言うなら、「ヒュンダイとサムスンは韓国の企業ではなく、国土を持つ企業なのだ」というところです。そんな国に暮らす韓国人を幸せだとは思いませんし、真似をすべきとも思いません。しかし日本の隣には現実としてヒュンダイ=サムスン二重帝国があり、日本の製造業と競合しているのです。

真にこの国の将来を憂うのであれば、米韓FTAは重箱の隅をつついて笑うネタではありません。競合する日本企業を駆逐して、世界に冠たる地位を確固たるものにしようとする韓国企業と、中国を叩き落とすために大きな一歩を踏み出したアメリカの、「肉を切らせて骨を切る」態度に衝撃を受けるべきテーマなのです。

banner_03.gif
この記事へのコメント
togetterに韓国人のツイートがまとめられていました。
http://togetter.com/li/207315
その中のツイート。
>韓国の政府も、大企業も中小企業も自信満々である。もし、被害があったとしても、それは経済領土を制服する一歩先進のための少しの損であり、政府が精一杯で手伝う、保護する。

これを読んで、日本は韓国には勝てないと感じました。彼らは野心満々です。
今日本と韓国で経済的に戦ったら、日清戦争みたいになるでしょう。
どちらが清でどちらが日本かは言うまでもありません。
そういえば、1年前は龍馬、龍馬とうるさいほどだったのに、いまは龍馬の”り”もありません。
Posted by アーガイルの靴下 at 2011年11月05日 08:29
サムスンに非ずば人に非ず
今の韓国の状況ですね
いくらなんでも、あんなやり方を続けていれば韓国は傾きますよ
日本に勝つほどの国になれば、もう為替操作はできません
あんな弱点だらけの国に負けるわけがないじゃないですか
Posted by 大山田 at 2011年11月05日 09:40
それにしてもTPP参加の「メリット」の虚偽がバレる・論破される度に次々に新しい理由が出てきますね。
これじゃあ信用しろって言われてもちょっとね。

以前は気付かなかった?
ご冗談を。

まず結論ありき。
理由は後付なのが見え見えですよ。
Posted by   at 2011年11月05日 10:14
何がいいたいのか良くわかんねえな。自分でもわかってないんじゃないの。

経済ブロック云々の話はどうみても胡散くせえなあ。だって、排他的なブロックをつくって中国を封じ込めるって行為は、アメリカにとってみれば、現時点でも将来的にも価格競争力で勝る相手より劣る相手を供給源とすること、要するにわざわざ高い買い物をするってことだろう。しかも、最大の問題である雇用問題は、中国から韓国へとシフトするだけで何の解決にもならない。仮に自動車とサムスンだけに話を限るならば、そういうことだ。一体何の意味があるのか俺には全く分からない。

ということは、ブロック化以外にもメリットがある、というか本筋はそっちなんじゃないの、と俺は思うけどね。損する選択肢しかとらないバカは世の中にはいないから。

まあ、ブログ主みたいにくだらない思想宗教にハマっちまうと、こういう疑念もわかないんだろうけどな。
Posted by ミハイル B ソコロフ at 2011年11月06日 20:59
米韓FTA絡めてTPPに反対してる人達はちょっと落ち着けと思いますが、非関税障壁撤廃の名の下に日本の医療制度、金融、公用語等がアメリカ準拠にされるんじゃないかと聞かされると不安。
Posted by 1GO at 2011年11月08日 10:54
ブログ主はTPP反対の根拠がまるでわかっていないですね。
そもそも、日経の記事等を出して来る所がお話しにならないですね。
TPPの具体的な内容が明らかになるにつれ、これまで政府やマスコミが言っていた内容と異なっているではないか。何故、説明しないのか。そのような状況で何故事を進めるのか、ということなのですよ。TPP反対は、対政府であり、対マスコミでもあるのですよ。マスコミは何故か TPP 推進なのですが、TPP反対の根拠が無いとか言いながら TPP推進の根拠と言えば、曖昧な抽象論ばかりですよね。「政権交代!!」と叫んでいた時と同じわけです。あの戦争に突入する時もこうだったのでしょうね。
Posted by 通りすがり at 2011年11月08日 15:59
ブログ主は韓国をかなり意識なさっているようですが、正直な所を言えば、韓国なんてどうでも良い事なのです。はっきり言えば日本と韓国を比較するような無意味な事は、日本と韓国以外はやりませんよ。
問題なのは、日本の中の意思決定手順の問題なのですよ。TPPが何であるのか明確に説明され、そのメリット/デメリットが検討され、その上での参加/あるいは賛成であれば、まだ救いはあります。現状は、さんざんいい加減な情報で操作して、参加するしかないような雰囲気を演出しておいて、ギリギリのところで、アリバイのように、実は TPP はこうだった、と言う情報が出てくる。
一番恐ろしいのは、大手マスコミが皆同じような行動をとっている事です。かつての銀行の護送船団みたいですね。ネットでは、報道内容と明らかに異なる事実が報告されていても、そんな事は無かったかのようにされている事が恐ろしいですね。
嘘でも何でも、大きな声で叫び続ける方が勝ちというとてつもなく嫌な現状です。何か、僕らとは異なるメンタリティーの持ち主達がマスコミには居るようです。
Posted by 通りすがり at 2011年11月08日 16:41
私は農業のデメリットが大きすぎるため反対派ですが、最近のネットの反対派の言い分にはうんざり。根拠のない陰謀論ばかり。
上の人の指摘は反対派にも当てはまると思います。「デメリットの虚偽がバレる・論破される度に次々に新しい理由が出てきますね」
米韓FTAの中身の確認をしないでネット情報を鵜呑みにして不平等条約と決めつける。
もう反対の裾は広げないで明確に根拠あるデメリットで反対論を展開したいものです。
Posted by Gänger at 2011年11月11日 12:53
米韓FTAが韓国に取って有利な項目があることは知っています。
しかし、それ以上にISD条項等の主権の侵害とも言えるデメリットがあるから韓国も反対しているのです。

TPPでも同じです。
確かに日本に有利な部分はあります。
それ以上にネガティブリスト方式等のとてつもなく不利な項目があるから反対派は反対しているのですよ。
Posted by momomo at 2011年11月15日 22:33
推進派の人達はISDがあっても何も問題ないって言うけど、こんなにモメてるのも茶番?

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/11/16/0200000000AJP20111116000300882.HTML
>ISDは、投資家が投資国の裁判所ではなく、第3の仲裁機関で紛争を解決できる制度。韓国では同問題をめぐる与野党の対立で韓米FTA批准がこう着状態にある。李大統領は15日、難航している同問題の局面打開を図るため、異例の国会訪問を実施。協定発効から3カ月以内にISDの再交渉を米国に申し入れると提案した。

 そんななか、米政府が「ISDを協議できる」との意向を示したのは、韓国FTAの迅速な発効を願う同国の立場が反映されたものと受け止められる。
Posted by な at 2011年11月16日 19:16
日本は、TPP反対デモをする前に、日中韓FTA参加に反対するデモをするべきです。
Posted by X at 2013年07月31日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/233602879
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。