2006年09月27日

日本を見る外国人たちの目

お久しぶりです。

ちょっと更新を休んでいる間に、首相が替わってしまいました。ステージを終えたキング・エルビスこと小泉前首相にはスタンディング・オベーション。そして新首相の安倍さんには、張り切りすぎずに(政治家が張り切りすぎるとろくなことはありません)、社会の宿便を掃除することに邁進していただきたいと思います。

さて、以前このページでも紹介したことがある、透明な目をした在韓韓国系アメリカ人のジョディさんが、少し前にご自身の The Asia Pages で、「日本の安倍新首相、いろいろ言われてるけど別にいいんじゃないの?」という内容のエントリーをしまして、そこで、スコットランドのニュースサイトに掲載された、安倍新首相に関する記事を紹介していました。

Scotsman.com というサイトに掲載されたその記事は、恐らくニューヨーク・タイムズからの転載で、書いた記者はノリミツ・オーニシ。

「安倍晋三は日本で革命を計画している。それは、第二次大戦以来初めとなる日本帝国軍の復活だ」・・・。訳すのはもうこれだけでカンベンしてください。記事の書き出しがこれですから、内容は想像がつくと思います。記事の要約は、「とんでもない問題児が日本の首相になる。アジアは大変なことになるぞ。警戒せよ!」です。

オーニシさんの書く記事はいつもノリが同じなので驚きませんが(実は彼は人間ではなくて、朝日新聞社内にあるコンピュータだったりして)、おもしろいのはその記事に寄せられた、スコットランド人やアメリカ人のコメントです。

彼らのコメントを読むと、日本を批判する人にも、日本を擁護する人にも、それぞれの事情が絡んでいることがよくわかるはずです。以下はあくまで「雰囲気訳」です。




軍国日本の復活か。リトルボーイ2とビッグボーイ2のスタンバイだ。
by ピーター

日本の技術はたいていの西側諸国よりずっと進んでいて、すぐに独自の「ファットボーイ」を量産して、スコットランドみたいな小国はイチコロだよ。それに日本はたいていの西側諸国よりポリティカル・コレクトだから、日本にファットボーイを落とすんだったら、まずアメリカとそのイエスマンのイギリスに落とすべきだね。
by ウェイン

日本は軍事大国化する中国と北朝鮮に警戒してるじゃないかな。きっと何か起きたときにアメリカに頼りたくないんだよ。非難できるかい?
by ポリー

安倍の首相就任は日本と世界にとって悪いニュースだ。戦後アメリカが日本の悪行を隠蔽してしまったことと、真摯になろうとしない日本人の傾向のせいで、戦争を知らない安倍は日本は正義の戦争をしたという幻想を抱いている。日本がポリティカル・コレクトだって?私は日本で17年暮らして日本人の友人がたくさんいるけど、日本がポリティカル・コレクトだなんて言う人は一人もいない。いろいろ意見を言う前に、多くの日本人はいまだに南京虐殺を認めていないという事実をよく考えて欲しい。731部隊のことや、大量虐殺を犯したA級戦犯をアメリカが赦免し、その事実を隠蔽したこともよく勉強して欲しい。
by アメリカン・メリー

アメリカン・メリーの言うとおりだ。日本人はいまだに過去の暴虐を認めることを拒否している。731部隊については、データが欲しかったアメリカにより隠蔽されてしまった。マッカーサーにより美化されたヒロヒトは、裁判にかけて戦犯として処刑すべきだったし、もっと多くの戦争指導者たちを処刑すべきだった。過去の戦争犯罪を認めない日本にもっと警戒すべきだ。また同じ事を繰り返すに違いない。第一次大戦中に100万人以上のアルメニア人を虐殺し、その事実を認めないトルコ人と同じだよ。
by グガ

メリー、どの国にも暗い過去がある。ぼくたちアメリカ人がそれを忘れてどうする?ぼくらはインディアンを抹殺して、何百万人ものアフリカ人を奴隷として使ったんだよ。それなのに、その行為をいまだに正当化する学者がたくさんいるんだ。アメリカの過去に比べたら、日本を含めたたいていの国の過去なんて比較にもならないよ。テロリストがぼくらを殺したいと思う気持もわかるね。ブッシュもチェイニーもラムズフェルドもビン・ラディンもみんな一緒だよ。アメリカの指導者に比べたら、全員ポリティカル・コレクトさ。
by ウェイン

ウェイン、よく言った。みんな歴史書を買いに行こう。過去に学ばないと同じ間違いを繰り返すことになる。文明とは、戦争のない世の中、寛容、相互理解、平和のことだと習ったけど、ぼくらはまだまだだね。
by ビル

ウェイン、すべての国に暗い過去があるというのはその通りだ。アメリカが自分のホロコーストを美化しようとしているのも本当だ。個人的には、日本の戦争犯罪とアメリカの犯罪は同質だと思う。でも私たちの過去は比較的良く記録され、子供たちにもそう教えられているのに比べて、安倍首相下の日本の子供たちは、空襲されたことや原爆を投下されたことばかり学んで、南京虐殺のことも慰安婦のことも731部隊のことも教えられない。アメリカの隠蔽のせいで、日本人だけじゃなくて多くの外国人も日本の戦争犯罪を知らないのは驚きだ。歴史書のお奨めは、ジンタロウ・イシダの The Remains of War : Apology and Forgiveness。731部隊で働いていたヨシオ・シノズカのこともグーグルで調べて欲しい。こんなことを言うと誤解されるかもしれないが、個人的には、日本の戦争犯罪を隠蔽したアメリカの行為は、それ自体戦争犯罪だと思う。日本人は過去を学ぶチャンスを与えられていないのだから、日本人が過去を忘れるのも仕方ない。
by アメリカン・メリー

ビル、歴史書を買うときは、歴史は敗者ではなく勝者によって書かれることを忘れないでね。
by スジー

メリー、日本には暗い過去があり、多くの日本人がそこのことを知らないということには同意する。でもそれは驚くようなことじゃない。多くのアメリカ人だって、第二次大戦中に日系人を収容したことを知らないんだ。ドイツにおけるユダヤ人と同じように、ただ人種的な理由だけで彼らの生活をメチャクチャにしたんだよ。ぼくは学校でそのことを習わなかった。インディアンの文化を計画的に抹殺したことも習わなかった。確かにぼくらはいろいろな形で過去を謝罪して償ってきた。でもぼくらの歴史は歪められている。フォックスニュースを見れば、保守派がどれだけイラクにおける事実を歪めているかわかるだろ?今日のニュースは明日の歴史だよ。ぼくは自国を貶めるガチガチのサヨクでもなければ、日本を擁護したいわけでもない。でもアメリカ人の多くは傲慢だと思う。自分たちのスタンダードが世界のスタンダードだと思いこんでいる。そういう不正を許せないと思っている君の主張は無視できないと思う。でも、日本人が過去を全然知らないというわけではない。南京のことも、慰安婦のことも、731部隊のことも、ニュースで公に議論されている。ナショナリズムの台頭などに警鐘を鳴らす日本人もたくさんいる。そのことを無視してはいけない。それにぼくは、過去の行為から他国を判断するのは間違いだと考えている。そもそも日本は過去について何度も謝罪しているし、日本が改めて人道への罪を犯しでもしない限り、ぼくは日本を糾弾するつもりはない。
by ウェイン

こういう議論にはあきあきだよ。過去、現在、未来に渡って世界のすべての間違いはアメリカの責任てわけだね。サヨクは問題ばかり指摘して、自分たちが考える善悪で判断しようとする。でも君たちは答えも解決法も(アメリカが悪いと言う以外は)提示しようとしない。目を覚ませよ。(特にヨーロッパの)サヨクには、ぼくらを殺したいというイデオロギーを持っている国があることが見えていない。ぼくらが何をしようと、彼らの目的はぼくらを殺すことであり続ける。いくら譲歩したって関係ない。彼らはぼくらの自由を使って、それを実現しようとしてるんだ。アメリカ人として、ぼくはもう世界の警察であることに疲れたよ。そろそろみんな自分たちの身は自分たちで守ってくれ。日本はがんばってるよ。ヨーロッパが消えた後も、日本はずっとあり続けるだろうね。
by ジェフ

banner_03.gif
この記事へのコメント
サヨクには、ぼくらを殺したいというイデオロギーを持っている国があることが見えていない。ぼくらが何をしようと、彼らの目的はぼくらを殺すことであり続ける。いくら譲歩したって関係ない。彼らはぼくらの自由を使って、それを実現しようとしてるんだ。

これはまったく今の日本と同じですね。
Posted by my at 2006年09月28日 00:15
>いくら譲歩したって関係ない。
>彼らはぼくらの自由を使って、それを実現しようとしてるんだ。
>アメリカ人として、ぼくはもう世界の警察であることに疲れたよ。
>そろそろみんな自分たちの身は自分たちで守ってくれ

えらい切実ですね。。。
米国への批判、論難、無礼講がデフォな空気がこのかたずっとありますが、
こちらの思ってるより消耗してるアメリカ人が確実にいるんだなあと。
Posted by zoo at 2006年09月28日 00:17
大西哲光氏あいかわらずのご活躍っぷり・・・
>>実は彼は人間ではなくて、朝日新聞社内にあるコンピュータだったりして
ここまで壊れたテープレコーダみたいに非現実的な主張を連呼されると、あながち冗談に聞こえませんw
こんなに引用してもらえるなんて、NYTという金看板の威力は絶大だなあ
Posted by 石器 at 2006年09月28日 00:39
オオニシさんに釣られてるのを教えてあげたほうがいいような。
Posted by とうふ at 2006年09月28日 00:46
アメリカンメリーってのが不自然に詳しいな。
オオニシ本人じゃないのか?
Posted by ぽい at 2006年09月28日 00:59
石田甚太郎と篠塚良雄ですか。
Posted by ふんふん at 2006年09月28日 01:02
アメリカン・メリー氏なんか異様に詳しいですね。
戦後たった60年、まだ明らかになってない事実関係が争点になること自体が「美化」って言われてしまうのか。
案の定アイリス・チャンの著書が引き合いに出されてるし、こういう方の素性を探りたくなる心性が我ながら不毛だ…
Posted by nigou at 2006年09月28日 01:07
議論そのものよりも、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」が、まるで全部「被害者」の主張通り行われたという前提になっていること、それに日本の否定派がこれらの事を全否定してる国粋主義者の集団だと思われていることに慄然としました。
Posted by   at 2006年09月28日 01:19
>大量虐殺を犯したA級戦犯をアメリカが赦免

大量虐殺をした戦犯はABC問わず大抵は刑死してますよね…
赦免されたのは終身刑とか禁固刑の人だけのはず。
アメリカン・メリー氏の発言は何か意図的な誤解を想起させる狙いみたいなものが見える。
Posted by 名無しの流れ者 at 2006年09月28日 01:20
>私は日本で17年暮らして

なんで17年間もいた(いる?)のか不思議。
こういう人を見るにつけ、日本人はただひたすらまじめに働いてイイモノでも作って世界に提供しろ、金は世界にばら撒け、技術は無償供与しろ、で日本は外国人だらけの世界の楽園にしようと思ってるんじゃないか?てこと。

日本と日本人をなんだと思ってるのか、便利やとでも思ってるんじゃないのか?腹立たしい限りだ。
Posted by   at 2006年09月28日 01:23
事情ですか、アメリカン・メリーの前半は
日本人のanionですの「日本人の」と同じ意味合いですね。
オオニシは在日朝鮮半島人でその後カナダに帰化でしたっけ、ぴったり。
Posted by anion at 2006年09月28日 01:49
このジョディさんて「あるキョポ」のあの人ですよね?
やはり自分の目で現実を見ている人はちゃんと判るんですね。

欧米のサヨク連中は、大抵自らの信奉するイデオロギーに従ってドグマティックに反日してるだけで、日本どころか連中の愛してやまない支那中共の事すらロクには知らないんでしょうから・・・てか端っから事実が如何であるかなんてどうでも良いんでしょうが(ああ、項強くして心と耳とに割礼なき者よ!)。

ジョディさんの様な人が「マイノリティ」でなきゃ良いのですが。

ブログのコメントもまた面白いですね、色んな意味で。
このブログも海外のブロガー達にヲチされてたりするんでしょうかねw
Posted by k.c at 2006年09月28日 02:05
僑胞嬢はまだ韓国で孤軍奮闘頑張っておられたんですね。
なにやら大変そうですがまた日本に来てほしいな。
Posted by tt at 2006年09月28日 02:07
こういう場面で、いつも不可解に感ずるのは… 
英米人が「東京裁判」や「ニュルンベルク裁判」を全く恥じていないこと。
あの裁判の方式だと(チャーチルが告白してるように…)もし、英米が負けていたら、被告席は全員が英米人になる。
当然、そこでは英米の「戦争責任」「戦争犯罪」が裁かれる。

つまり、勝敗が正邪を決める方式。
勝った方が正義で、負けたら犯罪者。
これは一種の犯罪だ。
(歴史捏造という犯罪も含む)

もう一つは、個人的な体験における落差。
昔、スコットランド人のテクニシャンと話したが、(意外にも)彼はヒトラーについて公平な見方をしていた。
他方、大学出のマネージャーは「日本は侵略者(aggressor)だ」と脊髄反射的な意見しか持ち合わせていなかった。
Posted by アドレス at 2006年09月28日 02:11
まあここで、アメリカン?どうせ中国系だろ?wwとか思って(恐らく事実でも)
なんの慰めにもならないですからね。
故アイリス・チャンの粗悪な主張にだって大勢の熱心な白人シンパがついてるし。
有名どころではヒラリー・クリントン次期大統領有力候補。

で、例によってNYTはヒラリー支持を社説でぶち上げてます。http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060904-85370.html
Posted by bibo at 2006年09月28日 02:50
まあ日本でもアメリカを悪の元凶と捉えて、
徹底的に罵倒する人間が少なくないですからねえ。
その一方で、冷静にアメリカという国家を分析する人もいますし、
どこの国も似たような部分があるということでしょうか。
Posted by dt at 2006年09月28日 03:36
>第一次大戦中に100万人以上のアルメニア人を虐殺し、その事実を認めないトルコ人と同じ

こういうのお決まりですな。
西洋人が気分よく叩ける国家犯罪ケース【反省が足りない編】
てな感じでしょうか。
んで引き合いに出されるものによって、バッシャーのポジションやら非難される国の興亡史が透けてくると。
今のところアメリカとその周辺叩きが一大勢力ですが、なにやら面白い分布図が作れそうな気がします。
Posted by nerikesh at 2006年09月28日 03:38
いやぁ、リベラルさんのお名前が「メリケン・メリー」さんとは。
こりゃ一本取られましたぜ。
Posted by mimmiga at 2006年09月28日 06:29
いっその事、世界戦犯事典を作り国連で管理しては?
問題> そうなれば、困るのはどこの国でしょう?
Posted by ねねこ at 2006年09月28日 08:20
欧米には、漢字も理解できないくせに英訳された僅かな書物でもって「アジア通」と自称する輩が多いのに呆れるよ。そういうヤツに限って中国の正式名称の持つ意味すら知らないんだよな。
Posted by zzz at 2006年09月28日 09:13
小説や映画の中で、政治家が「私が下した判断は後世の歴史家が評価してくれるだろう」と語るシーンをしばしば見かけます。子供の頃はこれは「事の良し悪しは時間が経ってみないと結果が出ない」という事だと思ってました。
でも今は場合によっては「勝者が歴史書を書く権利をも手にする」という意味も含めて見るようになりました。

スジーさんのような認識を持った人が増えて欲しいと思う一方で、現実を顧みると二度と決定的な敗北はしてはならないとも思います。
Posted by もんしろ at 2006年09月28日 09:18
>でも君たちは答えも解決法も(アメリカが悪いと言う以外は)提示しようとしない
>ぼくはもう世界の警察であることに疲れたよ。

アメリカの中の人たちも結構大変なんですね。
恒例の反日的言動にしても、こちらは慣れっこのつもりで実はジワジワこたえてるのかも知れません。
Posted by at 2006年09月28日 09:33
最近、二十年年ぶりに「政治的コーマ」状態から目覚めた中年の自営業者です。笑い。ポリティカル・コレクト(political correct)って表現を初めて目にしました。ここの常連さんたちには、当たり前の表現なのかもしれませんが。なかなか日本語に翻訳出来ませんね。福沢諭吉や西周達はこういう言葉を山のように抱えて、ありったけの英語と漢籍の知識を総動員してひたすら頭を絞ったんでしょうな。西周神社なんてのが何処かにあればお賽銭を投げ入れて感謝したい気分です。ついつい物事を「主観」で観てしまい、「客観」的に捉えることは「理性」の足りない小生には至難の業です。今後もクモの巣の張った脳みそを啓蒙するご発言を期待しております。

from an 'aesthetically challenged' middle-aged person
http://ifaq.wap.org/society/pcterms.html
Posted by しょうちゃん at 2006年09月28日 11:20
「歴史は勝者によって創られる」という言葉は子供の頃から知っていました。
そういう反省の元に現在の歴史は真実に基づいて語られているものだと思っていました。
実はとんでもない!
私が思い込んでいた真実の歴史は東京裁判史観という勝者の歴史でした。 
そして、中国人もアメリカ人も「東京裁判史観」という見たいものしか見てないんですね。
後にマッカーサー自身が(その他数々の欧米人も)否定したと言うのに・・・
強い憤りと不安を感じます。
しかし冷静に状況を受け止めないと日本は本当に危ない。
反日包囲網は特定アジアやアメリカだけじゃなさそうですから。

大磯正美コラム
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest.html
Posted by るばぶ at 2006年09月28日 11:31
>アメリカ人として、ぼくはもう世界の警察であることに疲れたよ。
という伝統的孤立主義のアメリカ人が増えると、世界に悲劇をもたらすかも
しれませんね。(東亜の警察を担っていた大日本帝国の消滅が東亜にさらなる
戦乱をもたらしたように。)

基本的には以下の構図なんでしょうね。
日本の軍事力をしばる→アメリカの負担が増える→アメリカが疲れる
→アメリカが手を引く→無法状態→中共やテロリストにとってウマー
Posted by motton at 2006年09月28日 11:58
mottonさんに賛成です。
米国にここで手を引いてもらっちゃあ皆困る。
もっと遡るなら米ソがにらみをきかせ、東西の狭間でひたすら惰眠を貪れた冷戦期は(代理戦争とか東側の圧制に目をつぶれば)案外捨てたもんじゃなかったかも。
Posted by Q at 2006年09月28日 12:38
日本のマスコミにしろ外国人にしろ ウンザリするのは
南京等に対する日本人の反発が、何に対する反発か理解してない または 完結してしまい見ようとも知ろうともしないこと

丁度 中国でSKUの問題があったけど、南京に対するマスコミらの主張って、「この化粧品は危険だ!なぜ認めない」と批難してるようなもので、日本人は「危険物質が入っているが、自然界に存在する程度の人体に影響のない数値」と反発してるようなものかな?
この件は、検証し「人体に影響はない」と、一部報道がなされたが、南京に対し反発する日本人が求めているのは、この化粧品の件のような検証であり事実なんですよね。
外国人、特に中韓や白人らは「日本人ほど残虐な人間はいない」とレッテルを貼り、「自分たちのしたことなど日本と比べるなら、たいしたことはない」と思いたいのでしょうかね。
事実として批判する前に、神父は、虐殺の真っ直中にいたが、これこれこういう理由で見ていないと言わざるを得なかった。とか
日本軍が南京に入る前の人口は、50万人を下らず、当時の調査はこのような理由で間違いであった。
などなど、説明した上で批難しても遅くないのではないかと、低学歴で無学な私なんぞは、そう思うんです。


Posted by とん at 2006年09月28日 12:46
>帝国軍の復活だ

すばらしい!私も期待します。特に宇宙軍を創設して欲しい。

その前に、ジェダイ騎士団の創設もしなくては!!
Posted by K at 2006年09月28日 12:50
相手が強者であることは、差別を正当化する理由になり得ない…といったところでしょうか。
アメリカ批判を通り越して、アメリカ差別に成り果てている言説って、あちこちに転がってますよね。
そら「警察官」であるコトにも疲れるわ(もーちょい謙虚になってくれや、とも思いますがw)。
Posted by 麦トロ at 2006年09月28日 15:18
自由主義陣営の盟主として鬱陶しいくらい存在感を示し、
ことあらば軍事力を頼みにされ、あらゆるバッシングの矢面にたつ、
そんな米国でいてほしい。
が、やっぱり消耗するだろうなあ。。。そこで同盟強化へ持っていけるといいんだけど。
来月の中間選挙はどうなることやら。
Posted by nanasi at 2006年09月28日 16:08
>アメリカ人として、ぼくはもう世界の警察であることに疲れたよ。

第二次大戦でドイツと日本に無条件降伏を要求して無理やり叩き潰し、力の空白を作らなければ良かったのに・・・。

Posted by 富士 at 2006年09月28日 16:12
アメリカでは日本を擁護する意見は自国を貶める左翼的な発言の類なんですね。
でも、南京や慰安婦はアメリカの名誉は関係無いし、慰安婦の調査は当時米軍が報告書を出してますよね?
そういうのは無視して、「日本人は残虐」「日本人は歴史を知らない」って、どういうことなんでしょう?
そんなことを言ってる人たちは歴史をどのくらい知ってるんでしょうか?
日本が人種差別禁止を訴えたパリ講和会議を知ってるでしょうか?多くのユダヤ人を助けたことを知ってるでしょうか?中国や朝鮮がどんな国だったのか知ってるでしょうか?東京裁判やWGIPがどんなものであったか知ってるでしょうか?
知ろうとしたのでしょうか?
日本が悪いという前提で何もかもが進んで行くなんて恐ろしいとしか言いようがありません。
これが人種差別・民族差別っていうものなんですね。
Posted by P at 2006年09月28日 16:47
上に貼られてたこれは目から鱗だわ。

知ってますか、逆転するナチスと日本の評価
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest.html
Posted by ぽい at 2006年09月28日 17:11
>知ってますか、逆転するナチスと日本の評価

酷い話ですね。
中国の対外工作は強力だし、日本はというとノーベル賞作家までが中凶と一緒に反日宣伝活動中。
このままにしちゃダメー!
Posted by なんとかしなきゃ at 2006年09月28日 18:30
>でも、南京や慰安婦はアメリカの名誉は関係無いし、

それどころか、米軍も日本占領中に日本の慰安婦を使ってましたけどね。
想像力がないんでしょうか。
本国の売春婦を使ってた日本のほうがよほどマシでは…。
Posted by at 2006年09月28日 19:00
外人はうざいね
Posted by    at 2006年09月28日 19:32
nerikeshさんへ
トルコ人と日本人では立場が違います。
その状況は違います。また南京虐殺とは相当違います。
アルメニアの場合は誰が殺されたか特定できるのです
アルメニア人口の当時4分の1が殺戮されました。
昔からアルメニア人というのは商人が多く、
ヨーロッパの都市に支店を持っていた人もいます。
アルメニアの動乱でヨーロッパに住んでいる人が多いです。
アルメニア人虐殺はアルメニア人口が少ないので
誰が殺されたか分かってしまうのです。
これは揺るぎのない事実で、虐殺人口の誤魔化しはありません。
日本の南京虐殺問題と同じように考えてお話なさるのは危険です
それはそれ、、これはこれです。

Posted by ミリアム at 2006年09月28日 19:36
上のgeoのコラムみて、英語版wikipediaでの朝鮮人による工作活動とか思い出した。
Posted by lmt at 2006年09月28日 19:38
南京大虐殺や731部隊について白人どもは語れないだろ。
一体何人のアジア人、黒人、原住民を虐殺したんだ。
非常に腹立たしい。
Posted by zet at 2006年09月28日 19:53
いわゆる従軍慰安婦がこんなにも世界に浸透しているとは改めて驚いています。
政治に安易な妥協や思いやりは不必要ですね。
もう取り返しは付かないかもしれない。
Posted by tapi at 2006年09月28日 20:13
やっぱりアメリカも疲れてるんだね。アメリカの正義云々言う共和党政権もいよいよヤバイかもしれんな。
Posted by gen at 2006年09月28日 20:18
「歴史は勝者によって書かれる」のなら、中共の反日工作に従い欧米人が南京大虐殺などを真実であると捉えているのも当然なのかもしれませんね。悲しいことですが。

まあ、日本はこれからでしょう。楽観視はできませんが、5年ほど前では南京大虐殺などについて公の場で語ること自体が憚られる雰囲気だったわけですから。この国内の変化をさらに進めて、海外にきちんと発言できる日本(および反・反日工作ができる日本)にまで変えられるのかが問題ですね。安倍氏・麻生氏にはがんばってほしいものです。
Posted by すがりん at 2006年09月28日 20:48
731部隊ねえ。単なる「戦場における疫病予防の研究」をする部隊じゃあなかったんですかね。
それよりも冷戦期に、プルトニウムを人体に注射したり、大気圏内での核実験の後に、死の灰が降る中、無防備な自国の兵士を突入させていくといった実験を繰り返ししていた国の方がよっぽど恐ろしいと思うけどねえ。
Posted by TOSHIBOU at 2006年09月28日 21:09
この際安倍さんは、胡錦涛や盧武鉉に対して公開の場での討論を求めてみてはどうだろうか。それぐらい積極的に動いてみるのも面白い。
Posted by ぐぅ at 2006年09月29日 00:18
日本の擁護をする→アメリカのサヨク
これは、彼らが「日本は悪い奴だが、我々も同じくらい悪い奴だ」という論法だからなんですね。自虐歴史観=サヨク、ということ。
でも怖いのは、右も左も、アメリカで「日本はそんなに悪いことをしたわけではない」と理論立てて味方してくれる識者がほとんどいないこと。
これは、歴史学者の「生き証人」証言を重視する姿勢に理由があると思います。中韓の所謂「被害者」は雄弁で、人を惹きつける残虐「話」をするのが大好きです。
対して、日本の「加害者」は、武士らしく黙して語らないのを美とした。語りたがったのは、一部の人のみで、多くは自虐思想に毒されたものだった。
結局、戦後その状況を放置し続けた日本人が、今の現状を生んだということです。
Posted by さつき at 2006年09月29日 00:31
>ミリアムさんとアルメニア人の皆さんすみません

トルコによる虐殺の事実関係を疑っているわけではないです。
欧米人がこういった国家的暴力を列挙するにあたって、南京
(これも彼らにとって最早揺るがしようの無い規定事実)
と並んで心理的な抵抗を感じずに持ち出しやすい常套句になっているのが、
なんとも独善的だと感じたので、こういう書き方をしてしまいました。

国際世論の流行り廃りは日本人には如何ともし難い理不尽さですが、
老獪な国家にとってはパワーゲームの成果の一つなわけで。
果たして今後チベットが非キリスト教徒による虐殺例として大っぴらに
槍玉に上がる日が来るのか?とか興味はつきません。

Posted by nerikesh at 2006年09月29日 01:31
>訳すのはもうこれだけでカンベンしてください。記事の書き出しがこれですから、内容は想像がつくと思います。

そのあとの記事の内容はたいした酷いことじゃなくて、阿倍さんの最近の仕事について事実が書いてあるだけでまともな内容だったよ。
 

>記事の要約は、「とんでもない問題児が日本の首相になる。アジアは大変なことになるぞ。警戒せよ!」です。

そんなことは書いてなかった
Posted by ネトウヨのミスリード発見だyo at 2006年09月29日 02:02
>そんなことは書いてなかった

>he is a potentially dangerous ideologue ready to jettison the post-war values that have brought stability, peace and wealth to Japan.
>Japanese hard-liners regard him as a true believer, while they looked askance at Koizumi for trying to negotiate with North Korea and for proposing to change the Imperial Household Law so that a woman could ascend the throne.
>While Koizumi made decisions on his own, dividing people between enemy and ally, Abe emphasises harmony.

この辺の要約(→大意)だろ
Posted by 88 at 2006年09月29日 02:37
安部新総理の靖国参拝についてのアンケート。
急に某国が頑張ってNOの割合が1%→4%になってますが、どれがどんな風に本音なんでしょうね。
Posted by なつき at 2006年09月29日 02:50
“サヨクは問題ばかり指摘して、自分たちが考える善悪で判断しようとする。でも君たちは答えも解決法も(アメリカが悪いと言う以外は)提示しようとしない。目を覚ませよ。”

左巻きって、世界共通だったんですね。

左巻き以外の人間の意見の方が冷静沈着・論理・史実的。
Posted by 左巻きって、世界共通だったんですね。 at 2006年09月29日 12:24
ようするに中国に接近したい人は日本の歴史を悪く捉え、日本に接近したい人はそんなことをしないということですね。
ウヨクだとかサヨクだとかいう思想ではなく、利益がありそうな国と仲良くするために歴史が利用されているというだけなんですよね。
Posted by AK at 2006年09月29日 20:12
で、こういう南京大虐殺がどうこういってる人は文化大革命や現在進行形の中国の領土拡大によるチベットの被害についてはどう思ってるんでしょうね。
Posted by at 2006年09月29日 20:31
海外記事やBBSの訳出、紹介はこちらも充実してます。ご参考迄に。

国際討論日記
http://soudenjap.exblog.jp/

海外掲示板事情
http://www.geocities.jp/souden_japan/
Posted by weed at 2006年10月01日 07:34
善悪抜きに英米は見方に付けておけば問題ない
っつーことだな。少なくとも欧州人よりも英米
人のほうが日本を理解している。
Posted by ドイ at 2006年10月01日 16:45
>WGIPがどんなものであったか知ってるでしょうか?
War Guilt Information Programのことでしょうか?
こういった見方もありますので、ご一読を。
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08h19.html
Posted by >Pさんへ今更ですが at 2006年10月03日 14:02
ここはクソガキ右翼死想の墓場か!
Posted by at 2006年10月30日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


安倍内閣、雑音の中で船出。海外、中韓、野党、朝日etc
Excerpt: 安倍総理 船出の前に 四面楚歌 日本丸 港のうちで 暴風雨 どこの国にも左派リベラル系やアジア研究学者と呼ばれる人々はいる、各国メディアが「日本の船出」に賛否の記事を寄せるのは当然だ。 ..
Weblog: こころ、デトックス
Tracked: 2006-09-28 10:00

安倍政権は現実型と理念型の融合@人民日報
Excerpt: 27日付『人民日報』の第三面の署名入り論評記事を翻訳してみました。
Weblog: 中南海ノ黄昏
Tracked: 2006-09-30 13:04

結婚式の知られざる実態
Excerpt: ユンソナの結婚式に・・・・・ ユンソナは、30歳になる前 1000人の男とセックス・・・ していたらしい 詳しくは、ここ 新郎とも遊び..
Weblog: ユンソナの結婚式
Tracked: 2006-09-30 18:32

米主導の自己中的な利権争い-1-
Excerpt:                写真引用元は、   2001年9月11日発生「大規模同時多発テロ事件」に           関する新聞記事WTC崩壊から報復までより           (..
Weblog: Trend Review
Tracked: 2006-10-02 15:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。