2005年08月08日

祝選挙

衆議院選挙になりました。

日本の政治の最大の問題は、二大政党であるはずの自民党も民主党も政治理念が入り交じっていて、政党政治が機能していないことです。

西洋人はよく、日本には政権交代がなく、だから日本は一人前の民主国家ではないと批判します。共産党一党独裁の中国と変わらないと揶揄する人さえいます。しかし、日本はどう見ても独裁国家ではありません。ではなぜ政権交代がないかと言えば、政党間の理念対立は、資本主義か反資本主義かしかなく、資本主義を奉ずる勢力間での理念対立がなかったからです。

これでは本当の意味での政権交代などあり得ません。

どの先進民主国家でも、政権交代というのは、小さな政府を目指す勢力と、大きな政府を目指す勢力の間で繰り広げられるものです。自由と平等を重んじない民主国家はありえませんが、自由と平等は相反する概念です。そこで、平等よりも自由、小さな政府と民の活力を重視する陣営と、自由よりも平等、大きな政府と弱者保護を重視する陣営に分かれ、マイルドな政権交代を繰り返すのです。

資本主義を奉ずる民主国家において、これ以上大きな対立軸はありません。しかし日本では、この肝心要の対立軸がぼやけていました。

郵政民営化は、それ自体は今すぐに解決すべき緊急課題ではないかもしれません。しかし、郵政公社の民営化もできずに、いずれにしても不安と痛みを伴う小さな政府など追求できるわけはなく、年金改革だろうと何だろうと、中途半端になることは間違いありません。その意味では、郵政改革は単なるひとつの法案ではなく、小さな政府を支持するかどうかの踏み絵です。確信を持ってそれに反対する政治家は、それはそれでいい。大きな政府と弱者保護を重視するのは立派な理念です。

しかし今は、小さな政府を追求すべき時です。

小泉首相の独裁的な手法等々の批判は噴飯ものです。重い問題であるばあるほど、話し合いだけで丸く収まるわけなどなく、指導者には、6対4の4を切り捨てて進む決断力が求められるものです。むしろ問題山積の今、指導者に求められる、好ましい資質です。

実はぼくはこれまで、ほとんどの選挙で棄権してきました。その理由は、誰に投票していいかわからなかったからです。自民党であろうと民主党であろうと、個々の候補者によって主張が違い過ぎて党としての理念が見えず、どちらが勝っても何も変わらないとしか思えなかったからです。そして人を馬鹿にしたようなパフォーマンスの数々・・・。普通の神経を持った人なら、政治に嫌気がさして当然だと思います。

しかし今回は違います。小泉自民党から立候補する者は、個々の考えの違いを超えて、徹底して小さな政府を追求することになります。小選挙区などなく、すべて比例区でもいいくらいです。

党としての意見をまとめられず、事なかれ主義で大きな政府の維持に進むことは間違いない民主党と、自民党から割れた守旧派対、小さな政府を目指す自民党。こんなに分かりやすい構図はありません。

空虚に改革を叫ぶだけのムード選挙や、パフォーマンスによる無党派層の取り込みなど、選挙民におもねるようなこれまでの選挙ではなく、党の理念を国民に問う本当の選挙です。

早く民主党にも、大きな政府と小さな政府を求める勢力に分裂し、二つに割れた自民党に合流してもらいたいものです。それでやっと、政権交代できる政界再編の完成、まじめな政党政治の復活です。



banner_03.gif
この記事へのコメント
私も10年ぶりぐらいになりますが、今回は投票に行きます。こんなすっきりした形で選挙に望めるのは初めてかもしれません。

今までした事はなかったのですが、親類・知人にも声をかけて自分の考えを伝えようと思っています。
Posted by kazu at 2005年08月08日 23:01
あと数年、国が固まってからでないと危ういと思
っていたのですが、このタイミング、祈るような
気持ちです。
ともあれ、選挙にいきたいと思います。周りにも
勧めないとなぁ。このホームページを紹介しよう
と思います。
Posted by at 2005年08月08日 23:15
はじめまして
こちらのブログはとても好きな場所で、いつも拝見させていただいております。

常々、感じることですが、自分と似通ったところがたくさんあり、読んでいて安心できるからかもしれません。

今日の更新された文章も、まったく同意見です。

Posted by 波猫 at 2005年08月08日 23:17
不勉強なもので、よくわからないのですが、
民主党は「大きな政府」を目指している政党なんでしょうか?
正直なところ、私には売国政党にしか見えないもので・・・。
「大きな政府」を目指すことは結局、中共に近づくことなのかなあ。

たとえば、地方参政権の外国人への拡大や人権擁護法案を通すことは「大きな政府」を目指すことにつながるんでしょうか?

平等を目指すというのは、日本国民の平等を目指しているのか、在日等のマイノリティも含めた平等を目指すのかで結論が変わってきそうですね。
マイノリティを含めた平等というのは、結果的に多数派の権利を制限することにつながるわけで。
民主党の理念に違和感を感じるのは、多数派ゆえの傲慢なのかな。
そういえば、いつかのエントリにもイギリス自爆テロとマイノリティの問題がありましたね。
Posted by bach at 2005年08月08日 23:29
同調できるニュース番組がなくて消したところです。もはやWebでしかまともな意見が聞けなくなりました。以下の二点でだけでも、十分小泉という政治家の価値はあると思います;

1.政治を国民の関心事にしたこと
2.日本人がうやむやに済ませていたことを(靖国、官僚、金融)一定の方向に動かしたこと

永田町の連中はいまだに「時間かせぎ」が最上の施策だとでも思っているんでしょうか?
Posted by さつき at 2005年08月08日 23:37
参院否決による解散で私は不安な気持ちになりました。

今度の総選挙の争点は「郵政改革」、ひいては「小さな政府を目指す構造改革」ということになると思います。確かにわかりやすいです。
oribeさんのおっしゃるように「党の理念を国民に問う本当の選挙」が国民の共通認識になれば、現在の構造改革路線は支持されるでしょう。

しかしテレビや新聞というメディアを通じてしか情報を手に入れることの出来ない有権者は、その認識を持つことが出来るか疑問です。
野党、抵抗勢力は「やけくそ解散」「自爆解散」などといい、明確であるはずの争点を混乱させに来るでしょう。
メディアもそれに荷担するはずです。政局を混乱させ、お祭りを盛り上げるために。

現に今度の郵政改革法案を「最後まで国民にはその必要性が理解されてない」と言う報道で通していましたし、その流れで総選挙も野党・反対勢力に有利な報道をするのではないでしょうか。
Posted by 百式 at 2005年08月08日 23:39
今回は大きな政府を目指す、小さな政府を目指すかという課題と、もうひとつの裏テーマがあると思います、、、それは、ネット、Blogなどの新しいメディアがどれほど選挙に影響を与えるかという点だと思います、もし、テレビ、新聞などの論調とネットの論調が違い、かつ、ネットの力の影響が出たならば、それは新しい歴史の始まりかもしれません
Posted by Skai2 at 2005年08月08日 23:46
> bachさん
民主党が目指しているものは『日本国の解体』です。
保険料を収めていない外国人にも年金支給とか、
◆国家主権の移譲や主権の共有へ
◆アジアとの共生
などと恐ろしいまでの売国理念を掲げております。
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/BOX_SG0057.html

(民主主義)国家の主権者は国民です。主権の移譲は日本が他国の支配を受ける属国になることを意味します。
Posted by 鈴之介 at 2005年08月08日 23:51
これからしばらくの間の日本がこの選挙によって大きく影響を受けそうですね。
候補者の背後関係などをどう見極められるか。
いろいろな印象操作などいろいろと錯綜することでしょう。

私自身、他者からの情報にあまりにも依存している生活を送っているなぁと、再認識することの多い今日この頃です。
そういう依存状況のみでは情報戦に目がくらみ混乱することもしばしばです。

まずは8月15日も含めて靖国神社にはじめて足を運んでみようと思います。
小さな一歩ですが、今まで他者の視点での靖国神社しか知らなかったので、自分自身で体験し見極めてみようと思います。
そういう意味では8月15日は「終戦60年 国民の集い」により、いろいろなかたが来るそうなのでいい日なのかもしれません。
小泉首相も来るかもしれませんね。
そして、8月15日の靖国神社を巡る一連の出来事は、
つぎの選挙に少なからず影響することになるかもしれません。
Posted by とんぼの国 at 2005年08月08日 23:54
私も、「政権交代のない日本は民主主義国家ではない」などというのはでたらめだと思います。
「政権交代」は民主主義の「結果」であって「目的」ではありません。
国民が選ぶことのできることが保証されていることが、民主主義なのであって政権交代はその結果でしかありません。
何がその国にとって必要なのかは、その国によって異なります。
仮に100年に一度しか政権交代しない国があったとしても、それを国民が選んでいればそれも立派な民主主義です。
Posted by 箱舟桜丸 at 2005年08月09日 00:03
はい、今度の選挙ばかりは争点が判り易いです。
自分はここらで投票率がぐぐっと上がり、小泉自民党が圧勝すると、好ましい方向に日本は変わると思います。周りを見る限り、大半の人が「小さな政府」を期待してるのに、判らない振りをする奴等は、マスコミも含めて、もううんざりです。

選挙日に向けてネットの中でも職場でも(チョット勇気要るな)「今度の選挙は今までの”何処に入れても一緒”な選挙とは違うんだ!」と呼びかけて行きます。
Posted by 小野まさ at 2005年08月09日 00:43
今回の選挙は票読みではかなり民主党が
有利のようです。
通常どうりの投票率なら民主党政権が
出来る可能性が大いにあります。
今回ばかりは、私も本気で投票に行きます。
投票率が70%を越えると組織票が効かなくなる
とラジオで言っておりました。
既得権益で保護された業界の組織票によって
我々が支配されるか、
日本国民の意志が勝つか、今回の選挙は
大きな歴史的転換点になるでしょう。
みなさん、選挙に行きましょう!
これは民主主義を守るための戦いです!
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 01:13
 中国、朝鮮にアイデンティティを破壊され、アメリカに経済を破壊される。どちらかに媚び、自らを貶めているが現在の日本の2大勢力。

 小泉改革とはすなわち媚米である。
 アメリカからの「年次改革要望書」を隠しながら、障りの良い言葉を叫び、反対する者を「抵抗勢力」=「悪」とレッテルを貼ることで自らをヒーローに仕立てる小泉総理は最強(凶?)のポピュリスト。(まともに議論すれば民営化に理がないことは本人も判っているだろう)

 利権にしがみつき特定の勢力に利益を誘導する事は確かに美しい姿とは目に映らない。しかし、抵抗勢力と呼ばれる彼らは間違いなく一部であろうとも「日本人」の生活を守る為に働いている。
 一人の議員が利益を誘導できる分野には限界がある。だから分担して個々の分野に利益を誘導する。結果として日本国全体に利益を分配するのが族議員というシステムなのだろう。
 どのような理由があろうと海外、外国の勢力に利益を誘導する行為は許されない。相手が同盟国でも同様である。
 
 
 …と言っても「主権の委譲」はマジ勘弁だしなぁ。悩ましい…。

 
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 01:13
>小泉改革とはすなわち媚米である。
小泉改革によって橋梁談合が明らかになり、
連日逮捕者が出ている状況が媚米というのは
ちょっと・・・・・・。
談合によって税金の支出が増大し、日本の
財政は借金で抜き差しなら無い状況に
なっているんですから、これを現状維持
するのは無理でしょう。
いつか、必ず破綻をきたすと思うのですが。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 01:23
日本の選挙とはウンコ味のカレーか、ウンコ味のウンコを選ぶかのイベント。

日本人としてはカレーと思しき方を選ぶだけ。
食ったのがウンコかカレーか悩んだ事も多いけど流石にここ最近は間違え様がない。

>>小野まさ さん
羨ましいですな。
内の周りは何故か創価とサヨクだらけだ。
出来るだけ慎重にネタ振りして見極めないと・・・。
ひょっとして就職先間違えたか?
Posted by at 2005年08月09日 01:28
>>隠者の夕暮

戦後、日本はアメリカに付き、中国、東ヨーロッパ、北朝鮮はソビエトに付いた訳ですが、経済的に成功したのはどちらですか?
Posted by Skai2 at 2005年08月09日 01:30
俺も選挙行きます。恥ずかしながら自主的に選挙に行くのは初めてです。
今回は行かなければならないと思います。
Posted by トーシロ at 2005年08月09日 01:44
隠者の夕暮れさん
貴殿が民営化に理がないとお考えになる理由をご教示頂ければと思います。
完全ではないでしょうが民営化は今後の改革の象徴的な意味でも日本にとっては不可欠であると小生は思っています。
「アメリカに経済を破壊される」日本企業がどれほどアメリカ市場に依存しているかご存じ?トヨタが米国市場を失えばとたんに企業として存続すら難しいでしょう。 アメリカは少なくともルールに則った競争をする国です。中国とくっつけば良いとでも?
Posted by mae at 2005年08月09日 01:51
もう一つ。民営化が海外の勢力に利益を誘導するとお考えの根拠をご説明願いたい。どこの国が出資しようが日本の中で企業活動をして利益を上げれば法人税は日本におちますよ。雇用もしかり。抵抗勢力の言うはげたかファンドに云々を鵜呑みにしてるんじゃないですか?
Posted by mae at 2005年08月09日 01:56
いつも本ブログを参考にさせて戴いております。

ネットの論調をいろいろみていてひとつ気になったのは、「大きな政府」対「小さな政府」の対立軸を「自民党」対「民主党」にあてはめて、民主党は対中・対韓で問題あるが、今回は、(利権共産主義でない、小さい政府の)民主党に入れよう、ということをいう人がいたことです。たしかに今までの自民とは「利権共産主義の大きな政府」だったとおもいます。
しかし、小泉首相は、そういう自民党とは縁を切ろう、としているんですよね。きょうの小泉首相の会見などを見ていて、この首相なら、民主党以上に「小さい政府」を実現できる、一方、民主党は、党内情勢をみても、結局口ばっかりだろう、と私は見切りました。
Posted by りーー at 2005年08月09日 02:29
参院ですんなり通ってくれればと思っていたのですが、甘かったです。
問題は、一般の人々にこの選挙の大切さが浸透していないことですね。
ラジオでインタビューに対して「なぜ今、選挙なのかわからない」と
答えてる(声の)若い男性や、郵政民営化が理解できないと答える主婦の方。

郵貯が国債に化けてるんです。郵政族は「リスクの少ない国債での運用」と
オブラートに包んだ言い方をしていますが、実態は買い支えです。
このまま放置すれば、郵貯がいつの間にかタヌキも通らぬ高速道路になったり
需要予測が右肩上がりの、お脳に花でもさいてんのかと言いたくなるような
巨大赤字建造物(本四国三橋だ!)になったりが続くわけですよ。
いつまでも買い支えられるわけでも、いつまでも日本が経済大国でいられる
わけでもないんですよ。100年たっても返せないような国債積み上げて
返済計画(財政改革)はイヤダなんて、あんたらほんとに良識の府の住人かと。

景気が上向かないとか今更に言ってる人もいますが、橋本政権のときから
「国債を抑えて公共事業を減らす」と明言してるじゃないですか。
国債減らしたら景気が下向くのは当たり前の話で、それでも長期的に
財政の健全化を目指すには、一時的な下向きと公共サービスの抑制が
必要なのは判りきったことだったんです。小泉は新しいことを言ったわけじゃない。
橋本が失敗したことを再度掲げて、圧倒的な支持で当選したんだ!!
内容も理解せずに自民党に一票入れたのか!?

私には、選挙に行く人たちが何を考えてるのかさっぱりわからない。
最初の問題、選挙の大切さが浸透していないという点に戻るけれど
政治はファッションでも流行でもない。なんとなくで小泉に不信任を
突きつける前に、明治からこっちの公民権運動を勉強しなおして来いと。
選挙うざがってんじゃneeeeeeee!!政治に参加できるチャンスは選挙しかないんだ!
見て、聞いて、考えて、祖先の勝ち取った権利をちゃんと行使しろ!

乱文失礼
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 02:39
先日の「あるギョポの日本旅行記」でも色々書き込んでしまいました。
どうも夏休み+お酒の効果でペラペラとm(_~_)m。今日も失礼します。

大きな政府と小さな政府の違いを初めて知りました。
民主主義で自由を取れば小、平等を取れば大なんですかぁ。
それでは日本はダメですね、確かに。
日本の野党は国益抜きで「与党に反対する」コトが目的な気がしますか
ら。民主党の掲げる「主権委譲」「東アジア共同体」なんて、政治家が
掲げるもんじゃないですよ。スパイ防止法が無いからって…。
ま、与党には連立でフランス公認カルト教団お抱えのコウメイだし。
自民はオカネの臭いが酷いし。選挙率を上げる努力を間違えてましたね。

さて、今回の衆院総選挙ですが、ネット上では民主の酷さ・公明のバッ
クグラウンド・亀井派もトンチンカンぶり等が明らかになっていますが
主に某巨大掲示板上が出所で、いまだにその出自のみで「なぁんだ2ち
ゃ○ねるネタか」とあしらわれることも。
マスコミの偏向振りは、oribeさんがこのブログで初めに取り上げてくれ
てます。まともな情報を期待は出来ません。

ではwebの力は…というと、やはり利用者の年代・投票率からいってまだ
弱いかと思います。情報が載っているサイトがあっても利用者がソコに
辿り着くことも難しい。実際に草の根の行動をどれだけ行うか(ソウカの
ような頭ごなしではなく、きちんと説明して)か。
政治家にちょっと恨みが沸いちゃいました。
Posted by くらん at 2005年08月09日 03:24
とりあえず、これから書くことはとても他力本願ですが、どうかお許しを。

だれか今回の選挙の重要性とか、選挙でどういうひとに投票することが日本のためになるのか、なんかを簡潔に!まとめた文章を作ってくれないですかねえ?

それをみんなでいろんな、選挙とは縁遠いような掲示板やらに貼りつければ、なんらかの効果が望めそうな気もするのですが……
Posted by ! at 2005年08月09日 06:20
次の選挙は日本の10年後どころではなく、本当の意味で自立した国家として立ち上がれるかどうかの最後の岐路に立つでしょう。

万が一民主が勝ち、岡田が総理になるようなことがあれば、日本は中国共産党の軍門にくだり、搾取され続けることになり、それは日本の終りの始まりです。

選挙まで約1ヶ月。小泉さんのがんばりに期待します。
Posted by あ at 2005年08月09日 06:34
いつも興味深く拝見しています。
世論調査で解散総選挙を望んでいた国民が多かったということで、小泉さんと国民の意見が一致したということでしょうか。
私は、選挙権を得て今まで3x年、棄権をしたことは地方議会議員選挙で一回だけでほぼ皆勤賞です(笑)。
争点が大きな政府か小さな政府かで判り易いと思いますが、投票率にも興味があります。だいたいの選挙が60%程度であるこの国で投票率が、例えば80%程度になったらどうでしょう。今まで、40%の国民(選挙民)のことは無視していればよかったのでしょうけど、そうもいかなくなるということになり、もう少しまともに国政に取り組んでいただけるのではないでしょうか。
立候補者諸氏(今度は無理でしょうが、次回以降の)を少し脅かす(浮動票は怖いよと思わせる)意味でも棄権しないで、投票率を上げましょう。
因みに、マスコミでは大方が民主党が漁夫の利を得るとの見方ですが、政権を取れば取ったで内部は意見の異なる人々の寄せ集め集団に過ぎず(言い過ぎかも)、いずれにしても今後何回かは政界再編を繰り返すと思いますが、戦後脱却元年と位置付けられるような動きになってほしいものです。
Posted by ふぐ at 2005年08月09日 06:52
やっぱりここのブログが一番面白い!!
いままでRomばかりですみません。

内容には完全同意です。アメリカ陰謀論などを取り出してくるアホと、「支持」することを知らない人たち、つまりどこに反対するか考えている人たちばかりで、私はうんざりしていました。

すっきりとした名解説、これからも期待していますよ。がんばれ!!
Posted by ぷよぷよ at 2005年08月09日 07:15
もはやマスメディアに何も期待していませんが、今回も印象操作が酷いですね。小泉の強引さばかり強調してるけど、本来郵政民営化賛成だった民主党議員が全員反対票を投じたことは無視ですか。結果を見る限り、どちらが党規制強かったか一目瞭然なのに。
Posted by R2D2 at 2005年08月09日 07:22
何はともあれ政局はようやく面白くなりますね。私は地元の自民党議員が小泉改革支持派なので引き続き支持していきたいと思います。
Posted by RR at 2005年08月09日 07:43
ワタシはなんらかの理由をつけて(一番多いのが「何も変わらないだろうから」)選挙に行かない、行かなかったことを吹聴する人をその点では完全に軽蔑しています。その理由、カッコいいとでも思ってるの?と。先達は選挙権のためにどれだけ血と汗を流したかわかってるの?と。

今回、投票率、上がってくれるよう、祈るような気持ちです。不謹慎といわれるかもしれませんが、楽しみでもあります。やはり選挙というのは、大掛かりなショーでもあるわけで、こういうところが今までの選挙には欠けていたのかもしれませんね。小泉氏の熱血で大仰な演説を聴いて思いました。
Posted by at 2005年08月09日 08:35
売国政党(民主党)や宗教ファッショ政党(公明党)の連立政権だけはかんべんして欲しい。

民主党の推進政策は、

 定住外国人への参政権の付与
 人権侵害救済法案の制定
 主権のアジア諸国との共有
 靖国神社の代替施設の建設

などであり、これでは日本売国党です。
しかも実際に、本国会に、人権侵害救済法案
http://blog.livedoor.jp/f_117/archives/18526992.html
を提出しています。

その上、岡田党首の発言内容が

「参政権がほしいなら国籍を取れということは、人権にかかわる」
「中国の役割は米国と並んで非常に大事だ。総理が自らの考えを押し通して靖国参拝をしたことは、非常に国益を損ねている」
「(拉致被害者)5人を(北朝鮮に)返さないと政府が決める必要はない」
「イラクの子供は10年も泥水を飲んでるから、自衛隊の給水復興支援は必要無い」
「日韓両国で共通の歴史教科書を持つ必要がある」

これです。一体どこの国の議員なんでしょうか?
Posted by うなぎ犬 at 2005年08月09日 08:59
小さな政府を目指すのか、大きな政府を目指すのかこんなにはっきりした争点をもつ選挙ってわかりやすくていいですね。そういう意味で小泉自民党が古い体質をもつ利権屋議員の非公認を打ち出したのは大正解。自民党が健全な保守政党に脱皮する絶好の機会だ。郵政民営化は郵貯・簡保で国民から集めた350兆円もの巨額の資金を役人や役人と結託した政治家が散在し貪っているいることを考えると、この先の行政・財政改革の一里塚として不可避なことだ。民主党は今回の選挙で政権奪取を狙っているようだが、そうはならないのではないか。今迄民主党が党政伸張できたのは、反自民ということであって、別に理念や政策に共感したものではないと思う。その証拠に民主党の常在支持者は12〜13%程度だ。彼らは今回の選挙で思い知ることになるのではないか。
Posted by ガリレオ at 2005年08月09日 09:03
マスゴミは自分のこれまでの姿勢は棚に上げて小泉批判ばかり。
郵政を政局化して騒いでいたのはお前らくそマスゴミだろう。
何が今になって、中身が議論されてないだ。
挙句小泉復讐解散だと矮小化させる不見識。
もうお前ら死んでくれ・・・。
Posted by さいたま at 2005年08月09日 09:28
oribeさんの着眼点は新鮮でした。
言われてみれば、確かにアメリカでも、小さな政府を目指す共和党と大きな政府を目指す民主党。
日本でもそんなふうに分かれてくれれば、私も迷うことなく選挙に行けるのに。

---------- 以下「中共・日本解放第二期工作要綱」引用 -----------
▼3−4.対自民党工作

 A.基本方針

   自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる。

   自民党より、衆議院では60名前後、参議院では10余名を
   脱党せしめて、連合政府を樹立するというが如き、小策を取っ
   てはならないことは先に述べた所であるが、右派、左派の二党
   に分裂せしめることも好ましくない。

   これは、一握りの反動右翼分子が民族派戦線結成の拠点として、
   右派自民党を利用する可能性が強いからである。

   従って、多数の小党に分裂する如く工作を進めねばならず、又
   表面的には思想、政策の不一致を口実としつつも、実質的には
   権力欲、利害による分裂であることが望ましく、少なくとも
   大衆の目にはそう見られるよう工作すべきである。
---------- 以上引用 -----------

「自民党を解体し、多数の小党に分裂」
「右派、左派の二党に分裂せしめることも好ましくない」
「権力欲、利害による分裂」

いよいよ中共の工作が実りだしたように見えるんですが、気のせいですか?
Posted by OKDY at 2005年08月09日 09:30
私は、現小泉内閣を史上最高の内閣と思ってます。郵政は無論、道路公団・年金問題に着手(中途半端な部分はあるが)、景気回復・銀行改革等、これほど日本のドス黒い部分にメスを入れた人はいなかった。国際問題(対米・対中韓)もハッキリ意思表示できる、強い内閣。小さい政府とは今の政府と言えると思います。派閥順送りの内閣改造ではなく、適材適所の人材を配し、役人主導が薄れ、首相を中心とした共通の対応(内外に)が実感できるからです。
私は投票します、絶対に新生自民党を守りたい。ネットの力が投票に集結する事を心から祈ってます。日本暗黒時代は絶対ヤダ。
Posted by NZ life at 2005年08月09日 09:52
>OKDYさん
>いよいよ中共の工作が実りだしたように見えるんですが

その実りを妨害するためにも、
この危機的状況の周知活動をし、
中国に加担している政党を支持することのないよう
周囲を説得しようではないですか。
そして、必ず投票に行くように呼び掛けましょう。

これまでは迷いつつ自民に投票し続けていましたが
今回は迷いなく自民党に投票出来ます。
民主党に不信感があっても何もして来ませんでしたが
現在は民主政権阻止の活動をしています。

自民党内の売国勢力や公明の影響力は
自民が強くなれば排除出来ると言われています。
その後に、今回公認を外されてしまう人物の中から
国益に適った人達が戻って来れれば
大変喜ばしいのですが。
Posted by mach doch mit at 2005年08月09日 10:02
>郵政民営化
郵政解散だとか、郵政改革すらできなくてだとか首相が吠えておりますが、はてさて”今回の”郵政民営化ってそんなに大事ですかね?
公社化法案の際の「4年」ってのをあっさり翻して、たった2年で「前の法案は無かったことに」ってのが今回の郵政関連6法案だったりします。
(↑臨機応変(に近いような)だとか都合のいい文句を入れてたから、問題ないという方も居られるかもしれないですが、自身が決定したことをあっさり翻すような政府の法案なんて信用できないです)
で、郵政民営化なんですが、みなさんは本当に必要だと思いますか?(特に今回の法案、、、)
郵政関連で一番重要なのは、郵政関連資金の徹底管理であって、今回の法案のように骨抜きにされ、資金の徹底管理ができない民営化じゃないと思うのですが?
また、民営化した海外の状況を見てれば、民営化は”絶対”では無いとおもいます。
どこぞの国のように、民営化した結果、地方の郵便局が廃止され、不便になったせいで国民からの突き上げをくらい、民営化以前の状態に戻すために、数倍の資金を要した国だってあるのです。
(oribeさんならご存知だと思います)

>民主党
さて、「党としての意見をまとめられず」とおっしゃってますが、今回のこと”だけ”に関してみれば、これは言えないのでは?
もちろん「損得勘定の上のまとまり」でしょうが、今回に限って一人の造反者も出さなかったのは「驚愕」に値します。
ま、財政削減と年金改革(削減改革といっていないところがミソ)という反することを政策に挙げている時点で、政権をとったところで事なかれになるのは目に見えてるのですが。

それに「アジア中心の外交」って、民主党の場合は「中国中心の外交」の間違いだろとしか見えないので、民主を選ぶ気にはなれないですが、
自民も選ぶ気になれない、、、<やることの順番を間違えてる小泉内閣は支持できないからね〜


いっそのこと、強烈な新政党でもできないかね〜(無理か(苦笑)
Posted by ryu at 2005年08月09日 10:16
>>小野小野まさ さま
>自分はここらで投票率がぐぐっと上がり、小泉自民党が圧勝すると、好ましい方向に日本は変わると思います。

その通りだと思います。それには、さも改革政党づらで振舞っている民主党の実態をひろく選挙民に知られることも重要なことだと思います。民主党の幹部層は、ほとんど自民党の旧経世会と旧社会党のメンバーで構成され、とてもとても改革を期待できる政党ではありません。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200506171230.html
当面の日本政治の先行きは、民主党の実態がどのくらい多くの選挙民に知られるかで決まるように思えてなりません。将来的には、一般の人も幻惑から解放され、民主党の化けの皮もはがされるとは思うが、是非、民主党指導部の構成をじっくり眺め、9月11日の投票に臨んで欲しいと思います。
Posted by ん・・ン・・? at 2005年08月09日 10:37
法案が甘い、骨抜きだと言う人もいますが、不完全だとしても、ここで手をつけられなかったら、以後不可触とされることは間違いないと思いますよ。
Posted by at 2005年08月09日 10:42
民主と公明を勝たせるわけには行かない
だから自民に入れる
消極的に見えるかもしれないけれど私にとってはこれが大事な理由です

自民候補の顔も名前も知らないけれど
彼の者に勝ってもらわないとそれだけ政界に見境のない勢力が増えてしまう
そう思って今回も投票に行きます
Posted by niiba at 2005年08月09日 10:43
>ryu氏
現状維持よりましです。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 10:47
>>ryu様
>今回に限って一人の造反者も出さなかったのは「驚愕」に値します。

何ら驚くほどのことはないと思いますよ。民主党という国会議員の選挙互助会は、反自民では結束するのです。しかし、年金問題にしろ、郵政民営化にしろ、独自案をまとめるとなると、これは全くの機能不全に陥るのです。
Posted by ん・・ン・・? at 2005年08月09日 10:59
>ryuさん
私は重要な法案だと思ってます。

公社化しても改善されなかった結果が、現在の「資金の管理不十分」として現れているのではないですか?
郵便貯金の「不透明な運用」も、公社化して以来改善の兆しは見えていません。
これでは、公社化した意味は「全くない」といっても過言ではありません。

また、「4年をあっさり翻して〜」と仰いますが、半期で何らかの結果が得られなければ、再度方向修正するのは当然だと思います。
間違っていたなら間違っていたと、ちゃんと訂正すればいい。
特に公人の場合、自分の前言を訂正することは難しいのが実情です。
そんな中で「結果が現れていない公社」を訂正する小泉首相の民営化発言は、評価に値する物だと思います。
むしろそんなこともできない人間に、一国の宰相たる資格はないと言い切りたいほどです。

それと「地方の郵便局が無くなり〜」に関しては、法の規制で「維持すること」となっているので、問題はありません。
むしろ宅配業者等の参入が始まれば、嫌でも地方を無視することはできなくなります。
そういう点を睨んでの民営化であるなら、逆に「先見の明がある」といっても過言ではないでしょう。
Posted by you at 2005年08月09日 10:59
ここには小泉マンセーの方が多いようですが、草加党とベッタリなことに誰も危険を感じませんか?彼らも民主の売国勢力に負けず売国ですよ。小泉が草加党とも縁をすっぱり切ってくれたらよいのですが・・・。
Posted by at 2005年08月09日 11:03
結局、我が国にまともな野党が無いのが一番の問題なんですよねぇ・・・・だから本人を良く知らなくても取りあえず自民の候補に入れとくしかない、と。

兎に角、民主党はまともでは有りません。西村議員はなんであんなトコにいるんでしょうかねぇ?中から変えるのはどう考えても無理っぽい・・・・。

あれと比べたら共産党の方がまだマシです。
然し、一番まともな野党が共産党とは・・・・・orz
Posted by kc at 2005年08月09日 11:17
わたしも同感です。
自民党が小泉首相によって小さな政府を目指す本当の保守政党になろうとする
選挙だと思います。
高度経済成長が期待でないところに資源高、団塊の世代がリタイアが始まり
人口も減少に転じようとしている中では税収増は考えられないし、
国債の残高はGDPを上回る。
そうなれば、年金や医療・介護・福祉などに最低限の予算を残し、
それ以外は民間に任せ、政府は出来る限り小さくしようとする。
小さな政府は、自然な流れであり自民党がそうなるならば、
私は小泉自民党を支持します。

さて、民主党が大きい政府を志向しているか分からないというような話がありましたが、
野党はより多くの支持を得るために、ましてや政権を取ろうとするならば、
おいしい話をばら撒くでしょうし、支持してくれた人に応えようとするならば
お金が必要となるのは自明です。
そして、民営化に反対した議員が業界団体と絡んでいたのと同様に、
民主党は労組と絡んでおり、これは公務員の削減ができない構図と同じです。
そして、性質の悪いことに労組は弱者のふりをして権利主張する在日勢力と同類なので、
ある意味自民党より重症です。

ただ、この小さな政府というのは自民党はよくても公明党との連立は、
次の選挙に勝っても難しい場面は出てくるでしょう。
というのも、公明党は本来、大きな政府を目指す政党だからです。
連合の笹森会長が「各党の政策を並べて連合の政策と照らし合わせてみると
一番近いのは公明党だ」といっていたのも的を得ています。
公明党が与党になったばかりの時、地域振興券をばら撒いたのは典型ですね。


Posted by ふきや at 2005年08月09日 11:21
民主党員向け演説での岡田党首の顔は、時々笑みを浮かべながら(にやけながら)、内心勝機を感じたのでしょう、まるで民主躍進を確信しているかのようでした。しかし、そう簡単には行きませんよ。今は取り巻く状況が違いますからね。このインターネットの時代、前回の選挙から目覚めた人たちがどれだけいることか、思い知るがいいさ。
Posted by ひるこ at 2005年08月09日 11:28
 別に小泉首相が層化党べったりというわけではないでしょう。かれらの方針は確かに売国ですが、所詮これ以上議席の増える可能性の薄い頭打ち政党です。
それに彼らが危険な法案を上げても自民党がそれを拒否すれば済む事ですし、いままでは実際にそうでした。
 せいぜい彼らには、肩書きだけ立派な実権の存在しない地位についてもらって、利用させてもらうのがいいでしょう。縁をきって(人)民主(体)党につかれても厄介ですし、目の届くところでこそこそしてもらった方がやりやすいでしょう。
 なんにせよ、こんどの衆院選挙は注目ですね。これで投票率が伸びれば層化党の議席減少も考えられますし、自民党内の踏絵ともいえる選挙になるのではないでしょうか?
Posted by チッパ at 2005年08月09日 11:41
いつも楽しく拝見しています。
数多くの新聞テレビがこぞって報道しているにもかかわらず、oribeさんの分析に最も感心させられました。
今の民主党は民族主義的と思わせるような右派から
共産革命を起こしかねないような左派まで、あまりにバラケ過ぎているように思えます。
この先日本の政治地図が
自由民主主義政党(小さい政府)対社会民主主義政党(大きい政府)の2大政党になっていくためには
今回の小泉の賭けに勝たせなければならないと思います。
反資本主義、反政府といった昔の野党体質が抜けていない現在の民主党が政権を獲っても、この対立軸が曖昧なまま迷走を余儀なくされるでしょう。今回の選挙は日本と日本人が試されているように思えます。
Posted by シロ at 2005年08月09日 11:41
>ひるこ
>内心勝機を感じたのでしょう、まるで民主躍進を確信しているかのようでした

最近、どっかの報道記者クラブかで岡田代表は、「いま選挙すれば、民主党は大勝ですよ」という趣旨の発言をしていましたね。岡田代表には「選挙はみずもの」という感覚は皆無のようですね・・・
Posted by at 2005年08月09日 11:42
前回負けた事なんてケンチョナヨ!
政権奪取党とか言ってたけどなー
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 13:00
初めて書き込みさせていただきます。
毎度、楽しみに拝見させていただいたいます。

今回の選挙。
私も、「今だけ」見れば小泉支持ではあるので
すが。
・選挙に勝ったとして、小泉政権はどれだけもつ
 の?(小泉の気力も含めて)。小泉政府と、自民
 党をイコールで見るには、無理があるような。
・岡田が売国であることは認めつつ。民政管の癒
 着はがしに、一度民主が勝ってもよいのでは?。
 自民だけで剥がせるとは、「今まで」を考える
 と、まだ疑わしいですし。岡田が民主の顔とし
 て、長続きするとは思えないので。
・公明党は論外。よってここに頼らないといけな
 い連立は、自民が勝ったとしても足を引っ張ら
 ない?

岡田民主は嫌いではありますが。今のところ、
6:4…というより5.5:4.5くらいで、私は民主に投
票しそうです。

自由民主党と、民主自由党が分裂して。自由党と
民主党に再編してくれたら…って、あれ?。
Posted by naz at 2005年08月09日 13:08
郵政民営化には疑問だが外交姿勢等それ以外の点では現政権を支持している人はどうすればいいのだろうか?
Posted by at 2005年08月09日 13:11
ネット上では自民党、圧倒的勝利です。
(89%の得票率)

http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1123476749

ちなみにアンケート開始からほぼ24時間ですから、
二回投票してる人はまだいませんね。
政治にきちんと関心を持って自分で調べる人は、
結局自民党に入れる、ということではないでしょうか。
(というか民主を避けるw)
Posted by OKDY at 2005年08月09日 13:42
まあ、何を最優先に考えるかでどこに投票するか決めればいいんでしょうがね。

民主党の外交や安全保障が絶望的過ぎるのをどうにかしてほしい。

中国様は小泉に消えてほしいでしょうね
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1328816/detail?rd

それにしても、小泉の支持者はよく見かけるが岡田の支持者はいったいどこに・・・

Posted by あう at 2005年08月09日 13:44
今回のテーマは、さすがに投稿の数が多いですね。

私は、前回の参院選、その前の衆院選と、民主党に投票しました。
理由は、早く2大政党になってもらい、自民党族議員による政治を打破して貰いたかったからです。

しかし間違っていました。いろいろな方が書かれているとおり、岡田代表の妄言は危険すぎます。
どこの国の政治家かと思います。

そして、小泉首相が言ってきた「自民党をぶっ壊す」を国民の手で行えるチャンスです。

私は、小泉自民党に投票します。
Posted by りょう at 2005年08月09日 13:55
まったく同意見です。
わたしなど郵政民営化法案の成立を前提に卒研を進めてきたのに・・・。

民主左右と自民左右(この場合は左・右派はおかしいかもしれません)がそれぞれくっついて、分かりやすい政治勢力に収斂してほしいです。

しかし民主左派と自民左派では憲法、国防、歴史観で大きな隔たりがあるかもしれませんね。
Posted by へっぽこSchreiber at 2005年08月09日 13:56
>それにしても、小泉の支持者はよく見かけるが岡田の支持者はいったいどこに・・・

きわめて素朴な疑問だと思います・・・・
岡田克也は民主党内には支持者がいても、党の外にはほとんどいないのですかね・・・・
Posted by at 2005年08月09日 13:58
自民党 河野洋平 神奈川17区 - 売国奴。中国の飼い犬。日朝友好議連所属。
自民党 野田毅 比例九州 ----- 売国奴。中国の飼い犬。外国人参政権推進。日朝友好議連所属。
自民党 加藤紘一 山形3区 ---- 売国奴。中国の飼い犬。
自民党 古賀誠 福岡7区 ------ 野中の子分。人権擁護法案推進。
自民党 野田聖子 岐阜1区 ---- 古賀の子分。人権擁護法案推進。
自民党 二階俊博 和歌山3区 -- 売国奴。中国の飼い犬。人権擁護法案推進。江沢民の石碑建立。
公明党の議員全員 ----------- 反日売国奴。中韓の手先。全員、池田大作の弟子。人権擁護法案、外国人参政権推進。
                    伝統的な日本をぶち壊して日本人全員を層化信者にすことが最終目的。
民主党 石井一 兵庫1区 ------ 人権擁護法案、外国人参政権推進。有本恵子さんのご両親について「あれはバカだから」
                    「人の恩が分からない恩知らず」と発言。
民主党 石毛浸メ ------------ 人権擁護法案、外国人参政権推進。朝鮮総連のスパイ。朝鮮総連主催の反日集会に参加。
民主党 稲見哲男 大阪5区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。
民主党 岩國哲人 神奈川8区 -- 外国人参政権推進。北朝鮮とつながりのある大阪経済法科大学で、客員教授として
                    報酬を受けていた8人の国会議員の1人。
民主党 岡田克也 三重3区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。中国の犬。
民主党 首藤信彦 神奈川7区 -- 人権擁護法案、外国人参政権推進。北朝鮮への経済制裁に反対。
民主党 仙谷由人 徳島1区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。中国の犬。
民主党 横路孝弘 北海道1区 -- 日朝友好議連所属。有本恵子さんからの手紙を無視。
民主党 岡崎トミ子 参議院 --- 韓国で反日でもに参加。
社民党の議員全員 ----------- 反日売国奴。北朝鮮のスパイ。
Posted by 非国民 at 2005年08月09日 14:00
>ネット上では自民党、圧倒的勝利です。
それはそうなんですが、
現実世界では、民主党は組織票を持っています。
それ以上に恐ろしいのは、日ごろ民主党を
応援していない、自民党を応援している
既得権益企業の組織票も今回は民主党の
応援にまわるでしょう。
今回は、既得権益をもった旧態勢力と
一般市民の戦いですから油断はなりません。
これら組織票の影響力を排除するためには
投票率を70%以上にもっていかなければ
ならないそうです。
そのためにも、今回ばかりは絶対に
投票にいかなければなりません。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 14:04
>>skai2
日本は戦後、米国につき経済発展しました。社会主義陣営についていた場合、短期的には急成長しその後破綻していたであろう事は諸外国の例を見れば想像に難くないところでしょう。しかしそれはアメリカにべったりで良いという理由にはなりません。中国は駄目でアメリカは良いという考えはダブルスタンダードですよ。
>>mae
 体質改善の改革するなら特定局に手を付けるのが筋です。国鉄のように赤字でもないのに一足飛びで民営化に向かうのは他意があるとしか思えない。かといって「特定局をぶっ壊す」と言えばそれはそれで反対する議員がいるんでしょうが…。つか、先日の国会で「年次改革要望書」について聞かれたときしらばっくれた総理と竹中大臣の姿をみてなんか自分の中ではアウトなんです。
 「年次改革要望書」でググってみて下さい。なんかアウトな気分になりますよ。

 アメリカは「国益」の為ならいくらでもルールを無視していますよ。その姿勢には正直、憧れる一面もあります。

 繰り返しになりますが「主権の委譲云々」等という政権はマジ勘弁です。外国人参政権も勘弁です。
 ただ手放しで自民党の応援も勘弁気味なのです。(公明ではない第3勢力が欲しい…)選挙には行きますよ。まずは投票率(正確には有効票率)を引き上げないと。
 
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 14:05
>隠者の夕暮氏

「中国はダメでアメリカは良い」のどこがダブルスタンダードなのか、詳しく。
赤字になってから民営化なんて!笑うところですか?元々「郵便」は赤字ですけどね。

ご自身で立候補されては?
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 14:17
>体質改善の改革するなら
>特定局に手を付けるのが筋です。
それは違うと思います。田舎にも郵便局は必要です。
問題は過疎地の郵便局ではなく、グリンピアや
関係者の保養施設などわけのわからない施設の
建設に国民から預かったお金を浪費し、
無駄使いしている点です。

また、橋梁談合などで、国民の血税が無駄に
浪費されて、国家財政が赤字に苦しんでいる
状況も問題です。
これは、既得権益をもった人々による癒着や
利権の独占であり、そうした不正が問題と
されているのです。
こうした既得権益や利権の独占と戦うことと、
とアメリカはまったく関係ないじゃないですか。
何でアメリカが出てくるのか、意味がわかりません。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 14:23
いや〜、感動しました。
夕べの小泉総理の記者会見です。
争点を非常に分かりやすく説明してくれてますし、なにより行財政改革に対する決意を感じました。

動画がありましたので、未見の方はどうぞ。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20050808/20050808-00000088-nnn-pol.html
Posted by kachihaya at 2005年08月09日 14:46
「小さな政府」「大きな政府」ですか。oribeさんらしくハイブロウで新鮮な視点で早くも多くの賛同者を呼び起こしそうな気配ですが,米民主党/共和党の伝統的な論点ようにそれが日本の選挙戦の決定的論点としては大きな要因ではなかったと思いますし、それが自民党長期政権の原因であるとは到底理解できません。

自民党政権がぼぼ60年間も持ちこたえたのは全く別な極めて単純明快な別な理由からです。それは支持母体を創価学会に持つ公明党との連立です。多分10年前に政権交代は行われているべきでした。実際短期間ながら一度ありました。その時点で自民党は死んでいたのを公明党の生命維持装置によって長らえてきたというのが真実です。

靖国神社参拝に関してあんな形式的な事だけが即愛国心の表明であるなどというお目出度い見解には疑問を禁じ得ませんが中韓北が問題視するほど重要なことであるとも思っていません。参拝議員はそれがカムフラージュであり中韓北にとっては単なるイチャモンをつけるための手っ取り早い方法の一つです。もっとも恥ずべき事はそれを政治的ゲインとして利用し陰では売国奴まがいの行動を取っている自民党議員たちの行動です。(もちろん野党も似たような事をしていますが与党と比べて影響力がまるで違う)。

この言わば取るに足らない事ではありますが靖国参拝に明確な反対表示をしているのが公明党でありこの事実が現与党の現状を確実に表しています。

つまり一見愛国を標榜する自民党が売国的行為を穏便に行っている宗教政党と手を組み続けなければ生命を維持できないと言う単純な事実です。

山拓さんの選挙戦にそのすべてが現れています。婚外交渉、妾の数を日本男子の誇りの象徴とするのならこれ以上議論をす意味はあり得ません、しかし個人的見解ではあの方は人間,男としては最低の方,日本男子としては下の下と確信しています。この最低の男の再選を実現させたのが公明党,もっと明確に述べるなら創価学会婦人部です。それは本人も認めている事ですから疑問をはさむ余地はありません。

ここには民主主義のひとかけらもなく単なる2党の寄り合い所帯の身内の決定であり民意が反映されている気配など微塵もありません。

これはほんの一例であり創価学会の運動支援なく自民党候補が現状維持,与党にとどまる事ことは絶対にあり得ません。

ここに集ってる方は嫌大陸ということでは概ね一致しているものと思われます。その視点から野党を攻撃する気持ちも理解できない訳ではありません。しかしこの事実に目をふさいでひたすら自民小泉を礼参するのは盲目的に米共和党に盲従し思考停止に陥ってしまうのと全く同じです。つまり自分見たいものだけを見て事実に全く目を向けないという点で。

<つづく>
Posted by th at 2005年08月09日 14:53
<つづき>

ブッシュさんが歴代最悪の大統領であるという同じ理由で小泉さんは最悪の首相であると思います。ただ一つ好ましい点をあげるとするなら,それは自民党を「ぶっ潰す」可能性があるという事です。果たして小泉さんに歴史的評価が与えられるか否かは911まで待たなければなりません。

もちろんこの自公が維持され小泉政権が存続することになるとこの評価は取り下げです。この選択肢を一つとして,この選挙の結果は現実的に三つの可能性が考えられます。一つは今申し上げた現状維持。二つは民主党単独政権,そして三つめは自民党の単独政権です。

極端な話ですが自公の売国政権が再度維持されるくらいなら共産,あるいは社民党政権の方がまだましです。100%あり得ませんから冗談でなくても別に非難される事もないでしょうが、もしそれが民意の現れなら,という意味で。節度のない公明党のことですからもし民主党が過半数に満たない場合公明党が連立を申し出てくる可能性は充分あります。もしそれが実現するようなことになったら自公の現状維持と同じくペケです。

民主党あるいは自民党単独政権が一番望ましい。それも単に民主主義の根幹の一つである政教分離からの論点に過ぎないのですが。自民党はそれだけで充分売国行為をしてますから民主党が政権とっても大して変わんないような気がしますけどね。それより自民党に危機感を与えるという意味で一度は政権降りてしっかり出直す方がいいんじゃないですか?そして宗教政党におぶさることなくしっかり単独政権とることを心がけて出直されるのがベストだと思います。

かの文部大臣が「ニート」のこと批判して競争社会の中でもまれないとイカーンなんてほざいてた事ありましたが可笑しくて吹き出してしまいました。この方の言うことってどっか抜けてて何時も楽しませてくれます。これって自分が属する自民等の事でしょう?

とにかくこれだけ長く政権に居座ると腐敗しない方がおかしい。タイガーのアップグレードじゃないけど色々問題出るから一度初期化,フルインストールが望ましい。

ここで一つ思い出した事があります。oribeさんが度々取り上げられるライスのことですが民主主義を世界に広げることを標榜する彼女はエジプト訪問の際,反政府勢力はいっさい無視しました。理由は簡単です。彼らがイスラム教徒だからです。つまりムバラクの独裁政権が民主主義で倒されると反米勢力が政権を奪取する可能性がありそれは米政府にとっては絶対避けなければならない事だからです。oribeさんお日頃言われている民主主義を世界に広げるという概念は条件付き(つまりアメリカのゲインになるかならないか)であり如何に米国に都合のよいようにねじ曲げられたものであるかを物語っています。つまり親米であるなら民主主義さえ抑圧する事もあり得るという事です。

それと同じ意味で日本の来月の選挙でも民主主義の本当の意味が問われると思います。
はたして民主主義の基本原理が優先されるのかあるいはの政権が民意とはまるで別のところで政策決定を行っていくとういままでのように偽善がまかりとうるのかという選択の他に果たして無条件に民主主義の結果を受け入れることができるのかという試練でもあります。

つまり民主党が政権をとると、ある程度,反米親中の傾向が増す可能性は十分にあります。その時のみなさんの反応が今から楽しみです。どのような結果(反米親大陸)でもそれが民主主義の結果として静かに受け入れるのかそれともイデオロギーに基づいた世界観から選挙の結果をあたかもなかったような評価をされるのか見守っていきたいと思います。

まあ現実的には何も変わんないんじゃないか,っていう諦め半分ですけどね。
Posted by th at 2005年08月09日 14:54
5.5:4.5で民主と書いた者ですが。徐々に小泉に
傾きつつあります。
ただ、小泉がいつまでもつかというあたり、皆さ
んはどう見られていますか?。どうしても、小泉
=自民というような楽観視は出来ないですし。あと
3年続けられるかどうかというと、微妙に思いま
す。
私としては、時期総理は誰かも含めて、今ここで
自民に入れるかどうかを考えたいのですが。親小
泉の議員は、むしろ少数ですし。次の総裁選で
「元に戻る」んじゃないかというのが、一番心配
です。
Posted by naz at 2005年08月09日 15:02
小さな政府には賛成だけど、
僅かな数の10億100億稼ぐ人と、
日々の生活で預金もままならない大勢の人達。
という図式を是とする竹中・アメリカ経済方式に
反対します。
アメリカの状況はひどいよ。
一旦病気したら家賃払えずホームレス。
下まで落ちたら這い上がることも難しいって
社会よ。
Posted by ごはんおかわり at 2005年08月09日 15:07
>nazさん
私の考えでは、いつまで続くか、
ではなく、今、橋梁談合など利権団体を
どれだけ潰せるか、だと思います。
たとえ、3年で小泉が潰されても、
今回、1つでも利権団体が潰されれば
後の続く者がでてくるでしょう。
今、国民が動かなければ何も変わりません。
そして、今回小泉が潰されれば、
後に続く政治家は恐れをなして
今後、何も変えようとしなくなるのでは
ないでしょうか?
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 15:10
小泉政権の寿命はどんなに長くても来年秋までです。
小泉の自民党総裁任期が2006/9に終わるので。
再選は考えてませんね。引退すると自身で言ってますから。
だからこそ、恐れずにいろいろやれるのでしょう。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 15:24
小さな政府を支持する方々にとっては今回は政策という点で投票しやすい選挙なのかも知れません。
私はどちらかというと大きな政府を支持したいのですが、これまで以上に投票する相手がいないので困りものです。
小泉さんが退陣となって他党政権にでもなったら国としてエライことになるのは目に見えているので・・・
Posted by ななしニダ at 2005年08月09日 15:54
小泉さんの任期が来年9月ということですが、その時は
また総裁選→首班指名ということでしょうか?
安倍さんがなれればいいけど。
郵政民営化ですけど、郵便局に勤めてる人がそれ程いるわけでもないのに
ものすごい抵抗を受けたところがびっくりでした。
私なんかの知らないところで物凄い既得権益があるんでしょうね。
本当は財投の問題を解消するための民営化だと思っていたのですが、
いつのまにか地方の郵便局が残せるか、なんていうところに
矮小化されてしまって残念です。今時けっこうな田舎でもコンビニあるし、
宅配メール便なんてのもあるし、地方でもそれなりに困らないように
なってるのに。手法が気に食わんなんて理由で法案に反対って…
国会議員って法案の中身で判断するものと思っていましたよ。
とにかく私は小泉さんの馬鹿みたいな愚直さ、好きですし、
人権擁護法、外国人参政権なんてものが通ったら大変ですから
「反民主」でいきたいと思っています。
ただねー、私の住んでいる長崎、やたらと平和主義がはびこっているので
どうなるかわかりません。
Posted by yumicchi at 2005年08月09日 16:20
昨日は散々滅茶苦茶にしてすいませんでした。謝罪します。御免なさい。

しかし、わしは郵政民営化という問題にはNoと言うスタンスです。小さい政府を目指す、と言うのは確かに賛同しますが、実際問題離島や過疎の地域の人々には郵貯、簡保は必要です。

郵政民営化に限って言いますが、根本の問題は民間銀行が郵貯、簡保よりもより魅力ある商品を提供できていないのが原因だと思っています。郵貯、簡保の最大の魅力は国による保証。それを上回る魅力と言えば当然利率の上昇でしょう。つまり顧客にどれ位より多くの利益還元が出来るのか?これに尽きると思うんです。だから郵政民営化じゃなくて、金融庁を通してより民間銀行を魅力あるようにするように、とするのが根本的な問題解決ではないでしょうか?
Posted by akimitsu_hirose at 2005年08月09日 16:27
>yumicchiさん

オレだって平和主義者さ。
許せないのは平和主義の皮をかぶった反日・売国奴どもだよ。
Posted by ケツ at 2005年08月09日 16:28
>akimitsu_hirose氏

とりあえず、郵便、郵貯、簡保、財投あたりの区別を付けてください。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 16:31
ネットをしない人達は今のままだと民主党に入れる可能性も大です。拉致被害者家族会がアンケートをとる動きを見せているなど、郵政以外の事項を持ち出した方がいいでしょう。そういう意味では、中国で15日に反日デモが起こるのを希望します。それとも、わざと大々的に参拝したりして。

岡田さんは今日のテレビでもあいも変わらず抜けたことをいっており、一緒に見てた母も「自民党の悪口を言ってるだけだね」とあきれてました。今後、どんどん民主党のおばか議員がメディアに出てしゃべって墓穴を掘る可能性もあります(タックルでも民主若手議員の多くの発言が酷すぎる)。岡田さんは「アジアとの関係を強化する」といってました。このアジア、とは中国韓国・・・。

昨日選挙日で占いなんかをしてみましたが(笑)、微妙ですが小泉さんの方が有利っぽいようです。(というか岡田さんが・・・)ただ、過半数に行かず他の人に代わる可能性はありますね。
Posted by at 2005年08月09日 16:32
郵政の権益。というより、田舎の人は、都会の人
に比べて下手すると2倍の有権者権利があります
から(一票の格差)。田舎受けするかどうかは、選
挙をする上で「効率がよい」のが理由だと思って
います。

「小さい政府vs大きい政府」の構図は、都会vs田
舎の構図でもあるのかな?。
Posted by naz at 2005年08月09日 16:33
>ネコノテさん

失礼しました。肝心な所を。郵貯、簡保の財投に関しては政府が言っていの規制を設けて常に民間を圧迫しないようにするべきでしょう。要は民間と郵貯、簡保に圧倒的な差をつけて、郵貯、簡保にある資金を民間に流せば良いんです。
Posted by akimitsu_hirose at 2005年08月09日 16:40
>akimitsu_hirose氏

民間銀行に親方日の丸と競争しろと?そうおっしゃる?笑うところですか?
それで?郵貯はどこまで抵抗するの?まったく無抵抗で資金流出するがまま?
最期には民間に押しつぶされて解体してしまえと?

郵貯が買ってる国債残高どれだけあるかご存じ?
資金流出したら、国債を市場に流さざるを得なくなるのだけど、意味わかります?

郵貯で働いてる人がどれだけいるかご存じ?
総失業ですか?

言ってること無茶苦茶ですよ。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 17:06
そうけんか腰にならないで。
僕は中学生ですが、ここは反対意見を持つ人にもきちんと礼儀を持って大人の議論できる場所だと思っていましたが。

こんなところで「ワシ」という一人称もどうかと思いますけど。。
Posted by まぁまぁ at 2005年08月09日 17:23
「一票の格差」ですか。それも関係あるのでしょうか?
それにしても自民党の議員が除名覚悟であそこまで逆らうって…
本当のところ、何があれほどの行動を生んだのか納得の行く説明を聞いてみたいものです。

郵政とは関係ないですけど、毎日新聞にスイスの国籍取得条件緩和に関する記事がありました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20050809k0000e030068000c.html

結局国民投票で否決されたらしいですけど、この記事の中で
「移民は他の欧州諸国に比べて国籍取得が難しくスイス住民の約20%は国籍を持たない外国人だ」
とあり、ビックリしてしまいました。スイスといえば例の「民間防衛」ですが、
本気で国を守ろうとすれば「寛容さ」を犠牲にするしかないのでしょうか。
それに比べれば日本においては在日の人は優先的に帰化できるのに、どこが差別なんだ?
と思ってしまいます。
最近テレビに岡田が出るとチャンネル変えたくなってしまいます。
民主党にはまともな保守もいるというのに。
もっとわかりやすいように政界再編してくれるといいのに。
Posted by yumicchi at 2005年08月09日 17:25
本日の日経夕刊の1面見出し
自民「郵政 最大の柱に」 民主「10兆円 歳出削減」になってました。
ここでの議論を見ずに、これだけ見ると、思わず民主に投票したくなりますなw
こういうのもイメージ戦略って言うんでしょうか。

今回の選挙は普通に考えれば自民一択ですが、
それにしても民主、できもしないことを公約に掲げるのは、なんだかなあ。

あとは8月15日がどうなるか、ですね。

>ネコノテさん
akimitsu_hiroseさんは、昨日とは論調が違うみたいです。
とりあえず、少し落ち着きましょう。
Posted by bach at 2005年08月09日 17:27
私は今度の選挙に限り、(民主党の某議員を応援しようとも思ったのですが)民主党を見捨てる決心をしました。

http://www.dpj.or.jp/seisaku/soqo/BOX_SG0057.html


私の決断を促してくれてありがとう。
10兆円…確かに魅力的。実現可能かどうかは別。これぐらいの削減は自民でもできるんじゃないのぉ?
Posted by tenkaku at 2005年08月09日 17:43
>ネコノテ氏
>最期には民間に押しつぶされて解体してしまえと
そうですよ。郵貯、簡保はあくまでも離島、過疎地域の人々が利用する最後の手段として残されるべきです。今回の根本的な問題は300兆円の金が市場に出回らない事です。だから民間に資金を移せば解決する事です。

>郵貯が買ってる国債残高どれだけあるかご存じ?
それがそもそも間違いだと言う事が分かりませんかね?それも原因で今回の郵政民営化なんでしょ?わしはここだけはきっちりと法律で国債は買わないこと、とするべきだと思います。国債はあくまでも税金で片付けるべきではないのですか?

>総失業ですか?
必要最低限を除いてそうですよ。余計な公務員が削減されて、願ったりかなったりじゃないですか。何がいけないんですか?

>言ってること無茶苦茶ですよ。
すいませんが、言ってる事がパルプンテなのはあなたの方ではありませんか?全然理論として成り立ってないし、感情まで入っている。ここは理論を整然と戦わせる場なのではありませんかね?

>bach様
わしは昨日と同じです。何も変わりません。理論を整然と積み上げて、現実的な問題解決方法を書いているだけです。ま、昨日も集中砲火を受けましたが。
Posted by akimitsu_hirose at 2005年08月09日 17:59
今回の選挙で自民はよほど戦略綿密にを立てていかないと、難しいのではないでしょうか。

投票率の高いお年寄りはほとんどネットをやらないので、TVの報道姿勢に左右される可能性大です。媚中に傾きつつあるマスコミは自民党内のゴタゴタをクローズアップして、争点をぼかしてしまいそうです。

私の両親は戦前生まれでどちらかと言うと、旧社会党、共産党などの左翼を嫌っていますが、民主の中に旧社会党議員が多数含まれている事は忘れてしまっています。
靖国神社参拝もいたずらに中韓関係を悪化させたと怒っており、あの国々や民主党がやろうとしている事はほとんど理解していませんでした。
(説明したら信じられない、という感じで聞いていた)

造反議員が公明票を取れないのが救いのようにも見えますが、比例で当選した人が多いようですね。造反者の選挙区には対立候補を立てるらしいですが、共倒れになる危険もありそうです。
Posted by もんしろ at 2005年08月09日 18:07
これ興味深いですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hla?=20050809-00000009-scn-int

中国は「小泉首相が政治生命を絶たれたとしても、民主党が他の政党を連合し政権を取ったとしても、すぐに日中関係が改善できるとは言いがたい」と分析しているようです。

「もっと謝罪してお金を沢山出せば仲良くしてやってもいいよ。」ということでしょうか?それとも、「いくら媚中な政党が政権を取っても、日本とは仲良くする気は元から無いよ〜。残念でした。」ということでしょか?
Posted by tenkaku at 2005年08月09日 18:07
>akimitsu_hirose氏

そんなことは現実的ではない。
わざわざ親方日の丸のままで競争させて、民間の体力をそぎ落とす意味など無い。
民営化した後で競争させれば済むことだ。

資金を移すためにわざわざ郵貯を潰す意味はない。それこそ郵貯が丸ごと民営になれば済む。

郵貯が国債を大量に運用しているのは動かし難い事実。国債が市場に出れば利率が上がり
償還費用が更に財政を圧迫する。この点は、金の動きが明瞭になりさえすればいい。

公務員を減らしたければ民営化すれば済む。失業させる必要などどこにもない。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 18:26
>akimitsu_hirose
離島の人は郵貯の限度額以下の
お金しか持ってないと思ってるんですか?
利用する保険は簡保のみ?
んなわけないっしょ。あんた過疎地舐め過ぎ。
大体、マスコミは言わないけど
そういうところは郵便局が
滅茶苦茶遠かったりするし、現時点でも
全然使い物になってないよ。
ユニバーサルサービスでやってるのは
配達の機能だけでしょ。
Posted by at 2005年08月09日 18:27
ちょっとした疑問なのですが。
ココでは今回の総選挙の争点は「大きな政府vs小さな政府」
との意見が多いですが、それは「郵政民営化反対vs賛成」と同義
ですか?なんだか、結局メインとして「郵政民営化」についての
街宣だらけになりそうで。
ボクは郵政民営化賛成です。っていうか公務員の人件費削減に賛
成です。恐らく漠然と「何%削減」とか掲げても「業務が云々」
といって実現しないでしょうし。そういった意味では郵便・郵貯
・簡保は宅配・預金・保険と民間で同類の業務がある以上は、民
営化し「競争」させればよいかと。過疎地については特別に法に
より保護する手もありますし。

小泉政権…?
衆議院解散後の総選挙が行われた後初めて召集される国会におい
て内閣は解散ですよね?来年9月までってありえるの?
Posted by くらん at 2005年08月09日 18:36
Posted by naz at 2005年08月09日 18:40
Oribeどの
選挙を棄権する気持ちもわからんでもないが、棄権者が多い事で一番得をするのは、創価学会の組織票に支えられてる公明党です。棄権するという事は、投票せずとも公明党に投票しているのと同じ事。
支持政党が無いのであれば消去法。ダメ度が高い政党を消去していって、最後に残った政党に投票すればよい。
「どこに投票していいかわからない」というのは言い訳です。

偉そうな事言ってすみません。
Blog楽しみにしてます。
Posted by よ at 2005年08月09日 19:02
公明党は当選できそうなところにしか
出馬していないのでは?
Posted by rt at 2005年08月09日 19:05
私も今回は小泉自民党に投票するつもりです。郵貯、税金等が官僚の私的流用に近い使い方をとめて、日本の予算を戦略的に使えるようにして欲しいです。とにかく北東アジアの不安定さを考えると、無駄遣いを抑制して、強い日本を再構築するために税金を使用すべきです。
Posted by 還元 at 2005年08月09日 19:30
>くらん氏
「大きな政府vs小さな政府」=「郵政民営化反対vs賛成」なのか?ということですが、基本的には同義なんじゃないですかね。
どちらにしても目標が財政改革であるということは一致しているわけです。そのためには大ナタを振るうことが不可欠とする自民党に対して、民主党は現状の体制を維持したまま無駄を削減することが可能と主張しているんですよね。
今回の選挙で「郵政民営化」を争点とするのは自然な流れだと思います。というか、この点だけで争えば民主党が政権を獲ることは不可能ではないように思うのですが、どうなんでしょうか?
実際は、靖国やら日中・日韓関係を持ち出して小泉政権の悪口に終始するのは想像に難くありませんが、そこを突くのは民主党にとってむしろマイナスにしか働かないように思います。
Posted by 774 at 2005年08月09日 19:33
誰かが言ってましたが、公明党は“出る杭政党”。

海面(投票率)が上がれば杭は見えなくなるが、下がれば顔を出す。

とにかく選挙にはいきましょう。
Posted by at 2005年08月09日 19:33
 「政治家は馬鹿ばっかり 一番マシな馬鹿を選ぶのが選挙」だと思います。そしてマシな政治家を選ぶ基準は、外交>内政です。
 内政問題は、後からでも修正できる!でも、外交は、一度締結した条約を破棄するのは、ほとんど不可能なんです!

 そういうことで、私は自民党に投票する予定です。幸い選挙区内に、「郵政民営化賛成」「外国人参政権反対」の「自民党(現職)」が、いますから。ありがとう!保守王国!……今回ほど、ありがたいと思ったことないです。

 あと、郵便局は、大手民間運輸業者の下請け(ものすごく安い値段)もやっています。メール便は、全部、郵便局。そのため、中小民間下請会社の仕事が減ってます。これって、いいことなんでしょうか? 
Posted by 奈菜氏 at 2005年08月09日 19:34
保守王国…
自民は保守なんですね。なるほど。
政治用語と実態が結びつかず色々と頭の中がこんがらがってきています。
実家も保守王国と呼ばれていたような気がします。(O山県)
でも平○さんが造反したしなぁ。
今住んでいるC葉県は3年前に越してきたので初の衆院選で誰がいるのか
さっぱりワカラナイ。とりあえず実家に電話して、自民>造反>民主で
考えてもらうように説得せねば。
Posted by くらん at 2005年08月09日 19:50
>>ネコノテ氏
>「中国はダメでアメリカは良い」のどこがダブルスタンダードなのか
 中韓に媚びる政党には厳しいくせに、米に媚びる政党には甘い点ですよ。(中韓にもっと甘くしろという意味では全くない!)
「郵便」が赤字だからこそ分離するのがまずいのは分かりますか?世の中には赤字の部門を抱えない企業ばかりですか?(携帯電話、ゲーム機本体等)

>ご自身で立候補されては?
日本は間接民主主義の国です。自分の考えに近い候補者、政党を選ぶことで私は国政に参加しています。

>猫メディア氏
 氏のおっしゃることはもっともであると思います。しかし郵便局に「普通」「簡易」「特定」とあるのはご存知かと思いますが、自分の周りにあるどの郵便局がどこに属するのかご存知でしょうか?
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/2316/classify.html
 これらは外観や規模で分けられているわけではありません。「簡易局」規模の「普通局」、「普通局」規模の「簡易局」なんてザラですよ。規模や立地条件に合わせて再編成するのはスリム化目的の改革では落としだと思うのですが、まぁ、郵政族には手を付けられないのは事実でありましょう。
(続く)
 
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 19:55
ここは毎日興味深く見ています、今回はやっと
選挙らしい選挙になるようですね。。。

小泉批判の1つに層化連立が在るのは判ります
僕も気になる所ですがhttp://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/
C公明党…うまく政権に食らいついてきたが,今回の解散は「想定外」ではなかったか?東京都議選で動かした「住民票」を元に戻してもどうしようもなかろう.創価学会の「内紛?」で,金銭的にも苦しいという説もある.しかし,なんとしてでも「政権」から離脱するまい.仮に小泉自民党が敗北しても,第一党と「国家国民の為に敢えて苦渋の選択をした」とか何とかこじつけてぶら下がるのだろう

佐藤さんの予想に期待するだけです。
Posted by 配管屋 at 2005年08月09日 20:12
私はこの度の改革を「利権構造と戦うこと」であるとは思いません。強いていうなら対立派閥の基盤を壊している点がそれに当たるのでしょうか。
 小泉総理自身、森派、山崎派、公明党は何の利権も握ってない綺麗な方々ということはないでしょう。何の「利権」も無い政治が実現すれば素晴らしいと思いますがそれは理想です。むしろ権益の無い状態ってのは公明党に利するような気がします。(資金力、組織力の点で)

>何でアメリカが出てくるのか、意味がわかりません。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=RNWE%2CRNWE%3A2004-21%2CRNWE%3Aja&q=%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8&lr=
この点に関しましては「年次改革要望書」に目を通していただきたいと思います。小泉改革とリンクし過ぎる点がそら恐ろしいのです。
 
 …しかしアレですね。小泉批判、米批判ぽい文章書くだけでアンチ自民ぽくなっちゃいますね。それはそれで私の意思とは違うのですが。
 
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 20:19

民主党の岡崎トミ子議員は、(韓国で反日デモをするような人なのに)なぜ政治家になれたの?
Posted by tenkaku at 2005年08月09日 20:21
「真昼の決闘」=有権者は小泉支持を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050809-00000025-jij-int

イギリスにここまで持ち上げられるとちょっと不気味かも。


造反組も地元では「同志」、擁護論広がる
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050809i107.htm

こんな事やってるから、民主が相対的によく見えてしまうのかも。
Posted by ジン at 2005年08月09日 20:43
小泉自民党に投票を呼びかけるつもりです。郵政民営化より大切なものがあると言う人がいますが、郵政が出来なくて他の年金や公務員の改革が出来るはずがありません。
最近では珍しい信念を持った小泉さんを推すことが、志を持った政治が大切だとの認識を世の中に広めることになると思います。特定の団体や地域の利益、そして再選しか考えない三流政治家に轍を下すことに繋がります。
Posted by KAI at 2005年08月09日 20:44
>>隠者の夕暮さん
>>中韓に媚びる政党には厳しいくせに、米に媚びる政党には甘い
>>点ですよ。
う〜〜ん。日本の外交上で「アメリカ(欧米)」と「中国(朝鮮半島)」のどちらに重点を置くか(両方均等にってのはなしです。某バランサーじゃないんだから)という選択肢で「アメリカ(欧米)」に重点を置く、ただそれだけではなしでしょうか?
未だに中華思想バリバリで「小日本」扱いの国に重点なんて置けるわけ無いじゃないですか。よく反米の方々は、日本の真の自立を〜と仰っていますが、中国側に入れば自立もクソもないじゃないですか。

そもそも、「ダブルスタンダード」の使い方が違っているような気がします。反中韓派が「中国・韓国に阿るなんてけしからん!日本はドコにも阿らずきちんと自立した国にならねば!!」と掲げているならDSですが。
外国と手を組むというのは当たり前の世界において選択の結果、アメリカを選択している状況は「ダブルスタンダード」とは言いません。
Posted by くらん at 2005年08月09日 21:02
>隠者の夕暮
ダブルスタンダードについては平行線になりそうですね。
私には到底理解できません。

携帯電話やゲーム機の本体が赤字なのは、それなりのビジネスモデルがあっての話ですが
郵便が赤字なのは、なにかビジネスモデルがおありで?
赤字の補填はどこから、どのくらい行われてるんですか?
そもそも、信書の縛りで他企業の参入から保護されていながら赤字というのは
いったいどういうわけですか?
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 21:06
今回の選挙にて、民主党政権を誕生させてしまった場合、
ノ・ムヒョン左翼NGO政権を誕生させてしまった結果、北朝鮮化が進み、中共政権の保護国化路線を歩んでいる韓国と同じ道を日本も歩む事になりかねません。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000070.html

よって、今回の選挙は、日本の運命を決定しかねない重大な選挙になるかもしれません。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-104.html#more

有権者は、各政党の実態をよく見極めて投票する事が求められると思います。
以下に、各政党の実態について、参考となりそうな書籍を紹介します。お盆休みにでも一読してみてはいかかでしょうか?

『なぜか誰も書かなかった民主党研究』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861820/250-4304914-9852249
『自民党「橋本派」の大罪』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459404154X/250-4304914-9852249
Posted by 平凡太郎 at 2005年08月09日 21:09
>くらんさん
>ちょっとした疑問なのですが。
>ココでは今回の総選挙の争点は「大きな政府vs小さな政府」
>との意見が多いですが、それは「郵政民営化反対vs賛成」と同義ですか?

同義ではありません。
「郵政民営化反対vs賛成」が発端なのですが、総選挙のテーマは「大きな政府vs小さな政府」の原則論に移行していると思います。たとえ、解散総選挙において小泉自民党が勝利したとしても、

『オラオラオラッ、国民の皆様は小さい政府を支持してるんだよ!
 だから参議院で反対されたけど無視していいんだよ。いいかっ、
 明日から郵政民営化するからなっ』という具合には行きますまい。

故に、小泉首相の「郵政民営化否決 ⇒ 解散総選挙」という行動は表面的に考えると脈略がありません。しかし、実際はより大きな病巣を抉り出すことになりました。本人は穏便に抵抗勢力とも折り合いをつけつつ「郵政民営化」を成し遂げて、小さな政府に向う道筋をつけたかったのかも知れません。しかし、否決されたため、短期決戦で抵抗勢力を根こそぎ排除しておかねばならなくなった。そういう展開ではないでしょうか。

ここを見ている有権者の皆さん、
特に「小さな政府は賛成だが、郵政民営化はちょっと」という方にお願いします。

今回の総選挙の争点は「大きな政府vs小さな政府」という原則論です。
今回、小泉自民党が勝っても、即座に「郵政民営化」が実現する訳ではありません。
特に「議論が足りないから反対」という方は「小さな政府」に反対する理由は無いはずです。
特に「小泉が嫌いだから」「米国のポチだから」という方は芯でください。そういう些細な
感情で決めることではありません。大体(残念ながら)彼はあと1年で辞めます。

この「小さな政府」という原則に賛成である方は、
在日朝鮮人やニートの手厚い生活保護・田舎の立派な道路・在日朝鮮人の参政権・年度末に予算を使い切る事に血眼(普段は毎日テニス三昧)の政府外郭団体・三代続き地元の有力者として君臨する特殊郵便局長一族に「NO!」を叫びたい方は、
小泉自民党に投票してください。

お願いします。
Posted by 小野まさ at 2005年08月09日 21:10
隠者の夕暮さん。
あなたの望む改革を推進するためには、
民営化したほうがいいように思うのですが。
株式会社は株主の利益を図るため、
経営の内情の情報公開をしなければなりません。
なぜ、郵政民営化をやめさせることが、
それらの郵政事業を改革することになるのか?
そこの理論展開が分からないのです。
それから、小泉政権がアメリカに友好的である
事と、橋梁談合などを糾弾して、このたび、
副総裁が逮捕される事態にまで至った道路改革
など、公共事業の刷新が何の関係があるのか?
という疑問が残ります。
>小泉改革とリンクし過ぎる点が
>そら恐ろしいのです。
郵政事業のスリム化を図り、
関係者の保養施設やグリンピアなどの
不透明な資金の無駄使いを追及することや、
橋梁談合を追及し、副総裁が逮捕されたりする
事態が、なぜ、空恐ろしいのでしょうか?
そこの意味が分からないのです。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 21:41
>くらんさん
 ダブルスタンダードの使い方ですが、確かに間違っているようです。すいませんでした。ご指摘ありがとうございます。ニュアンスで汲み取っていただけたらと思います。

 何度も何度も繰り返しますが中韓を選ぶ選択肢は今の日本にはありえないと思います。くらんさんの考えに同意します。
 しかし「年次改革要望書」に目を通せば日本がアメリカと「組んでいる」のではなく「隷属している」のは」明らかでは無いですか?。アメリカと「組む」のは大いにアリです。しかし現状は「隷属」でしかない。このことがどうなの?と思う次第です。

>ネコノテさん 
 どのようなビジネスモデルがあるのかは専門家でも関係者でもないので分かりませんが、なんにせよ郵政事業が「黒字」ということですね。「黒字」問題ありますか?力をいれると民業圧迫しますがよろしいのですか?無理の無い規模でインフラが公社として維持されていくことに何か問題でも?
 「共感」が無理でも「理解」していただきたかったです。
 では。
 
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 21:47
>猫メディアさん
 その株主は日本人じゃなくてもいいわけです。
 利益を追求すれば国内の運送業はどうなるのか。
国外に事業展開が難しいのは国会でも取り上げられていましたね。

 「そら恐ろしい」と書いたのは「民営化」が米の支持であるという点です。
 では。
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月09日 22:05
>隠者の夕暮さん
利益の追求に関しては、国会答弁でも
論じられていましたが、離島など過疎地域
においても郵便局は維持されるよう
保障される決定がなされたはずですが。
>米の支持であるという点です。
橋梁談合などを追及して公共事業の
談合体質を糾弾したり、
郵政関連事業のグリンピアなどの
無駄遣い、関係者保養施設の赤字垂れ流し
などの無駄使いを止めさせようとする
小泉政権の努力をアメリカが支持すると、
そうした、小泉政権の改革自体が悪いことに
なってしまうのでしょうか?
申し訳ないんですが、その発想は
理解できません。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 22:13
外資参入における忌避要因について考察したのですが、
第一の危惧として、利益追求における貸しはがしなどを
危惧しておられるのだと思います。その点に関して、
まず郵便貯金ですが、郵政公社のホームページ「郵便貯金のディスクロージャー」によると、
http://www.japanpost.jp/top/disclosure/j2003/cyokin/kousya/3-2-2.html

郵政公社発足当時の郵便貯金負債総額は289兆円。
そのうち、郵便貯金が223億円です。
借入金が47兆円。
その他負債が12兆円です。

それに対して資産総額が290兆円。
そのうち有価証券が92兆円(うち国債73兆円)
預託金177兆円(これが財政投融資に対して郵貯が持っている債権)
現金預け金9兆円
金銭の信託7兆円
貸付金1.7兆円(うち地方公共団体に対する貸し付けが1.1兆円)

これを見てもわかる通り、郵便貯金は、直接企業に資金を融通するようなことはしていません。289兆円の資金を集め、そのうち92兆円を国債と地方債に、177億円を財政投融資に貸し付けています。

従って
郵便貯金が民営化されても、貸しはがしなどは絶対に起きない(起きようがない)。
Posted by 猫メディア at 2005年08月09日 22:30
>日本の外交上で「アメリカ(欧米)」と「中国(朝鮮半島)」のどちらに重点を置くか

スレ違いですし、レスでもないんで申し訳ないですが、
「中国と米国のどちらに媚びるべきか」自分の考えをば・・・

中国と米国のどちらを重視するか(どちらに媚びるべきか)。それは米国です。
中国とパラオのどちらを重視するか(どちらに媚びるべきか)。それはパラオです。

外交というものは、その国の政府を通してではありますが、その国の国民に対して働きかけるものだと思います。迂遠でも、その国の国民一人一人の中に、こちらに対する信頼と支持を創りだす行為であり、その国の政府首脳に対する行為であってはならないと思います。

何故なら、政府首脳との友好関係は即効性があるかも知れませんが、相手国の政策や政権が変わる度に帳消しになりかねないからです。政策が変われば、掌を返すように約束は破られます。政権交代ともなれば、前政権との良い関係が仇になる可能性さえあります。海辺で砂の城を築く様なものです。

これに対し(歯が浮く様な表現で恐縮ですが)相手国の国民の心の中に築いた信頼と支持は、政策や政権に即座に左右されるものではありません。弱いけれど永続性を持ち、影響を与え続けます。自国の政府が日本に対して不義理を働けば怒りを感じ無言の圧力を掛けてくれるでしょう。批判さえしてくれるかも知れません。この様な見えない絆を生む外交こそ価値があるのです。但し、自由な国民を持つ民主国家限定です。

それ故、結論ですが、中国や北朝鮮の様な、自由な国民を持たない国家と真摯な外交をする意味はありません。
如何なる援助も、あのタイプの国家の国民には伝わらないのです。何をどう配慮して友好関係を築いても、先方の都合で帳消しになります。「友好」が発生するのは先方が望んだ期間のみです。ならば、こちらからは何をする必要もありません。短期的に支持が必要ならば「餌」をやればよいでしょう。友好を維持していても「餌」の量は変わりません。いや、友好を維持していなければ「蹴る仕草」だけで動いてくれるかも知れません。

後、何気にパラオに失礼してしまった。スマソ>パラオ。
Posted by 小野まさ at 2005年08月09日 22:36
総選挙、
 今回の選挙の争点は、
 別次元にも 発生しています。

  見極められるでしょうか?

今回の立候補者の資質を、 改造選挙法に興味ありませんか?
Posted by tutiryu at 2005年08月09日 22:38
>猫メディアさん
隠者の夕暮さんの言いたいのは、おそらく、郵政改革も談合の摘発も(ついでに商法改正等も)「要望書」で昔から要求されていたことであり、小泉首相が要望書のシナリオ通り動くことは、アメリカに隷属することに他ならないということではないでしょうか。
その辺の事情は「拒否できない日本」(関岡英之著)という本に詳しく載っています。
私も「要望書」を読みましたが、中共よりははるかにマシということから、アメリカに対する信頼は揺らぎませんでした。
いちおう、2004年要望書です↓ (在日米国大使館ホームページより)
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html

とりあえず、中韓北、民主がいろんな点で論外なのでアメリカ支持は動かないです。
アメリカはたしかに自国に都合のいいことを押し付けてきますが、それはどこに対しても同じであって、日本だけ特別扱いしてるわけじゃないと思います。
その点、明らかに日本だけを敵視している中韓北とは違うと思います。
別に現状でも「隷属」しているわけではないと思いますし。

あと、郵政改革は小泉首相が昔から主張していることであって「要望書」と一致しているのは、たまたまじゃないかな。
小泉純一郎本人が1995年から1997年まで「ヤングマガジン・エグゼクタ」に連載した記事中で、すでに今とまったく同じことを主張していたそうです。小泉首相がそのころから親米だったという可能性もありますがw 
http://www.wafu.ne.jp/~gori/mt/
Posted by bach at 2005年08月09日 23:14
>隠者の夕暮
理解というか…民営化の理念の一つに、郵政事業を分割して各業態ごとに独立採算をしいて
赤字は赤字として金の流れを明確にするというのがある。と、私は理解してるんです。

郵貯の貯金が運用されず、簡保の掛け金が運用されず、郵便の赤字穴埋めにされているとしたら
それは阻止するか、どれだけ流れたのかわかるようにしておかないと、郵便の赤字に引きずられて、
郵貯の健全性まで損ねてしまう危険があるわけです。…健全だとしてですが。
ですので、郵政事業全体として黒字だからいいじゃん。という結論にはならないわけです。

ユニバーサルサービスの維持は郵政民営化の各論に過ぎないと、私は考えていますし、
民営化法案通過後にも準備期間があるわけですから、そこでつめればいいと思います。
Posted by ネコノテ at 2005年08月09日 23:35
 外資に関しては不安ですが、その場合、預金者の意思は反映されないのでしょうか?つまり、民営化され株式を外資が保有した郵便貯金に、預金するかどうかは、各々が決定することになると思うのですが。
 そのあたりを、マスコミがきっちり報道すれば…「外資に郵便貯金が乗っ取られた」「あなたのお金はアメリカのために使われる!」「日本人の預金はアメリカのために!」(見出し一例)、全額引き出して、他の金融機関に預けるのではないでしょうか?
 外資への対抗策は、何よりも「正確な情報」を「わかりやすく」一般に「報道機関が伝える」ことだと思います。……今のマスコミに、それが出来るのかは、ものすごく疑問なんですが。
Posted by 奈菜氏 at 2005年08月09日 23:37
 外資に関しては不安ですが、その場合、預金者の意思は反映されないのでしょうか?つまり、民営化され株式を外資が保有した郵便貯金に、預金するかどうかは、各々が決定することになると思うのですが。
 そのあたりを、マスコミがきっちり報道すれば…「外資に郵便貯金が乗っ取られた」「あなたのお金はアメリカのために使われる!」「日本人の預金はアメリカのために!」(見出し一例)、全額引き出して、他の金融機関に預けるのではないでしょうか?
 外資への対抗策は、何よりも「正確な情報」を「わかりやすく」一般に「報道機関が伝える」ことだと思います。……今のマスコミに、それが出来るのかは、ものすごく疑問なんですが。
Posted by 奈菜氏 at 2005年08月09日 23:38
akimitsu_hiroseさんご自身のブログがあるようですからTrackBackを打ってそちらで意見を述べた方があなたの意見に対しコメントを返す皆さんも議論しやすいですし、マイネ・ザッヘの記事に対する他のコメントもずっと見やすくなります。

コメント一覧がツリー形式ならばコメント数が多くても区別しやすいのですが。
Posted by anion at 2005年08月09日 23:38
憂いますね。
自己実現の場として今回の選挙は歓迎できますが、結果は憂慮すべき物かと。

 デジタルデバイドと称される情報格差や、都心と地方の収益や政治に対する態度の違いは矢張り大きなモノです。まだ時代的にも反民営派が有利かと。

 小泉が勝つためにも布教活動しかないのかな…
Posted by mizu at 2005年08月09日 23:47
>>小野まささん
>>同義ではありません。
ふむぅ。自民は「郵政民営化」を、民主は「歳出削減」をすでに掲げま
した。これから選挙活動が行われていく中で「大小政府対決」なんて殆
どの有権者が知ることなく、「自由重視を望みつつ民主へ投票」のよう
な有権者の意図しない結果が起こるのですかね。マスコミが大体的に
「大小政府対決」を取り上げてくれればいいんですが…。マスコミが取
り上げれば偏向しそうだし…。悩ましい。
>>パラオ
パラオのみならず、東南アジアにも目を向けて欲しいものです。
「敵の敵は味方」中国の覇権主義の恐ろしさを知りつつ、現在の中国の
猫なで政策(勝手に命名)に応じている東南アジアにとって、アジアで自
由民主主義を謳歌している日本がどう見られているのか。先の大戦での
イメージがさほど悪くなく「親日」といわれている国々にだって同様に
国民の心に信頼を築くことが出来そうです。(ソレをしなかった今まで
の利権政治家達をそろそろ…)KBブリッジのようなことは他の国々に対
してだって行えるでしょうし。(でも自助努力を促すようにしないと。
甘えさせるのではなく。)

>>隠者の夕暮
>>年次改革要望書
ふむむぅ。見事に「制度化された内政干渉」ですねぇ。コレに対しては
1.形式上「相互」なのでアメリカへもっと強い具体的な要望を出す。
2.撤廃へ向け外交交渉を行う。
どちらかが必要な気がします。
が、日本は近代以降自力で構造改革を行っていません。とても島国根性
バリバリ。自分で出来ないなら外圧を頼むのも可かと。(有権者が改革
を望んでも、族議員なんていう政官癒着がある以上…)でその外圧をドコ
に求めるか…。
日本がアメリカの隷属だとか植民地だとかポチだとか、今更言われなく
たって、戦後からそうなるべく動いてきてますからね。コノ流れを改革
しようと言う政党が出てこない限りは、米寄りで行くしかないと思います。
Posted by くらん at 2005年08月09日 23:52
>>隠者の夕暮…………×
>>隠者の夕暮さん……○
呼び捨てにしちゃいました。ごめんなさい。
Posted by くらん at 2005年08月10日 00:00
>隠者の夕暮
>隠者の夕暮氏
私も… orz
Posted by ネコノテ at 2005年08月10日 00:44
>くらんさん
>ふむぅ。自民は「郵政民営化」を、民主は「歳出削減」をすでに掲げました。

げっ知らなかった。それは宜しくない。何でテーマを縮小してしまうんだろう?
それに「郵政民営化」では国民の喰いつきが悪いのに。
ここは判り易く「小さな政府」を大々的に掲げないと。
小泉さん、自分で話す時は「小さな政府を目指す」とちゃんと言うのになあ。
Posted by 小野まさ at 2005年08月10日 00:46
所謂「族議員」を毛嫌いする風潮がありますが、日本がアメリカのようなロビイスト制でない以上、議員がその役目を果たさざるを得ません。政治献金も違法ではありません。日本の政治制度が続く限り、族議員もなくなりません。
Posted by at 2005年08月10日 00:47
まずは民主のマニュフェスト待ちでしょうか。

話を歪曲化せず、大きな観点からクリアに自民党との差異を明示しなければ、到底得票は望めません。

その場合ですが、中国と米国、どっちを優先するんでしょうか。明言するんでしょうか。小泉自民の戦略に対抗するならば、当然親中になるのでしょうか。

論理的な帰結としては、
「大きな政府で中国寄り」の民主
「小さな政府で米国寄り」の自民

となるのでしょうか。

軸がブレたら民主はもうメがないですね。
セミはよく脱皮に失敗して死ぬことを岡田さんは知っているんでしょうか。
Posted by 雪風 at 2005年08月10日 01:00
> bachさん
解説ありがとうございます。
なるほど、「要望書」ですか。
これには隠者の夕暮さんの誤解があるようですね。
過去の「要望書」では、
前ブッシュ大統領、親ブッシュが、
当時の海部政権に対して、
「不良債権処理に公的資金を投入するよう」
「要望書」を提出しましたが、
海部内閣はテレビ朝日のニュースステーション
などの激しい「アメリカ従属」「血税の無駄遣い!」
などという非難を恐れ、アメリカの要求を
拒絶しました。
結果的に金融不良債権は激増し、日本は失われた
十年と呼ばれる底なしの金融地獄に陥るのですが。
この件に関して、よく「アメリカの陰謀で不況になった。」
という説があるのですが、これら「要望書」
をみても、そうではなかった事実が見えてきますね。
これらの事例もあるとおり、日本は必ずしも、
「要望書」に隷属しているわけではなく、
拒否することも多々あるわけです。
現在でも、アメリカの鉄鋼に対して日本は
報復関税をかけており、経済分野では日本は
かなり強気の対応を行っています。
外務省だけ何ゆえにあそこまで弱腰なのか・・・。
bachさん
書籍の紹介もありがとうございます。
一度読んでみますね。
Posted by 猫メディア at 2005年08月10日 01:05
>>セミはよく脱皮に失敗して死ぬことを岡田さんは知っているんでしょうか。
脱皮が成功しても一週間の余命しかないですな。
Posted by anion at 2005年08月10日 01:30
>小野まさ氏
>ここは判り易く「小さな政府」を大々的に掲げないと

それって一般的にはわかりにくいと思いますよ。ていうかその対比論で争っちゃうと、むしろ大きい政府を望む層の方が多いんじゃないでしょうか。
Posted by 774 at 2005年08月10日 01:40
そうそう
セミの例えには笑わせていただきました。
さて9.11にセミはどれくらい鳴いてるんでしょうかねぇ?(W
Posted by ひるこ at 2005年08月10日 01:50
@米国からの「要望書」について

アメリカは自由競争をさせたいという点で
いろいろと圧力をかけているのでしょう
それは外国からの事業への参入を招くことにも
なりますが、消費者にとっては必ずしもマイナスで
あるかというとそうではないと思いますが

通信事業や保険の自由化によって
国民のメリットになった点もあると思いますよ
Posted by sk at 2005年08月10日 02:58
ここまでのクオリティの文章を、3日に2回のペースでアップすることのできるorebeさんの能力に感嘆してしまいます。
それでなおかつ、仕事もしてそちらにも力を入れてらっしゃるんでしょうか?
もう毎日のようにここに来て、新しい文章がアップされていないかチェックしに来てます。
自分ももっと語学が上達して、自由に英語のページが読めるようになりたいです。歴史のことも勉強したい、政治のことも、科学のことなども勉強したい。
自分ももっと勉強しなければ、と思う毎日です。
Posted by 箱舟桜丸 at 2005年08月10日 04:11
↑oribeさんです。
失礼しました…。
とにかくもっと勉強して、社会を透徹した目で見れる目を持ちたい。
自分もブログ始めようかな…。自分の勉強の過程を、公開するブログ…。
Posted by 箱舟桜丸 at 2005年08月10日 04:20

結局中国は、民主党を応援する方針を固めた様子です(笑)
「自民党を応援する英・米」vs「民主党を応援する中・(韓)」という図式がはっきりしてきましたね(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hla?=20050809-scn-int

さあ問題です。中国に飲み込まれることを熱望する日本人が何人いるでしょうか?
個人的にはアメリカには不満タラタラの私ですが、中国に飲み込まれるぐらいなら、アメリカ人になる方が1億倍もマシだと思っています。本音ではね。
Posted by tenkaku at 2005年08月10日 06:22
選挙賛成。
過去の選挙で自民党に投票したことは無いが、
今回は新しい自民党に勝利してほしい。
小泉・竹中、武部がんばれ。
Posted by nori at 2005年08月10日 06:59
労働組合系の某機関紙に、
「全ての労働者は民主党を支持する」と書いておりました。
私も労働者の端くれですが、
ファッショや偽善が蔓延する世の中だけは勘弁ですので、
今回は断然自民支持です。
Posted by 消息筋 at 2005年08月10日 09:33
>「全ての労働者は民主党を支持する」

売国奴(民主党)より利権屋の方が一億倍マシです。
民主党の推進している政策を見ていると、この政党はシナ・朝鮮の日本工作機関ではないかと思えてきます。
『民主党は売国政党から亡国政党に変わります』
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200412141707.html

私も労働者ですが、絶対に民主党には投票しません!
Posted by うなぎ犬 at 2005年08月10日 09:51
民主党の岡田代表が「政権とれねば辞任」と言明したという。岡田代表は、いつもしたり顔で中身のない小泉批判、自民党批判を繰り返し、郵政民営化法案には対案も出さずに党議拘束までかけて反対するという無責任政党の党首など誰でもなれる。どうぞ、どうぞ!、ご遠慮なく辞任を!願わくば、政界からも退場を!できることなら、視界からも消えて欲しい・・・
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050809i115.htm
Posted by ん・・ン・・? at 2005年08月10日 11:04
スレ違いのコピペすみません。<(_ _)>

参考:反日売国最高裁判事

>スレ違いですが、選挙に関する情報を。
>
>最高裁の15人の裁判官のうち、今回審査を受けるのは任命順に、
>才口千晴(66)=弁護士出身
>津野修(66)=行政官出身
>今井功(65)=裁判官出身
>中川了滋(65)=弁護士出身
>堀籠幸男(65)=裁判官出身
>古田佑紀(63)=検察官出身
>
>
>尚、西船橋図書館焚書事件の高裁差し戻し判決は、
>
>>裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。
>>裁判長裁判官 横尾和子
>>   裁判官 甲斐中辰夫
>>   裁判官 泉 室?
>>   裁判官 島田仁郎
>>   裁判官 才口千晴
>
>ふぅ〜ん、才口千晴が入ってるね....
Posted by なると at 2005年08月10日 12:43
郵便局ですが、簡易郵便局は以前から民間委託によるものだし、離島の郵便配達も現地住民への民間委託です。離島の船便では、高速船(儲かる)を運航する会社にはフェリー(大赤字)の運航が週何便と義務付けられているようです。
離島や過疎地も同じような義務付けをすれば民営化しても住民が困るようなことは無いんじゃないでしょうか。
だから、国民のために民営化反対というのはデタラメだと思います。
Posted by P at 2005年08月10日 13:53
何か,ここー小泉自民党の応援ブログになりつつあるなー(笑)

唐突ですが...

「レフト.エリート」ローリングストーンズの新曲紹介
SWEET NEOCON

You call yourself a Christian, I call you a hypocrite
You call yourself a patriot.
Well, I think your are full of sh*t!
........................

How come you're so wrong, my sweet neo-con.

先週は保守コラミストの重鎮,ボブ.ノヴァックさんがBSワードを使ってCNN、(ほとんど)首になったし,その前にはブッシュさんが中指突き上げてトークショーで話題になったりと,中々派手な事やってらっしゃる。日本の政治家は礼儀正し過ぎ。もう少し派手に乱闘してほしいです。
Posted by th at 2005年08月10日 14:05
思いつきで書きますが、米国からの「要望書」にしても国連からの要請にしても日本政府が「こうしたいなあ」と思うのに国内の抵抗が強いときに「アメリカや国連もこう言ってきてるから」という口実に使っているように見えます。
相手から言われたことでも双方のメリットになれば実施すればいいことですし一方的なら断ればいいだけです。
過去の事例をしっかり調べていませんが米国からの要望書の内容に日本が100%近く応えてきているならほんとうに属国ですけどね。
Posted by かぼす at 2005年08月10日 14:45
>何か,ここー小泉自民党の応援ブログになりつつあるなー(笑)

民主党の「妄言と欺瞞」に惑わされない人たちがたまたま集う健全なブログということでしょう・・・・

Posted by at 2005年08月10日 15:29
>かぼすさん
くらんさんも上で指摘されていますが、実際、自力で変革できない日本が、外圧を自分達に都合の良いように利用している面もあると思います。
その点だけでも、自浄能力がカケラも見えないお隣りとは違うと思いたいのですが・・・。

>米国からの要望書の内容に日本が100%近く応えてきているならほんとうに属国ですけどね。
残念ながら、けっこうな割合でその通りになっているようですw
たとえば、わかりやすいのでいうと

>II-A-1. 法曹人口の拡大 同審議会による最も重要な要望の1つは、日本における法曹人口の大幅な増加の必要性に関するものである。米国は日本政府に対して、早急に司法試験合格者を最低でも年に1500人に増加させること、また、合格者を年に3000人に増加させるための計画を策定することを強く要望する。 (2001年要望書より)

こういう話、最近どっかで聞きませんでしたか?w
少なくとも私の仕事に関係する分野では(=私にわかる範囲では)、ほぼその通りになってきているようです。

あまり面白味のない文章ですが、過去何年分かをまとめて読んでみても、面白いかもしれません。
http://japan.usembassy.gov/j/policy/tpolicyj-econ.html#kiseikaikaku
http://japan.usembassy.gov/j/policy/tpolicyj-old.html#Anchor95883

それにしても、こんな一歩間違えば(というか、どう見てもw)内政干渉ととられかねない文書を堂々と公開するなんて、アメリカってすごい国ですな。
Posted by bach at 2005年08月10日 16:13
先日このHPを見つけました。選挙に関する期待と民主党の分裂について全く同じ考えです。とにかく今は民主党に分裂して欲しい。考えてみれば日本新党ができた時も同じ期待を持った気がします。全くの期待はずれでしたが・・・・。しかし、そろそろ本当に変わらないと手遅れになりそうな予感がします。
Posted by baba at 2005年08月10日 16:27
佐藤守氏のブログに興味深い記事がありました。
日本が自立し、自ら考えられる国になるまでの道程は厳しいものになりそうで、ため息が出ました。

http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20050801/1122903213

林氏は,日本と台湾は,次の点において全く同一だ,と語ったのである.

1.国内に「反国家的活動家」がいるということ.台湾では「大陸に媚を売る国民党」のこと,日本では「親中派」である.

2.国家目標が不明で,国民は気概を失っている事.特に教育部(文部省)が「個人の自由」を標榜し、厳しい教育を放棄するので子供がどんどんだらしなくなっていく.

3.米国依存.台湾は日本以上に依存心が強く,常に米国の顔色を伺ってばかりいる.

4.両国とも,中国恐怖症に陥っている.

日本は台湾の『先生』である.勤勉さ真面目さを学ぼうとしているのである.同じ海洋民族なのに,台湾に冷たく,大陸国家に近づくのか.台湾は,いわば日本が生んだ「子供」である.その子供を,どうして『敵』に押し付けて知らん顔をするのだろう.

日本は何故『反日国家』にやさしく,「親日国家」に冷たいのだろう?

我われ台湾人は,日本人に『助けてくれ』とは言わない.しかしせめて『邪魔』をしないで欲しい!.

横浜から帰宅する電車の中で,彼の言葉を噛締めながら.私は気が重くなった.
Posted by ラース at 2005年08月10日 16:45
2ちゃんからの転載ですが、納得のいく文だったもので・・。

『文責・名無しさん :2005/08/10(水) 15:08:55 ID:PLJ3jRJU

新聞報道では郵政民営化で、なぜ綿貫元衆議院議長が熱心に反対しているのかよくわかならない。
神主でタカ派というプロフィールぐらいしか知らなかったが、この人トナミ運輸の実質オーナーだと
2ちゃんに投稿がありました。郵政公社の長距離輸送部門の下請け業務で圧倒的シェアーをもっている。

で、裏を取ったらttp://www.transport.or.jp/butsuryu/pastnews/h050502y.html
>トナミ運輸は綿貫勝介副社長の社長昇格を発表した。
綿貫勝介氏(わたぬき・かつすけ)17年6月29日代表取締役社長就任予定。綿貫民輔前衆議院議員の長男。

トナミといえば闇カルテルを内部告発した社員の苦境が報道されていましが
こんなわかりやすい構図をなぜ報道されないのか甚だ疑問です。 』
Posted by at 2005年08月10日 17:48

>「イラクの子供は10年も泥水を飲んでいるから、自衛隊の給水復興支援は必要無い」

岡田党首!
(一部の)まともな党員が気の毒だ。
Posted by tenkaku at 2005年08月10日 18:02
コメントを読ませていただきましたが、多くの人が勘違いをしているように見え
ます。

今度の郵政民営化で、問題なのは、郵便局の問題ではなく、郵便貯金と簡易保険
の巨額の資金を誰が使うのか、ということであって、それ以外ではないんです。

郵便が民間でできるというのは、あたりまえ。私は郵便もあった方が良い(米国
でも郵便は合衆国政府経営です。宅配も盛んですが)と思いますが、宅配を参入
させて郵便を補完的なものにする、それも一案です。しかし、民営化の本質はそ
んなところにない。

私は郵便貯金500兆円を小泉政権の好き勝手に使わせるのには絶対に反対で
す。これ、日本の国家税収の10年分であって、日本の政府を信頼して、国民が
あずけたものです。少なくともそれを日本の国民が使えるように保全する必要が
ある。今、はっきりいって、日本は金しか取り柄がないんだよ。郵便貯金の個々
は小額の金で、たかが金だけど、金には血が通っているんだよ。少なくとも国民
預金者に被害が出ないようにする必要がある。普通の倒産事件では一億で1人死
ぬのだから、これは、500万人位死んでも良い規模の重大案件なんです。これ
に匹敵するのは、日本の国防問題、つまり日米安保くらいしかないくらいの大事
な話なんです。

外国人参政権とか、人権保護法案とか、私にも言いたいことはありますが、もう
そんなの関係ない。特定郵便局も、本当は世襲なんて気に入らないけれど、この
さい関係がない。今は、郵便貯金を守らないとだめなんだって。金がなくなって
から、後で文句をたれてもだめなんだって。

本当に民営化が目的で、財投を廃止したいというのなら、郵便貯金、簡易保険を
全額出資者へ払いもどすべきです。米国債も売ってしまえばよろしい。できるの
ならね。
Posted by shuji matsuda at 2005年08月10日 20:26

民主党はもともと民営化に賛成していましたよね。
しかし、あれだけ自民党案に対してガンガン反対してしまって…

郵貯をアメリカに差し出すことを非常に心配されていますが、主権移譲や共有の方が恐ろしくないか?
Posted by tenkaku at 2005年08月10日 20:53
>>shuji matsudaさん
>私は郵便貯金500兆円を小泉政権の好き勝手に使わせるのには絶対に反対です。

「郵便貯金500兆円」とは何を根拠にした何の数字でしょうか?確か、郵貯の資産総額は約200兆円規模のはずですが?
http://www.yu-cho.japanpost.jp/j0000000/ju050400.htm
次に、「その金を小泉政権が好き勝手に使う」とは、何を意味しているのですか?あなたの理解している範囲で結構ですので、ご教示ください。
Posted by ん・・ン・・? at 2005年08月10日 21:20
郵貯の金が国債と赤字体質の特殊法人ぐらいにしか投資できない現在の状況では、いずれ郵貯の預金は特殊法人に食い潰されますよ。
公社の幹部が恐れているのもそれです、赤字と解っている連中にしか投資できないから当然赤字になる。かといって公社のまま投資先を広げたら民業圧迫で銀行業界から猛烈な突き上げを喰らうのは目に見えてます。
公社の幹部は黒字の内に民営化して特殊法人向けの新規融資を徐々に減らすと共に少なくとも赤字にならない融資先に融資したいんですよ。
大赤字の末に民営化したJRは未だに時価総額を遙かに超える巨額の負債で苦しんでいます、仮にも元国営金融機関をそんな状態にしたらこの国の金融に対する信用は地に落ちますよ。

そもそも黒字金融機関の株式を買い占めるのに一体どれだけの金が必要だと思ってるんですか?
黒字の内に民営化すれば株価も高く、買収への障壁も当然高くなります。
赤字になってから慌てて民営化する方がむしろ買収の危険性は高いでしょう。

そもそも郵貯の預金限度はは1000万で限度一杯まで預金していてもペイオフの補償金額の範囲内です、民営化して万が一倒産しても現段階で郵貯に貯金している国民の資産は全額守られます。

間違えてはいけないのは、郵政民営化は来るべき人口減少国家ニッポンへ備えるための構造改革の一環であると言うことです。現在の人口増加が続くことを前提にした構造のまま人口減少へ突っ込むわけにはいきません。小泉総理は「郵政の様な巨大構造を改革できなくて何が構造改革か」と言っています。小泉総理は巨大構造改革を実現したという実績を作り、この実績を元に他の構造改革に取り組むつもりなのです、未来の日本を守るために。
Posted by at 2005年08月11日 02:49
落ち着いてこれも読んでほしい。
http://www.ryuji.org/topics/topic20050731.html
Posted by at 2005年08月11日 03:11
>落ち着いてこれも読んでほしい。
http://www.ryuji.org/topics/topic20050731.html

あくまで「まず民営化反対ありき」の意見ですね。
「何故民営化するのか」に弱々しく反論しているだけで
「何故民営化してはいけないか」については
「定額貯金や簡保を維持することが難しいから」くらい。

反対派の主張ってこのレベルしかないの?
Posted by at 2005年08月11日 07:35
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumivideo/2005/08/08kaiken.html
小泉総理の演説。この演説に匹敵する説得力のある反論なら聞きましょう。

と言うか反対派議員の本音なんて「ヤダヤダ、自分の票田が無くなるのはヤダヤダ」と言う一部の利益(票田と自分)しか見ていない理由ですよ。
反対派議員の票田とは何か? 全国特定郵便局長会(自民)と郵便労組(民主)ですよ。

いみじくも政治家なら国家全体の利益を考え、自らの不利益を敢えて被るぐらいの気概が無くてどうするんですか。
日本海海戦で帝国海軍連合艦隊旗艦を務めた戦艦三笠を買った時、海軍予算が尽き果てていたため
、時の内務大臣西郷従道と海軍大臣山本権兵衛は切腹する覚悟で予算を流用したと言います。
政治家に必要なのはこの気概ではないのですか?小泉総理は叩かれながらも一貫して郵政民営化を主張し続け、今国会でそれを実現しようとしたのです。小泉総理が郵政民営化論者であることを承知で自民党総裁にしておいて、その小泉総理の任期を利用して選挙を戦っておいて、今更「特定郵便局長会の突き上げが……」などと言って郵政民営化法案に反逆することなど許されますか?
党議拘束がかかっているのにも関わらず、それに反逆しておいていざ解散となったら「公認くれなきゃヤダヤダ」とみっともなく泣きわめくような政治家が信用できるんですか?
そんな連中を今後ものさばらせるのなら、この国の政治は未来において信頼に足るものと言えるんですか?
私が問題だと思うのは永田町のセンセイ様の腐った体質であり、この国の政治への信頼を損なってきた行為を未だに繰り返そうとするその愚行です。
Posted by at 2005年08月11日 10:06
なかなか面白いので始めてコメントをさせてもらいます。
それぞれの意見と異見面白いのですが、どれが一番正しいとも思えません。
小泉のやっていることを小賢しく褒め上げている自称右翼氏達の意見が多いので不快感を催します。
この人たちは今まで何を見ていたのか不思議です。小泉の言うことは初めから口先ばかりでリトル・ブッシュとなんら変らないどころかブッシュの飼い犬かペットの役割しかしていませんでした。
改革したと呼ばれるものは全部骨抜きです。小泉がやったという「変革内容」で前進したものがどこにあるのか示して欲しいです。看板の架け替えと右のポケットにある物を左にいれて、変った換わったと"てぼめ"しているのをぼんやりと天才詐欺師の言葉に驚かされているようにしか思えません。
竹中平蔵などまともに税金を払わないばかりかリップルウッドなどにに平気で国益税金を寄付している郵政改革などはじめから胡散臭いものだとどうしてわからないのでしょうか。
アメリカの立派な飼い犬を手元に置いているような変人以上の人の意見をもう一度正気に返って検証されることを望みます。
どの政党でもまともには賛成できませんがこの度の選挙は取り敢えず民主党に勝たせ,どの程度政権担当能力があるかやらせてみたら良いでしょう。
どうせ代わり映えしないでしょうから、そこで新しい動きが出てくることを期待したら如何でしょうか?
Posted by 佐々木恭治 at 2005年08月11日 14:56
>> 佐々木恭治さま
>この度の選挙は取り敢えず民主党に勝たせ,どの程度政権担当能力があるかやらせてみたら良いでしょう。

まぁ、民主党の幹部層が自民党の旧経世会、旧社会党メンバーで構成されている実態を確認され、再度コメントされることを希望します。佐々木さまは、彼らに何を期待されるのでしょうね?
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200506171230.html
Posted by ん・・ン・・? at 2005年08月11日 15:34
民主が前回の総選挙で何をやったかまさかお忘れですか?
選挙期間中あれだけ振りかざしたマニフェストを「政権取れなかったから無効」とふざけたことをヌケヌケと言いはなった政党ですよ?
公約をマニフェストと言い換えても、結局は選挙期間中の空約束としか思っていない連中にどうして責任有る国政運営が出来るのですか?

そもそも小泉構造改革が骨抜きにされたのは今回の造反議員達を初めとする、利権に拘泥する寄生虫のせいです。
亀井、野中、中曽根らを派閥ごと徹底的に骨抜きにしなければ自民党で構造改革など出来ません。
気付きましたか? そう、小泉総理は実に粛々と手を尽くして党内の抵抗勢力殲滅戦を行ってきたのです。
今回、古賀は小泉に屈しましたし、亀井派はもはや存続不可能でしょう。
構造改革を邪魔する古い自民党は「自民党が小泉を潰すか、小泉が自民党を潰すか」と言う首相の公言通り潰されようとしているのです。
亀井達の豚の様に泣きわめく醜態を国民に捧げて、ね。
Posted by at 2005年08月11日 15:54
民主党支持者は無礼ですね。
いきなり右翼呼ばわりとは。
加えて、意見の内容も具体性に欠けた誹謗中傷。
まるで部落解放同盟の糾弾会みたいだ。
Posted by 部落解放同盟の書記長は民主党の国会議員です。 at 2005年08月11日 16:00
佐々木恭治さん

小泉総理を支持したら右翼?
もの凄いレッテル貼りですね。
小泉総理は「公約」として挙げたものを、頑固にやり遂げる
本当に真摯な政治家だと思いますが。
約束したことを守ろうとする小泉総理は信頼出来ます。
それに引き替え・・・
郵政民営化に、なんの代案も出せない民主党。
選挙公約をあっさり撤回する民主党。
こんな不実な人たちから生まれる新しい動きになんて
とても期待できないです。

会社の労働組合の関係で、ずっと民主党に入れていたけど
今回は絶対入れません。
「紹介カード」もパスします。

Posted by at 2005年08月11日 16:53
>佐々木恭治さん

自民党の「郵政民営化反対」派の支持なら判りますが、
「国家主権の移譲や主権の共有」等と云う怖ろしいことを言う
民主党を支持しろというのでしょうか?

正直、社民党でもそんな狂った主張はしなかったと思います。
正気とは思えませんね。

それと首相を「小泉」と呼捨てにするのは止めましょう。
貴方が低レベルの嫌悪感で言ってるだけの様に聞こえます。
引用する個人に「さん」なり職名なりを付けるのはマナーだと思います。
Posted by 小野まさ at 2005年08月11日 18:41
小野まささん,

> それと首相を「小泉」と呼捨てにするのは止めましょう。
貴方が低レベルの嫌悪感で言ってるだけの様に聞こえます。
引用する個人に「さん」なり職名なりを付けるのはマナーだと思います。

> 万が一民主が勝ち、*岡田*が総理になるようなことがあれば、日本は中国共産党の軍門にくだり、搾取され続けることになり、それは日本の終りの始まりです。

Posted by あ at 2005年08月09日 06:34さんのポストには「さん」がついていません。

別に批判もされてませんよね。
「首相」なら「さん」つけ,野党党首には「さん」なしという扱いですか?

もし小泉「さん」が首相おやめにでもなると小泉,でいいという事になりますか?

以前,わし,僕,私とかで大議論になってたことありますが 英語で言えば,I, フランス語で言えば jeしかないわけで、こんな話題は日本語だけでしか楽しめませんが、この「さん」については些細なことですが、小野まささんの言われるマナーとはどのような基準なのかちょっと疑問に思ったものですから...。
Posted by th at 2005年08月11日 20:53
>ネコノテさん
 郵便局は現在公社となり民営化の準備期間にすでに入っております。実は今がロスタイムだったりします。(このままか、民営化かです)

 私は「年次改革要望書」についての書き込みばかりしていますが、それは「人権擁護法案」のときと同様、「郵政民営化法案」にも日本国内で表に出てこない部分が多分にある為です。

以下、8月8日のフィナンシャルタイムズ記事 http://news.ft.com/cms/s/ae844de4-0834-11da-97a6-00000e2511c8.html
歴史は現代のジレンマに直面しました。
小泉純一郎(日本の首相)は、国のその膨大な貯金を持った郵便局を民営化する彼の壮大な計画についての否決され、選挙へ行くでしょう。今のところ、日本の保守主義の共産主義的社会の一員は反官僚的で民営化する急進主義の支持を得ました。国際金融業は、日本の貯蓄のその350兆円を手に入れるためにもう少し長く待たなければならないでしょう。(以上前半の翻訳です)

 米の金融界は350兆が手に入るという認識です。
350兆です。米が大規模に工作していると考える方が自然ではないでしょうか?


Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月11日 20:58
shuji matsudaさん,

> 今度の郵政民営化で、問題なのは、郵便局の問題ではなく、郵便貯金と簡易保険
の巨額の資金を誰が使うのか、ということであって、それ以外ではないんです。

これでピンときましたがブッシュ政権が必死で法案化しようとしてるsocial security privatization、(年金の民間化?)とコンセプトは全く同じですね。この郵政法ってアメリカの影がいつもちらついていますが,そう言われるとかなりくさい。ほんとの売国奴は必ず政敵を売国奴呼ばわりして目をくらまそうとしますしね。
Posted by th at 2005年08月11日 21:22
隠者の夕暮さん、

24秒違いでアメリカの影の事が出るのはまさにSynchronicityですね。
この記事の後半は有料なんですね,15日ただでも面倒なので諦めました。privatizationの訳は隠者の夕暮さんが使われているように民営化でしょう,修正します。
Posted by th at 2005年08月11日 21:38
 後半も入れると長くなり過ぎるかなと思いカットしてしまいました。(客観的に見ると示威的な引用をしているようにみえますね。)私の考え足らずでした。
以下後半部分です。

 しかし、来月の抜き打ち選挙は、日本の中国と朝鮮との関係の恐ろしい状態で民営化でのと同じくらいに注目するでしょう。ここに、問題では、日本の保守主義の別の顔があります。戦争に関して有罪に感じる抵抗。その抵抗の重要なシンボルは、日本の戦死者に敬意を払う小泉氏の東京の靖国神社への訪問でした。次の月曜日彼が戦争の終了の60周年記念のそのような訪問を備えた選挙運動をしてもよいという推測があります。世論調査は、行かないために表明した大多数がそれを「より賢明である」と思うことを示します。小泉氏は虚勢と会話を中国人に頑なであると思うかもしれません、予想より多くの投票を勝ち取るでしょう。


Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月11日 21:56
>thさん
>別に批判もされてませんよね。
>「首相」なら「さん」つけ,野党党首には「さん」なしという扱いですか?
>もし小泉「さん」が首相おやめにでもなると小泉,でいいという事になりますか?

うーん、
これは何か含む処を持っておられるのでしょうか(笑)。

僕は「あ」さんの発言は読んでないし、今回は反論のついでに指摘したのであり、そういう投稿全てを嗜めるのは却ってスレの混乱になるでしょう。そして、民主党の岡田氏を呼び捨てにするのにも僕はやはり不快感を覚えますね。個人に対して苗字の呼び捨てはやはり失礼と思います(有名人の場合、芸能人的に姓名をフルで呼ぶのは可)。
貴方はそうは思わないのかな?

>以前,わし,僕,私とかで大議論になってたことありますが 

akimitsu さんの自称に関しては、僕は特に意図は無いのです。
あれは誰かが「ポチ」の意味を聞いてたんじゃなかったっけ?
それで「ポチ」と「わし」が揃えば、誰でも想像する小林氏の名前を出したのです。
Posted by 小野まさ at 2005年08月11日 22:00
小野まささん,

> うーん、
これは何か含む処を持っておられるのでしょうか(笑)。

なんかお互い探りを入れてるような...。

> 僕は「あ」さんの発言は読んでないし...

全部目を通してらっしゃるという前提からの疑問でしたのでおかしいな,と感じた次第です。

>貴方はそうは思わないのかな?

投稿者同士,呼び捨てにするのは非常に非礼な事だと思いますしそれを見たら非常に不快です。ただ政治家,芸能人、全てパブリックドメインだと思っていますから呼び捨てにしようが様付けにしようが罵ろうがばかにしようがあまり気にはなりません。

多分,かの国では将軍様の「様」を抜いただけで強制収容所送りじゃないでしょうか?我が国ではそのへんの自由は満喫したいですね。

> それで「ポチ」と「わし」が揃えば、誰でも想像する小林氏の名前を出したのです。

その議論にはは小野まささん以外にも多数参加されていたようなので別に小野まささんを特定しての疑問ではありませんでした。
単純に日本語のヴァリエーションを楽しみたいという事です、個人的には。「おれ」、「わたし」、「ぼく」、「わし」、「あたい」....こんな言語って他にもあります?だから自分の事を色々な呼び名で表現しそれだけからいろんな事を読み取る事ができる日本人(日本語の精通者)同士の会話はおそろしく精密ですばらしいと思っています。逆にそういうことが欠点になることはありますけどね。
Posted by th at 2005年08月12日 13:59
隠者の夕暮さん、

後半の訳出ありがとうございます。

フィナンシャルタイムズの記事ですから後半も経済の視点からの批評が続くものだとおもっていました。しかし靖国参拝を政治的に利用するパフォーマンスであるというシニカルな見方も不可解な事ではありませんね。
Posted by th at 2005年08月12日 17:06
隠者の夕暮 様

>日本の保守主義の共産主義的社会の一員は反官僚的で民営化する急進主義の支持を
>得ました。国際金融業は、日本の貯蓄のその350兆円を手に入れるために
>もう少し長く待たな>ければならないでしょう。(以上前半の翻訳です)

>米の金融界は350兆が手に入るという認識です。
>350兆です。米が大規模に工作していると考える方が自然ではないでしょうか?

資金運用の専門家として、以下コメントいたします。

まず、FTのこの記事は、意味がわかるように(まさしく「意訳」)すれば、以下のようになります。

「郵政民営化法案否決で、今まで財政投融資や国債等極めて限定的/クローズドな運用に廻っていた3兆ドルといわれる郵貯・簡保の金融資産が(効率的な運用を求めて)世界の金融市場に流れ込むには今しばらく時間がかかるだろう」

つまり、FTの記事は、郵貯資金の「運用先」につき述べているだけです。

郵貯資金が誰か外国人の所有物になるという意味では全くありません。

どなたが訳したのかは存じ上げませんが、「350兆円を手に入れる」云々は、小泉首相を揶揄するが為の訳と推測されます。

このように外国の記事を(確信犯的に)「誤訳」して、投資に不案内な年配の方々を騙している人物が存在するならば、極めて悪質と言わざるを得ません。

専門家として見過ごせなかった為、コメントさせて頂きました。

尚、金融市場が国際化された現在、運用を国内だけに限定するのは極めて非効率なこと、ある意味「危険」な状態であることを最後に指摘しておきます。




Posted by 証券アナリスト at 2005年08月12日 18:33
>証券アナリスト氏
ご指摘ありがとうございます。情報を提示するはなかなか難しいものですね。

global finance industry will have to wait a little longer to get its hands on that $3,000bn of Japanese savings.
世界の財政産業は、少し長い間、その3兆ドルの日本の貯蓄を手に入れるのを待たなければならないでしょう。
 以上、ご指摘の部分をエキサイトで自動翻訳にかけてきました。
 日本人の視点から見れば「世界の金融市場に流れ込む」ということは「世界の金融市場に流出する」と同じ意味になるのではないでしょうか。
 私は「非効率」な事が悪い事だと思えません。「非効率」でも国民の財産が保たれていれば無問題です。(お金持ちになれない人間の発想です。)

 また小泉郵政案では外資規制の文言もないので、民営化後10年かけて放出する予定の株式をフジ、ライブドア騒動のときのように外資に51パーセントおさえられたなら「誤訳」のように「日本の貯蓄のその350兆円」は外資(単独ではないでしょうが。)に「手に入れ」られてしまうのではないでしょうか。
Posted by 隠者の夕暮 at 2005年08月12日 22:35
帰省直前のタイミングで書き込みます。
FTの当該記事は、海外メディア・ウォッチャーの間では、すでにトンデモ論説の烙印を押した
電波記事なのに、ネット上あちこちでコピペされまくり、しかも自動翻訳を通しただけの
幼稚な日本語の翻訳文のままでコピペし、その行為自体も悪質であるが、この記事を
自らの立場のソースにしようとする人たちもまた悪質である。

このエントリーを上から読んでいて、排外的孤立主義者とおぼしき人(少なくとも私には
そう見える)のコメントを見て気持ち悪くなり、私自身、黙っていられないと感じていたところ、
本業にしている証券アナリスト氏がコメントを寄せてほっとした。

Ronald Dore (ロナルド・ドーア)が何者かを知ってコピペしているのですかね。
彼は、日本社会研究の“社会学者”で、RIETI にも客員として迎えられたロンドン大学ロンドン・
スクール・オブ・エコノミクスの教授だった人。サイトのスタッフリストにはないので今は
フェローとしてご隠居の身のようです。

さて、Dore 教授の過去の業績を否定するつもりはさらさらないが、どうも現代日本の
ダイナミズムにはピント外れで、使い古された古い日本分析モデルで現在の日本を
見ているようで、この記事はネイティブ日本人には訴求力がない。
Dore 教授のここ数年の言動を見ると、ネット・テクノロジーを甘く見ているようで、
おそらくネットを毛嫌いする“News 2X”のキャスターか、かつては“知性の巨人”と
呼ばれた男の老いぼれた姿を見るかのようです。

投稿記事ではない、FTの社説には多少まともな郵政解散の分析記事もあるのですが、
それにしてはガーディアンもエコノミストもFTも、BBCも、
ブリティッシュ・ジャーナリズムのインテリジェンスは大丈夫なのですか?

改めて問いたい、郵便貯金の高い利子払いのために、巨大な郵貯マネーをいったいどこに
投資しようと主張するのですか。
利回りの低い日本国債につぎ込むだけですか、国内企業に投資先を見つけるのですか。
郵貯マネーを狙っているのは海外ファンドだけではない、これをビジネスチャンスと捉える
国内ファンドも存在することを忘れずに。
Posted by じゅあん蜂 at 2005年08月13日 17:03
私思うんですけど、民主党の岡田党首は、万一政権が取れたら、どうするんでしょうね。「取れるかもしれない、でもまた取れねぇだろうっ。」て思ってるとしかどうしても思えなくって・・。
Posted by ma at 2005年08月17日 21:22
小泉「さん」が首相になった時もそうですが、自民一辺倒の支持には違和感を覚えますね。
今出ている自民党の改憲案では言論の自由に制限が加えられています。私にとってはこの問題に比べれば郵便局など小さなものです。
当然、書き込みをされている方々はご存知だと思いますが、私はこの1点でも十分に自民党を支持しない理由になります。
Posted by 不支持です。 at 2005年08月26日 06:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


小泉・自民党:頑張れ!反乱族議員・官僚民主党:落選させろ!
Excerpt:  「日本国憲法・第七条により、衆議院を解散する!」  ”政界のブルドック”(ブル
Weblog: ブログ・カミカゼ:燃えよ!ニッポン:武士の国!
Tracked: 2005-08-08 23:24

衆議薗散の意味
Excerpt:  郵政民営化貌が参議院で否決され、衆議院の解散が決まった。これから熱い選挙戦が始まるが、どんな政局になるだろうか。自民党は割れるのか。民主党に政権が移るのか。様々な可能性が予想できるが、政界が大きく変..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-08-08 23:34

郵政法案を否決、衆院解散へ
Excerpt: 郵政民営化関連6法案は、8日午後の参院本会議で採決が行われた結果、自民党内の造反によって17票差で否決された。「法案の否決は内閣不信任とみなす」と公言してきた小泉首相は同日の同党臨時役員会で、衆院解散..
Weblog: 東亜マンセー協会
Tracked: 2005-08-09 08:41

こんなことも出来ない国ってなんなんだろう
Excerpt: いよいよ解散・総選挙。コイズミガンバレ。大きい政府はもういらない。もっとおおくの声を上げないと魑魅魍魎にくいつくされるぞ、この国は。
Weblog: おれさま日記
Tracked: 2005-08-09 09:40

2005/8/9 粛正解散
Excerpt: 今度の選挙。 衆院解散ですが、昨夜の小泉演説を生中継で聴いていましたが、小泉は争...
Weblog: 提督の野望 海軍広報
Tracked: 2005-08-09 12:27

2005/8/9 粛正解散
Excerpt: 今度の選挙。 衆院解散ですが、昨夜の小泉演説を生中継で聴いていましたが、小泉は争...
Weblog: 提督の野望 海軍広報
Tracked: 2005-08-09 14:01

小泉改革の本質とは?
Excerpt:  ついに解散となった。争点は、何と言っても小泉政権の四年間をどう評価するかであろう。小泉首相の言い分は、昨8月8日、20時30分からの首相記者会見でも実にはっきりしている。全文は「官邸のページ」で読め..
Weblog: 杣山人御留
Tracked: 2005-08-09 15:21

郵政民営化法案 参院否決
Excerpt: 本日8/8(月)の参院本会議で郵政民営化法案が賛成108票、反対125票で反対票が18票上回り否決されました。 これで小泉首相が言い続けてきた様に「衆院解散総選...
Weblog: 応援者ハムファイター
Tracked: 2005-08-09 15:30

漢……小泉、有言実行シュッ≡o( )○☆)ロ゜)ノぐぇ
Excerpt: さて、今回は思いもよらず郵政解散となったが、マスコミの意図的な編集や、胡散臭いコメンテーターにまどわされて、小泉首相が本当に言いたかった事を見失ってしまったのではないだろうか。 私はそう思えてならな..
Weblog: 雲外蒼天??うつ病との悪戦苦闘日記??
Tracked: 2005-08-09 17:40

新党立ち上げ
Excerpt: 反対派議員たちは新党を立ち上げるそうだ。ぶっわははは!!やれやれぃ!!党名は「新生自民党」かぁ?!いやいやそんなかっこいいものじゃないでしょう!「自民党裏切り者の党」、「保守抵抗勢力の党」、「改革はお..
Weblog: ikeday1な日々
Tracked: 2005-08-09 18:34

郵政民営化と構造改革
Excerpt: 郵政民営化ごときで躓いていては構造改革などできはしない
Weblog: 曇りのち晴れ
Tracked: 2005-08-10 00:35

the German perspective on the Elections in Japan
Excerpt: &nbsp;  First of all I want to make clear, that I am not arogant and think that&nbsp;the political ..
Weblog: ★ハンブルグの以蔵 〜〜〜 Izou in Hamburg ★
Tracked: 2005-08-10 01:39

千葉モノレールと郵政解散
Excerpt: 仕事で千葉市内に行った帰りに、千葉モノレールの県庁前から千葉駅まで乗車しました千葉モノレールのこの区間、こんな報告が出るほど採算性が悪い路線です今回、平日の夕方に乗車したのですが、乗客は20名程度徒歩..
Weblog: 砂鉄球手箱
Tracked: 2005-08-10 01:49

小泉総理はどこまでも本気
Excerpt:  自民党は、造反組の代表格である小林興起氏の選挙区に、小池百合子環境大臣をぶつけるそうです。  総理怖ぇ……どこまでも本気ですね。  こうなってくると、反対派の「総大将」である亀井静香氏に..
Weblog: 雑記帳
Tracked: 2005-08-10 10:13

ちょっとまじめに・・・
Excerpt: 先日、郵政民営化が否決されて衆議院が解散しました。(いきなりまじめですみません) 最近ひょんな事から日本の近代史及び政治に興味を持つようになりました。 実は、選挙権を得てからいままで十数年間(歳がばれ..
Weblog: MOYAの隠れ家・・・本家
Tracked: 2005-08-10 17:35

ブロガーの選挙戦は8月29日まで
Excerpt:  衆議院が解散され、いよいよ衆議院議員選挙になる。8月30日公示、9月11日投票である。すでに多くのブロガーが選挙関連の話題をあつかっているが、やはり今度の選挙は「皇国の興廃この一戦にあり」と位置づけ..
Weblog: 時事評論@和の空間
Tracked: 2005-08-10 18:57

小泉信者の盲信ぶり
Excerpt: 自民党は9日、郵政民営化関連法案に反対した小林興起前衆院議員(亀井派)が次期衆院選で立候補する東京10区に、小池百合子環境相(比例近畿ブロック)を擁立する方針を固めた。同党は小林氏ら法案に反対した37..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2005-08-10 21:57

解散総選挙!---私達にできること
Excerpt: 反対・欠席・棄権した議員の他にも、前回の衆院選で落選した候補者の中に、構造改革に抵抗すると思われる人達がいます。こうした人間が党執行部の過誤で公認を受けないよう、自民党に情報提供するということも、私達..
Weblog: 思い出し笑い
Tracked: 2005-08-11 06:53

公務員厳罰法
Excerpt: 公務員が職務に関することで、法律を侵した場合、その罰は民間人の3倍にする。 そういう法律ができないものでしょうか? こういうことをしていかないと、公務員の犯罪は少なくならないと思います。 不祥事を起こ..
Weblog: 日本国初代大統領を目指せ!
Tracked: 2005-08-11 11:49

ブッシュ大統領靖国神社参拝(?)
Excerpt: アメリカのスタンフォード大学教授だった片岡鉄哉先生が発起人に就任されました。片岡先生は、在米日本人として、日本の憲法改正とアメリカ大統領の靖国神社参拝の実現のために尽力してこられた方で、以下のようなメ..
Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
Tracked: 2005-08-12 13:52

自民同士討ちによる民主漁夫の利への不安
Excerpt:  郵政解散が行われ、政府支出の規模を減らす小さな政府を目指すのか、その逆の大きな政府を目指すのかが選挙の総点になりそうな気配である。  ≧が国の問題として、郵政だけではなく憲満正、拉致、靖国、歴史教科..
Weblog: こん
Tracked: 2005-08-14 19:16

郵政解散…総選挙 投票日9/11
Excerpt:  郵政民営化関連貌が参議院で否決され、総選挙(9月11日投票)が行われることとなった。  自分自身が以前から考えていた問題意識と、投票日までに知り得た情報を基に投票しに行きたいと思う。  みなさんにも..
Weblog: こん
Tracked: 2005-08-14 19:17

■巻頭記事-郵政選挙??『岡田代表の決意、国民の声…』
Excerpt: ・人の批判はいいから、自分のことを…
Weblog: ■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)
Tracked: 2005-09-08 22:02

選挙
Excerpt: 選挙選挙(せんきょ)とは、首長や会議の議員、団体の代表者や役員を選び出すこと。多くの場合、投票によって行われる。選挙に投票する権利のことを選挙権、立候補する権利のこ..
Weblog: あかねの日記
Tracked: 2007-07-24 05:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。