2013年01月27日

過去は清算できない

日本とドイツの過去に対する態度を比較して、「ドイツは徹底的に過去の償いをしている。だから周辺国は文句を言わないのだ。それに比べて日本は…」という言説をたびたび見かけます。これに対して日本の愛国者は「日本も過去の償いをしている。ただドイツとはやり方が違うのだ」と反論します。

しかしこの議論は重大な点を見逃しています。ドイツの周辺国がドイツの過去を赦しているように見えるのは、ドイツが反省して過去を清算したからではありません。ドイツの周辺国にはドイツの過去を糾弾する資格がないからなのです。

先日チェコで大統領選が行われ、左派のミロシュ・ゼマン氏が右派のカレル・シュワルツェンベルグ氏を接戦の末破りました。チェコの未来を決めるこの選挙には、実は60年以上前の過去が影を落としていました。1月中旬に行われたテレビ討論会で、シュワルツェンベルグ氏はチェコの暗い過去を指摘して国論を二分する感情的な軋轢を生じさせ、結果としてこれが選挙結果を大きく左右したのです。

シュワルツェンベルグ氏が指摘した過去とは「ズデーテンドイツ人」の追放です。戦前のチェコには250万人を越えるドイツ人が暮らしていましたが、戦後のチェコ政府はドイツ系住民たちの財産を没収して根こそぎ国外追放しました。シュワルツェンベルグ氏はこれをチェコ国民が向き合うべき過去であると指摘し、自らの脛の傷を見せられたチェコ人は激しく動揺したのです。

民族浄化をしたのはチェコだけではありません。ドイツに侵略された中東欧の各国は徹底してドイツ系住民を追放しました。合わせて1200万人のドイツ人が故郷を追われ、その過程で最低でも50万人が命を落としたと記録されています。

この歴史上最悪のエクソダスは、中東欧の国父レベルの人たちの手で行われました。チェコの場合、ドイツ人追放令を出したのは独立の志士の一人であるエドヴァルド・ベネシュです。彼らの罪を認めることは、建国の神話を否定することに他なりません。だからドイツに侵略された周辺国は過去に眼をつぶるのです。ドイツが反省しているから過去を責めないのではなく、ドイツの過去を責めると自分たちの犯罪とも向き合わざるをえないから過去に触れないのです。

ドイツとその周辺国にはこの暗黙の了解があり、それが少しでも破られると今でも醜い感情が噴出します。数年前には、追放ドイツ人たちの小団体が過去の補償について声をあげただけで、ポーランドではカチンスキ兄弟を先頭に激しい反独の嵐が吹き荒れ、ドイツはドイツで態度を硬化させ、両国関係は険悪になりました。今回のチェコの大統領選でも過去が大きな影響を及ぼしました。欧州では過去は死んでおらず、ただ双方の利害関係からフタをしているだけなのです。

日本と周辺国の間には、この相互の罪がありません。戦前の中国は日本人住民に酷いテロを繰り返し、戦後の朝鮮人は戦勝国気取りで日本人を足蹴にしました。しかしドイツの周辺国のような大犯罪を犯したわけではありません。日本の戦争をナチスと同格の大犯罪とするなら、罪は片務的であり、中国人も朝鮮人も、日本の過去を責めれば責めるだけ彼らの歴史はバラ色になります。こんな構造では過去にフタできるわけありません。

日本とドイツを比較して、日本は反省が足りないとする考え方は、1980年代後半に日本の新聞で盛んに叫ばれるようになり、1990年代初頭に頂点を迎えるとともに周辺国に輸出されました。ドイツのように謝れば、過去を清算して隣国と仲良くなれますよと彼らは囁きました。しかし、ドイツの過去は清算されていないのです。戦後70年近く経過しても過去は生き続けており、ただ双方の利害一致により協力して過去を振り返らないようにしているから、過去を清算したように見えるだけなのです。

誤認に基づいた日独比較論は日本国と日本人にとんでもない重荷を負わせました。過去にフタをする動機を持たない周辺国は、その動機が生じるまで延々と被害者を演じ、日本人はこれに付き合ってゆかねばならないのです。

banner_03.gif
この記事へのコメント
なるほどドイツと周辺国の関係は必ずしも一方的ではないということはわかりました
では、朝鮮半島および中国が仮に日本に対して過去の侵略行為に匹敵する事件がおきたとして、今までのような被害者カードを引っ込めるかというとそんなことは絶対無いといい切れてしまうのが特定アジアクオリティであり、そんなまともな理屈の通じない相手だからこそ、「被害者神聖主義」が通用するうちはアメリカのように強大な軍事力で押さえつけでもしない限り、この腐れ縁のような関係に悩み続けなければいけないのです
Posted by   at 2013年01月27日 21:51
半島から引き上げ途中の日本人が朝鮮人にどういう目に合わされたか知らないのか?
ネットやってたら目に付きそうな気がするが??
Posted by   at 2013年01月27日 22:24
>1200万人のドイツ人が故郷を追われ、その過程で最低でも50万人が命を落としたと記録されています。

初めて知りました。でも日本も満州から引き揚げの人たちが中国人に襲われ、朝鮮半島に逃げ込むも北朝鮮で足止めされ殺されてますよね。
Posted by ヒロ at 2013年01月28日 00:51
こんな状況云々の話ではなくもっと単純ですよ
日本は戦争した全ての国(北朝鮮は韓国扱い)と
講和条約を結んでいる。中国韓国とも当然解決の署名済み。
ドイツはひとつもしていない。これだけで済む。

さらに言えば、「過去の清算」を正しくすれば
日本は、中国や韓国から残留資産分の徴収をしないといけない
例えばオランダはインドネシア独立の際に残留資産と独立代を取り立てている
つまり日本側が金を貰うのが世界の常識の「過去の清算」になる
だから日本と韓国、日本と中国では清算という文字はなく
経済協力という形になっている。
清算したら日本が金を出すのは不可能になるから。
ちゃんと事実を追えば、日本が文句言われる筋合いは全くない
Posted by ななし at 2013年01月28日 10:43
 過去の清算が出来ないのは、日本人が洗脳と思い込みで、謝罪反省すべき「罪」を認識理解していないからですw。
 憲法により遵守義務がある講和条約11条は、戦犯判決受諾を規定しています。
 僅か10項目の東京裁判訴因を確認してみて下さい。侵略の罪の対象は、欧米植民地・日ソ国境局所紛争・中国だけで、アジアは侵略対象ではありません。(対アジア通例戦争犯罪の罪は確定しています。)
 また、各地の戦犯裁判では、日本による欧米植民地支配妨害・独立支援が罪とされ、戦後も休戦協定違反として処刑されています。
 村山談話の「アジア侵略と植民地支配」の罪が認定された事実はありません。
 条約違反の談話は、憲法98条違反ですw。

 尚、中国侵略について、カイロ公報は「満民族から盗取した満州などを漢民族に返還」としていますが、満民族国家を漢民族に略取させるために、満州を日本による侵略と認定したもの。
 また、上海戦から南京攻略戦までの日本の行為は、中国の先制侵略により開始されたため、日本の侵略は無罪になっています。

 旧称左右共に、村山談話違憲失効論をご理解頂ける方は非常に少ないのですが、いずれoribeさまのお考えを揚げて頂けないものかと思っています。
Posted by 福原 at 2013年01月29日 01:45
ここの管理人馬鹿じゃねーの(笑)
朝鮮も支那も日本を非難する資格はねーんだよ
すべて合法だし日本が戦争したのは支那じゃねーし(笑)
それに戦争のきっかけを作ったのは支那自身だし
(笑)
お前みたいなナチスと日本を同列に並べる朝鮮人が日本からいなくなれば日本はかわるよ
Posted by oribは低脳男 at 2013年01月29日 07:36
 日本とドイツの戦後処理の比較、知らないことが沢山書いてあって勉強になりました。

 一点、戦後ズデーデン地方のの250万人のドイツ人の逃避行で50万人もの犠牲者が出たというお話、そのドイツ人自体、元々この地方に侵入してきて紛争のネタになっていた人々ではなかったか、欧州と云うのは、ケルト・ゲルマン・スラブの白人基底民族間の差別意識に端を発し、枝分かれした民族同士の相克も相俟って、複雑怪奇な土地だと言う認識をさらに強めましたね。

 福原さんの指摘には冷静さを感じます、この先現行憲法停止〜欽定憲法復活〜憲法改正の手順では、必ず通るべき道で冷静な考察が必要です。

 大変興味深く感じました。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2013年01月29日 08:34
おもしろい見方だと思います。私も現在ドイツに住んでいますが、歴史のこととなると、一様に口が重くなり、実際のところを聞き出すのがなかなか難しいです。その裏にはただ単に後ろめたさというだけでなく、言うに言えない事情があるんですね。
Posted by Wandervogel at 2013年02月08日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/316543834
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。