2005年06月10日

「文明人」の意味

ぼくはよく、韓国、中国人に対する日本人の位置づけとして「文明人」という言葉を使います。今後も使うと思いますので、誤解のないようにここで念を押しておきます。この言葉でぼくが言いたいことは、物事を感情や因習に基づいてではなく、合理的に考える力を持ち、規律と節制を備えた人間、程度のことです。イデオロジカルな意味は一切ありません。

日本人の大多数はこの範疇に当てはまると信じますし、アメリカ、ヨーロッパをはじめ、西欧の先進各国についても同じ事がいえます。同じ人間として、自分の故郷を愛し、時に議論を戦わせ、時に抱擁しながら、ともに悩みを分かち合い、一緒に暮らしていける人たちです。

そして、そういう人間は、中国にも韓国にも大勢いると思います。

ぼくは「日本人は文明人だ」ということで、中国人や韓国人と民族的に区別したいのではありません。そういう考え自体非合理的で、軽蔑すべき民族イデオロギーであり、それこそ文明人の名に値しない考え方です。

中国で反日デモが起きたとき、ある英語の掲示板で、激しい日本バッシングと中国バッシングが交錯する中、中国の女学生と名乗る人がひっそりと投稿したコメントがありました。正確な表現は忘れてしまいましたが、確かこんな内容だったと思います。

日本は中国人を大勢殺しましたが、中国も戦争が終わった後大勢の日本人を殺しました。私のまわりの友人はみんなそのことを知っています。中国人が全員あんな風な考えを持っていて、日本を恨んでいるわけではありません。(戦争が終わった後殺したという日本人は、裁判により処刑した人のことをいうのか、その他の事を指すのかは判然としません:oribe注)


このコメントが、本当に中国の学生によるものなのかはわかりません。しかし、そういう考えを持つ人が中国にいるのは間違いないでしょう。韓国にも、日本を擁護するような発言をして、社会的にリンチを受ける人が時々現れます。彼らはぼくたちと同じ「文明人」です。

ぼくたちが軽蔑し、毅然として一線を画すべきは、民族主義や共産主義といったイデオロギーに侵され、ゆがんだ精神構造を持つ人々であり、そういう人間を生産するシステムです。

靖国問題は内政問題と言われますが、ぼくはそう思いません。靖国において日本が中国や韓国に譲歩することは、かの国々の統治イデオロギーの勝利であり、その基盤を強化することにつながります。日本人にとって屈辱であるだけでなく、イデオロギーに与しない「文明人である中国人や韓国人」を抑圧することにつながるのです。



banner_03.gif
この記事へのコメント
こうした考察をした場合、まさに靖国問題は象徴といえると思います。被害者意識という感情とアムネスティ条項という規律の対立。わざわざ中韓に合わせて、個人の信条などと発言することにも疑問を感じますが。
Posted by 河童汁 at 2005年06月10日 02:03
うむむ...文明人とは己の野蛮性を意識している人のことでしょうね。野蛮を意識しなければ文明への欲も出てこないでしょうから。最初から文明人なんていません。

文明国と言われる国に生まれた集団が、自分たち自身のことを文明人と呼ぶのは驕りがあると思います。相手を野蛮と呼ぶことで、自分たちこそが文明であろうとする。私もここでコメントをいくつか書いていますが、「文明」という言葉を皮肉で使っています。今日、文明と呼ばれるものは野蛮の最たるものではないか、と懐疑していますから。

ただ、文明や野蛮には何をもってそうなのかという解釈に差があるのは確かで、それらにはイデオロギー(イデア)があり、民族性もあると思います。

今、世界が混沌の極みのまっただ中で、悲しいことばかりですが、腹黒く欲を言えば、相手の野蛮性に己の野蛮性をも見れるよい機会ではないでしょうか。
Posted by いらが at 2005年06月10日 09:01
>日本人にとって屈辱であるだけでなく、イデオロギーに与しない「文明人である中国人や韓国人」を抑圧することにつながるのです。

まことに正論であると思います。
「日本は全て中国や韓国に譲歩しないといけない」このような発言を平然とできる人間は、「文明人」としての中国人や韓国人を「文明人」として扱う事の出来ない「野蛮人」と言って良いでしょう。

そうした「野蛮人」がマスコミ業界、芸能界など、影響力のある業界の中枢に多いのは全く文明国として恥ずべき状況であると思います。
Posted by nn at 2005年06月10日 09:01
初めまして。お邪魔します。とても興味深いお話ですね。おっしゃる通りだと思いました。

以前、翻訳掲示板で韓国人と討論してみて強く感じたことなのですが、高等教育を受けたかどうかと文明人であることとは関係がないのだと思いました。
韓国人が学歴にこだわるのはよく知られています。けれど、彼らと話していると、特に学歴の高そうな人ほど、思い込みが激しく偏見が強いという印象を受けました。知識は豊富なのに、解釈が一方的で、柔軟性に欠けるのです。(学歴が高そうな、というのは印象評なので、間違っているかもしれません。特定の事柄に高い専門知識があるので、そうだろうと判断しましたが。)
正直、これは怖いなと思いました。無知だから偏見が強いなら、知識がふえれば文明人に近づけます。でも、高い教育を受けるほど偏見が強くなり、文明人から遠ざかるのだとしたら・・・
教育のあり方が、根本的に間違っているのではないかと疑問を持つしかありませんでした。
Posted by かおる at 2005年06月10日 11:06
さらっと流しましたが、以下のコメントって恐ろしいですよね。まあ、本題とは関係ないので、ここで、糾弾する必要はありませんが、この文面からも中国人が非文明人だということが分かりますね。

----------------------------------------
日本は中国人を大勢殺しましたが、中国も戦争が終わった後大勢の日本人を殺しました。
----------------------------------------

日本による中国人の殺傷は、戦争被害でしょう。被害者には戦闘員もいれば、不幸にも流れ弾に当たった民間人もいる。まあ、これは業務上過失致死みたいなもので、組織として責任はありますが、個人としての責任は比較的軽いでしょう。一方、中国人は戦争後に、何も罪のない日本人を私刑(リンチ)により、虐殺したのですよね。罪が重く非文明的なのは中国人のほうです。恨みがあるのは分かりますが、それなら、戦後の賠償請求や裁判によって適切に日本人を裁くべきです。

と解釈できるコメントを平然と書く中国人はやっぱり戦争や法律がわかっていないのでしょう。日本はこんな国の譲歩してはいけませんね。中華思想(=ファシズム)に屈服するようなものです。韓国はすでに屈服したようでね。大清国属の遺伝子は隠せません。

ちなみに、日本のマスコミはファシズムにいつも屈服する卑怯な奴等です。彼らが日本の政府を叩き、中国、韓国、北朝鮮に媚びるのは、中国、韓国、北朝鮮の裏組織が怖いだけです。言論の自由を主張する気がなければ、ペンを捨てるか、アジビラと明言して配るべきでしょう。
Posted by 高田雄二 at 2005年06月10日 11:14
>日本による中国人の殺傷は、戦争被害でしょう。

ご意見に同調いたします。さらに付け加えるなら、中国も戦争が終わった後日本人を殺したというが、戦争の前にも日本人を大量虐殺しています。通州事件、済南事件などその最たるもので、あまりの残虐ぶりに日本の対中感情が悪化し、日中への戦争へひきずり込んだきっかけをつくった中国の残虐性はいうまでもありません。

支那人が絡んだ日本人虐殺事件
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo11.html
消された「通州事件」
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tushujiken.htm
Posted by たまご at 2005年06月10日 12:13
中国の学生の意見は現状では非常に進んでいると言えるのではないでしょうか。自分を相対化して見るというのは、「文明的」な言論の第一歩だと思います。
次に必要なのは情報ですね。
日本は行き過ぎた相対化の結果、相手の立ち位置に立つことに最高の価値を置くようになってしまいましたが、これは極端であるという一点において中国とたいして変わらないように思います。
お互いに少しずつでも、正常な状態になって欲しいものです。
Posted by 1915 at 2005年06月10日 14:03
戦争による殺人とそれ以外の殺人ってのは、それほど違うものなんですかね。 戦争だから仕方ない(あるいは殺して当たり前)っていう正当化の仕方には、何か釈然としないものを感じます。
それ以前に、そこまで悪意に取らなくても、いいんじゃないかなあ。 まあ、向こうの人達の「親日的」とされる言説を読むと、必ず「あれ?」ってひっかかる部分があるのは確かですが。
Posted by bachcello at 2005年06月10日 14:05
bachcello さん>

>戦争による殺人とそれ以外の殺人ってのは、それほど違うものなんですかね。

この疑問が出る時点で、やはり日本の戦後教育は問題があるのかなと感じたりします。という自分も当然戦後教育世代ですけど。

戦争というのは軍隊同士が合法的に殺し合いを始めますよという行為です。これ以外で殺人が認められるのは死刑囚への執行ぐらいです。

それ以外では、いかなる心情的理由があろうとも殺人は犯罪であり、テロ行為です。日本は戦闘以外で、国家が計画した殺傷行為は行なっていません。(もちろん、現場の暴走は、日本だけでなくどの軍隊にも存在します。)ドイツの場合は(誇張はあるかもしれませんが)組織的に非戦闘員であるユダヤ人への殺傷行為があったといわれています。ここが日独の違いです。

一方、中国人はたびたび日本の民間人に対するテロ行為を戦前戦後を通して行なっています。現時点では、女学生の、テロ行為の存在を公にした勇気は評価しますが、いずれ、中国人に対して、第二次世界大戦前後の、日本人に対する殺傷行為はテロ行為で犯罪であったという歴史認識を持ってもらう必要があります。

もちろん、そのときは、彼らなりに中国共産党に責任転嫁して、毛沢東の遺体を暴いてもかまいません。これは彼らの文化ですから、別に干渉はしません。(ぜひ、全世界に正しい中国文化を知らせるために、動画をばら撒いて欲しいですね。)

早急にここまで行くのは無理ですが、日本側は民間のレベルから、そういう歴史認識に基づいて、中国と向き合っていく必要があるでしょうね。でないと、中国の民主化とアジアの平和はありません。日本の役割は重要です。
Posted by at 2005年06月10日 14:48
戦争が合法な殺人であるということは、かつての戦勝国=連合国の共通の考え方です。ですから、連合国は敗戦国にろくに謝罪も賠償もしないのです。アメリカやオランダ、イギリスなどの列強諸国は亜細亜などの多くの国を植民地にしていましたが、謝罪も賠償をした国などひとつとしてありません。植民地は合法という考えだからです。世界で唯一謝罪しているのが日本です。世界的にみれば、戦争や植民地についての日本の考え方は非常識なのです。

私は、日本人の、戦争は罪だったという考え方は世界に誇れる考え方だと思います。それならばなおさら中国が日本に謝罪や賠償をしなけらばならない理由が見えてくると思います。言うまでも無く、日本軍は中国軍の戦闘行為によって多数の犠牲者がでているわけですから。日本が一方的に悪いかのような論調は、おかしいとは思いませんか?
しかも、中国人は民間人をも大量に殺しているわけです。日本が賠償するなんてあべこべじゃないですか。
中国こそ、日本に対して謝罪と賠償をしなくてはならないのではないですか?
Posted by pater at 2005年06月10日 15:59
色々と勉強になりました。もっと真剣に考えるところもあると思いました。
Posted by 感慨深い at 2005年06月10日 16:17
oribeさんには「文明人」や「未開人」と云った言葉遣いについて、文化相対論風の反論が来るであろう事は、想定の範囲内(藁)だったでしょうね。
近代的な意味で文明国ってどんな国なのかといえば、法律に基づいて物事を体系的に処理する機構が確立されて且、運営されている国って感じじゃないですかね?
其の点で相手が日本(あるいはアメリカ等外国)なら何をやっても許される、なんて国々にはそもそも近代的な意味で「法律」なんて観念が無いのですから(無いからこそ、そのような事が言えるのです)「未開」であると言われても仕方が無いと思いますね。
「戦争」だってそうです。これは要するに国家間の紛争解決の為の一手段であって、好むと好まざるとに拘らず、近代文明に体系的に組み込まれているものです。だからこそ、そのためのルールが作られているのです。(まぁ、WWII以降は「戦争」、「紛争」、「軍事介入」が明確な区別無くごちゃ混ぜになって語られていますが)
大体、戦争の目的は「殺人」何ぞでは有りませんよ?
Posted by k.c at 2005年06月10日 16:40
>大体、戦争の目的は「殺人」何ぞでは有りませんよ?

もちろん、そうですよ。ただ、この一文だけが一人歩きすると、事大野郎の中国シンパが誤解をするので、コメントをしておきます。

戦争で、かつ正規のルールに基づいた戦闘で人を殺傷しても、殺人罪には問われませんが、いくら戦争中でも、民間人が、敵国人を殺したらそれは重罪ですよ。その基本的な認識から中国人を教育する必要があります。

また、中国人が次の反論としてだす満州国や上海租界での日本人入植者ですが、これは条約に基づいて正規に経済活動を行なっていたものであり、決して不法移民や侵略者ではありません。この人たちを戦後侵略者として殺傷したことは中国人の犯罪です。(21世紀になっても愛国無罪の国だからね)

本当の侵略者とは、現在進行形で、沿海州や日本の都会やメコン川上流で不法入植や略奪行為を行なっている中国人のことを言います。だからといって私たち日本人は彼らを私刑(リンチ)にはせず司法の場で裁いています。
Posted by 高田雄二 at 2005年06月10日 16:59
>大体、戦争の目的は「殺人」何ぞでは有りませんよ?
「無血占領」などの言葉があるくらいですもんね。
逆を言えば、血を流さない戦争も可能だということでしょうね。
戦争にとって「殺人」とは、結果の一つじゃないでしょうかね。相手の兵力を減ずる行為の結果の一つだと思います。
Posted by 通行者 at 2005年06月10日 17:20
関係ないトラックバックを少し削除しました。どこまでが悪質な宣伝なのか微妙ですが、とにかくあまりに関係ないのは削除していきます。まじめにトラックバックして頂いた方に申し訳ないですからね。ふぅ・・・。
Posted by oribe at 2005年06月10日 17:56
わざわざ 『戦争が終わった後』 と前置きするところに、
行為への認識、世界標準認識との比較、相対化、などが
込められているとしたら、彼の学生は文明的でしょうね。
個人的には、そう期待したい。
Posted by ネコノテ at 2005年06月10日 18:57
「文明」と「野蛮(未開)」だと、どうしても人種差別的イデオロギーに引きずられやすいので、「法治」と「人治」がいいかも知れません。北による拉致、中国の潜水艦領海侵犯や反日暴動、韓国の違法漁船など日本人が許しがたく思う事件で共通するのは、彼らが違法行為を悪いことだと感じていないその態度なのではないでしょうか。法は自分を縛るだけのもので罰を受けなければ良いと思っているのでしょう。
Posted by motton at 2005年06月10日 19:36
「人の意見を聞かない民族」とは、それ自体が個性であり、民族としての優劣など本来はありえないのだと思います。

しかし、それが国際社会の場となると、彼等は相対的に評価され、区別されなければなりません。
要するに、国際法すら守れない国が「野蛮人」と卑下されるのはあたりまえと言うことです。

それを「差別だ」と言われても、正直困りますよねえ(苦笑)。
Posted by さとー at 2005年06月10日 21:01
今回初めてここに寄らせて頂き、大変興味深く読ませて頂きました。話は逸れますが、戦争についての考え方について余りにも知らない人が多いので。孫子の「兵法」での解釈では相手国を屈服(譲歩)させる行為を戦争と定義しています。上策は「戦わずして相手を屈服させる事」。下策は「兵をもって屈服させる事」となっています。すなわち上策とは政治力、策略(合法、非合法含む)によって相手国を屈服させる戦争行為なのです。この事は、世界的に常識となってます。したがって中凶(中国共産党)の敵意に満ちたプロパガンダこそ戦争行為だと思ってます。
Posted by Taku at 2005年06月10日 21:02
文明とは有用情報の蓄積であり、文化は情報整理の仕方である。この定義、どこで読んだかな。
日本は島国として蓄積の歴史を営み、大陸・半島は民族往来、簒奪にしのぎを削った。
我々は伝統的価値観から大陸観念論を嫌い、英国経験論、米国功利主義に与しているのであり、海洋同盟を結ぶ行き方はアジアの裏切り者ではない。
今のところ、自分のファイナルアンサーです。
Posted by シスコ at 2005年06月10日 21:14
>paterさん
至極まっとうな意見です。これを知らない日本人が多いことが問題です。さらに、そのアジアの欧米諸国の植民地支配をすべて開放したのも、日本軍です。ですから、日本はアジアの国々から感謝されているのです。日本の行った行為の感謝されている面を認識しなければ、逆にアジア諸国に失礼ではないかと思います。

http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03.html
ククリット・プラモード タイ元首相
日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母胎をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。こんにち東南アジア諸国民が、米・英と対等に話ができるのはいったい誰のお陰であるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。12月8日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して、重大決心をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。

Posted by 浜 at 2005年06月10日 21:49
ブログ♪ブログ♪
みんなが見てくれるようなブログ作りましょうね♪
Posted by くりみ at 2005年06月10日 22:08
ブログのおもしろさって書いて見て、初めて分かるよね。
Posted by もっも at 2005年06月10日 22:08
いつの間にか、というかあっという間にブログランキングで海外ニュースのトップに躍り出ましたね。
Posted by OKDY at 2005年06月11日 01:40
とても勉強になりました。これからちょくちょく見にこようと思います。
ゆっくりとマイペースで頑張ってください。
Posted by へっぽこSchreiber at 2005年06月11日 02:01
「文明」という言葉ですぐに「野蛮」という反対語が思いつくのですから、「文明人」という言葉を使うのは問題があると思います。

文化が違うのは教育が違うからです。「こういうとき普通は感謝するだろう」とこちらが思っても、「こういうときには感謝する」という教育を向こうが受けていないと、ありがとうなどとは絶対に言わないものです。

中国の教育は人を幸せにしない教育だとわたしは思います。そしてそれは民主主義がないからだと思います。
Posted by とりこ at 2005年06月11日 19:00
中国の教育は共産党独裁を正当化することがその最大目標だからな
Posted by 熱湯浴 at 2005年06月11日 19:37
A級のAとは、極東国際軍事裁判所条例の第5条 (a)項の所謂
「平和に対する罪」を指し、
同様に B級、C級の区別も
同条例第6条(b)項「通例の戦争犯罪」、(c)項「人道に対する罪」
を指す単なる分類であり、
世間で誤解されているように罪の軽重を指しているわけではないはずです。
A級戦犯の方々だけを靖国から分祀するなど、いかにナンセンスなことか。
Posted by えりた at 2005年06月11日 21:24
「靖国問題」は純粋に日本の内政問題である。
死生観や宗教的見地(日本における神道は一応、原始宗教の範疇に入るとする観点からではあるが)からも「異邦人」が口を挟む次元の事柄ではナイ。

例えば我が日本における過去の事実からも
‘最早、この日本には「戦犯」なぞ存在しない’
という見解に誤認はナイですな。

参考までに

June 06, 2005
朝日って過去の記事持ってないの?

http://www.tarochan.net/


* 「反日」の連中は強請るネタで「靖国問題」を利用しているだけ。ココで日本が譲歩しても「次のネタ」で同じよーにイチャモンを付けてくるのは確実でアル。

  堅気の人間にヤクザが絡み続ける構造、に気付くべし。
Posted by vaio at 2005年06月12日 00:02
面白いブログだと思っておりますが、「文明人」という用語はできれば止めた方がよろしいのではないでしょうか。意味するところは「特定のイデオロギーにとらわれずに事実に基づいて合理的に判断する」ということのようですが、人はそういう風にはとってくれないでしょう。せっかくの面白いブログなのに、命取りになりはしないかと恐れています。
Posted by 通りすがり at 2005年06月12日 03:23
確かに‘通りすがり’さんの言うとおり、「文明人」という言葉は適切ではないかと。
「文明論」では中国も朝鮮も「中華文明圏」に入りますから。
ちなみに、日本は「日本文明」であり、中華文明とは別の文明です。
だから、問題は中華思想、儒教思想に基づいてものを考える人たちにどうやって対処するかということであり、「文明人」云々では問題の解決にはならないような気がします。
特に、韓国人に資料に基づく合理的論理的思考をしろというと、火病を起こしそうですし(笑
Posted by ポコニャン at 2005年06月12日 04:05
 なかなか”公平で冷静な記事作成”に好感を覚えました。
 基本的には私と同じ立場に立つと思いますが、今後・協力して行ければ幸いに存じます。
 失礼ながら、”貴ブログの記事”とは直接関係ないのですが、「理系保守」を任じる”日本唯一のブログ”の私としまして、是非・ご一読いただきたい記事がありますので、TBさせていただきます。ご参考までに。
Posted by 紫藤ムサシ at 2005年06月12日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


◆◆か○りのブログが憶測を呼ぶ…?◆◆
Excerpt: 国立大卒の高学歴アイドル眞鍋か●り(24)が “ブログの女王” としてもてはやされている。 「眞鍋かをりのここだけの話」と題し、身近に起きた出来事を 赤裸々につづったこのブログは大評判になった。..
Weblog: 芸能、本当の話はこうだった!!
Tracked: 2005-06-10 11:37

!ベッカム不倫濃密キス激写!
Excerpt: !ベッカム不倫濃密キス激写! これは決定的証拠だ! 5日付の英紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」はスペイン1部レアル・マドリードMFデビッド・ベッカム(30)が、謎の金髪美女と濃密キスしている写真を..
Weblog: 芸能、本当の話はこうだった!!
Tracked: 2005-06-10 11:40

道とは。
Excerpt: 「道の道とすべきは、常の道にあらず。」(第1章) 「これが道だといえるものは、ほんとうの道ではない。」 最近、ノウハウの本があふれかえっている。 「1億円稼ぐノウハウ」や「ほんとうの..
Weblog: TAO(老子道)無為に♪自然に♪
Tracked: 2005-06-11 08:27

個人の情報守秘、東京で3500円から事務所!
Excerpt: sohoの方に  外国や地方にいて、東京の住所で仕事が出来ます。 個人の方に あなたのプライバシーは、守られているとお考えですか? 個人のプライバシーは私書箱利用で守るしかありません。..
Weblog: 私書箱
Tracked: 2005-06-11 10:44

外交戦略の不思議2
Excerpt: 数日前の新聞に、作家の三浦朱門の論説が掲載されていた。骨子は「二本よ、常任理事国に拘ることなかれ」というものであったが、全く正鵠を射た意見であった。日頃職場で、「日本もドイツなんかと第二国連でも作れば..
Weblog: 江戸川純情派
Tracked: 2005-06-11 15:49

>>>本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus
Excerpt: メールの送り方はこちら※本文の内容を変えずにこのままご自分の携帯アドレスに送信して下さい。☆☆本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus☆☆メールを送る義孝 21歳 ひきこもり 大人..
Weblog: ブログからの出会いもあっていいよね… CharmCampus
Tracked: 2005-06-11 20:31

>>>本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus
Excerpt: メールの送り方はこちら※本文の内容を変えずにこのままご自分の携帯アドレスに送信して下さい。☆☆本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus☆☆メールを送る義孝 21歳 ひきこもり 大人..
Weblog: ブログからの出会いもあっていいよね… CharmCampus
Tracked: 2005-06-11 20:43

>>>本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus
Excerpt: メールの送り方はこちら※本文の内容を変えずにこのままご自分の携帯アドレスに送信して下さい。☆☆本日登録のピックアップメンバーです。 CharmCampus☆☆メールを送る義孝 21歳 ひきこもり 大人..
Weblog: ブログからの出会いもあっていいよね… CharmCampus
Tracked: 2005-06-11 20:51

家庭教師
Excerpt: 今日は家庭教師に行ってきた。 生徒がテスト前だからやる気を出してくれていた。 嬉しいね♪教えるほうもやりがいがあるよ☆ でも帰りに雨が降ってたから原付で帰ってくるの大変だった。 びしょびしょに..
Weblog: ブログブログブログ・・・
Tracked: 2005-06-11 22:36

「ケーキの分配」ゲーム
Excerpt:  「ゲームの理論」の中に「ケーキの分配・ゲーム」と言うのがあります。  夏の暑い
Weblog: 神風特攻ブログ:燃えよ!ニッポン:武士の国!
Tracked: 2005-06-12 15:59

山賊・中国共産党の厚顔無恥!
Excerpt:  中国という国は「強盗・山賊が国家を乗っ取った」国であります!  「普通選挙が無
Weblog: 神風特攻ブログ:燃えよ!ニッポン:武士の国!
Tracked: 2005-06-15 12:08

未来に続く靖国問題
Excerpt: 「靖国参拝の不思議(上)」では、靖国参拝がそもそもは政教分離を巡る国内問題であったことを論じた。「同(下)」ではなぜ国際問題となったか、そして国際問題であり続けるかという点を論じる予定だが、その前に、..
Weblog: ◆木偶の妄言◆
Tracked: 2005-06-18 00:21

グラビアで見せない曜子を!熊田が渋谷ギャルとレズ!?
Excerpt: 渋谷のこんなギャルとレズですかぁぁぁ。これは出ますね。我慢できん。マスコミに撮られました!?
Weblog: 女子高生☆ギャルものmax☆
Tracked: 2005-06-20 10:08

グラビアで見せない曜子を!熊田が渋谷ギャルとレズ!?
Excerpt: 渋谷のこんなギャルとレズですかぁぁぁ。これは出ますね。我慢できん。マスコミに撮られました!?
Weblog: 女子高生☆ギャルものmax☆
Tracked: 2005-06-20 10:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。