2006年11月07日

米軍のいない韓国

アメリカのフィラデルフィア・インクワイラー紙に、ジョナサン・ラストさんの面白いコラムが載りました。以下全文です。




米軍のいない韓国を想像してごらん

韓国から撤退して、中国に地域覇権を握らせるのは簡単なことだ。でもそれは正しいことだろうか?

ぼくらはみんな、夢想して現実逃避することがある。仕事をやめてひどい上司をどなりつけるとか、借金の申し込みをしている時に、宝くじに当たることをふと想像するとか。ぼくは、北朝鮮についてそんな類の夢想をしてみた。

今や核保有国となった北朝鮮の問題を解決する決定的な方策はない。ブッシュ政権は必死に六カ国協議を軌道に乗せようとしている。イラク問題において、大統領は国際協調が足りなかったと批判した左の人たちは、北朝鮮については手のひらを返して二国間交渉をしろと訴えている。しかし本当の問題は、北朝鮮の独裁者金正日は、精一杯上品な言葉で表現すれば、戦略的な思考ができる人間ではないということだ。余興のために、隣国から映画俳優を拉致するような国家元首は、誰が交渉しようと同じことで、信頼できる交渉相手とは言えない。

地域における覇権を追求している中国が、北朝鮮の武装解除に取り組もうとしない理由はそこにある。中国の大規模な援助により、北朝鮮は生き長らえている。金正日の父、金日成の時は、中国はある程度コントロールできた。しかしその息子はまるで聞き分けがなく、飼い主の手さえ咬みかねない。アメリカが関与している限りは、北朝鮮はアメリカの問題にしておけてラッキーというわけだ。

そしてぼくらの同盟国、韓国の問題がある。確かに韓国は、困難に打ち勝ってきたガッツのある国だ。民主化に成功して経済も発展している。韓国人は野球が好きで、すばらしい液晶ハイビジョンテレビを生産している。

総じてアメリカ人は、韓国に対していいイメージを持っている。だがその感情は一方通行だ。2003年の世論調査によれば、韓国人の50パーセント(18歳から29歳の間では71パーセント)は、アメリカに対していいイメージを持っていない。これは単なる反ブッシュではない。アメリカを良く思わない人のうち72パーセントは、大統領ではなく、アメリカそのものに対して敵意を持っているのだ。同じ調査は、「イラク戦争でイラク軍が簡単に敗れたことは残念だった」と考えている韓国人が全体の半数に上ることを明らかにしている。2002年の調査では、韓国人の4人に1人は、テロ戦争という考え方自体に反対している。とんだ同盟国だ。

韓国の反米主義には長い歴史がある。例えば1982年には、韓国の学生が釜山のアメリカ文化センターに放火した。1988年のソウル五輪では、あまりに激しい反米感情を危惧した当時の盧泰愚大統領が、反米感情を抑えるためにはどうしたらいいか、対策会議を開いたほどだ。1989年のAPの取材に対して、ある左翼の学生は、「アメリカとその傀儡政権こそ、我が国のすべての問題と分断に最大の責任を持つ」と語った。

2002年のワシントン・クォータリー誌に、キム・スンファン氏は、40年代後半の反米主義は一部の学生と左翼のものだったが、「今や反米感情は社会のすべての層に広がっている」と述べた。その理由としてキム氏は、「韓国政府はこの問題について大衆の感情に同情的で、反米団体と反米活動を奨励するような態度をとっている」ことを指摘している。

例えば、韓国で北朝鮮の国旗を焼くのは違法だが、星条旗を焼くのはノー・プロブレム。2002年の大統領選で、アメリカとの関係は大きな争点だったが、勝ったのは最も反米的な盧武鉉だった。

盧大統領は筋金入りだ。彼は北朝鮮は宥和しなければならないと信じている。彼と彼の前任者である金大中は、北朝鮮の度重なる違法行為と恐怖政治を忘れるようにと国民に働きかけ、その一方で、北朝鮮は遅れた可哀想な弟であり、敵ではなく背負わなければならない荷物だと見るように教えてきた。この見方は韓国人の精神に深い根を張り、2004年には、韓国の国防にとって最大の脅威はアメリカだと考える国民は39パーセントなのに対し、北朝鮮を脅威と見るのは、わずか33パーセントということになった。

念のため言っておくが、朝鮮戦争において韓国を守るために、5万4千246人のアメリカ人兵士が命を落としたのだ。1945年から2001年にかけて、アメリカは韓国に、150億ドルの経済、軍事援助を与えたのだ。朝鮮半島に駐屯する3万人の兵士を維持する年間費用は30億ドルなのだ。世界11位の経済力を持つ国に与える補助金としては、ものすごく多いと言わざるを得ない。

というわけで、なぜ北朝鮮がぼくらの問題でなくてはならないのだろうか?50万人の軍隊で、核を保有した120万の北朝鮮軍を抑えられると韓国が言うのなら、そうさせてやればいいではないか?中国が地域の覇権を握りたいというのなら、覇権などとというものがどれだけつまらないものか体験させてやればいいではないか。

もちろん以上はただの夢想である。現実の世界では、ぼくたちには放棄できない責任がある。もしアメリカが朝鮮半島から撤退すれば、ぼくらの本当の同盟国のひとつである日本を困らせることになる。台湾もそうだし、他にも困る国々がある。核を保有した北朝鮮は、オーストラリアからベトナムまで、広い地域を不安定にする。いくら怒らせてもぼくらは韓国を守り続けると知っていて余裕綽々の韓国人が金儲けにいそしみ、野球をプレーしてホームシアターを楽しめるように、アメリカは韓国人を守り続けるしかないのだ。

とは言うものの、超大国だって白日夢を見ることは許されるのだ。




記事の内容よりも、韓国を批判する一方で、日本を「本当の同盟国」と呼んでいることが、韓国人にはショックでしょうね。そういうことに拘る人たちですから。

でもぼくは、ラストさんの考えには同意しません。アメリカは韓国を守る必要はありません。アメリカは朝鮮半島から引き上げるべきです。

そうなれば、予想通り中国が朝鮮半島全土を掌握するでしょう。そしてそれは、日本とアメリカにとって確かに大きな脅威です。しかし今の中国には、守るべきものがあります。全体主義国家とはいえ、感情的に動いてすべての努力を台無しにしたりするとは考えられません。「戦略的な思考」に基づいて行動する中国は、北朝鮮はもちろん、民族ロマンに酔う韓国よりも、ずっと計算できる相手です。

中国が朝鮮半島の宗主国になれば、北の核はもちろん、拉致問題だって完全解決です。アメリカは悩みが一つ減り、とりあえず日本は安全になります。南北統一にかかる費用だって、今のままだと日本が莫大な支援を強いられることになりますが、中国が入ってくれば、中国のお金でまかなってくれます。金が足りなければ、ムチを振るう気概もあります。言うことなしです。

日本とアメリカという物わかりのいい同盟国を散々愚弄し、中国に猫なで声を出してきた韓国もそれを望んでいるはずですし、朝鮮半島を中国に任せることのどこに不都合があると言うのでしょうか?



banner_03.gif
この記事へのコメント
本当にその通りですね。
夜郎自大な朝鮮民族は昔のように中国の属国になり毎年貢物を持って土下座しに行くことで目が覚める事でしょう。日清戦争の結果「大韓帝国」として独立させた日本の恩にも初めて気が付くかもしれません。でもその時はまた助けてくれなかったと言って日米を猛烈に非難するんだろうな。まあ急に媚日になって擦寄られても困るけど。
アメリカも、過去から現在に至る朝鮮半島絡みの日本の苦悩を少しでも理解してくれれば有難いのですが。
Posted by ぱとり夫 at 2006年11月07日 19:00
そうなれば中共に法則が発動しますかね。
Posted by ヒグラシ at 2006年11月07日 19:10
朝鮮半島は可哀想な面もあるのです。
大国に囲まれ絶えず翻弄されて侵略され生きてきたのですから被害妄想気味になるのも当然といえば当然です。民族主義的な夢を見るくらいは許してあげましょう。彼らの言う夢物語などあまり本気にせずこれからも面倒みてあげましょうよ。精神的に弱く夢見がちな引き篭もりの弟と思って。
Posted by bob at 2006年11月07日 19:13
oribeさん、本当にその通りですね。自分の国のの事は自分でする。これは日本に関してもそう言えると思います。

bobさん
お断り。
かの国の存在は日本にとって害悪でしかありません。
Posted by ぽんた at 2006年11月07日 19:26
確かに夢見勝ちで引き篭もりの弟の面倒を喜んで見る人はいないでしょうね。労多くして益なしということは分かっているんです。まぁ義理というかなんというか・・・・・。
Posted by bob at 2006年11月07日 19:31
ぽんたさん

同感です。韓国を嘲笑っていられる立場ではありません。
日本人、特に嫌米サヨクは米国の無い世界を想像すべきだと思いますね。

米国が分裂し自国周辺にしか関心を持たない雑多な国に分かれていたら、いや、今の米国がふっとアジアに興味を失ったら世界はどうなるか・・・常識人(最近怪しいが)である欧州は遠いし頼りにならない。どうにも相容れない「夜盗国家」である共産中国と狡猾で剣呑なプーチンT世率いる「強盗国家」帝政ロシアを前に立ちすくむ「ひ弱な秀才・世間知らずのお金持ち」日本。

米国も自分の都合でお節介を焼いているのですから、感謝すべきとは云わないが(僕は感謝しています、動機より結果ですぜ、奥さん)忌み嫌うのは間違っています。

また、米国の庇護がなくなった時の事も考えておかねばなりません。自分の身は最低限自分で守れねば。むう「考えてるのかよ!」と政府に苛立ってしまいます。
Posted by 小野まさ at 2006年11月07日 19:34
>bobさん
>これからも面倒みてあげましょうよ。精神的に弱く夢見がちな引き篭もりの弟と思って。

ご遠慮致します。そもそも彼らに言わせりゃ韓国が兄で日本が弟ですよね?
それに彼らは被害妄想が激しく非常に夢見がちな性格ではありますが、決して引き篭もりではないですよ。むしろ日本よりは積極的?かつ攻撃的な性格であると思います。
Posted by 一鳳 at 2006年11月07日 19:35
>bobさん
面倒みるなんてお断り!!血縁関係なんか全くない赤の他人です。おまけに情けを掛けて面倒みても、虐待されたなどと恩を仇でかえされます。

私も早く米軍撤退して欲しいと思います。中国に併合されて一緒に経済破綻すればいい。その上で断交すれば、日本はパラダイス!!
Posted by HM at 2006年11月07日 20:07
半島はどうしようもないが、中国に完全掌握されて日本侵略の前線基地になるのも嫌だなぁ。

半島の存在自体が消滅すれば良いんですよ。
Posted by nanashi at 2006年11月07日 20:10
中国に飲み込まれて 後で独立を回復した国はありませんね 哀れ朝鮮人。  でも百万単位で日本に逃げてきて、うっとうしい存在になったら困るな 選挙権をよこせとか。中国の韓国併合は認めてやるから在日も引き取ってもらわなきゃ安心できません。それが出来たらアジアの新秩序に賛成。
Posted by ころ at 2006年11月07日 20:25
100年前、両班の上に乗っかる形で、中国が朝鮮を間接支配していたわけですから、昔に戻っていくということかもしれませんが、天下の情勢を見る限りにおいては、中国は朝鮮半島に積極的な介入をしたくないような素振りが見えます。

 アメリカも韓国から離脱しがっておりますことから、ここは、中国、アメリカ双方共、応分に朝鮮半島から手を引くというような展開になるのではないでしょうか。

 具体的には、米韓同盟解消のタイムスケジュールに歩調を併せて、中朝同盟も解消するといった展開を予想しております。
 朝鮮半島全体を、米中の中間不干渉地帯にしてしまい、双方関与しないというシナリオです。

 プーチンが手を出せば、100年前のデジャブか。
 くわばら、くわばら!!!
Posted by merlin at 2006年11月07日 20:45
これは、oribeさんも白日夢を見たということなのではないでしょうか。あまりに微妙すぎて判断が付きませんが。
Posted by ししまい at 2006年11月07日 20:45
ひとつ言える事はネットで中韓の味方をする人は多数派ではない事。
そしてそれはネットでは特亜に関して事実を把握している人が多い事を意味する。
Posted by nanashi at 2006年11月07日 20:49
>確かに韓国は、困難に打ち勝ってきたガッツのある国だ。民主化に成功して経済も発展している。韓国人は野球が好きで、すばらしい液晶ハイビジョンテレビを生産している。

↑これ、皮肉かイヤミにしか聞こえません・・・。

それはさて置き、やっぱり彼の国の面倒は気前の良い援交大国の某宗主国サマに任せましょうよ。

ウン、それがいい!
連中なら半万年属国ミンジョクの扱いは手馴れたモンでしょうから。
Posted by k.c at 2006年11月07日 20:51
李氏朝鮮時代、満州族の征服王朝の清朝中国にも、貴族の娘を朝貢していた国ですからね。一方、娼婦でも日本人との性交は死刑対象でしたが。

『マオ』を読まれた方ならご存知でしょうが、朝鮮戦争時、中国が多大の犠牲を出して戦ったにも係らず、北朝鮮は感謝を感じておらず、著者のユン・チアンは北朝鮮取材中にかなり激しい敵意を向けられたとか。
北も南も同じ気質です。
Posted by mugi at 2006年11月07日 21:11
100年前の列強の帝国主義の時代に迷走した李氏朝鮮は日本に併合された。日本からの離脱の後に朝鮮戦争を経て北朝鮮はソ連に擁立されて生まれた。その儒教道徳国家の金氏朝鮮王朝は共産主義で赤く厚化粧しながら周辺国に寄生し、チェチェと舌を鳴らしながらかろうじて生きながれている。米国の血と日本の技術と資金に支えられた南朝鮮の韓国はまたもや迷走し、北の支援国家として日米に捨てられることになろう。中国による北朝鮮、次に南朝鮮と併合されて民族の統一の悲願はついえる。中国は北朝鮮を併合のタイミング、条件を狙っている。中国は台湾を捨て代替に朝鮮を併合し、日本は朝鮮族を追放して治安と自信を回復し、米国は核大国覇権国家の威光を示しイランの核配備を阻止して、台湾と朝鮮を巡る中国との軍事緊張を解くことが出来る。東アジアの平和は、中国に朝鮮を併合させてやってくる。日米は朝鮮を捨て台湾を中国から切り離せ。台湾に対する曖昧戦略は危険である。中国の軍部にあらぬ野心を抱かせるだけだ。それは胡錦涛の足を引くことになる。朝鮮に対する異常な入れ込みは百害あって一利なしだ。入れ込めば入れ込むほどに、うの惚れの強い朝鮮民族はこことばかりに駆け引きにその異常な能力を発揮して絡みつくだけだ。利用されるだけである。彼らには感謝の精神はない。交渉することは交渉相手として資格ありと認められたことだから存分に駆け引きをして相手を利用するだけ。かもられる奴がとんまなだけ、頼みもしないのにやってきたと嘘部くだけだ。朝鮮民族は血を流してまで守るに値しない屑民族だ。米国はようやく気づいたようだ。独立国家として扱うに値しない民族だ。
 朝鮮再併合後に中国は大規模な軍縮が可能となる。中国はその軍部に引きずられなくなる。東アジアの平和がやってくる。それは早急に共産党独裁政権に幕引きに連なるだろう。その道を経ずして、迫りくる天候異変の異変、地球の緑を剥いだ文明が滅び行く時の大混乱を避けるためにも、例えそれが避けられなくとも最小にするためにも。共産党独裁政権の終焉を急がなくては。独裁こそが独善と退廃の温床である。そのときに備えて権力を換金しているのが汚職大国中国の現状である。その解消が次なる胡錦涛の課題だが。
 朝鮮捨てて創る東アジアの平和を。
Posted by 寄稿人 at 2006年11月07日 21:26
まず、日本でひと稼ぎした在日の皆さんには、自ら帰国していただきましょう。特に、テレビ雑誌で偉そうにご説を披露して、実は利権確保のお先棒担いでいるようなセンセイなどは、存亡の危機にある祖国をこそ指導すべきでしょう。日本の世話なぞ無用だ。
祖国で同胞同志で、腕を取り合って祖国の自立に汗を流せば良いのです。何の障害がありましょうや?そこでは、「差別だ」と日本で喚き続けたような現実はないわけでしょ。
半島がいいかげん自立してくれないと、世界が迷惑です。特に日本にはね。
Posted by Q9 at 2006年11月07日 21:26
コメントのやり取りの流れに沿っていませんが、ご容赦。また情報の具体的出典も示していません。

中国の北朝鮮支配の流れは強まっています。
1)「東北工程」の推進
これは高句麗を中国の一地方政権と認定することにからむ一連の政策です。中国の北朝鮮地域への支配権の正当化・正統化を図るものです。韓国側がとくに反発していますが、中国には何も言えない国のこと。「ソウル」の中国語(漢字)表記を「漢城」から「首爾」に変えたくらいで留まっています。
北朝鮮は白頭山など領土問題で中国に多分屈辱的な譲歩しているので何一つ言えないでしょう。南北共に日本に対してはあれほど偉そうに言うのに、支那様にはこの程度。情けないと思わないのか?
「京城」という表現が差別だとか言っていた在日や日本人知識人たち(これは単なる言いがかりで、李朝時代に使用されていた言葉です)。支那に「漢城」呼ばわりされる方がはるかに屈辱的ではないのか。
2)江沢民の「連邦制統一」支持発言
90年代後半に江沢民が朝鮮半島問題に関して、連邦制統一支持を明確に打ち出しました。その底意は、韓国主導による「吸収統一」はNO!、在韓米軍が北朝鮮地域に配備されることは許容できない。金大中などが掲げる「連邦制統一」なら実質的に北朝鮮を間接支配、保護国化でき、緩衝地帯化できるからOK! というものだったのでしょう。
3)中国の実質的制裁
確かかどうか分かりませんが、中国が9月から北朝鮮への原油供与を停止したこと。それからこれは確実だと思いますが、中国の四大国営銀行(中国工商銀行、中国農業銀行、中国銀行、中国建設銀行)が北朝鮮との金融取引を停止するということです。当然、他の金融機関も歩調を合わせる、合わせていると見るべきです。
4)「東北四省」という呼称
すでに、中国東北部(旧満洲地域、中国朝鮮族の集住する地域)では、北朝鮮を東北地区の一省とみなす「東北四省」という呼称が流布されているとか。
5)最後に
今日、姜錫柱・北朝鮮第一外務次官が非公式に訪中し、即日モスクワに飛びました。この御仁は金正日の側近だとされる人物。この訪問の意味、そしてその慌てぶりはどういうことなのか。
いずれにせよ元外務官僚・原田武夫氏あたりが法螺を吹く「米朝の取引・和解」「日本は蚊帳の外」などという妄論に左右されないことです。
Posted by さぬきうどん at 2006年11月07日 23:07
>中国に飲み込まれて 後で独立を回復した国はありませんね 

そりゃ、今のように広大な領域を確保した中国は50年ほどの歴史しかありませんからね。


俗にいう中国の歴史のほとんどは遊牧民族帝国の植民地だったりする。
Posted by む at 2006年11月08日 00:19
中国が日本の目と鼻の先にくるってのは恐ろしいと思いますが・・・
Posted by hk at 2006年11月08日 01:18
中国が目と鼻の先に来たら、危機感を感じる日本人が増えるかと思いきや、
「より身近になった中国と朋友の契りを!」

ありそで怖いw
Posted by at 2006年11月08日 02:02
三つ子の魂百までとはいいますが・・・

帝国主義時代に独立を保てなかったのは無理もないけれど。
いったい何時になったら・・・
Posted by at 2006年11月08日 02:40
記事中の米国を日本国と置き換えてもなんとなく意味が通る文章になる気がする。

そしてひょっとしたら朝鮮半島は中国に併合された方が朝鮮の民にとってもよいかもしれない。日本の費用etc etcメリットはあるけど、中国に隷属していた期間が超長期に渡っていた事を考慮すると、自然な状態に戻る事かもしれない。朝鮮の人が精神的に安定すると思う。
Posted by mahito at 2006年11月08日 02:44
>アメリカは韓国人を守り続けるしかないのだ
これに同調するアメリカ人が居るわきゃ無い。逆反応を誘導する狡猾な(見事な)記事と見た。
Posted by zzz at 2006年11月08日 03:28
でも、朝鮮半島が完全に中国のものになったら、対馬は本気で戦略的に侵略にくるかも。
今の韓国のやり方なんかよりもはるかに長期的な戦略で。
Posted by あんがす at 2006年11月08日 08:43
日本は歴史的に大陸からの圧力を受け続けてきて、その緩衝材として半島を利用してきたんですよね。その戦略は、根本的な部分では変わってきていないわけで。

その観点からすると、中国にくれてやるのはどうかなあと思いますね。

もっとも、中国も半島を緩衝材として利用する可能性もあるわけですが。
Posted by at 2006年11月08日 08:50
日本は歴史的に大陸からの圧力を受け続けてきて、その緩衝材として半島を利用してきたんですよね。その戦略は、根本的な部分では変わってきていないわけで。

その観点からすると、中国にくれてやるのはどうかなあと思いますね。

もっとも、中国も半島を緩衝材として利用する可能性もあるわけですが。
Posted by Mr.O at 2006年11月08日 08:51
北朝鮮は露西亜と支那の共同統治にする。
そして牽制しあっている内に、両国に法則発動が理想。
ユーラシア大陸の大国に碌な物無し。
Posted by 猫 at 2006年11月08日 09:01
米国が第二次大戦の負の遺産である半島問題を解決して次のステップに進みたがっているのは事実だと思います。韓国が思想的に北に飲み込まれてしまったのも。
でも極東から撤退されてしまったら・・・以前アメリカも世界の警察である事に疲れている、というエントリー記事がありましたが、米国も第一次大戦前の状態に徐々に戻っていくとしたら・・・
中国の膨張も半島には留まらないでしょう。
ラストさんが指摘するパワーバランスの変動がもたらす規模、日本が適応していけるのか、自分には見当もつきません。
Posted by ジン at 2006年11月08日 09:38
日本の反米サヨクの内、
大陸半島の利益のために活動してる工作員型には米軍撤退は大成功です。
自身の利益を国全体のそれより優先する売国奴型は米軍撤退は失策です。
残りのお花畑は失策だったことに事態の寸前まで気づかないと。

>>半島の緩衝材としての効果
半島経由でなくとも現代の船舶なら大陸から日本列島まで対して変わりません。寧ろ物資の移送状況を監視することの方が重要です。
中共が鉄砲玉に使う可能性はありますがそれは今と同じです、中の人が中共人か半島人かの違いです。
Posted by anion at 2006年11月08日 10:20
読んでいくうちに何だかそんな気になってきました。
中国にも朝鮮と関わると碌なことにならないという意識はあるようなので、日米に見捨てられて中国に擦り寄ってくるのを生かさず殺さず朝貢国として顎で使う感じでしょうか。
香港に次いで韓国が影響を受ければ欧米も中国がどんな国なのか少しは考え直すかも?
アメリカも朝鮮半島を手放せば、台湾をもう少し大事にするかも。で、『日本はもっとしっかりしてよ』との国際世論の要請で日本は普通に軍備できる国になれるかも。
白昼夢・・・。
Posted by P at 2006年11月08日 10:56
Mr. O,
その通りなんですが、半島がこれほど反日であったことは過去にあるのでしょうか?また、超大国が中国しかなかった昔と違い、アメリカというもう一つの超大国があり、幸いにも現在は日本の味方です。味方ヅラしながらもフラフラと擦り寄る先を変える国は、いっそはっきりと敵国側に行ってもらった方が、将来の戦略を立て易いのではないでしょうか?
Posted by R2D2 at 2006年11月08日 12:05
朝鮮半島は中国に一部になった方がいいと思います。
中国の軍事力を考えれば、脅威は半島がどうであろうと変わらないし、はっきり言って日本にとって朝鮮半島はこれ以上ないくらいの百害あって一理なしの迷惑な隣人で、できれば付き合いたくない国。
中国はこれからは国際社会を無視できない立場になるでしょうし、話にならない敵が3国あるよりも中国1国になった方が、まだ交渉のしようもあります。
一日も早い中国の朝鮮半島制圧を希望します。
朝鮮という忌々しい民族がこれで少しはおとなしくなればいいのですが・・・。
Posted by mm at 2006年11月08日 14:12
大国の思惑を図るには、こちらのエントリので述べられている“バックパッシング”という概念が大変示唆に富んでいて参考になりました。
http://geopoli.exblog.jp/5998459
Posted by -- at 2006年11月08日 14:13
正直、朝鮮半島中国併合に賛成する一人です。
なぜか?まずは「問題が単純化する」から。核問題も中国が管理する様になればそれなりに責任ある対応が望めます。その代わりに対馬方面でEEZが隣接するという状況になりますが、朝鮮との対応を併せて考えるよりも中国一国を相手した方が単純に済みますから。
そして「法則発動」。朝鮮民族を内包する事によってこれまでに肥大しまくったウリナラマンセーを阻害された朝鮮民族が中共本国に非協力的な活動を行うのは火を見るより明らか。どうせなら双方で足の引っ張り合いを見せていただきましょう。(ただ、亡命政府の受け入れとか反政府活動の拠点を受け入れるのは御法度)その負担に中共が果たして今後耐えられるのか?逆に中国崩壊に繋がるのでは?とも思うのですが。
2009年以降の米軍の指揮権委譲後がある意味楽しみではあります。
Posted by TMN at 2006年11月08日 16:29
韓国より外交其の他で遥かにしたたかでやり手な中国が地理的に近くなるというのも考え物ですね。
本当にどうなるんでしょうかね極東は。
今回の米中間選挙で民主党が躍進してるみたいですが、仮にこのままの流れで将来民主党から大統領が誕生することになったら日本を切って朝鮮と中国を甘やかしたマリファナ不倫大統領の時みたいなプチ暗黒時代(笑がまた再来するのでしょうか。
Posted by 捨範 at 2006年11月08日 16:49
中国による秩序が形成されるまでには、内乱状態がながく続きかねないし、中国の版図拡大を許すのはハイリスクに過ぎると思います。
北半分はとらせても良いかと思いますが、南半分は傀儡政権でも何でもいいから、なんとかして米国に<eコ入れしてもらって機能させとくべきだと思うんですが。。。
Posted by st at 2006年11月08日 18:06
日本にとって純粋に戦略的に考えれば、米中のどこにも属さず強力で独立した朝鮮半島統一国家は利益になるはずなんだが・・・とても祝福する気になれないのは何故だろう?
 それから、金正日の核を黙認してそれを口実に核武装することも長期的に見れば日本にとって有利な筈なのに奴らに核を持たせる位なら空爆や武力侵攻が起こっても全然OKなのは何故だろう?
 なんとも不思議な力を持った民族だと思う。
Posted by 諸力の王 at 2006年11月08日 18:07
●中国が朝鮮半島を併呑した場合に考えられるメリット
・アジアの反日国家が3国から1国に減る。
・朝鮮統治に多くの労力を要するため中国の覇権欲求は抑えられ、日本の本当の友好国である台湾などへの危機が減退する。
・民族対立が現実となったとき、朝鮮人・中国人ともに靖国問題のような実害のない問題で日本を叩く暇がなくなる。

●デメリット
・中国が隣国になる。大陸の緩衝地としての半島が失われる。

う〜〜ん。韓国が緩衝地帯として有効なら、半島の価値は非常に高いわけですが…
朝鮮半島の現実は、中国と組んで反日を煽ってるだけですし。
朝鮮半島が中国に併呑されても、日本に特にデメリットはない気がする。
Posted by かおる at 2006年11月08日 19:18
北は中国に併合、南は一応独立国の体裁を与えて、軍事的な縛りは当事者を除いた周辺国で決定すると言うのはどうでしょうか?第二次大戦後のオーストリアの様に。南の処理をもう少し具体的に言えば、中国の資本主義国に対する不信感を尊重して米軍は半島から撤退するが、逆に中国の南下防止の担保としてソウルには国連軍の旗だけは残す。そうすれば中国の領土欲、アメリカの国連軍としてのメンツ、日本にとっては半島の緩衝地帯としての機能の維持と同時に統一した場合の援助費を節約する事が出来ます。ロシアにはシベリアODAで黙らせましょう。
朝鮮人の都合?そんな物は取り上げるに値しません。
Posted by サンダー  at 2006年11月08日 19:48
いよいよとなったら金大中や盧武鉉の勢力が、権力を失う前にギャンブルに打って出る可能性がありますね。
実際には南北朝鮮が並立し続ける、名目だけの連邦国家を宣言するかも。
本格的な核戦力整備までの時間稼ぎにもなるし、諜報作戦によって韓国軍にクーデターを起させ、カウンタークーデターで北朝鮮が進駐、統一の可能性が出てきます。
それなら、表向きは一時的に大義名分も立つし。

日本としては朝鮮半島がどうなろうと、彼らの核兵器だけは無力化する事に集中すべきだと思います。
Posted by Alack at 2006年11月08日 22:28
「北コリア自治区」「南コリア自治区」ですか。
いいんじゃないですか。

さらにはそれを受け、帰る場所を失った次期国連事務総長が中国の拡大を非難し、チベットやウイグルの独立に向けて国連総会で各国世論をたきつける活躍、そんな白昼夢。
Posted by korus at 2006年11月08日 23:19
なんかコメント聞いていると井の中の蛙っていうか、ネットの世界だけが真実みたいな発言ばっかりだね。
キミら現実の韓国人と話した事無いだろう。
いまノムヒョン政権の外交を支持してる連中なんて、韓国国民の精々2割。
残りの人々のスタンスは違う。
アメリカへの感情は良好とはいいがたいが、それでも国民の大半は同盟の意味を理解している。
いまは過激な二割が前面にでて、海外マスコミもそれを中心に報道してるが、十羽一絡げにそれを韓国全体だと思い込むのはガキの思考だね。


Posted by ふーん at 2006年11月09日 00:34
過激な二割が前面に出て、それが韓国の国政を動かしているのが問題なんですが・・・。
反対派が八割もいるというのに、大統領が反米反日にスタンスを崩さないなんて、やっぱり異常な国としか思えないです。
韓国国民全体が本当はどう思っているかなんて、どうでもいいですよ。肝心なのは、国としてどういう姿勢を示してるかですから。
Posted by dt at 2006年11月09日 01:39
今の韓国は実質反日は鎮火傾向、よっぽど反米の伝統のほうが根強いようです。
その一方、市民権狙いの米国での出産ブームや、後に一族を呼び寄せるための落下傘留学生、また漢字学習や中国への留学生の増加など親中傾向も目立ちます。
現政権はすでにレームダックですし、ふーんさんの仰ることにも一理ありますが、商売相手にはまずまずでも日本の信頼できるパートナーとしてはどうも節操がないというか、不安要素の多い地域です。
Posted by ree at 2006年11月09日 01:49
この問題、よーく考えたら、在日が日本に寄生してしているのと非常によく似た構造をしてるな、と気づきました。
まさにアメリカに寄生している。国際社会の中で。韓国は。

集団を形成して、より大きな他集団に寄生する。その上融和せず、さまざまな紛争を引き起こすのが朝鮮民族の社会行動様式ということですかね。

これで日本の憂鬱である在日問題を、アメリカ市民が理解する下地ができたと思いたい。
Posted by at 2006年11月09日 03:35
>ふーん氏へ

ありますよ朝鮮人との交際経験。
学生時代の同級生に韓国からの留学生もいたし、
今は仕事上で。
恥を知る朝鮮系エリートは、本音では祖国に絶望してますね。
経済発展したにも関わらず移民願望が強いのも理解できます。

以前に私の父親が、韓国人エリートが自国の歴史を長々と語るので、冗談めかして韓国の歴史は戦後の半世紀程度ではないかと言ったら、「それを言ったらお終いです、韓国人の立場が無くなってしまいます。」と苦笑いして答えたそうです。
良く理解していると思いますよ、彼ら自身の立場を。
確信犯で発言しているのですよ、でないとやってられないのかもしれませんが。

盧武鉉政権の支持率低下は知ってるますが、それが何?
事大先を変更する為の準備でしょうが、こっちは真っ平ゴメンです。
有史以来、朝鮮に利用されて何度も煮え湯を飲まされてきたはずです。
同じミスを犯すのは止めましょう。
Posted by Alack at 2006年11月09日 06:03
北朝鮮の6者会議復帰を受けて、ノムヒョン政権とその対北政策の支持率がアップしたそうですね。(それでも2割程度ですが)
何れにしても、アメリカや日本にメッセージを送っているのは韓国政府であり、それを選んだのは韓国国民。
ツケを払うべきは韓国国民です。
もし本当に8割の韓国国民がノムヒョン政権とは異なる対米・対日外交政策を望むなら、韓国国民が正しいメッセージを送る政権を早急に選択すべきでしょう。
「ウリは米韓同盟の重要さを理解していたニダ。悪いのは他の韓国人とウリの意見を聞かなかったアメリカニダ」
では通りません。

何れにしても、既にアメリカは韓国を見捨た事は間違いないでしょう。もう手遅れです。
アメリカが見捨てた韓国を日本が引き受けて一緒に沈む必要はありません。
Posted by mdyaroh at 2006年11月09日 09:25
以前よそ様のサイトのコメント欄である方がなさった
「韓国とはどういう関係であるべきか?」
という質問にわたしは、
「半島丸ごと中国に統治してもらいたい。」
と返答いたしました。
その答えに質問者の方は、
「中国と隣り合わせというのは・・・」
とおっしゃっていましたが、
中国と韓国を比べれば
中国は、悪賢く手強い相手ですがある意味理屈の通る相手です。
韓国は(北も)、感情のおもむくままにメチャクチャをやるキ○ガイ。

交渉相手を選べるなら、キ○ガイより悪党の方がマシでしょう。
Posted by きつね at 2006年11月11日 22:34
どうかな?気持ちはわからんでも無いがやっぱり連合国、特にアメリカには第二次大戦で寄ってたかって日本を追い詰め戦争にもちこんで占領して原爆投下をジェノサイドと認めず日本のすべてを悪にして歴史改ざんまでして子々孫々洗脳し結果として日本のいなくなった北東アジアをより大きな混乱に招いたんだからアメリカは責任を持つべきだよ。韓国のいうことは腹立つが彼らを初めに反日にさせた原因もアメリカにある。今のアメリカ兵には同情するがやはりまだアメリカ軍が引き上げるのはムシが良すぎると思うね。
Posted by J at 2006年11月13日 03:15
朝鮮半島が中国に併呑された場合、
日本にとって目下最大の懸案事項となるのは
間違いなく難民問題です。
米軍が介入せず人民解放軍による北朝鮮制圧が
行われた場合、独裁政権による支配が解かれた
北朝鮮の貧困層は大挙して南北を、あるいは海
外を目指します。南朝鮮は首都圏をはじめ多大
な損害を被ることが予想され、日本にも大量の
難民が流入するでしょうし、中国は自国との国
境を封鎖する以外、おそらく難民問題の管理な
どしません。
北朝鮮制圧後、即中国領として編入されるとは
考えにくく、むしろ中国主導の国際管理のもと
で、南朝鮮と合併する方向に進むでしょう。こ
のとき、南朝鮮は経済的にも混乱し、国内情勢
の悪化を食い止められるとは思えません。また
朝鮮半島から大量に流出する難民の問題に関し
て、中国が自国との国境線警備以上の対策を講
ずるはずはありません。なぜなら、難民問題は
日本を弱体化させる格好の好機であり、朝鮮半
島を最終的に併呑して日本列島侵略への足がか
りとするステップだからです。
中国主導による北朝鮮制圧が行われた場合のシ
ミュレーションの一つとして、北の持つ核兵器
をオプションとして中国が使用するという可能
性も指摘しておきます。以前コメント欄に書き
込ませていただきましたが、これはただの夢想で、考慮にも値しないシミュレートとお考えで
しょうか?
東アジア情勢を考えた時、日本にとって最大の
相手国が北朝鮮ではなく中国であることを忘れ
てはいけません。あらゆる意味において、韓国
には問題に対処する能力がないのですから、戦
略上、彼ら自身の心情も、彼らに対する心情も
無視して考えるべきでしょう。
Posted by chivas at 2006年11月15日 05:05
もし半島が中国に併合されたら竹島はどうなるのか?併合を機に日本領土として中国側が手を引くようには思えないが、、、韓国が実効支配してきた現実を盾に尖閣よりも強気で押してくる可能性のほうが高いように思える。そうなったら国際司法裁判所もなにも永遠に日本の領土となる事はないだろう。半島併合のドサクサに竹島の韓国警備隊を排除するだけの行動力を今の日本政府に期待するのも無理っぽいし、、、
Posted by じゃん at 2006年12月06日 02:17
>竹島はどうなるのか

そういえばそうですよね。
中国に任せる前に、もう少し日本の中でナショナリズム?を高騰させて、自国のためにしっかりした対応ができる政府を作ってからならいいかもです。
まずは日本がもっと変わらないと!
Posted by まり at 2006年12月08日 16:04
いいことを思いついた。
韓国と台湾を交換すればいいのではないか?
「日米は中国が韓国を支配することを容認する、代わりに中国は公式に台湾は自国領土ではないと宣言する」

とか。陸続きの韓国より島国の台湾の方が
海洋同盟にとっては価値がある。
Posted by at 2008年11月21日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


平和でありますように
Excerpt:  陸上自衛隊員の従兄弟が、彼の実家で穫れた新米を持ってきてくれました。お昼のバタ...
Weblog: 尺八ブログ
Tracked: 2006-11-08 20:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。