2008年04月30日

北朝鮮変動の兆候

先日福田首相が訪露したおりに、プーチンさんが妙にはっきりと北朝鮮を非難する態度をあらわしました。

ロシアのプーチン大統領が26日の福田康夫首相との首脳会談で、北朝鮮による日本人拉致事件について「許せない行為だ」と述べ、かつてない強い口調で北朝鮮を批判し、拉致問題解決に向けての協力を惜しまない考えを示していたことが明らかになった。北朝鮮に隠然たる影響力をもつロシアの首脳の「怒り」が、北朝鮮を動かす圧力になる可能性がある。

プーチン大統領「北朝鮮許せない」 拉致問題に“激怒” 日露首脳会談
MSN産経ニュース 08年4月29日



もっともこの記事によれば、

日露関係筋は「拉致問題でロシアが真剣に北朝鮮の尻をたたくとは思えない。北方領土問題で日本側を懐柔するために、日本を後押しするポーズをみせているのではないか」と指摘している。


ということですが、北を餌にして日本を釣るのだったら、正直今ではなく、拉致問題の解決を最優先課題とする一方で、「自由と繁栄の弧」政策でロシアを牽制していた安倍政権時の方が篭絡しやすく、効果も大きかったように思います。

福田さんは、確かに以前からなぜかロシアに対してだけは強硬派なのですが、何しろレイムダック状態ですし、それに正直拉致問題に力を入れていません。たとえポーズだとしても、北朝鮮カードを切る相手として最適とは思えません。

プーチンともあろう策士が、なぜそんなタイミングで北朝鮮を安売りしようとするのか?そう考えると、あるいはプーチン大統領は、北朝鮮株が暴落するというインサイダー情報でもつかんでいるのではないかと勘ぐりたくなります。

その兆候は他にもあります。

北朝鮮をめぐる状況は、米ブッシュ政権の弱体化で、もう長らく北にとって好ましい方向に推移していました。北朝鮮に埋蔵するレアメタルの存在が脚光を浴び始めるなど、北への妥協により得られる利益も強調され始めていました。そして先月、アメリカの融和的姿勢は頂点に達しました。

北朝鮮のプルトニウム申告でテロ支援指定を解除か、米国
CNN 08年4月12日


米政府、核計画の検証完了前に対北朝鮮制裁緩和も
ロイター 08年4月18日


対北最強硬派の一人であるボルトン前国連大使は、検証手段なしの合意に踏み切ろうとするブッシュ政権の態度を、北への降伏だと非難しました。

Bush's North Korea Capitulation
WSJ 08年4月15日(英語)


ブッシュ政権のやり方を、クリントンやカーター政権と同列視するボルトン氏の主張は、ブッシュ大統領にとって最大限の侮辱です。

しかしここで、ブッシュ政権は唐突にUターンします。



去年9月にイスラエルが空爆したシリアの核施設への北朝鮮の関与は前々から疑われてきたことです。なぜその発表が今このタイミングでなくてはならないのか、また発表内容の信憑性そのものについても、強硬派の中ですら首をかしげる人がいます。

とにかくアメリカは、対北融和による合意という選択肢を、この発表で、それこそ不可逆的に破棄してしまいました。弱腰と見られることを何より嫌うブッシュ大統領が、黙って北朝鮮に妥協するとは考えにくいことでしたが、それにしてもなぜここまでの力技に出たのかどうも解せません。

これまで粛々と進めてきた対北融和を唐突に反故にしてしまったブッシュ。そしてやはり唐突に拉致問題に激怒してみせたプーチン。“ビッグボーイズ”たちの態度の豹変ぶりは、北朝鮮で何かが起きる前兆のような気がしてなりません。

banner_03.gif
この記事へのコメント
日本のように鈍感な首相や政府を相手に重要な暗示を行ってもあまり意味はないでしょうから、
アメリカ向けの暗示なのではないでしょうか。
Posted by hydroponic at 2008年04月30日 10:50
 北が、露の言うことを聞かずに、何か勝手な事をし始めたからではないでしょうか。
 言うまでもない事かも知れませんが、日本に対し「拉致問題解決に向けての協力を惜しまない考え」などは、さらさら無いでしょうね。
Posted by  伊郷五十八 at 2008年04月30日 12:18
プーチンには中国への牽制というニュアンスもあるように感じます。
Posted by 妖怪 at 2008年04月30日 13:01
普通に北朝鮮の崩壊のカウントダウンだと思いますね。それに備えて、これまで融和的でさえあった北朝鮮の現政権との関係を切替えるためのアリバイ作りと予告でしょう。
その場合の分岐は2つ。二択と三択。

・北朝鮮の崩壊を待つか、積極的に崩壊させるか。
・崩壊後の北朝鮮から距離を置きたいのか、手を突っ込みたいのか、
 或は、中国の独占さえ阻止出来ればいいのか。

崩壊を待つつもりならアリバイ作りは不要。従って少なくとも崩壊を促進する行動に出ると思います。崩壊後に距離を置きたいならば、崩壊を促進させる必要はない。露助は出来れば手を突っ込みたく、米国は中国の独占阻止あたりではないですかね。

日本は拉致被害者を取り戻す(生きていれば)。後はレアメタルの配給に預かれれば良いので米露中の合同支配がベスト。米が静観し露中支配になった場合は、被害者救出の上でこのプーチンの言葉が生きてくる。悪いことじゃないです。

東アジア戦略上の要衝から外れることの吉凶は判りません。
Posted by 小野まさ at 2008年04月30日 13:03
そもそも、本当に北朝鮮のテロ支援国家指定は解除されそうだったのでしょうか。
以前にも何度もマスコミからそういった情報が出てきましたが、その度にヒル氏などから「そんなことは言っていない」と言われる有様でしたので、一部ネットなどでは「またデマだろ」「どうせ北の関係者が言っただけだろう」などと言われていましたし、僕も信じていませんでした(笑)

妖怪氏の言われる通り、福田首相との合意の中には原油採掘施設の共同開発などが盛り込まれているのですが、はっきりと「中国の原油価格操作を阻止するため」とか「牽制するため」と報道されてましたし、ロシアは中国包囲網という意味で乗り気なのでしょう。
Posted by 名越し at 2008年04月30日 13:46
証券会社のファンドマネージャーが、世界的な穀物の高騰で北が近々臨界点に達するのではと言っていました。
うーむ、福田総理のボーナス発言も考えると意味深ですね。
Posted by 七曲 at 2008年04月30日 14:04
>oribeさん
この辺も参考になるかと。

http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/N28474535.htm
Posted by 名越し at 2008年04月30日 16:57
 MD(ミサイル ディフェンス)で西側諸国には批判をしているロシアだが、日本のMDについてはロシアは批判めいたことは一切言っていない。
 北方領土には一悶着あるが、こと軍事に関してロシアは日本を軍事的脅威とみなしていない気がする。
 これは日本に対するリップサービス、少なくとも日本と交渉の余地はあるし、日本に軍事的脅威は感じていない、そういうサインじゃないかな。
 
Posted by ゆっぱない at 2008年04月30日 17:25
1ヶ月くらい前だったか、北朝鮮が中国経由でドイツから心臓手術用医療設備を輸入した、というニュースが流れていたのを思い出しました。

金正日の病状悪化という線もありでは?
 
Posted by 佐助 at 2008年04月30日 20:02
フランスでも北朝鮮にフランス人が拉致された事が新聞で取り上げられましたよね。
つい最近の話題なので調べたらすぐ出てくると思います。
Posted by at 2008年04月30日 20:21
ついこの間、2月でしたっけ、北が短距離ミサイルぶっ放したときも、相手にされなかった。結局、北に篭絡されたヒル主席代表がとり繕ってきたけど、核開発の申告書をいつまでたっても出さないから、ブッシュもやっと気が付いたんだと思うよ。北朝鮮に約束という文字はないってことを。無視することが一番応えるってことに。それにしても懐かしいですね。あの六カ国協議って何だったんだろう。ヒルさん、何に吸い付いておかしくなっちゃったんだろう?
Posted by KH at 2008年04月30日 20:34
>去年9月にイスラエルが空爆したシリアの核施設への北朝鮮の関与は前々から疑われてきたことです。なぜその発表が今このタイミングでなくてはならないのか...

私も全く同じように感じました。
今でもなぜか分からないのですが・・・。
とにかくヒルさんたちがやっていること、理解できません。
Posted by sunny at 2008年04月30日 21:49
>日本のMDについてはロシアは批判めいたことは一切言っていない。

ロシアの議会で非難決議が前にあったんじゃないかな?

斎藤統合幕僚長訪露をめぐる日露のマスコミの温度差
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804124774/1.php

こんなのもありますね。

ロシアが真剣に日本の拉致問題を非難したいと思っているとは思えません。
ロシアの石油だかガスだかの開発に投資して、根こそぎ騙し取られた事がありました、今回も開発に金をだすとか福田は決めたそうですが、お金を出させるのが目的なんじゃないですか?
そしてまた騙し取られるという・・
Posted by まる at 2008年05月01日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/95167115
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。