2008年04月21日

文革の子供たち

サンフランシスコの五輪トーチ・リレーにあわせて行われた親チベット、親中国両派の抗議活動で、チベット側についたとして人民の敵になってしまった中国人留学生、王千源さんの手記が、ワシントンポストに掲載されていました。

王さんは、留学先のデューク大でチベット人学生と知り合い、チベット人への理解を深めていたことで、デモでは積極的に両派の仲裁につとめたといいます。

…抗議行動が激しくなる中、ある中国人の集団はわたしを取り囲み、わたしを指差して1989年に天安門広場で民主化デモを先導した若い女性のことを持ち出した。「柴玲を覚えてるか?中国人はあいつを油の中でゆでたいと思っている。おまえはあいつみたいだ」。彼らはわたしの頭がおかしいとか、地獄に落ちろとか言っていた。出身地と出身校を聞いてきたので、それに答えた。隠すことなど何もない。しかし怒り狂う集団はわたしを襲う気配を見せたので、わたしは警官のエスコートを受けてその場を離れた。

寮の部屋に戻り、他の人々の意見を確かめようと、デューク大の中国人学生・教師協会のウェブサイトにログインした。協会の銭方舟は、「われわれの力を見せてやった!」と勝利宣言していた。

わたしは、チベットの独立は支持しないが、中国人の自由、チベット人の自由を支持するという投稿をした。中国の憲法に従い、すべての人々は自由で、基本的権利は守られなければならないと書いた。建設的な議論になることを期待していたが、人々はただわたしを非難するだけだった。

翌朝、ネットは大変なことになっていた。おでこに売国奴と書かれたわたしの写真が広がり、そして恐ろしいことに、両親の市民番号まで投稿されていたのだ。ショックだった。なぜならその情報の出元は、中国の警察しかありえないからだ。.

「恥ずべき犬」に思い知らせてやろうと、中国のわたしの実家への地図や、電話番号も投稿されていた。これは大変なことになったと思った。脅迫電話が何本もかかってきた。なんて皮肉なんだろう。わたしはまさにこういうことを防ぎたくて行動したのに。しかもターゲットはわたしなのだ。

翌朝わたしは母に電話した。母は、脅迫を受けたので父とともに隠れていると言った。そして電話をかけてきてはいけないと言った。それ以来、両親とのコミュニケーションはショートメールでしか交わしていない。やがて実家の写真がネットに掲載され、玄関には糞がまかれていた。より最近のものでは、窓が割られ、ドアには汚らわしいポスターがかけられていた。わたしの出身高校ではわたしを非難する集会が開かれ、わたしの卒業が取り消され、愛国教育を強化したとも聞いた…。

Caught in the Middle, Called a Traitor
ワシントンポスト 08年4月20日(英語)


gwang4.jpg

gwang1.jpg

gwang3.jpg

gwang2.jpg



banner_03.gif
この記事へのコメント
 この中国の若者のバックに、何があるのか分かりませんが、カルフールにも飛び火していますね。
 戦前の日貨排斥も、全く同じ図式です。其の時アメリカは、積極的(或いは主犯かも)に中国の側に立って、日本叩きを行った。
 中国人と言うのは、阿Qから一歩も進歩していないのだろうか。
Posted by 八目山人 at 2008年04月21日 10:46
一種巨大なイントラネットともいえる中国のインターネットでこの手の情報が流れてしまうのは中国当局の黙認があるとも考えられます。
電子的な文革が進行中なのでしょうか。とにかく現状ではまともな話し相手とは思えません。

そういえば以前から偉そうに「東アジア共同体」とか提唱していたカンサンジュンとかいう男は、いつの間に意見を変えたのか、週間現代で「中国との外交に日韓が協力して当たれ」とか書いてました。
何なんだろうこの節操の無さは。
Posted by ふとん at 2008年04月21日 11:13
文革の時代、粛清されていった人々がどんな目にあったのか彷彿とさせる話ですね。

王さんにこれ以上危害が及びませんように。

Posted by さら at 2008年04月21日 11:25
 文革当時、中共の大衆心理としては「真ん中だ!真ん中だ!」というものがあると聞きました・・・或る政治的な運動というか、騒動が始まった場合、その政治的な運動の先鋒に立った連中はその運動が一段落した段階で粛清というか、処分される。その運動の最後尾にいると、運動の最中に不熱心として処断されてしまう・・・そこで、運動後にも生き延びるに真ん中には位置し、みんなと一緒になって動き回り、運動が収束するのを待つ!中共という「密告社会」で疑心暗鬼にさいなまれながら生き延びるための一般大衆の知恵なんでしょうか?ね・・・それは文革当時も現在も何ら変わらないのでしょう・・・まして王さんは最後尾にもいなかったのでしょうしね・・・皆と一緒になって王さんを叩くことで、俺は皆と同じだ!と、潔白の自己証明をしながら生き延びる中共大衆の悲しい性なんでしょうか?ね・・・ところで、北京五輪は開催できるのでしょうか?ね・・・いずれにしても今日の事態は中共の自己崩壊の兆しとしか見えませんね・・・こんなお国が国連の常任理事国だなって信じられませんね・・・araさん!是非とも解説してくださいよ!
Posted by 隣国を心配す at 2008年04月21日 12:34
一度タイトルを間違ってトラックバックを送ってしまったので、タイトルを直してもう一度トラックバックし直しました。

すいませんが、最初の方のトラックバックは削除してもらえないでしょうか?ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
Posted by Baatarism at 2008年04月21日 12:47
つまり、この出来事も文革も戦前の日貨排斥もかの国では正常運転だったってことですか?となると結論は、「悪友を親しむ者は共に悪名を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」というところでしょうか。
Posted by jtake at 2008年04月21日 13:03
一枚目の写真のヒステリックな人間の表情。

これこそが中国人のDNAに入っている要素なんでしょうね。

キチンと人権を理解している同国人をあの表情で追い込む‥‥‥‥‥‥。

我が国に寄生している朝鮮・韓国人とその朝鮮・韓国人を擁護する人間も同じ表情をしますね。

文革は中国人が思っている以上に中国人の未来を破壊する虐殺革命だったと言う事が証明され始めましたね。

多分、中国人に未来はないのかも知れません。
Posted by Gine at 2008年04月21日 13:34
逆にいえば、このような人がメディアに出てきてないのは奇跡的ですらありますね。
中国の洗脳教育と、恐怖による統制は凄まじいものなんだと実感です。
彼女の考え方は日本をはじめ欧米など民主主義の国の人には自然な考え方だと思うのです。
中国国内で働いているそっち側の人たちは、何も本音を言わずに淡々と生きているのでしょうね。大変だ。
Posted by とうふ at 2008年04月21日 15:26
美人なので応援したいと思います。
Posted by - at 2008年04月21日 16:35
この様な情況を見るにつけ、最早「中国人民」の真の「解放」は金輪際無理じゃないかと思えて来ます…例え明日にでも中共が滅亡したとしても。

似非愛国心と言う麻薬は、彼らの骨の髄まで蝕んでいる様です。

これが愚民化政策の齎す結果なのですね。
某半島以上にイッちゃってる感じがします。
流石宗主国サマですなぁ。
Posted by k.c at 2008年04月21日 18:15
1枚目の写真に映ってる、歯をむき出してわめいている連中は米国にいるわけですよね。米国の自由な雰囲気の中で暮らしながら、洗脳から抜け出せない、あるいは中国人というDNAを捨てきれない、悲しい人々ですね。
というか、恐怖を感じます。こんなのが13億人もいて、どんどん世界中に飛び出している。日本にもたくさんいるわけです。

中国経済はやがて破綻するでしょう。そのとき何が起きるでしょうか?
内部でやり合うだけなら「お好きなようにどうぞ」と言えるわけですが、それでは収まらない。多分これまで以上に日本にもやって来る。それを許してはなりません。移民とか難民とか、受け入れることは日本という国家の消滅につながります。
Posted by 山本和夫 at 2008年04月21日 21:29
何が恐いって、人間が虐殺されているのに、その国の人間から一切政府批判が行われない事。

中国人恐い…
Posted by at 2008年04月22日 03:17
だから王さんがいるじゃない
Posted by puhui at 2008年04月22日 14:12
【長野聖火リレー】ペットボトルを投げる支那人
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee153227

聖火リレー 長野駅前モニュメントを占領する中国人
http://www.youtube.com/watch?v=0pfyGRV-t_8
Posted by 名無し at 2008年04月29日 18:41
「もう警察は信用できない!これからは入管の時代だ!
〜中国人テロリストを国に帰してあげよう。みんなにもできる通報マニュアル〜

1.初級編
基本的に留学生用のビザでの就労は認められないため資格外許可を取らないといけません。
結構手続が面倒くさいので許可を取ってない留学生が沢山います。
アルバイトをしている中国人を見かけたら通報しましょう。

2.中級編
なぜか中国人は中国人がいるところでしか食事をしません。よって中国人のたまり場は不法入国者だらけです。
中国人を見かけたら店名を示して通報しましょう。最近では牛丼屋さえも中国人に占拠されているようです。
中国人経営の中華料理店などに多いので、ついでに保健所にも通報すると幸せになれます。

3.上級編
駅では工場などが中国人労働者を送迎をしています。そこでは大量の不法入国者が群れを作っています。
中国人を送り迎えしているバスを見かけたら、企業名をメモに控えて通報しましょう。」
Posted by 名無し at 2008年05月03日 05:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


ネット近衛兵?
Excerpt: 米ノースカロライナ州の大学で、チベットを支持する学生グループと中国政府を支持する学生グループとの衝突を回避するため、仲裁にあたった中国人女子学生が、その後、インターネット上で「売国奴」と糾弾され、言..
Weblog: Baatarismの溜息通信
Tracked: 2008-04-21 12:41

ネット紅衛兵?
Excerpt: 米ノースカロライナ州の大学で、チベットを支持する学生グループと中国政府を支持する学生グループとの衝突を回避するため、仲裁にあたった中国人女子学生が、その後、インターネット上で「売国奴」と糾弾され、言..
Weblog: Baatarismの溜息通信
Tracked: 2008-04-21 12:44

[チベット]止まらない中国人のイメージ 王蟲化した人々 
Excerpt: ◆一日一チベットリンク運動/Eyes on Tibet 昨日の記事のイメージってこんな感じ↓ 驀進する憤青。 ええと。あとで記事書きます。 ◆◆ まぁ大海嘯はすごい怖いんですが、この光景も恐ろしいな..
Weblog: あんとに庵◆備忘録
Tracked: 2008-04-23 01:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。