2006年10月30日

C'est fini.

前回のエントリーで、フランスの車焼きは公式行事になるのも近いなんて言いましたが、ぼくは甘かったようです。

車焼きの発端は、去年の10月27日に、パリの郊外クリシ・ス・ボア市で、イスラム系移民の少年二人が警官に追われて変電所に逃げ込み、そこで感電死したことでした。挙動不審の少年がいると住民の通報を受けた警察が現場に到着した所、少年たちが逃げ出して、追いかけたら事故にあって死んでしまったわけです。

少年たちは、夢も希望もない貧乏な暮らしをしていたのかもしれません。付近の住民は、移民を偏見の眼で見ていたのかもしれません。警官は、少年たちを犯罪者と決めつけていたのかもしれません。そうしたことを反省するのはおかしいとは思いません。

でも、記念碑まで作るのはエレガントにもほどがあります。

claude.jpg
変電所に献花するクロード・ディラン市長(社会党)


一年前に感電死した二人の少年たちの親戚と友人たちの前で、通学していた学校では記念碑の除幕式、変電所では献花式が行われた。

ジェッド・ベナ君とブウナ・トラ君の死は、フランスの貧民街で三週間に及ぶ暴動のきっかけとなり、若者と失業者たちは、機会のなさと人種差別に対する怒りを訴えた。式典に集まった人々は、「不条理な死」というスローガンがプリントされたTシャツを着て黙祷を捧げた。

「彼らの行動を抑圧することは解決にならない。彼らに仕事を与え、職能センターを作ることこそが解決法だ」とジェッド君の父親。少年たちの死については、数人の警察官が過失を問われることになるかもしれない・・・。
EuroNews

公立学校に記念碑を作り、市長が献花までするのですから、すでに立派な公式行事です。歪んだメンタリティが支配する国では、歪んだ事件が起きるということでしょうか。

文明とは、こういう風にして滅ぶのかと、いい勉強になります。

banner_03.gif
この記事へのコメント
ドイツやフランスも、おかしな勢力が力をつけてきてるんですかね。
Posted by at 2006年10月30日 21:55
勢力を付けてきてるどころか、芯まで侵されています。「おかしな勢力に好き放題させるとこうなるよ」という反面教師が今の欧州です。
Posted by oribe at 2006年10月30日 22:12
日本以外がどんな変な風潮になろうとサッパリ困りませんが、欧米がそうなるとその基準で日本にイチャモンをつけてくる、あるいは世界的に優勢なメディアの分野で反日プロパガンダを垂れ流されるのではないかが気掛りです。
Posted by KAZ at 2006年10月30日 22:40
自由の名を語る堕落を満喫してるのはオランダです。
フランスなんて比べものになりません。
Posted by 774 at 2006年10月30日 23:14
ただの不審者が感電死しただけでしょ?
市長が献花するって・・・そういう筋合いの事じゃないでしょう?
歪んだ左翼的風潮を後押しする勢力が、この事件を針小棒大に騒ぎ立てているようにしか思えない。
日本は国民がメディアリテラシーを徐々に身につけ、保守回帰が進んでいて良いことですね。
反動的なメディアに踊らされる人もまだまだ多いですが。
Posted by しろ at 2006年10月30日 23:27
マスコミとは?
ちょっと皆様もお考えくださいませんか?
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-122.html
Posted by イヤミ at 2006年10月31日 00:07
人類が抱える問題の一つに「全能性のパラドクス」というものがあります。
有名なのは「嘘吐きのクレタ人」の話です。それの一つのバージョンとして「多様性を認める人は多様性を認めない人を認めなければならないのか?」というものがあります。多様性を認めない一神教をどのように扱うかは今後の人類の課題でしょう。日本も無関係ではいられません。
Posted by bob at 2006年10月31日 00:16
これは・・国による殉教者認定?
追跡から逃げた車や万引き犯が事故死することはよくあっても、日本ではベタ記事にしかならないのに、フランスは一味違いますね。

ところで更新が多いのは嬉しいですけど、どんどんログが流れてしまうのはもったいないような気がします。
“よく読まれた記事”みたいな感じで過去エントリもトップに残せたらいいのになあと。
はてなブックマークでは「二人の監督」が好評ですが、わたしは「歴史の耐えられない軽さ」「レオポルド王の亡霊」がとても印象に残っています。
Posted by 読者 at 2006年10月31日 00:55
左翼思想にかぶれると、ほんとに頭がおかしくなりますね。自分で感電死してるのになんで市長が花を持っていくのでしょう。
そんなにフランスがいやなら本国へ帰れと、私がフランス人なら言います。
Posted by たか at 2006年10月31日 02:53
>警察官が過失を問われることになるかもしれない・・・。

全く警官もやっとられんでしょうなぁ・・・。
こんなんじゃ士気は下がる一方でしょうね。
Posted by k.c at 2006年10月31日 03:47
大久保駅の話を思い出した

あれって日本人も助けたのに意図的に韓国人だけ取り上げて凄い歪んだ報道の仕方してたな。
Posted by at 2006年10月31日 04:27
現在の「ネオ・ナチ」と昔のナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)との間に、何か思想的な関係があるのかどうか、私には分からない。
ただ、ネオ・ナチのメタリックなSSの制服や暴力的な点(ゲバルト=強制力の行使)、人種的排外感情の表白が(外見的には)似ている。

ネオ・ナチは(事情を知らない私から見て…)昔のナチスより非常に単純化された人種的排外感情を示している、そして、ただそれだけに見える。
これは、一つの社会が「生体反応」として「耐性の限界に来ている」という兆候(or症状)と受け取るべきなのではないか?

昔のドイツのナチス党の場合…
排外感情の背景には、第一次大戦後にドイツに流入してきたポーランド人労働者に対する反発があったと聞いている。
ヒトラー自身は民族的に多様なオーストリアの出身で、自国の多様性を嫌悪しており…
(ウィーンのゲットーのユダヤ人の問題もあるが)むしろチェコ人の流入の問題が深刻だったのではないか?

ウロ憶えだが、『プラハの憂鬱』(講談社新書)によれば…
現在、ウィーン市内の電話帳の登録人名の三分の一はチェコ系の姓らしい。

私は(一人の有色人種として)ナチスの人種観を不愉快に思うが、連中の全てを否定すべきとも思わない。
戦後の欧州では、感情的な反ナチ=全面否定が裏目に出ているのではないか?
Posted by アドレス at 2006年10月31日 04:29
地方自治体レベルだと、これくらいの電波は世界各地で普通に起きていると考えるべきでは?
正直、日本も過去を振り返るとまったく笑えない時期がありますし。殿様総理とか眉毛総理とか……(遠い目

でもまぁ、場所がフランスだけに、自分もネガティブな方向に考えてしまうところが。特にフランス革命からのgdgdを考えると……ねぇ
Posted by 通行人 at 2006年10月31日 05:36
しかし、もう打つ手はないわけですよ。
移民の子に仕事が回るようにとの雇用改革も、既に失敗しています。さらにその上、移民の流入は止まっていません。

極右が政権を取って移民排斥に向うしか、もう道はないのです。

で、その結果どうなるか?大変なことになるとしか・・・。
Posted by Aru Oyazi at 2006年10月31日 05:44
さてさて。
逆差別が蔓延すると潜在的に対立が先鋭化しますから、次回のルペン氏は大躍進するかもしれませんね。常任理事国の間で核保有クラブに続き反移民クラブが結成されるのも遠い日ではないように思えます。
Posted by TIG at 2006年10月31日 10:09
こりゃやり過ぎですな。もう既に来てますが大きな揺り戻しがありそう。ドイツはユダヤ人迫害の歴史から寛容を第一に重視してるそうですが他もそうなのかな?
Posted by 「がんばれ街の仲間たち」を思い出してしまったw at 2006年10月31日 10:50
以前、確かフランス在住の日本の方のブログだったと思うんですが、この手の移民に優しいのはメディアや知識人たちだけで、一般の市民たちはイスラム移民にうんざりしている、というのを読んだ記憶があるんですが、実際のところどうなんでしょう。

それとフランス以上にある意味移民社会である英国がまだうまく機能している、というのも不思議といえば不思議です。
Posted by ふとん at 2006年10月31日 11:48
■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■
http://malicieuse.exblog.jp/

ここのことですね。フランス暴動の話の他にW杯のジダンに関する話などもありました。
マスメディアを経由せずにこういった生の意見を聞けるなんて便利な時代になりましたね。
Posted by bob at 2006年10月31日 11:52
いかにもええかっこしいのフランス人がやりそうなイベントですねw
まぁ、いつまでもきれいごとでは済まされないのは分かってると思うので、せいぜい国を滅ぼされないように頑張ってくださいねー。
Posted by at 2006年10月31日 12:45
>bobさん
あ、そこです。
サイト名を忘れてしまっていたもので、教えていただきありがとうございます。
Posted by ふとん at 2006年10月31日 13:51
日本でも数年前、古本屋で万引きした中学生が警察から逃亡中に踏切で電車にはねられて死亡し、警察に通報した古本屋に抗議電話が相次いで閉店に追い込まれた事がありましたね。
もっともこれは移民の話ではないし、記念碑だの献花だのはなかったと思いますが。他人事ではなく、ちょっと状況が変われば日本でだって・・・という気も少しします。
Posted by ジン at 2006年10月31日 13:55
移民政策の末路はこういうことになるのでしょうね。日本はフランスを反面教師にして予防線をもっと築いてほしいです
Posted by momonga at 2006年10月31日 14:40
安藤美姫。彼氏との帰り道で。。。
Posted by 安藤美姫。彼氏との帰り道で。。。 at 2006年10月31日 14:52
日本も数年前までは「無理な追跡だった」と
マスゴミ連中と犯罪者側の人権派が警察の任務を妨害してました。
裸の王様の世界では真実を口に出すのは難しい事です。
賛同者が多数名乗り出なければその最初の一人はいなかった事にされてしまいます。
Posted by anion at 2006年10月31日 16:54
日本は、密入国した在日韓国・朝鮮人に永住を認め、外国人である在日韓国・朝鮮人を生活保護し公務員に採用して、さらに選挙権を認めようとしている。
Posted by 偽装弱者の横暴 at 2006年10月31日 17:36
背水の陣の1世たちと違って、なにも覚悟がなく生まれてくる彼らの理不尽な思いも分からなくはないですが、この先進国特有のねじれは「黒い憂鬱」http://www.amazon.co.jp/%C2%9Ed2044a82%C2%9B31-1590-74Ne30a20e10ea0ab06eeb0057044Nbaz2e%C2%95a2Oc2-%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4772700749/ref=sr_11_1/250-6499445-3314630
を思い出します。
中長期的にはマイノリティ自身の首を絞めることになるのに。
Posted by ニニ at 2006年10月31日 18:35
フランスはとっても素敵な国ですよ。
なんてったって、自国本土の地球の裏側で、平気で核実験をする国ですからね。
また、軍需産業も盛んで、商売相手を選んだりしませんしね。
Posted by りさりさ at 2006年10月31日 22:11
リベラルぶりっこカマしてると、それが逆に極右ムーブメントを引き起こす・・。正論だけ言って、社会が上手くいくんなら誰も苦労しねえっつー話ですよねえ。日本も反面教師としなきゃ。明日は我が身・・。怖いよなあ。
Posted by あこ at 2006年10月31日 23:09
日本のどっかの大学でも、米軍ヘリコプターの墜落事故現場をそのまま残して
記念碑作ろうとしてませんでしたっけ。。。
Posted by at 2006年11月01日 01:09
イスラムとヨーロッパのいざこざだったら、ここのブログが参考になると思います。

http://www.biglizards.net/strawberryblog/
Posted by 参考 at 2006年11月01日 16:51
やはりどの世界でも最終的には闇が買ってしまうんでしょうか・・・
Posted by friendjapan at 2006年11月01日 19:54
フランスにとっての植民地住民は、日本にとっての朝鮮人中国人ということでしょうか。
それでも、日本人なら三国人(中国朝鮮系)が追い詰められて死んでも市長の顕花はしないと思われる。(近畿特に大阪は除く)
Posted by 大泥棒ホッテンプロイツ at 2006年11月01日 22:34
植民地支配のツケがまわってくるのは、ある程度しかたないにしても、旧仏印系移民のいざこざはあまり聞かれないですね。ベトナム・カンボジア系フランス人が結構いたような気がするんですが。
英国のパキスタン系と比較した印度系にしても然り。やはり問題の根っこはイスラム教の不寛容さになってしまうでしょうか。
Posted by 88 at 2006年11月02日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


カーセンサーで中古車を探そう!
Excerpt: カーセンサーで中古車を探そう!カーセンサーでのお得な情報をお伝え! 車もバイクもカーセンサー☆
Weblog: カーセンサーで中古車を探す
Tracked: 2006-10-31 06:01

安倍政権と慧光塾・・・・内部レポート一挙公開
Excerpt: TBさせていただきます。安倍政権のアキレス腱といわれている「慧光塾・」の内部レポート一挙公開 という暴挙にでました^^;
Weblog: 現役雑誌記者による、ブログ日記!
Tracked: 2006-10-31 10:32

ノムヒョンって誰
Excerpt: ノムヒョンというのは誰なのか。 金正日と仲がいいの?
Weblog: 日本大改造〜立ち上がれ日本人〜
Tracked: 2006-11-01 00:23

菅さんの格差社会観
Excerpt:  10月29日のテレビ朝日「サンデープロジェクト」に出演した民主党の菅直人代表代行が出演していた。この日の主なテーマではなかったように思うが、格差社会に対する菅氏の認識が気になった。以下は格差社会に関..
Weblog: talleyrandの備忘録
Tracked: 2006-11-01 19:29