2005年09月02日

シーハンさんの一面

アメリカ南部を襲ったハリケーン、カトリーナで、死者は数千人になりそうだというニュースには驚きました。アメリカほど高度に発達した先進国ですら、自然の力の前にはかくも脆いものかと思い知らされました。アメリカは超大国なので、外国からの支援はいらないと思われるかもしれませんが、とんでもありません。東南アジアの津波に競って人道支援をした国々が、アメリカで起きた大災害にどんな態度を取るのか、アメリカ人は見ています・・・。

さて、以前のエントリー<パースペクティブ>で紹介した、イラク戦争で息子のケーシーさんを失い、ブッシュ大統領との面会を求めている「反戦運動の象徴」シンディ・シーハンさんは、アメリカ史に残る大災害について、声明文の中でこう述べています。

ジョージはゴルフを終えてサンディエゴでおとぎ話をしています。これから彼は、ルイジアナに行って彼の環境政策の失敗と殺人政策が何をもたらしたかを見るわけです。・・・地球温暖化のせいだと言ったら、ナチの連中からここぞとばかりに陰謀論者として叩かれるでしょうが。


以前のエントリーでは、シーハンさんの人物像を一切紹介しなかったので、シーハンさんはイラク戦争で息子を失い悲しみに暮れる母親で、むしろマスコミの被害者と映ったかも知れません。しかし、未曾有の大災害を前にして、それすらブッシュ大統領の責任にするシーハンさんは、ただの悲嘆に暮れる母親ではありません。

上に紹介した文章で「ナチ」と訳した原文は「ライヒ・ウィンガー」で、右翼という意味の「ライト・ウィンガー」と、ドイツ語で帝国を意味する「ライヒ」を掛けた言葉で、サヨクの間で良く使われるスラングです。日本語にすると、むしろ「ウヨ」というニュアンスに近いかもしれません。こんな言葉を声明の中で使うシーハンさんは、相当に党派性の強い人です。

ブッシュ大統領は、ハリケーン災害のために夏休みを切り上げ、テキサス州クロフォードの牧場を離れましたが、シーハンさんの戦いは続きます。

私たちはキャンプ・ケーシーをたたんでクロフォードを離れ、ジョージの仕事場に向かいます。彼は、彼の雇い主である私たちと会って、仕事の評価を聞こうとしません。だから私たちは彼の所に行って話をしなければなりません。


というわけで、シーハンさんは8月30日に仲間たちとバスに分乗し、休暇を終えたブッシュ大統領を追い、ワシントンに向けて出発しました。バスは3つのルートに別れて25の州を通り、平和のメッセージを広げながら3週間かけて移動します。

こうした活動は、もちろんシーハンさん一人ではできません。シーハンさんのバックには、たくさんのサヨク団体がついています。MoveOn.org という大きなサヨク団体は、200万ドルの寄付を集めて、シーハンさんを起用した反戦コマーシャルをテレビで流しました。シーハン現象は、当初こそ草の根だったかもしれませんが、それをサヨク団体が活用し、マスコミに取り上げられることで急速に拡大したのです。

こうした周囲の騒動に、シーハンさん自身は戸惑うどころか、政権批判のボルテージは上がる一方です。

ケーシーは石油のためにイラクで死んだのです。1ガロン3ドルで石油を買うために息子は死んだのです。やっぱりそうでした。私のかわいい息子と、1900人近い他の人たち、そして何万人もの無実のイラク人たちは、油田が「テロリストの手に落ちないように」、そしてジョージと彼を取り巻く強欲な盗人貴族の不埒な一味をより豊かにするために死んだのです。


去年の春、イラクで起きた日本人人質事件では、人質の家族が党派性をむき出しにした政権批判をして、逆に国民の非難を浴びました。肉親の救出を求める家族の気持ちは理解できますが、それをダシにしてイデオロギー闘争を繰り広げれば、「この人たちは、むしろ肉親の不幸を政治目的に利用しているのではないか?」と疑いたくなるのは当然です。

シンディ・シーハンさんの活動はそれとよく似ていて、ブッシュ政権を支持する保守派は「彼女は自分のサヨク的政治目的を叶えるために息子の死を利用している」と批判しています。そしてその声は、当初彼女に同情を寄せた一般の人々の中にも広がり始めています。ワシントン・タイムズの記事によれば、シーハンさんを支援してきたサヨク団体も、このままでは逆効果だと気付き、支援を控えて運動を「草の根」に戻そうとしているようです。

しかしシーハンさん自身は、そうしたサヨク団体の方針に従いそうもありません。彼女がキャンプを張り始めたそもそもの理由は、ブッシュ大統領に会って話しをすることだったはずですが、AP通信の取材に対してこんなことを言っています。

振り返ってみると、彼が私に会わなかったことは、とても、とても、とても良いことだったと思います。なぜならそれにより平和運動に火がついて盛り上がったのですから。もし彼が私に会っていたら、私は家に帰り、それっきりだったでしょうからね。


シーハンさんとその支援者たちを乗せたバスは9月24日にワシントンに到着して、反戦デモに参加します。日本では選挙も終わり、自衛隊のイラク駐留延長を巡って議論が高まる頃にあたります。



banner_03.gif
この記事へのコメント
左翼の人達が弱者を利用するという構図は古今東西変わらないものですね。
離婚して家をでた私の母が共産党系団体の弁護士に借金の整理の相談に行ったところかなり冷たくされたそうです。
「有名な弱者」には手厚い保護を
「無名な弱者」には軽蔑を
というところでしょうか。
Posted by 包丁熊五郎 at 2005年09月02日 13:45
今回の記事に関係ないんですが、ちょっと興味があります。
>共産党系団体の弁護士
弁護士が右か左かは、どこで調べれば良いのですか?自分がプチ右翼で頼んだ弁護士が左翼だったら、お金払った上で不利な目に遭いそうな気がして何だかイヤですね。
Posted by P at 2005年09月02日 14:23
良心的な反戦運動家ならここはひとつ、一旦旗を巻いて災害救助に全力を尽くすべきではないでしょうか。
そーゆーかたちの人心掌握もアリかと思うのですが、アメリカだと事情が違うのでしょうか。下手に動くと略奪者と間違われて射殺とか、あるんでしょうか。
日本の報道では被害のひどさという数値的な話ばかりで果敢に立ち上がる現地の人というところに焦点が当たっていないのですが、実際当てようもないのでしょうか。
夏の死体処理の無惨さ凄惨さは公衆衛生からも人心の安定からも早急に進めなければなりませんが、隣州の兵隊が災害救助ではなく治安維持に努めなければならない事態が示すアメリカというものは日本の災害時と較べかなり闇が深そうです。
反政府と云う事で目が見えなくなっている場合ではないと思うのですが。
Posted by mimiga at 2005年09月02日 14:23
>>Pさん
ご心配なら、依頼する弁護士の名前をネットで検索にかけてみては?そちらの活動に熱心な方は、何らかの活動に名前を列ねていることが多いですから。(もちろんイデオロギー色のない活動に職業倫理から参加されている方も沢山いますが)
弁護士といえば、一部の左まきの方々ばかりが目立つかもしれませんが、基本的には、みんな法学を学んだ人種ですから、穏健な保守くらいの立場の人が多いものです。(同業者の活動家の「うさんくささ」に内心うんざりしている人も多いですしね)
Posted by その道の者 at 2005年09月02日 15:22
>>Pさん
共産党系な事は明白ですよ。
市会議員の事務所で法律相談してた人ですから。
Posted by 包丁熊五郎 at 2005年09月02日 16:22
いつも楽しく読ませていただいております。

あちらでも、こちらでも
サヨクイデオロギーに身を焦がす方々のかくも醜い事、目を覆いたくなりますね…。
日本でもキャンペーンとして使用されるであろう彼女の事を事前に知ることができたのは幸運でした。
まことにありがとうございます。

この手の人たちは自分の正義を疑わないのでしょうね…。イラク人質事件のときもそうでしたが、自分が支持されて当然だと考えておられるのだろうなあと推察いたします。
電話で意見募集したときの国民からのバッシングでようやく世間と自分達の乖離に気づいたのが人質事件の顛末でしたが、シーハンさんはどんな結末を迎えられるのでしょうか…。
経過のほうをこちらでまた読ませていただける事を期待しています
Posted by さくら at 2005年09月02日 16:45
 そうですね。朝日はドラえもん基金を当然アメリカの台風被災への基金としてやるべきでしょう。災害は国籍は関係ないのですから。
Posted by 紀伊国屋 at 2005年09月02日 17:15
左翼は災害のときは何もしない。
阪神大震災のときも何もしなかった。
山口組傘下の右翼団体が駅前で炊き出ししたり、
弁当をくばっていたので、なんだか複雑な
気持ちになった。
今回のハリケーンで、テレビ朝日がどらえもん
募金を募集しないのが激しくむかつく。
赤十字も募金を募集していないようだが、
どこか信頼できる機関が募金を募集しないだろうか。
災害は緊急を要する。
こうしている間にも人々が衰弱して死んでいる。
今回はどこも動きが遅い。
大いに不満だ。
Posted by 猫メディア at 2005年09月02日 18:05
そういえば、サヨクさん達は、自然災害時に被害者救援に立ち上がらないですね。
>>猫メディアさん
ドラえもん募金は色々言われてますよ。
↓Googleで「ドラえもん募金」って検索した結果です。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93%E5%8B%9F%E9%87%91&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
「ドラえもん募金 北朝鮮」もお薦めします。

で、今回の各機関の初動が遅いことに関しては、アメリカが世界一の経済大国だからではないでしょうかね。自国で何とかなるだろうと。また、アメリカも世界一の自負があるでしょうし。被害の大きさ、実態が報道され始めたのも昨日・今日ですし。
でも、各国は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050902-00000026-san-int
動いてるみたいですね。(スマトラ時程ではないですが。)
Posted by くらん at 2005年09月02日 18:26
上でくらんさんも書かれてますが……
ドラえもん募金と云えば、VAWW-NETジャパンと繋がりのあるAMDAとか、
あのピース・ウィンズ・ジャパンなんぞにも集まった募金を流してました。

募金はあって然るべきですが、ドラえもん募金は無い方は良いと思います。
また変なところに流されるでしょうし。
Posted by 詠み人知らず at 2005年09月02日 18:44
宇多田ヒカルって左翼の部類なんですかね。
大阪教大付属小の犠牲者の子が自分のファンだと聞いて「○○ちゃんへ」とプリントしたCDを出したり、スマトラ沖地震で「自分にしか出来ないチャリティーの方法を思いついた」と発表、その後音沙汰がなかったり。被害者のため直接的に何かしてあげたという話を聞いた事がない。
イラク戦争が始まった時は
「賛成する人も無関心な人も同罪」
「始まったからにはうまくいってほしい。がんばれ地球」
と何を主張したいのかイマイチ分からない日記を公開。

旦那の作った「キャシャーン」という反戦映画(本人が反戦がテーマだというからそうなんだろう)も、「あれで泣けるか」のような教育素材みたいな臭いがしました。(それでも泣いたという人はけっこういた)
夫婦で反戦主義のようだけど、反戦活動をしたという話は聞かない。坂本龍一のほうがまだ理解できる。

自分の子供に捧げられたCDが何十万枚も出れば親は嬉しいかもしれないし、戦争もないに越した事はない。しかし「本気でそう思ってるの?」とついつい疑問を持ってしまう。
Posted by コーラ at 2005年09月02日 18:47
>らんさん
たしかに、ドラえもん募金には黒い噂が
つきまとうのはたしかですね。
イラク支援募金に関しても、イラクの困窮した
子供たちではなく、左翼系NPOに
資金が分配され、日本からの援助は
実際の困った人々の手には渡らなかったとの
話が多数聞かれます。
ですから、私は、今回は赤十字が募金を開設したらそちらに募金しようと思っています。

それから、金持ち国家という点では、
日本で発生した阪神淡路大震災の時もそうですが、実際に被災しているのは一般庶民ですので、
やはり、豊かな国であろうと、貧しい国であろうと援助は必要なのだと思います。
阪神淡路大震災のとき、各国が人命救助のために
人員を派遣するよう申し出たのですが、
当時の村山社会党政権は、「日本は豊かな国だから自前でやる」として大部分の救援を断りました。
そのすえに十数時間の放置です。
おかげで多くの人が亡くなりました。
村山首相は後の会見で放置した理由を
「京都の知り合いに電話で尋ねたら、たいしたことないといっとったから」と釈明していました。
当時の悲劇を繰り返さないためにも、
早急な救援が望まれるところです。
Posted by 猫メディア at 2005年09月02日 20:13
>くらんさん
すいません。
送信するとき、お名前が切れてしまいました。
失礼いたしました。
Posted by 猫メディア at 2005年09月02日 20:17
シーハンを右か左とかに分けるのは無意味じゃね
一時は戦争に出かける息子を誇りに思ったが、
失ってみてた時に、なんのために息子は死んだ
のかと自問するのは当然だし送り出した自分の
愚かさをも悔やむものだよ。
それが母親の気持ち、親の気持ちだろう。
分析すりゃあ身勝手さ。信念が無いともみえる。
バカだと思うね。
だけどそれが人だし、親心だよ。
執拗にシーハンを取り上げるのも何か違う気が。

送り出してしまった自分の罪を償うためにも
自分と同じ境遇の人が増えないように
反戦キャンペーンをやるそれ即ち反ブッシュ。
そういう心の揺れを感じません?
基本的には直情的で賢くないですから、
左翼プロパガンダを逸脱し始めて団体連中が
去っていくのも当然でしょう。
左翼活動家というより母親なんでしょう。
活動家だとしても即席じゃないかな。
シーハンを吊るし上げてもなんかなあ。

生きていてニコニコと楽しそうに
休日を過ごすブッシュを見れば
地団駄踏むような悔しさがでるだろうし。
もう息子は笑えないのよ!って。

たしか先週のスマステであっさり風味に
シーハンを取り上げてるの見た気がする。
とりあえず偏向してないまともな報道だったよ。
今更ながら売国左翼は嫌いです、あしからず。
Posted by 緒川たまきファン at 2005年09月02日 22:35
はじめまして。
いつも興味深く拝見しております。ありがとうございます。

>> 緒川たまきファンさん
>送り出してしまった自分の罪を償うためにも
>自分と同じ境遇の人が増えないように
>反戦キャンペーンをやるそれ即ち反ブッシュ。
それで世論が動きブッシュが去ったら、シーハンさんは満足なのでしょうか?
大統領が代わったからといって、米国兵士が命の危険を伴う場所に赴くことが無くなる保証はありません。
同じ境遇の人が増えないようにと望むなら、兵役につく子息を持つ親たちや兵士たち自身に、軍を辞めるよう説得していく等の活動をした方が良いと思うのですが。

兵役に就いた息子の意志を尊重せず、イラクに赴く息子のリスクに思いもはせず、突然の不幸に見舞われたかわいそうな母親である自分の恨みや悲しみを、ヒステリックに民主主義国家の大統領個人にぶつけるというのは十分現在の左翼的思想だと自分は感じました。

Posted by Swirl at 2005年09月02日 23:50
 なんだか、イラクで殺害された香田証生さんのご家族の
「事件を政治活動に利用したり、募金活動などを
行わないでほしい」という言葉を思い出しました。

 (経緯など詳細はこちらのブログ参考。↓)
November 02, 2004 香田君の両親が民主党らに「政治利用するな!」
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200411021840.html
November 01, 2004 香田さん殺害事件における民主党の能無しっぷり
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200411010012.html

少しずれますが、確か香田さんが殺害されてから以降、
日本のマスコミは、テロリストに対する認識を改めたのか知りませんが、
それまで「ビンラディン 氏 」・「ザルカゥイ 氏 」という呼び方をしていたのをやめて、
「ビンラディン 容疑者 」・「ザルカゥイ 容疑者 」という呼び方をするようになりましたよね。
Posted by ぽろろっち at 2005年09月03日 00:37
>ヒステリックに民主主義国家の大統領個人にぶつけるというのは
>十分現在の左翼的思想だと自分は感じました。
確かにヒステリックですよね。
応援していた人や真っ当な左翼?まで引いて。
理論的打算的でないそれを「母親の感情」と私は表しました。

彼女をイデオロギーとして扱ったのは彼女を担いだ左翼団体ではないかと。
それからメディアがヒロイズムに飛びついた結果もあったろう。
ちょうど反戦気分が高まった時に現れて偶像にされたのかと。
発言の端々に極左の人が使うフレーズっぽい強引なのがあるが
ほとんどビョーキの極左が取り巻いていそうだ。
必死こいてブッシュ攻撃の材料を詰め込んだのだろう。

まあ私が言っているのは憶測ばかりでどうしようもないんですけどねぇ〜。

まずは息子を失った母親という視点が一番大きいと考えています。
それでブッシュ憎しと思うのも当然ではないだろうか。
それを一括りにして左翼で斬って捨てるのも合わない気がする。

死んだ息子、送り出した自分、戦争を指導するブッシュ。
彼女はこのトライアングルを物差しに考えてしまってる気がする。
Posted by 緒川たまきファン at 2005年09月03日 01:13
>>猫メディア さん
>>当時の村山社会党政権〜〜〜と釈明していました。
今回のカトリーナの被害に関しても
1.避難勧告をした
  ↓
2.初期の報道で被害者55名
  ↓
3.100名超える
  ↓
4.蓋を開けると千人超え+略奪+廃墟化
と実際の被害の把握に時間がかかっています。
村山首相を引き合いに出せば、「2.の報道があったので…」と言ったところでしょうか。
現段階では政府・企業からの援助が行われているようです。民間では日本から利用できる範囲で
米amazon(クレジット)と神戸のNPOぐらいのようです。(05/09/03 01:30現在)
http://news.google.co.jp/news?q=%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%80%80%E5%8B%9F%E9%87%91&hl=ja&lr=&sa=N&tab=nn&oi=newsr
Posted by くらん at 2005年09月03日 01:42
 いやー、地震じゃないんだから、事前対策はあってしかるべしだね。
 あっちの民主主義は「最も有能な人間(英雄)をリーダーに据える」、のが目的なのを忘れては行けない。
 あっちの有能ってのは、日本の有能とはワケが違う、他の人間が思いつく以上の事は、全部やっておくようでなくては、誇り高い自分たちのリーダーとして、評価が下がる。
 今後、こういった批判者達と相対して、大統領には有効な説明と議論をする事が求められるってワケ、それで許されれば、特に問題にはならないし、こういった課程で経験が広く蓄積され、、より国は強くなる、アメリカの強さは、決して物量だけではない。
 あの国にはどんな人間の言うことであろうと、正論であるかどうか耳を貸し、知識を蓄えて、自分で判断する伝統がある、マスコミのブームに便乗するだけのここいらの日本人とは違う。

 ニューズウィークの星条旗の件で、相互理解の無さを嘆いた貴方だったが、所詮日本人だと言うことだ。
Posted by nanasi at 2005年09月03日 02:02
国家レベルでの多額の支援を見送るとしても、国民レベルでは募金活動を展開する、というのが世界の常識
なのかな?
日本政府も毛布を送る…などと言っていましたが、今後各国からの救援物資(毛布やビニールシート、浄水器や簡易トイレなど)が続々と到着するのかも。
日テレの募金に協力したぐらいだから、テレ朝ももうすぐ「ドラえもん募金」を開始すると思いますよ、たぶん。

Posted by tenkaku at 2005年09月03日 07:43
oribeさんが2度も同じ主題に触れるなんてよっぽど目障りなんだと思います。前回はこの二つの写真を見比べるとどれほど彼女がマスコミ受けを狙った演出をしてるか、ということでoribeさんの個人的な嫌悪感と言うのはそれほど露ではなかった。読んだ方の判断にお任せします、って感じで、まあ、それなりに問題提起の意味はあったと思います。

ただ今回のパート2ははっきりとした態度表明、彼女をデバンクしようとする意図がありありと見えます。一人の離婚して息子を戦場で失った悲嘆にくれた母親、ここまでの評価に異論を唱える方はいないでしょう。ただ彼女が行動を起こしアメリカのメディアの注目の的になっているのがかなり気に障っているのでしょうか。まあ一人のおばちゃんが学芸会みたいな稚拙な演出でアメリカ人がのせられてるのは「プロ」として巨額の制作費を動かしてテレビ関係の仕事をされているoribeさんにとっては堪え難きことなのかもしれません。

でもたった一人でああいう気違いじみたカミカゼまがいのメディアスタントを繰りひろげた一人の「アマ」のおばちゃんを捕まえてやれ「パルチザン」だ、やれ「サヨク」だ、ってわざわざ2部にわけて徹底的に叩こう、っていうのは、ほんと大人気ないと思います。

<つづく>
Posted by th at 2005年09月03日 07:43
<つづき>

話は全く違うんですがアメリカではF1は日本、欧州ほど人気はありません。多分一番人気のあるのはNASCARあたりでしょう。ワンメークでシリンダーいくつあるのか興味もないので、わかんないけどアメリカ的なVエンジン,ブイブイいわせてオーバルなコースをグルグル回るだけって日本人から見ると気が狂う程退屈なレースです。ただ何故アメリカでそんなに人気があるかと言うとそれはマムアンドポップが手作りのレースを自分たちで運営してるって言う親しみらしさからくるもんでしょう。

シーハンさんのあの極端に「アマ」っぽい、子供じみたスタントもアメリカでは日本で感じる程の嫌悪感をもって受け取られていないと思います。ああいう行動で世の中の世論を喚起するというのは日本的な常に最高品質のオーセンティックなものしか認めない観点からは理解しがたい物であるかもしれません。自分自身も照れくさくって見てられない、ってとこは正直あります。でもアメリカと日本の政治的風土の違いを無視してはこの現象は良く見えて来ません。

実際、テーリー・シャーヴォさんの安楽死問題の際フロリダに集まったプロライフのメディアサーカスを思い起こすと表面的には全く同じ現象、つまりテーリー・シャーヴォさんの両親をシンボルとして中絶反対派がそれをエクスプロイトして大きな運動としてメディアに注目させ、終いには休暇中のブッシュさんさえ動かして国家が個人の死に関わるというとんでもない特別な立法を企てさせました。幸運にも「良識ある」議員と世論のおかげで立法化は免れましたが。

oribeさんはその事件の後でこのブログ始められたのでその事件に対する反応は想像の域を出ません。しかし過去のoribeさんのコメントを読むと多分2部に分けて熱く論じる事は無かったと思います。何故かと言うと、oribeさんはシーハンさんの「パルチザン」性を非難しつつ自分も保守と言う「パルチザン」の立場から物を言っているからです。テーリー・シャーヴォさんの件は反中絶派に代表される「右」からの市民運動であったしシーハンさんの場合は逆でありそれを批判しているのは当然反対の立場の人間です。

なぜoribeさんは「パルチザン」か?それは米極右翼メディアからのシーハンさんに対する批判と非常に似ているというのが根拠です。まずトップランナーとして一番分かりやすいFOX TVスクリーミングヘッド、ビル・オーライリーさんのコメントです。

私はシーハンさんがこれに(世間の注目)には責任があるし、この行為が裏切りであると感じているイラクで息子や娘を失った家族に対しても責任がある。....

http://thinkprogress.org/wp-images/upload/OREILLEYcindyistreasonous.mp3

次にヤク(薬)中毒から回復中のjust say no to drugクルセーダー、極右ラジオコメンテーター、ラッシュ・ランボーさん

http://mediamatters.org/items/200508160009

....これは全くの嘘っぱちであり、単なる一つの企てでしかない。これらは組織された「サヨク」による最新の努力でしかない。

最後は右翼ブログに非常に影響力をもっているDRUDGE REPORTです。

去年ブッシュを彼女の家族に「幸せの贈り物」として褒め讃えたシンディー・シーハンは、今週末テレビ放映の機会を利用して「ブッシュは私の掛け買いの無い家族と人間性の部分を消し去った。」....

http://www.drudgereportarchives.com/data/2005/08/08/20050808_141400_flash4.htm

この彼女のフリップフロップをついている訳ですがこれについては前記のmedia matters が非常に効果的に反論していますので興味のある方はどうぞ。

http://mediamatters.org/items/200508100009

これらの批判は全て「右」からのシーハンさんに対する手を変え品を変えての絶望的なまでのあら探しです。つまり彼女の言動に対する信頼性をどうやって切り崩すか、という目的が見え見えのプロパガンダと言う事ができます。oribeさんの場合もパート1は写真、パート2は「ナチ」と言う一言で、全く同じです。

oribeさんにとってパルチザンであるのが問題の一つであるらしい。その証拠として上げてらっしゃるのが「ナチ」という言葉の用法です。

この件については民主党のダービン議員の件で述べました様に「サヨク」専用のジャーゴンと言えるかもしれません。しかし、亀井さんの最近の外人記者クラブの無神経なコメントに見られます様に個人的攻撃の際の汎用的な表現らしく亀井さんの政治的立場を考えるなら別に「サヨク」に限った事ではないでしょう。

しかし、内容はどうでもよい。問題なのはその意図するところです。

<つづく>
Posted by th at 2005年09月03日 07:44
<つづき>

つまり、いくらニュートラルな立場を装って客観的に物事を述べているようで、oribeさんが企てていることは、この極右のパンディットと同じで如何にしてこの目障りな反ブッシュ「サヨク」を叩き潰すかということに他なりません。パルチザンであることを批判している本人がパルチザンであり本人がそれに気がついていない、というトラジコメディー。

シーハンさんがあのような一見愚かな行動に出た理由は単純にメディアの注目を集めるためでした。その方法についての是非については上で述べました。アメリカではこのような手法は当然の権利として認められていると思います。実際アメリカ人の90%が立場の是非を問わない限り、彼女の手法を支持するという世論調査の結果もあります。また日本保守派が度々引用される保守派のパット・ブキャナンの妹の同じく保守派のアンジェラ・ブキャナンも共和党議員ベトナムヴェットのヘーゲル議員も同情の念を表明しています。

また彼女がブッシュさんの休暇中を狙ったのは非常に効果的な戦略だったと思います。それはイラクで何万人のアメリカ兵が休暇も無く生きるか死ぬかの状況のなかでのんびりとアームストロングとバイクライドを楽しみアメリカ大統領の中で最長の休暇記録を更新中のWAR PRESIDENTブッシュさんの偽善を浮かび上がらせるものとして効果的な判断でした。そして何よりもこの厭戦気分のピークにこの行動を起こした事は最高のタイミングでした。事実今日のメディアは洪水の記事ばかりでシーハンさんの記事は見あたりません。もし一年前に同じ事をしていても無視されるか完全に国民にそっぽ向かれ、徹底的に叩かれていた事は目にも明らかですから。このタイミングについては「サヨク」プロからのインプットもあったかもしれませんがそんなことはどうでもよい。ブッシュの取り巻きをご覧ください。政治「プロ」がブッシュさんの一挙一動を細かくプログラムしています。

ブッシュさんら「プロ」の政治家はいわゆるメディアのフリーライド、ーこれは今回の総選挙でも顕著ですがー、政治家が頼むと頼まないとに関わらずメディアの方でいくらでも発言の機会を与えられます。つまりシーハンさんのような芝居じみたスタントをする必要が全くありません。ですからあのおばちゃんの様にあんな些細な事でもメディアの注視を得ると言う事は至難の技であります。そんな絶対有利な立場にあるブッシュさんですがあの空母リンカーンでの飛行服に身をつつんだ愚かなコスプレは一体批判の対象には、ならないのでしょうか?

またこの記事で触れられているニューオリンズの洪水に対する彼の評価はいかがな物でしょうか?今週初めから警告を無視し続け、ギターを抱えて休暇の最後の一週間を満喫してクロフォードランチにしがみついて手遅れになって、今度は支持率挽回だと言ってフォトオプに忙しいブッシュさん。比較の対象で言えばシーハンさんのパフォーマンスに比べ物にならない程、空虚なものです。

>「この人たちは、むしろ肉親の不幸を政治目的に利用しているのではないか?」と疑いたくなるのは当然です。

シーハンさんは息子を失った。その単純な事実に基づいた彼女のどんな馬鹿げた行動もブッシュさんと比べたら注目の度合いで言えば些細な物です。ブッシュさんはどうでしょうか?1800人以上の兵士がブッシュさんの誤った判断で派兵され命を失った。ブッシュさんの身内は一人も命を失っていません。その無傷なブッシュさんの行動を「兵士(の家族)の不幸を政治目的に利用して」いないと言い切れる理由はoribeさんはお持ちなんでしょうか?それともブッシュさんの動機が以前おっしゃった様に「民主主義」を広めるための純粋な情熱に基づくものであるという説にいまだしがみついていらっしゃるのでしょうか?

ブッシュさんの全く中身の無い殆どコミカルなパフォーマンスはただ彼が世界で最も強力な大国のトップであると言う事で全ての批評から免れるとでも言うのでしょうか?

強大なパワーを持ち常にメディアの注目の的であるブッシュさんの理不尽な言動には全く目をつぶって、メディア右翼と一緒になって、こんな非力な一市民を吊るし上げて一体何の意味が有るのか疑問です。パルチザンポリティックスを否定しているのならなおさらの事です。
Posted by th at 2005年09月03日 07:45
 昨日のニュース23(筑紫タン)で早速やってましたよ。この事件。

 oribeさんが危惧した通りでしたね。

 アメリカ大統領に対して、たった一人で抗議に〜彼女の声に賛同し、続々と有志が〜など、支援グループが左翼であることを全く無視し、無辜の市民が自主的に続々集まった的な報道やっとりました。
 そして、序々に下がっていくブッシュの支持率と抱き合わせで放送してましたw

 例の、息子の墓で祈るシーンもありましたね、、まさに、ブログで掲載された、あの写真のシーンではありませんでしたが、周りでデジカメ?で写真を取る姿がちらほらで違和感がありました。
Posted by あら at 2005年09月03日 07:58
>>thさん
御自分のブログを開設なさったら如何でしょう?
ただのコメントにしては非常に長文ですし、
そちらの方が良いと思われますが。
Posted by ARCADIA at 2005年09月03日 08:53
>thさん
>一人の離婚して息子を戦場で失った悲嘆にくれた母親、ここまでの評価に異論を唱える方はいないでしょう。

私には「息子を戦場で失った」ことを、平気で政治活動に利用できる、筋金入りのサヨクに見えるんですが。

『振り返ってみると、彼が私に会わなかったことは、とても、とても、とても良いことだったと思います。なぜならそれにより平和運動に火がついて盛り上がったのですから。もし彼が私に会っていたら、私は家に帰り、それっきりだったでしょうからね。』と言う彼女が「悲嘆にくれた母親」?
とてもそんな風には見えません・・・
Posted by kiroro at 2005年09月03日 09:14
oribe様
日本も選挙ですがドイツも、もうそろそろ選挙ですね。何か面白いドイツ情報はないですかね。

th様
役目を終えた政治家の記事のコメント欄にキャモさんからのthさんへの質問が書かれてますよ。

カトリーナ
建造物や都市計画は基本的にコストパフォーマンスとの兼ね合いなので、ある規模以上の災害がくると壊れてしまいます。その対応規模は国の基準や場所の重要度によってまちまちです。全てに備えられないからこそ警報がでるのですから。今回の場合は堤防等の設備はありましたがハリケーンがその対応基準を超えていたということなのでしょう。
Posted by anion at 2005年09月03日 09:18
>>ARCADIAさん
愚にも付かないコメントならともかく
理があるし傾聴に値する。
こいうコメントがつくブログは良いブログ。
Oribeさんにとっても大事なコメンテータ。
Posted by ほんわか at 2005年09月03日 09:19
どこかからのコピペを延々と貼っているわけでもないので私はthさんのような長文もたまには良いかな。と思います。
このシーハンさんを日本で例えると薬害エイズ活動の川田悦子さん、龍平さん親子みたいな感じでしょうか。
最初は本人たちの苦しみを訴える活動だったものが外部からの力が加わり市民運動に拡大した様子が似ています。
どういった主義主張であれ表現や伝達の手段としてややアジテーション臭がきつくなるのは仕方が無いかと。
ただ私を含め保守というか「ネオコン(反左翼)」のスタンスは左翼運動自体を失敗が多いと判断していますので左翼運動と同じような言動や運動は批判してしまいますね。その点でシーハンさんの活動も批判したくなるわけで。
で、ブッシュ大統領が本当にバカでアホかという判断は保留しますが、世界最強国家とどうやって付き合っていくか、その行動や、その目的を読み誤ると我々の国や生活も危うくなります。
イラク戦争が石油利権だけが目的だと思い込み、判断を見誤ることの無いようにしたいものです。
Posted by かぼす at 2005年09月03日 09:21
いつもすばらしい記事を有難うございます。
「人権」、「弱者」、「反戦」、「平和」・・・美しい言葉です。
誰もそれにはたてをつけません。そこに付け入ってくるのが多くのマスコミや特殊な人達です。
それを批判することは誤解を呼びかねず、大変勇気がいるところですが、よくぞ言って下さいました。
いつも Meine Sache を拝見するのを楽しみにしています。
Posted by タークン at 2005年09月03日 09:40
>>thさん

 ブッシュがどうとか、非力な市民なんだから、とか言われてますが、そんなのは、ハッキリ言って関係ないと思う。
 
 ここで取り上げたかったのは、無辜の善良な市民としてー、という側面でしか取り上げていないマスコミに対するアンチテーゼ。
 そしてそれを装う彼女自身に対するアンチテーゼなのではないでしょうか?

 彼女がアピールする行動自体まで、このブログで批判されてましたか?ブッシュが宣伝することを賞賛してましたか?

 長文お疲れと言いたいが、問題をすり替えて、
都合の良い所で批判しているようにしか言えません。

 それに、シーハンさんの発言は、”粗探し”のレベルではないと思うのですが…。
Posted by あら at 2005年09月03日 09:43

日経新聞が本日の社説で「アメリカの大災害に支援の輪を」と訴えていますね。すでに20カ国以上が支援の申し出を行っているようで、日本政府も当面最大50万ドルの支援を表明したようです。アメリカは金持ち国家ですが、我々の庶民の間においても「災害見舞い」というものが存在しますし、こうした支援の広がりは当然だろうと思います。
まさか「憎きブッシュ政権下の国民の命は重くない。」という風に考えている人はいないと思いますが、政治的感情と支援を切り離して考えられるかどうかという点もポイントになるかと思います。

>thさん

thさんが投稿文とは必ずしも関連しないのですが、米軍の(名誉ある)撤退の可能性はありますか?どの道アメリカ軍は適当な時期を見つけて撤退しなければならないはずですが、シーハンさんの息子さんやその他の米兵を「殺人者」にしない形での撤退が望ましいと思うのです。米軍の撤退時期を含め、今後どのような可能性があると思われますか?
Posted by tenkaku at 2005年09月03日 10:02
この手のことを日本ではサヨク的な解釈でしか報
道されてこなかったのですから、物事の両面を知
る上で今回の記事はありがたいと思っています。

彼女はサヨクくさいけど、彼女には一応正統な理
由っぽいものはある、アメリカのウヨクと思われ
る人と同じ理屈で叩くあなたは親米ポチですか?
ってことなんでしょうが、私はこういう発言を聞
いても親米ポチとは思いません。サヨクに対抗す
るための貴重な情報を提供してもらったと思うだ
けです。
Posted by at 2005年09月03日 10:08
>thさん

自分も、もう少し落ち着いたエントリーにしてはどうかという感想です。

>いくらニュートラルな立場を装って客観的に物事を述べているようで
thさんも少しはニュートラルな立場を装いつつ語ってみてはいかがでしょうか。
「WAR PRESIDENTブッシュさんの偽善」なんて表現のところでは苦笑してしまいました。

それから、
>1800人以上の兵士がブッシュさんの誤った判断で派兵され命を失った。
のところですが、「誤った判断」と断じた根拠はなんでしょうか。ブッシュ大統領がお嫌いなのは
文面からにじみ出ているのでわかりましたが、もうちょっと冷静な分析をお聞きしたいです。
Posted by 馬の骨 at 2005年09月03日 10:14
NPOって総じて大体左翼的だと思っとります。
善悪ありますが是々非々で考えて良かろうかと思っています。

たまに左翼的な活動をしなかった左翼に対し
「お前は左翼のはずだろ」と批判する右翼。
どちらにも矛盾を感じる。

左翼プロパガンダの裏を見透かし笑うのもほどほどに
「左翼プロパガンダの裏を見透かし笑う」という
右翼プロパガンダもあるんじゃなかろうか。
真実を指摘しているつもりでいたら・・・。ということっしょ。

シーハンの左翼ぶりを右翼的観点に立ってOribeさんが指摘し、
それに賞賛を送るゲストに左翼的観点に立ってthさんが指摘する。
どちらが真実かってどっちも真実だよ。
トータルとして良い関係でしょ。おもしろい。
Posted by ほんわか at 2005年09月03日 10:29
anionさん、
>th様
役目を終えた政治家の記事のコメント欄にキャモさんからのthさんへの質問が書かれてますよ。

ご丁寧にお知らせていただき、ありがとうございます。カール・ローブについてはマタマタ長文になりそうな気配です。うんざりされてる方もいらっしゃるみたいなので、出来るだけ簡潔に切り上げるつもりなんですが...(笑)
Posted by th at 2005年09月03日 10:42
くらんさん、情報提供ありがとうございます。
色々参考になって助かりました。

リンク先にあった韓国の災害支援ですが、
別の掲示板で韓国語が出来る方が
「在米韓国人、朝鮮人だけを対象とした」
救援活動であると本国で宣言していると教えてくださったので、そちらはパスしたいと思います。
あとNPOも最近色々あるので、
私は赤十字のほうに寄付したいと思います。
関西アメリカセンター・レファレンス資料室に
電話で問い合わせたら、ファックスで
赤十字他、募金先をファックスで送ってくださったので、そちらも参考にしたいと思います。
アメリカセンターには、アメリカ大使館のHPから
いけますので、そちらに書いてある電話番号に
問い合わせたら、色々教えていただけるようです。
電話の対応は日本人の方ですので、安心しました(笑


各国も支援体制を整えているようですが、
アメリカは、各国の支援を速やかに受け入れ、
早急に対処してほしいですね。
Posted by 猫メディア at 2005年09月03日 11:39
>th
3コメントも使ってoribe叩きをするあんたも充分大人気無いぞ
そんなにoribeが目障りなのかね?

以前から度々ここの客に自分のブログに書けと促されているのを、いつまでも無視し続けるつもりかい?
Posted by <つづく>まで読んだ at 2005年09月03日 11:40
>thさん
2回にわけたのは、oribeさんがネタくってただけ・・・のような気がしますがw
探偵ものによくあるような、事件篇と解決篇みたいな感じで。
前編では素性を隠して「事件」だけを見せ、後編で素性を明らかにする。
構成として、すごく面白い趣向だと思うけどなあ。

内容については、私自身どちらかというと右寄りなので、賛同はいたしかねますが、面白く読ませていただきました。

ただ、シーハンさんもサヨク団体が憑いたせいで、妙な方向に行っただけで、彼女の行動自体はごく普通のものであるように思います。
Posted by bach at 2005年09月03日 12:06
国家が関与した事象における個人レベルでの災厄の被害者、というのは反体制サイドにとっては貴重な戦力。一般大衆の被害そのものへの同情を、そのまま体制批判にとりこめるので火力は抜群ですからね。

>thさん
oribeさんの批判はシーハンさん個人よりも、そうした「被害者への同情=体制批判」システムへの警戒を呼びかけたものだと思います。
もちろん全ての声を上げた被害者に対してそうしたレッテルを貼って同情心を麻痺させるのは好ましくないことですが。

北朝鮮による拉致被害者家族のみなさんが反体制サイドにとりこまれなかったのは、日本の反体制勢力というのがイコール親朝鮮である証左です。
Posted by 顔回 at 2005年09月03日 13:01
oribeさんにもthさんにも、それぞれ一理あると思います。
お二人共、異なる視点から鋭く切り込んでおられ、2つの意見がちょうど良く補完しあって、
真の全体像に近づくように思いました。

それより、この欄で自分が一番ひっかかったコメントは、nanasiという方が書いた
「ニューズウィークの星条旗の件で、相互理解の無さを嘆いた貴方だったが、所詮日本人だと言うことだ。」です。
何でしょう?「しょせん日本人」て?
一億2千万人以上いる日本人を、全て十把ひとからげに見下した言い方に驚きました。
このブログだけでも日本人の中に正反対といっていいような、意見の多様性があることが分かるはずです。
Posted by 学びの通行人 at 2005年09月03日 13:25
>ニューズウィークの星条旗の件で
と、作為的に隠蔽していますが、
これはニューズウイークが
「アメリカ軍がコーランをトイレに流した」
という捏造記事と、
日本版だけでこそこそと
「星条旗をゴミ箱に捨てた」
雑誌を発行したという件でしょう。
この2つの事件は連動しており、切っても
切れない事件です。
アメリカ政府の災害への対応が遅かったからといって、
ニューズウイークがコーランの件で捏造記事を
掲載したせいで、イスラム諸国で暴動が起こり、
複数の死傷者が出たことへの免罪にはなりません。
Posted by 猫メディア at 2005年09月03日 13:49
その道のものさん。
包丁熊五郎さん。
わざわざ、ありがとうございました。
Posted by P at 2005年09月03日 19:47
>> 緒川たまきファンさん
>まずは息子を失った母親という視点が一番大きいと考えています。
>それでブッシュ憎しと思うのも当然ではないだろうか。
>それを一括りにして左翼で斬って捨てるのも合わない気がする。
右左の問題には無知なためわかりませんせんが、この母親の視点が私にはよくわからないのです。

例えば自分の息子が運送会社でトラックを運転していたとします。
事故を起こさないよう、人身を巻き込んで被害者やその家族を作らないよう、事故に巻き込まれないよう、私は祈り「くれぐれも気をつけるよう」息子に煩がられても毎日送り出すときに言うでしょう。
そして息子が事故で亡くなったとしたら、ほんとに息子の過失(家庭での問題も含めて)だけが原因か、勤務時間や状態や環境に問題がなかったのか(普段の様子からそんなことがかいま見れるようなら無理にでも辞めさせますが)など色々と考えたり調べたりして、
もし勤務環境なども一因と思えるのなら、会社自体を相手取りそのシステムに対して怒りをぶつけるでしょう。
オーナー社長の横暴でまわっている小さな会社ならわかりませんが、取締役や重役やら部長やら人の関わるシステマチックな中・大企業なら、代表者個人を恨んだり攻撃したりはちょっと違うような気がするのです。
母心にもいろいろあるのでしょうし、国によっても違うのでしょうが・・・。

>>thさま
たいへん勉強になるのですが
シーハンさん周辺のことは複雑に入り組んだ問題としながら、
ブッシュ大統領に対しては、まるで独裁国の王様の気まぐれな愚作と切り捨てているように感じました。
システムや、参謀の意見や、外交上の駆け引きなど、シーハンさんと同等かそれ以上に複雑なことがあると思うのですが。
Posted by Swirl at 2005年09月03日 22:48


集団になって自分たちに従順な被害者に
群がって励ましている人権派が、
実は、その他大多数の非従順な被害者を
恫喝し、脅している、被害者の心を
えぐっているという事実を知ってほしいということ。


今回のシーハンさんが温かい言葉で、
人権派から励まされている影で、
人権派たちに都合のわるい非従順な大多数な
被害者が「自分の子供が殺されて喜んでいる
鬼畜」というレッテルをはられ、どれほど
脅され、踏みにじられているかと思うと、
心が痛みます。

私も、阪神淡路大震災に遭遇しなければ、
今でも、人権派に好意をもっていたでしょう。
こういう事は、実際に被災して、
被災地に乗り込んできた人権派に
恫喝されてみなければ、分からないことですからね。
私も、それまでは分かりませんでした。

Posted by 猫メディア at 2005年09月04日 13:43
猫メディアさんが阪神淡路大震災の際に一体どのような体験をしたのか非常に気になります。
場違いなのかも知れませんがよろしければ聞かせて頂けないでしょうか。
Posted by at 2005年09月04日 15:17
馬の骨さん、

>自分も、もう少し落ち着いたエントリーにしてはどうかという感想です。

いやあ、落ち着かない性格そのまんま、ってとこでしょうか。

>「WAR PRESIDENTブッシュさんの偽善」なんて表現のところでは苦笑してしまいました。

兵役忌避した自称、WAR PRESIDENTが可笑しいと言う事でしょうか?選挙戦では乱発してらっしゃいましたね。

>thさんも少しはニュートラルな立場を装いつつ語ってみてはいかがでしょうか。

それがポイントなんです。自分がパルチザンなのに、さもニュートラルを装うというのは偽善だとは思われませんか?つまりそれは偽装であり読者を欺くための方便にしか見えないからです、個人的には。カルトの勧誘って自分はカルトだーなんて言いませんよね。ただ、馬の骨さんのご指摘で考えたことなんですが、oribeさんのコンサヴァっていう立場は明確な訳ですからそれをニュートラルを装って発言するというのはひょっとして確信犯なんじゃないか、と。つまり自分の意見の信憑性、説得性を増すために、頭脳的なカムフラージュじゃないか、という疑いです。もしそうならoribeさんが恣意的に自分の立場を擁護する記事のみをニュートラルな立場を装いつつ、ピックアップするのも至極当然の事であり、それに対して偽善的だなんて批判するのはまさに「大人気ない」と言われてもしょうがないかもしれません。それはプロパガンダの戦略として正当であり、かつ効果的ですから。oribeさんはそれだけ大人であるということですね。

ただ、自分はそういう手の込んだ事が出来ない単純な人間なもんですので。要するに子供です。oribeさんの「自称」アンタゴニストとして「大人気なく」過激にやらせていただきます。

>1800人以上の兵士がブッシュさんの誤った判断で派兵され命を失った。
のところですが、「誤った判断」と断じた根拠はなんでしょうか。

WMDが最初ですね。ブッシュさんは自分の誤りを認めないのが「ウリ」ですから認めていませんがこれは明らかに誤りでした。これは単純にインテルの誤りということで全てはCIAチーフのジョージ・テネットが責任をとり辞職しました。ただ最新の情報によると彼が自分の名誉のためにある事実を明かすという噂がありますのでそれで何かあたらしい情報が出てくる可能性はあります。現在ではブッシュさんが恣意的に誤った情報を公開して世論を戦争支持に持ち込んだ可能性は否定されていません。そうすると「誤った判断」というより確信犯ということになりますが。

次にイラク占領政策の誤りです。ブッシュさんはジェネラル、シンセキのアドヴァイスを無視して彼を解雇してまでして、ラムスフェールドの言うままに必要量をはるかに下回る兵士を送り込み、この不安定なイラクの政情をもたらしました。この誤りが駐屯中の兵士を危険にさらす結果をもたらした。これは占領後の処理を完全に見誤ったことになります。

これと関連しているのですが、アメリカ兵は解放軍として花で歓迎されるという副大統領の有名なコメントに象徴される超楽観的な予測、またブッシュさんのWW2後のGHQによる日本占領政策との比較など、ことごとく誤った予測に基づいて始められた戦争だということは明らかだと思います。

ここまで誤った原因はブッシュ政権の中枢にいる人間の殆ど全てに実戦経験が無いと言う事ですね。ブッシュ、チェイニー、ラミー、コンディ、ローブ、ウルフォウィッツ、全てそうです。実戦の本当の怖さを知らない物のみが簡単に戦争を始め、そして自分の命が大切で兵役を逃れたくせに、若い兵士には国のために死ね、という傾向があるのは確かそうです。

http://www.timeswatch.org/topicindex/I/iraq_war/welcome.asp

ここにイラク侵攻以前からの各界の反応、ブッシュ政権の見解等クロニクルされていますので参考になると思います。

あと、それの裏付けとして最近の世論調査でアメリカ国民の半数以上がイラク侵攻は誤りであったと表明しています。
Posted by th at 2005年09月04日 15:48
Swirlさん、

>システムや、参謀の意見や、外交上の駆け引きなど、シーハンさんと同等かそれ以上に複雑なことがあると思うのですが。

それは全く、無いと思います、ブッシュさんの場合。
先日、シーハンさんのインタビュー見ましたが、はるかにブッシュさんよりは複雑で知性的なことを言っていました。
ブッシュさんはテキサス州、知事選の時からスタイルは全く変わっていません。それは単純な事を何度も繰り返して言うというスタイルです。

今までの数々の演説等を集中的にお聞きにならばすぐわかると思います。そしてあのヴォキャブラリーの貧困さ。その内容が彼の頭脳をそのまま,表装するかと言うと、ブッシュさんの場合は正にそうです。そして彼の場合それが欠点としてではなく、利点として働いて来た、というのがミソです。

ケリーさんが破れた原因の一つに彼の頭の複雑さがあり、国民に分かりにくかった、というのもあると思います。そしてそれがフリップフロップという印象を与えた事にもなります。ブッシュさんはそういう心配はありません。何故かと言うと頭が単純だから、他の選択肢がない。非常に信じ難いことですがアメリカ大統領選の場合、知性はたいして問題にならない。クリントンさんのように知的で人気があると言うのは稀です。

先日、メキシコ移民のおばちゃんのインタビューでブッシュのどこが魅力的か、という質問に、隣のオヤジみたいに喋る、というのがありました。笑い話ですがバイブルベルトと言われるアメリカ中南部では多分、そういう評価は非常に多いと思います。

小泉さんも似たようなところがあります。今回の選挙の優勢もそんなところから来ているのだと思います。非常に分かりやすい。ただ、複雑な思考を簡潔な言葉で表現する、というのと単純な思考をそのまま単純な言葉として出す違いがあります。両者とも後者のケースに近いというのが個人的見解です。

そしてその頭の単純さが今回のハリケーン騒動で一気に裏目に出た、というところでしょう。だから小泉さんも今回,大勝するかもしれないがブッシュさんと同じ顛末が待ち受けているかもしれません。

余談ですが「参謀の意見」というのは全く問題になりません。前にも述べましたがジェネラル、シンセキの解任劇が象徴するようにブッシュさんに異を唱える参謀は即刻解任です。ですからブッシュさんの周りにはイェスマンしかいませんから複雑な議論に発展する事はまずないでしょう。

http://www.crooksandliars.com/2005/08/26.html

ここのかなり下の方の

Bush Talking Points 101

のWMP/QTをクリックしてしただければブッシュさんの単純さがよーくわかると思います。WMPの00:03:10あたりからです。DAiILY SHOWをご存知であれば余計なことなんですがアメリカの若い世代はCNN, NBC, FOX等の既成ニュースではなくDAiILY SHOWからニュースを得るといわれて非常に大きな影響力を持っています。保守、リベラル多彩な出演者です。ケーリーさんは勿論出演していますがブッシュさんは絶対出てこないでしょう。なぜなら彼の知能ではこのホストのジョン・スチュワートにコテンパにされるからです。恐ろしくシャープな男です。
Posted by th at 2005年09月04日 16:13
Posted by at さん
最初は、2人組みの女性がビデオをもって
町内会長の家にやってきました。
「このビデオを町民を集めて、視聴させなさい。」
それは市政を非難する某反対闘争のビデオでした。
高圧的でしたが、トラブルをさけるために、
一応、その要求を呑むと、
今度は某公共事業に反対する署名の強要です。
命令はエスカレートしていきましたが、
ついに耐えかねた町内のご老人(男性)が
それを拒否すると、連日、町内にピンク色の
紙に書いた糾弾文書をばらまき、
「権力者によって弾圧された!言論弾圧だ!」と
攻め立てられました。
個々の脅迫を具体的に書くと、個人が特定されるので書きませんが、非常に怖い思いをしました。
当時、私は非常に人権意識が強く、
HIV感染訴訟も応援していましたが、
そこで、HIV感染者の家族が病身のご主人を
かかえ、日々ギリギリの生活をしておられるのに、某政党から沖縄反米闘争への動員命令が
発令されたとき、さすがに私も目がさめました。
この方が、当時、運動を支えていた漫画家の
小林よしのり氏に助けを求めたことから、
小林よしのり氏が「脱正義論」を書く一つの
キッカケになりました。
この女性のエピソードは、脱性議論の中にも
記載されています。
Posted by 猫メディア at 2005年09月04日 19:32
>thさん

私のほうこそ煽りっぽいコメントで申し訳ありませんでした。きちんとした返答をいただいて、
恥じ入るばかりです。
ですが、oribeさんへの辛辣さは変わらないのですね(笑)

>自分がパルチザンなのに、さもニュートラルを装うというのは偽善だとは思われませんか?

自分は思いません。読者に自分の見解を読んでもらう為に工夫するのは当たり前だと
思っています。thさん自身「戦略として正当であり、かつ効果的」と仰っていますよね。
そこに憤慨するのはどうしてですか?ひょっとして

「自分は気がついているが他の大多数の人は騙されるかもしれない。卑怯なやり方だ」

ということでしょうか?それは驕りではないでしょうか?
oribeさんが以前の記事で、そういった民衆をバカにした作り手側の態度を批判されたことが
ありました。彼のスタンスは、情報は受け手側が判断するべきであって、送り手が教え導くと
いう考えは間違っているというものだと思います。

oribeさんは出来るだけ感情を抑え、なるべく中立の視点から記事を書こうとなさっていると
自分は感じます。そんな彼の文章だからこそ惹かれているのです。ただ、それも自己責任です。
騙されているのだとすれば、それは自分の読解力の責任ですよね。ですから、

>つまりそれは偽装であり読者を欺くための方便にしか見えないからです、個人的には。

と、thさんにそういう心配をされるのは、バカにされているような気持ちになるわけです。

ブッシュ大統領の判断についてのthさんのご意見は了解しました。まったくその辺りを
書かれずに「謝った判断」と断じられていたので、thさんのスタンスをもう少し知りたくて
質問した次第です。よってその辺りの細かい所には触れないことにします。
Posted by 馬の骨 at 2005年09月05日 04:04
oribeさんは中道よりも右に立つことこそが
救国の思想であり今日本に足りないモノであり、
ウルトラナショナリズムの韓国、
中共のコントロールの中国と、
キチンと互してわたりあい主張を述べていき、
イチャモンや捏造と戦うことが正義。
狙われる国益を守るためにも言いなりなるな!
というスタンスであると私は認識しています。
はっきりいって賛成です。

アメリカと共に在る日本こそがリアルなのだが、
ただややもするとアメリカに対する防御が
おろそかになる。アメリカを舐めているのか
油断しているのかって思うことも多々ある。
ドラスティックな国です。
技術・規格・金融やビジネスの世界では
抜き差しならないライバルでもある。
Posted by フルーツ at 2005年09月05日 11:01
馬の骨さん、

>「自分は気がついているが他の大多数の人は騙されるかもしれない。卑怯なやり方だ」
ということでしょうか?それは驕りではないでしょうか?

うーん、どーでしょうか。迷える子羊ちゃん達を羊の皮をかぶったオオカミからオレがー守ってあげるんだーみたいなかなりメガロマニカルな妄想に近いんじゃないんでしょうか?(笑)

>>つまりそれは偽装であり読者を欺くための方便にしか見えないからです、個人的には。

と、thさんにそういう心配をされるのは、バカにされているような気持ちになるわけです。

前にも述べたんですがoribeさんのドイツに関する記事には殆どコメントしていません、、って言うか出来ません。ドイツ語全くだめですし、ドイツのマスコミには直接アクセスできませんから。
ただoribeさんがブッシュ政権、アメリカに関する事を書かれる場合、明らかに理不尽だと感じるときは何か、バカにされているような気持ちになることはあります、一(いち)読者として。つまり読者は自分と同じレベルと想定するならこんなみえすいた事は書く筈が無い、読者を見くびっているに違いない、って感じですね。

まあ、単なる被害妄想、って言われればそれまでなんですが(笑)。
Posted by th at 2005年09月06日 03:07
>>thさん
程度の低い疑問にもお答え頂きありがとうございます。
以下、単なる個人的感想です。

Bush Talking Points 101拝見しました。が、私は米国事情はおろか、英語力もほとんどありません。
印象として、ブッシュさんの言葉尻を反復編集したモノを司会者がリズミカルに紹介して、リアクションにTV通販やお笑い番組でおなじみの調子の拍手や笑い声が合いの手で入るという、普遍的プロパガンダといった風に感じました。

個人的にはブッシュさんを好きでも何でもないですし、あんなバカみたいなのが大統領としてアホなことを言うのが腹立たしいという気もわからなくはないですが、ではケリーさんがホントに複雑で知的なのかは不明です。

ただ、何でブッシュさんが、ケネディ大統領らが暗殺された国で合法的に選挙で選ばれたのか?
それはブッシュさんの人徳だけですか?
裸の王様にして唯一の権力者であるブッシュさんを支持するバカな国民が多いからだけですか?

日本の9.11選挙も間近で、私もいろいろ各党に思うところありますが、一見複雑で知的な発言の、裏の方が気になります。
日本と米国を一緒にするなと言われそうですが
日本しか知らないので・・・。
Posted by Swirl at 2005年09月07日 02:11
Swirl さん、

> Bush Talking Points 101拝見しました。

わざわざご覧いただき、ありがとうございます。

> 印象として、ブッシュさんの言葉尻を反復編集したモノを司会者がリズミカルに紹介して、リアクションにTV通販やお笑い番組でおなじみの調子の拍手や笑い声が合いの手で入るという、普遍的プロパガンダといった風に感じました。

Swirl さんの観察はおおむね正しいと思います、ただお役人が医者なんかと並んで権威の象徴である日本では、政治を笑い飛ばす、っていう風土が全くと言っていい程ありませんからかなり異常に映るんではないかと、察します。

また「笑い」という要素は各国文化を理解する上で一番困難なことなので、退屈されたかもしれませんが、最後まで付き合ってくださって感謝します。

> ではケリーさんがホントに複雑で知的なのかは不明です。

最近になってケリーさんのイェール大学(ご存知かもしれませんが、ブッシュさんは1-3年後輩でした)の成績が発表になりました。意外や意外、ブッシュさんとそんなに変わらなかった、という話です。ブッシュさんは自分で「C」スチューデントだったと認めて自虐的に「C」スチューデントでも大統領になれると、冗談で言っていたくらいですから、二人とも大学では並の生徒だったようです。

ミーハー的にフランス語ペラペラ、ってのは頭がいい、って考える単純な質なんでケリーさんは頭がいい、ってのは説得力ないですよね。あと4カ国語ペラペラの女房持ちって、のはどうですか?これもだめですね(笑)。なかなか決定打がない。ただ去年の3回のディーベートを見た限りでは知能の差は明らかでした。実際ブッシュさんはディーベートの回数を如何に減らすかと躍起になっていましたし、その辺小泉さんと似たとこはあると思います。「正しい」、「正しくない」は別にして小泉さんのブッキラボウな物言いは論議する上で岡田さんに対してはかなり、不利だと思われます。ブッシュさんも似たようなもんですからね。

ただ、ブッシュさんの場合はIQは高いが知的好奇心が全く無いといわれていますし、それほどおバカではなかったということでしょう。そうすると出発点では同じだった知能に何故、こんなに差が出てしまったかと、言う事ですね。それはブッシュさんの飲酒癖、「アル中」だと思います。ブッシュさん並に何回も繰り返しているんですが、20以前から40歳まで神に出会うまでガブガブ飲み続けてそれが原因で離婚寸前までの追い込まれた人間が正常な脳髄を保てる訳はないと思います。(彼はまず、薬物ーアルコールに逃避して、それを自覚的に直した訳ではなく、神に治してもらった、つまり2重の逃避です。)有名人には薬物中毒回復者、というのは結構いますが(ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン、オジー・オズボーンとか)、個人的な観測では誰一人正常に復帰した人間はいません。どっかおかしなところが残る。ブッシュさんのの意味不明な無気味な薄笑い、発音障害、運動障害等、何かそれとの関連を伺わせます。別にアル中の方を差別している訳じゃないんですが、元アル中が世界で最もパワーフルな国家の長であるってのはアメリカだけの問題じゃないですよ。
 
> それはブッシュさんの人徳だけですか?

親しみやすさはあるかもしれません。一般国民と同じ頭脳レベルなら。

> 裸の王様にして唯一の権力者であるブッシュさんを支持するバカな国民が多いからだけですか?

やはりバイブルベルトと呼ばれている中南部の熱烈なキリスト教信者がベースだと思います。2000年の共和党プライマリー選挙のインタビューで尊敬する人物、とか何とかって聞かれたとき真顔で「ジーザス・キリスト」って言ってるのを聞いたときはこの男マジかよー、って思いましたが信者にはめちゃくちゃ受けたみたいですね。
インディペンデントと呼ばれる支持政党無しにとっては、前にも述べましたが、2000年は偶然、2004年は恐怖を煽ったためでしょう。恐怖、とか憎悪は国民を団結させます。平和であると言う事はのんびりした状態ですがそれが脅かされる、というのは恐怖を呼び起こします。911でアメリカは恐怖のあまり完全に思考能力を失った。戦時下の恋愛は燃える、といいますね。人間はある種の緊張状態に置かれると、興奮する生き物らしい。

> 日本の9.11選挙も間近で、私もいろいろ各党に思うところありますが、一見複雑で知的な発言の、裏の方が気になります。
日本と米国を一緒にするなと言われそうですが

小泉さんも全く同じ手口を使っていると思います。とにかく「今だ、今だ!」って急かしておいて一種の緊張感を醸し出そうとしている様に見えます。
また、ゲッペルスの有名な言葉「嘘でも充分に繰り返し続ければ、真実になる」と言う、同じシンプルなキャッチフレーズを何回もくりかえすー今回の選挙では「郵政改革」ですねーというブッシュさん、小泉さんの策略は教科書とうりのプロパガンダの王道だと思います。
その点、民主党は芸がないですよね。
Posted by th at 2005年09月07日 09:21
>>thさん
荒削りな疑問に礼儀正しくお答え頂き、重ね重ねありがとうございます。
お教え頂いたBush Talking Points 101についてはある意味退屈はしていません。英語は不自由ななりに、そのノリは楽しめました。
ただ米国ではケリーさんであれ誰が大統領になったとしても、こういうのが制作放映されるなぁと思ったのでした。

バイブルベルトのお話とか、聞いたり読んだりはするものの、実感的にどういった風なのか等
お詳しそうなthさんに、お聞きしてみたいことはいろいろあるのですが、愛読者とはいえよそ様のblogですので控えさせていただきます。
また、ぜひご教授よろしくお願いいたします。
Posted by Swirl at 2005年09月09日 00:37
Swirl さん

再々度のご返信ありがとうございます。
> よそ様のblogですので控えさせていただきます。

そうですね、...ということで、最後は手短に...収まるといいんですが(笑)。

> ただ米国ではケリーさんであれ誰が大統領になったとしても、こういうのが制作放映されるなぁと思ったのでした。

一番いい例がブッシュさんのニックネームですね。smirking (ニヤニヤついた)chimp、 King George、 DryDrunk (アルコール無しの酔っぱらい?-回復中のアル中を指すそう。)、Dubya (古いテキサス流の発音でWだそうです。george W bush-Texas Cowboy)、Tush(おケツ)、Bushevik (共和党一党独裁を目論む)、そして何故、Commander in Thief (Chimp)と呼ばれるかは以下の写真は如実に物語っています。

http://news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/050830/480/capm10208301856

これが08/30/05(アメリカ時間、火曜日)に撮影されたものです。この前日にはアリゾナでマケイーン議員(共和党)の誕生日を祝っています。

http://www.whitehouse.gov/news/releases/2005/08/images/20050829-5_p082905pm-0125-515h.html

ブッシュさんの対応の遅れをごまかすためのWHの必死の否定に関わらずルイジアナ州ブランコ知事(民主党)は08/27/05にブッシュさんに戒厳令の発動を要請していたことが明らかになりました。

そしてフォトショップで合成されたのが

http://www.radaronline.com/web-only/big-ideas/2005/09/george-bushs-prayer-for-relief.php

です。この数々のうかれたブッシュさんの姿と洪水で逃げまとう市民のコントラストは「サヨクエリート」メディアのバイアスかかった捏造を待つまでもなく、明らかな事です。イラクでは隠し仰せた事が本土では難しい。

話を戻すと、ケリーさんに限らず歴代大統領でこれほどの数のニックネームを授かった大統領はまずいないでしょうし、これほどコミカルな素材になった大統領は過去には存在しなかった、と思います。威厳を保とうとすればする程、ますます、その化けの皮がはがれてしまうという、悪循環。そもそも無理な演技ですから。格好の標的になる筈です。現在は共和党、過半数で持ちこたえているものの、来年の中間選挙の結果次第ではその化けの皮がもっと明らかになるかもしれません。
Posted by th at 2005年09月09日 07:42
termatic vapory inscrutables addisoniana porriginous maxixe lobe bejuggle
Lancaster Car Accident Attorney
http://znblibva.info/139.html
Christmas Games And Activities
http://kadohsnp.info/5sb.html
Cheat Codes For Maorio Kart
http://tciklxpo.info/aap.html
Car Repair Shops
http://sctrnopw.info/7xn.html
Is My Dog Pregnant
http://zuicfdon.info/982.html
Naples Daily News Classified
http://zwxlcxhy.info/8ln.html
Top Party Schools
http://ngynrrfm.info/53f.html
Samsung Sync Phone
http://znblibva.info/4n3.html
Travel Northwest Airline Robertsfield
http://bnhbggln.info/8xx.html
Brother Sister Clothes
http://vbrjpjnj.info/68r.html
Web Based Crm Software
http://sctrnopw.info/a72.html
Seiko Kinetic Man Watch
http://sctrnopw.info/8rx.html
Map Of The Sea Of Cortez
http://skuhwxdt.info/4y.html
Summer Sausage Recipes
http://znblibva.info/amc.html
Chinese Symbol For Brotherhood
http://vbrjpjnj.info/ax6.html
Hot Wheels Garage
http://zuicfdon.info/71t.html
Valentine's Day Printable Cards
http://vbrjpjnj.info/18g.html
Maltese Dog Breeders
http://znblibva.info/7ck.html
Chicago Marriott Downtown
http://zuicfdon.info/6zv.html
Cherokee Indian Government
http://hlwstyfi.info/43m.html
Wisconsin Rapids Newspaper
http://kadohsnp.info/76q.html
Free Video Agreement Form
http://ruswxuzu.info/8b5.html
Best Can Opener
http://zuicfdon.info/3fe.html
Unlimited Free Web Space Subdomain
http://bnhbggln.info/4ir.html
Maximum Pc Magazine Subscription
http://kwijodyd.info/7jj.html
Canvas Storage Boxes
http://zuicfdon.info/40w.html
Recessed Lighting Fixtures
http://pirubvuz.info/ahe.html
Log Homes Cabins In Pennsylvania
http://bfhfkdkv.info/769.html
Houston Custom Builder
http://zuicfdon.info/7av.html
Johnny Cash History
http://wdnvbdhp.info/8q7.html

〜マイネ・ザッヘ〜
Posted by Parrish Hendricks at 2007年10月26日 23:35
termatic vapory inscrutables addisoniana porriginous maxixe lobe bejuggle
Asian Single Women In The Usa
http://eofzbzls.info/24r.html
Bank Reference Letter
http://eofzbzls.info/q0.html
Funny Voice Mail Greetings
http://golugzrm.info/do.html
Unique Poetry Greeting Cards
http://wglgqngt.info/4i1.html
Definition Of Fair Trade
http://eofzbzls.info/1js.html
Fashion Wholesale
http://ldpfgcri.info/1cz.html
The Future Freaks Me Out Lyrics
http://mmckxaqt.info/eh.html
Business Home Inspection Marketing
http://evzhwkbc.info/4w3.html
New Concept Camaro
http://ismxsuhn.info/3s8.html
Marilyn Monroe Makeup
http://oxvxakpw.info/547.html
Interest Free No Money Down
http://mmckxaqt.info/2v9.html
What Is Better Lcd Or Plasma
http://zbijblvz.info/3du.html
Rewards Reading Program
http://mmckxaqt.info/wp.html
Massage Therapy Forms
http://evzhwkbc.info/5bb.html
Murfreesboro Medical Clinic
http://djpugpue.info/45y.html
Paterson New Jersey 1849
http://eofzbzls.info/132.html
Week End Angleterre
http://djpugpue.info/631.html
Home Hardware In Ontario
http://vriapmpr.info/2tt.html
Hillsborough County Tax Appraisor
http://eofzbzls.info/nz.html
Vancouver British Columbia Real Estate
http://oxvxakpw.info/46w.html
Canon U S A
http://lqkkkaiv.info/3gb.html
Peoples National Bank
http://wglgqngt.info/575.html
Deep Breathing For Weight Loss
http://grqphghm.info/5z.html
Wholesale Indian Remy Lace Front Wigs
http://wvxdeoxo.info/4gt.html
World Of Warcraft Fishing Guide
http://evzhwkbc.info/22m.html
Transparent Soap Making
http://vriapmpr.info/4yq.html
California Department Of Justice
http://djpugpue.info/1j7.html
Shark Attack Pictures
http://vriapmpr.info/12v.html
Philippine Daily Inquirer News
http://eofzbzls.info/iz.html
Paul Accardo New Orleans
http://ldpfgcri.info/4yc.html

〜マイネ・ザッヘ〜
Posted by Jeanna Mccray at 2007年10月29日 02:32
crantara transversocubital unmatureness incursionist vanitied sylloge veddoid eduskunta
Survey: 'Survivor' a big hit for CBS.com
http://www.rootsweb.com/~mistclai/history/columbuslandowners.htm

〜マイネ・ザッヘ〜
Posted by Harold Hines at 2007年12月17日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


戦争を批判する覚悟
Excerpt:  ローリングストーンズが、9月に発表する新曲でブッシュ大統領を批判しているとして話題を呼んでいる。曲には「あなたは自称キリスト教徒だが、偽善者と呼ぼう」「あなたは自称愛国者だが、わたしはクソ野朗と思っ..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-09-02 14:55

アメリカをカトリーナが来襲し被害
Excerpt: 先日カトリーナと言う台風がアメリカの南部を 直撃し多大なる被害が起って死者も数千人は居ると 言われているが実際の人数はまだ分からない 日本は台風は多いけど大きいのは無いから実感が無いが 俺はハ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-02 18:10

米国ハリケーン被害を「ざまーみろっ!」って思っている朝日信者は、何と・・・。
Excerpt: 朝日川柳に、米国南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」のネタが登場。 ● カトリーナに指令出したとアルカイダ   (東京都 日月雅昭 大伴閑人選)  【選者の評】直撃。 米ハリ..
Weblog: 朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】
Tracked: 2005-09-02 20:35

[時事]反戦運動
Excerpt: ハリケーンのことで忘れられそうです。 面白い記事があったのでトラックバック。 ただ、この文中に出てくる「ワシントンタイムズ」って統一教会系の新聞じゃ・・・
Weblog: 終日デパアト
Tracked: 2005-09-03 00:07

戦争分析は怖くない
Excerpt: 日本人は侵略の犯罪に無知 無条件降伏60年で仏紙 (共同通信) - goo ニュース  フランスの左派系紙リベラシオンは、米艦ミズーリ号での日本の無条件降伏調印から60年の2日、「戦争−日本の短い記憶..
Weblog: 電脳空間「高天原」
Tracked: 2005-09-03 11:25

【松下奈緒!!衝撃のデビュー前ヌード!!】
Excerpt: 女優、松下奈緒(20)がデビュー前ヌード!! デビューするために、お偉いさんとやりまくってたのかな??しかしこんな綺麗な人とできるなんて 世の中には幸せ者がいるものですな! おいらは帰ってからは一..
Weblog: ヤリマンクラブ
Tracked: 2005-09-03 17:37

【奥菜の浮気で離婚、挙式をあげた乙葉もまさかの浮気!】
Excerpt: 【奥菜の浮気で離婚、挙式をあげた乙葉もまさかの浮気!!】 乙葉は婚約を決めつい先日挙式をあげたが、 実は、今まで遊んできた某有名芸能人との仲を切れないでいたのが発覚した!いわゆるセフレである!!
Weblog: 恐縮です!!【自称芸能界の情報通】
Tracked: 2005-09-03 17:38

Hurricane Katrina被災者救済チャリティープロジェクト発足!
Excerpt: Mixiと2chが連動しての有志によるHurricane Katrina被災者救済チャリティープロジェクトです。 みんなで被災地に救援物資を送ろう! もう着なくなった衣類とか、役に立ちそう..
Weblog: Katrina被災者救済チャリティープロジェクト
Tracked: 2005-09-09 15:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。