2011年11月11日

1923/201X

1900年代初頭から1920年代初頭は、日本という国家にとってすばらしく幸福な時代でした。日露戦争に勝利して列強に名を連ね、経済は大いに発展し、物質的豊かさと平和の中で民主主義は発展し、文化に花を咲かせました。

その繁栄を支えた日本外交の柱は、日英同盟でした。

イギリスの側面援護なくして日本の日露戦争勝利はありませんでしたし、その後朝鮮併合を経て中国大陸に国際社会の合意の下で権益を広げられたのは、当時のスーパーパワー、大英帝国の後ろ盾あればこそでした。

しかしこの幸せな結婚は1923年に終わりを迎えました。

その最大の理由は、アメリカの圧力です。第一次大戦で疲弊したイギリスにかわり、世界一の大国の座についたアメリカは、アジア・太平洋地域における主導権を握るうえで日英同盟を障害と認識し、その破棄を求めたのです。

以降、大日本帝国は国際社会の中で孤立し、破滅への坂を転がり落ちて行くことになります。しかしアメリカを恨むのはお門違いです。なぜなら、いかにアメリカの圧力を受けようと日英同盟の継続は十分に可能で、その可能性をつぶしたのは他ならぬ日本自身だったからです。

第一次大戦時の時事評論を見ると、次のような表現があちこちに見つかります。

英国の我が国に対するわがままは実に指を屈するにいとまあらず。これに反しわが外交家がほとんど英国の忠僕たるの感ありて、ほとんど手も足も出ざる感あるは情けなき次第なり。

加藤外相は英国の帰化人にしてしかして英国の外務次官なり

日本はドイツを敵としながら全然行動の範囲を限定せられたるものなり。これに反し英国は天涯地角、ドイツ領の存在する所にはことごとく攻略の手を伸べつつあり、彼には完全なる行動の自由あり、我には絶対的束縛あり。

こうしたことばから読み取れるのは、同盟国イギリスに対するルサンチマンです。当時の日本人は日英同盟をありがたがるどころか、イギリスばかりに都合の良い屈辱的関係とすら見なしていたのです。

それはある面事実でした。日露戦争後のアジアは日英を軸に回転していましたが、盟主はあくまでイギリスで、日本はイギリスの権益をガードする見返りとして褒美にあずかる構図でした。両国の圧倒的な国力差を鑑みれば、これは決して日本に損な関係とはいえません。しかし日本人は不公平と感じ、その思いは第一次大戦において表面化します。

第一次世界大戦(1914〜1918)で、日本は小艦隊を地中海に派遣し、輸送船の護衛任務についたことはよく知られています。しかしそれは、未曾有の総力戦を戦うイギリス人の目から見ればぜんぜん不十分でした。イギリスは再三陸戦部隊の派兵を要請しましたが、日本はこれを拒否。日本の言論界は、日本に不利益しかもたらさない欧州派兵は天下の愚論とこき下ろし、派兵の可能性を匂わせた大隈首相に売国の烙印を押しました。

それどころか日本は、同盟国の国難に乗じて中国での権益拡大に走りました。いわゆる対華21か条要求はこのとき出されたものです。中国人のナショナリズムに火をつけたその内容もさることながら、出したタイミングはまさに火事場泥棒で、卑劣と言う他ありません。

こうした様子を見たイギリスは、日本は自分の利益ばかり追求して国際社会の一員としての責任を負おうとしない、信用のおけないオポチュニストだという印象を強くしました。そして戦後、アメリカから同盟破棄の圧力を受けたとき、アメリカとの友好と日本との同盟継続を天秤にかけて、アメリカを選んだのです。

それはイギリスにとり簡単な選択ではありませんでした。同じアングロサクソンの国とはいえ、アメリカはイギリスの植民地帝国を白い目で見ていましたし、孤立主義でイギリスの国防に協力してくれるわけではありません。一方日本と組めば、アジア・太平洋地域に展開する戦力を減らして経済復興に専念できますし、アジアの植民地におけるナショナリズム抑制の効果も期待できます。同盟の解消は、大英帝国の没落を加速しかねない苦渋の選択でした。

では日本はどうか?傲慢なイギリスに屈辱を感じ、いかにイギリスに懇願されようと、「日本はイギリスの番犬ではない。国益に反することなどできるか!」と毅然とした態度を通した日本は、さぞかし不平等同盟の解消を歓迎したに違いありません。

しかしそうではありませんでした。戦争が終わり、日英同盟の解消を目の前につき付きられたとき、日本は「あ、孤立した」と気づき、困惑したのでした。

しかも、衰弱したイギリスにかわりアジアに乗り出してきた新進超大国アメリカは、イギリスよりも厄介な相手でした。大国とはいえ弱みを持ち、帝国の維持のために日本を必要としたイギリスに比べ、アメリカは日本を必要としません、というか中国に進出する上で日本は邪魔者でしかありませんでした。アメリカとの交渉に駆け引きの余地はなく、アメリカの温情にすがるしかありません。イギリスとの関係に屈辱と感じた日本人は、目先の利益に心奪われた挙げ句、自らをより屈辱的で危険な立場に追い込んだのです。

第一次世界大戦は、19世紀的価値観が劇的に倒壊し、文化、政治的にパラダイムの転換が起きた歴史的大事件でした。そういう時期に近視眼的に振る舞うとどうなるのか、100年前の日本は最高の教材を提供してくれます。

banner_03.gif
この記事へのコメント
なんと言いますか、何が言いたいのか明確には書かないけれど、そこはかとなく匂わせているという、いかにもな文章ですね。
それに、過去の事柄を都合のいいように解釈していたり、どこかの大手新聞のエッセイ(社説)のような文章で、、、まぁ、ブログですからね。一言書いておけば、当時の論調を煽っていたのは誰だったのか、が書かれていないという事ですね。「政権交代」と無責任に叫んだ連中のご先祖様ですよ。ご存知でしょ。
Posted by 暇人 at 2011年11月11日 11:33
いつも違う視点で面白いですね。
TPPに参加した場合のメリットについての考察も書いて欲しいです。また交渉からの離脱は可能か、離脱した場合の不都合についても書いて欲しいです。
Posted by てーぺーぺー at 2011年11月11日 15:59
どうしちゃったんですか、貴方ともあろう人が・・

いつデフォルトするか分からない国と、一体何をすると言うのですか?アメリカの狙いは日本の富なんですよ?

何があったんですか?
Posted by (20世紀青年改め )昭和青年 at 2011年11月11日 19:02
英国は日本を縛ったかもしれませんが
米国は日本をダメリカにするつもりでは?

英国は日本を利用したけど、英国化しなかった
でしょう?TPPは日本の米国化だという認識
があるんです。その点はどうお考えですか?

小突き回されたり、蹴っ飛ばされたりするぐらい
は耐えますよ。彼我の力の差は認識してますから。
でもよく言われるように「国柄」が奪われるのは
耐えられない。
ブログ主様のお考えは如何でしょうか?

しょうかない?国柄は失わない?

私は頭も良くなく不勉強な奴なんで、お考えを
いただければ有難いです。(安心したい面もある
んです。本日の駄目総理TPP参加表明。)
Posted by R at 2011年11月11日 21:36
要するに英国や米国といえども未来を予見することはできなかったし、外交や戦略でも失敗ばかり繰り返していたということですね。

特に米国のアジア戦略は失敗ばかりですねえ。
Posted by ho at 2011年11月11日 22:42
日本が衰退していくことと、TPPは別問題。日本の農業が改革が必要なこととTPP参加も別問題です。 落ちぶれている超大国、アメリカに門戸を開いたところで景気が良くなりはしませんよ。アメリカの現状がどうなのか、見てごらんなさい。一部の資本家だけが得をして、働き盛りも新卒も職がない、超格差社会が進んでいるではありませんか。この大企業だけが得をする構造を他国に押し付けるのがTPPです。 また、「開国」「開国」と叫ばれますが、日本は既にTPPよりも広い世界の国や地域と経済協定を締結しており、鎖国状態ではありません。なお貿易協定や規制緩和を広げることが国益と考えるなら、きちんと論理を検証した上で個別にFTAでも結べばいい。アジアに市場を広げるために、アジア経済圏FTAを進めればいい。 「日本は世界から孤立する」これももうたくさん。日本はまだGDP世界3位です。一度や二度拒絶しても、より日本に有利な条件で交渉する機会ができるだけですよ。今まで何度「孤立」と脅されて騙されてきたことか。いい加減にしてください。
Posted by _ at 2011年11月12日 01:15
我が国は、初等・中等教育に力を入れる。高等教育がないのだから仕方がない。
だから、その教育の成果も、子供にでも通じるロボット・コンテストとか、アニメ制作程度止まりである。
人間の知恵をはぐくむ教育は、英米流の高等教育である。それは、英語のさらなる学習である。言語機能の発達により大人の教育が可能になるのである。
これは、「英語は話せてもバカはバカ」という状態を脱するための手段となっている。
だから、この教育効果は単なる英語学校では得られない。つまり、大学 (college) が必要になる。
また、英語を話さない人は、いつまでたっても、知的社会の蚊帳の外にいることになる。
ちょうど、経済大国の我が国の首相が国際会議の中心にならないのと同じ状態である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
Posted by noga at 2011年11月12日 03:59
いつも斬新な視点からの考察を楽しく拝見させていただいております。

さてTPP賛成派の中には、”中国とアメリカのどちらを選ぶのか?”というような無理矢理な二元論に話を単純化させてTPPを強引に推す人が結構います。

今回のエントリーでは、過去の英国と日本との関係に、現在のアメリカと日本との関係を重ね合わせたような表現となっていると理解しましたが、私の見解と決定的に違うのは『日本は「あ、孤立した」と気づき、困惑したのでした。』という部分ですね。

日本は孤立したのではなく、”自立した”のです。

そして、その後の歴史が物語っているのは、”孤立したから起こった歴史”ではなく、”独立した日本が自らの選択を誤った歴史”だということです。

TPPの話に戻りますが、日本が今すべきは、真の独立国家として、自らの頭で考えて、ときには自らが主導し、能動的に振る舞うことだと思っています。
その結果がTPP参加という選択なら私はその選択を受け入れるでしょう。

日本は幸いにして歴史から学ぶことができます。
まずは、”孤立したから失敗した→孤立すべきでない”、というような誤った歴史的考察から抜け出す必要があると思います。
Posted by white at 2011年11月12日 11:01
これからの日本にお前のような、アメリカ人の糞で作ったハンバーグでも喜んで喰う屑はいらない。
お前は嫁の国の韓国へ移住して暮らせばいいのに。
Posted by 売国奴 at 2011年11月12日 11:23
いつもながらちょっと変わった角度から本質に切り込むような記事、おもしろいですね。
ルサンチマンというのはやっかいなものですね。劣等感にさいなまれやり場のない怒りに激高した人には論理的な話は一切通じなくなりますから。
Posted by   at 2011年11月13日 10:13
Posted by   at 2011年11月13日 10:13
 

ぷっ 論理的だってw
お前みたいな池沼を生んだ親の顔を見てみたいね。
Posted by a at 2011年11月13日 16:23
20世紀半ばのアメリカなら、その一州に加えてほしかったですが
今のアメリカでは御免被りますなぁ。
Posted by 大山田 at 2011年11月14日 14:53
今回も勉強になるエントリーでした。抗えぬ大国による流れの中で、日本はどう生き抜くか真剣に考えるべきですね。
Posted by モル at 2011年11月14日 23:37
良くも悪くも曖昧で玉虫色な選択をするの今までの日本の持ち味だったと思いますが
是か非かイエスかノーかみたいな二元化された論調ばかりが目立つ昨今の世論であります。
白と黒の中間のつもりだった灰色が経年劣化で黒ずんできた日本と、日本に触手を伸ばす真っ黒な海外。
内の黒を出来るだけ白に近づけ黒に塗りつぶされるのを防ぐ。
このような絶妙な舵取りが必要な時期なのですが
中からも外からも一色に塗りつぶそうとする人ばかりで気が滅入ります。
Posted by azsa at 2011年11月15日 00:06
結構昔から見てる小市民です。

そもそもTPPってブロック化の土台なんですかね?
TPP関係なくアメリカにとっては、兵器産業にまで日本はかなり高度な部分まで担ってる訳で、安全保障での実益はwin winな関係でお互い確保済みだと思います。

しかし、国家の格で言えばどう考えてもアメリカとは対等ではない、その関係が軍事関係だけでない様々な分野に波及するTPPに如実に現れただけだと思います。

また今の日本は1920年代の日本ではなく、1940年代のキョスティングボードを握りたくても握れないイギリスもしくはフランスに思うのですが?

浅学非才の雑感ですがいかがでしょう。
Posted by nin at 2011年11月15日 00:46
国際情勢の裏側なんてよくわからん無学ですが、
分け前をくれないどころか子分から搾り取る親分に付いて行く意味ってあるんでしょうかね?

健康保険にしたって元々の目的は貧しい人でもある程度の医療は受けられるように皆で金を積み立ててそこから補助しましょうって目的なわけで、積み立てた金を運用して儲けようというのは二の次なんじゃないかと思う。

ひどく悪く見ると、自分の国の健康保険が「すばらしい状態」になっているアメリカが問題あるとはいえ機能している日本の健康保険をねたんで破壊従ってるんじゃないかと邪推してしまいますわな。
Posted by azi at 2011年11月15日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。