2013年01月22日

「国家ブランディング」は国を滅ぼす

まもなく退任する韓国の李明博大統領が、韓流ブームによる国家ブランドの上昇を自画自賛していました。

李大統領は、国のブランド価値が上がれば有形・無形の相乗効果が絶大としながら、「今や『コリア・プレミアム』時代であり、韓国の商品価値も上がった」と力説した。

李大統領 韓国の「格」上昇を協調

この考えを改めないかぎり、韓国は大変なことになると思います。

韓流最大の成果としてあげられる「江南スタイル」のヒットは、ケーポップ路線から逸脱した計算外の出来事であり、「ニューヨーカー誌」の指摘する通り、むしろケーポップの「文化テクノロジー」という哲学を真向から否定します。

また、韓流が韓国製品の価値を高めるのに貢献しているというのも俗説の域をでません。韓国製品躍進の理由は、高品質の製品を安く提供できたからに尽きます。韓流が韓国製品のイメージアップをもたらしているとするなら、世界最大の韓流消費地である日本で、サムスンとヒュンダイはオシャレ企業としての地位を確立しているはずです。

「国家ブランド」という概念を最初に提唱したのは、イギリスの政策アドバイザー、サイモン・アンホルト氏ですが、以前にも書いたように、彼は国家ブランドという言葉を広めたのを後悔していると繰り返し述べています。なぜならば、国家ブランドという言葉は、国家のイメージをマーケティングで変えられるという誤解を生みやすいからです。

アンホルト氏によれば、「国家ブランド」は確かにありますが、「国家ブランディング」はできません。つまり、国家イメージはマーケティングにより操作できるものではないのです。しかし「国家ブランド」というキャッチコピーは政治家と官僚の間にそのような誤解を広めてしまい、おかげで広告屋のカモにされていると嘆きます。

下の映像で、アンホルト氏は国家ブランディング行為の無意味さを強く主張し、「ブランド」という意味曖昧な英単語は使用禁止にすべきだとまで述べています。アンホルト氏によれば、国家ブランディングというのは、自分の華々しい血筋や学歴や職歴を他人の前で滔々とまくしたてるのと同じであり、そんなことをしてもまわりから性格破綻者と認定されるだけなのです。



日本の嫌韓ムードは、典型的な反日左翼政権である盧武鉉政権時代に激しく高まりました。しかし、李明博政権の成立とともに急速に減退しました。盧武鉉政権とは違い「まともな政権」である李明博政権は、ファナティカルな反日姿勢を見せませんでしたから当然の展開です。

しかし2010年頃から再び嫌韓は強くなり始めました。日韓の間に感情的な政治問題は存在しないというのにです。この不可解な嫌韓復活の背景に、2009年に設立された「韓国コンテンツ振興院」による、国策としての韓流ゴリ押しを見ようとしないのはどうかしています。

今日の日本の嫌韓は、李明博大統領の竹島上陸や天皇土下座発言により突如として噴出したのではありません。むしろあの事件は、韓流ゴリ押しにより醸造されていた嫌韓ムードに、爆発の契機を与えただけにすぎないのです。

韓国の新政権は国家による韓流ゴリ押しを継続するそうですから、韓国の自傷行為はまだしばらく続くことになりそうです。この愚かな行為は、韓国という国家の未来に致命的な損害を与えるに違いありません。日本の政治家と官僚には、広告屋の口車に乗せられて韓国の轍を踏まないように願うばかりです。

banner_03.gif
この記事へのコメント
はい、韓流ゴリ押しは本当に鬱陶しいです。
海外のコミュニティーサイトでも似たような風潮になってきてるみたいです。
Posted by   at 2013年01月22日 19:25
「国家ブランディング」に大成功した国があります。アメリカです。有り余る国力と豊かな生活を背景に、深刻な人種差別や経済格差・宗教的問題をものともせず、世界の人々の憧れとなりました。

他の国がブランド確立に失敗しているのは、実力と確立しようとするイメージの間に、乖離がありすぎるからなのです。

そのアメリカの実力にも、今深刻なかげりが見えています。威光が残っている内に、新たに現れた国家ブランド急上昇中のある国を取り込み、その富を吸い尽くそうと策略を練っています。
Posted by 昭和青年 at 2013年01月22日 21:36
>日本の嫌韓ムードは、典型的な反日左翼政権である盧武鉉政権時代に激しく高まりました。しかし、李明博政権の成立とともに急速に減退しました。盧武鉉政権とは違い「まともな政権」である李明博政権は、ファナティカルな反日姿勢を見せませんでしたから当然の展開です。


どうも違うね。嫌韓のレベルは全く変わってないよ。嫌韓が減退した様に見えたのだとしたら、それは嫌韓ネタが常識になって目新しさが無くなった事と、例のゴリ押しで韓流の露出がさらに強まり、相対的に嫌韓勢力が弱くなったかの様に見えただけ。そもそも盧武鉉が嫌韓の原因ではない。ノムヒョンはネタとして最高に面白かったから嫌韓廚に人気があったくらいだしw
嫌韓の原因は韓国の異常な反日で、インターネットというツールが韓国のそれを隠せなくさせてしまったからです。よく言われている事だが、2002年の日韓ワールドカップの時から韓国の異常性が知れ渡る様になり、嫌韓が増え始めたのです。


>日韓の間に感情的な政治問題は存在しないというのにです。

え?、竹島、慰安婦、その他諸々、存在しまくりなんですけど?
まぁ、感情的なのは韓国の方だけだがw
Posted by チャウチャウ at 2013年01月23日 09:23
 「韓国の宣伝局」主催の韓流上げというキャンペーンですね。 ミョンバクが5年間の在任中全うした唯一の政策かな? でも、結果は惨澹たるモノだったと言う他はないでしょう。 日本は折しも「朝鮮」民主党政権下、TV局は全て、韓流ドラマを流し、韓流スターの動向を朝から一々報告して、其れに群がるファンを映して韓流人気を捏造、聞いたこともないK‐popの歌手や歌を紹介し、是亦ヒットチャートのランキングを偽造して居ましたね。

 正に「官民挙げての韓国売り」の観がありました、私が思うに「冬ソナ」のヒットで火が点いた韓流はこの辺りがピークで、電通以下のキャンペーンに迂闊にも乗せられた女子供も大勢いましたね。

 然し、一昨年秋にお台場で行われた「韓流捏造中止を求める」FTVへの4万人デモや韓流支持の花王不買運動等で、キャンペーンの地金は見透かされている事が判明、然も、昨年のオリンピックでの愚行、竹島での大統領の醜行で、韓国の根深く常態化した反日が、ネット外にいる人々にも知れ渡る事となって、韓流作為は次第に終息に向かいました。

 国家の宣伝イベントの最たる万博でやっているレベルでキャンペーンをやるなら問題はないでしょうが、偽造・捏造を織り交ぜ、視聴者を誘導するが如きモノ、歴史事実を変形させ、在りもしなかったファンタジーを歴史作品として発表する等、詐欺だらけでは、話になりません。

 まぁ、全部バレれば、韓国の国際的信用は今にもまして失墜する事でしょうから、結果的に、韓国上げではなく、韓国人の本当の姿が信義無き詐欺師だらけと云う現実を曝け出す事になりそうですね。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2013年01月23日 13:35
思えば「電通とNHKの完全な癒着」の始まりでもあった。
セカンドライフごり押しの失敗などで散発的にしか話題にならないが、あまりにも一目瞭然で、もっと問題視されていいことだと思う。
Posted by   at 2013年01月26日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。