2008年05月24日

切ない告白

オーストラリアの女性サイトで見つけた、仕事のために不妊を装った女性の告白です。

+++++++++

わたしの恋愛対象はずっと仕事でしたが、31歳のときに数年間の付き合いを経てすてきな男性と結婚しました。

サムはすぐに子供を欲しがりました。でもその頃わたしは仕事に夢中で、また仕事がうまく行っていたので、何年か待つように彼を説得しました。彼はその後も子供のことを持ち出し、わたしはまだその気になっていなかったものの、やがて子作りを始めることに同意しました。

わたしは葉酸とカルシウムを多く摂り、アルコールをやめました。でもわたしは、密かにピルを飲み続けていました。申し訳ないとは思いましたが、もし今妊娠すれば、仕事を失うことになるからです。そうすることがお互いの幸せのためだと考えていました。それに、その頃わたしはまだ34歳で、子供を持つのは、仕事で成功してからでも遅くないと考えていたのです。

サムは喜びました。彼はわたしたちの「子供」のためにベビー用品を買い始め、どのベビーベッドがいいか、どのチャイルドシートがいいか、どのベビーカートがいいかをリサーチし始めました。私は悪いとは思いましたが、その頃また昇進したこともあり、仕事に没頭することで嘘をついていることを忘れました。

毎月生理が来るたびにサムは落胆し、わたしも落ち込むフリをしました。彼はわたしのために子作りに効くビタミンいっぱいの食事を作り、妊娠しやすくなるというアロマオイルを焚いたりしました。1年ほど「失敗」が続いた後、サムは医者に検査してもらおうと提案しました。わたしは拒みましたが、最後には承諾せざるをえませんでした。

子宝を待ち望むカップルに囲まれて待合室で待つのは、最低の気分でした。わたしは医者に嘘をつき、さまざまなテストを受けました。そして我慢の限界が来ると、サムの前で泣き崩れ、検査を受けるのは屈辱的で、自分が欠陥品のように思えてくると訴えました。わたしは罪の意識でいっぱいでした。サムはいつものように理解があり献身的でした。彼に嘘をつくのは本当につらいことです。

サムはあらゆる手段の「自然治療」にお金をつぎ込む一方で、わたしの仕事はより忙しくなり、わたしたちはストレスからよく喧嘩をするようになりました。サムは、仕事ばかりして体に負担をかけるわたしを責めました。しかしやがてわたしたちはいがみ合うことをやめ、子供を持つことをあきらめるに至りました。

今わたしは46歳で、もう子供は作れそうにありません。友人の子供たちと遊んでいるときのサムの悲しげな表情を見ると心が痛みます。さらに心苦しいのは、子供のいない可愛そうなわたしの夫が、わたしに同情する表情を見せるときです。彼はわたしの罪の苦しみを、彼に子供を与えられなかった苦しみと誤解しているのです。

それほどに大事な仕事などありません。せめてそのことに10年早く気づいていれば。

I faked infertility to keep my career



banner_03.gif
この記事へのコメント
転載するだけでなく、ちょっとコメントしておいて欲しいです。
Posted by at 2008年05月24日 12:08
一番大切なものが何か、この女性はまだ気づいてない。

哀れでそして愚かだ。
Posted by さら at 2008年05月24日 13:05
FOX のDr.ハウスで似たような話を見たような・・・。
Posted by にゅよ at 2008年05月24日 13:23
少子化って、女性の社会進出が原因ですよね…こういうのを見るとホントそう思います。
昨日の男女差別、人種差別の話にも繋がるような気がします。
Posted by 名越し at 2008年05月24日 14:52
お金がない、時間が無い、だから(これ以上)産めない、とはよく聞きますが、なんだかんだ理由つけても結局は、この人みたいに自分の(または夫婦で)やりたいことにお金と時間を全部つぎ込みたい。
逆に子供を持ったら、育てるのにお金と時間が取られて、自分の人生それだけで終わっちゃう!もったいない!損じゃないか!手作りのご飯を作る?そんなの面倒!レンジでチン!
こんな感覚の人達に国が子育て支援でお金をかけても無駄。全自動子育てロボットを支給します、とかにならないと、いや妊娠中が不便!とか言いそうだな。
Posted by   at 2008年05月24日 15:44
この方は自分がほしかったものを手に入れた後で、間違いに気づいて後悔してるのかな。
でも、仕事を諦めて子供を持ったとしても、きっとまた違う後悔をしていたのでは。
キャリアに正解はないんじゃないかなぁ。
特に女性は選択によって大きくキャリアが変わってしまうし。
この方を責めるべきは、仕事を選択したことではなく、夫を裏切り続けた事だけだと思う。
Posted by あいうえも at 2008年05月24日 16:19
女性が子供を産める年齢には上限があり、そしてその産める時期はキャリア形成の時期と重なる。

そして男性と同様にキャリアの先が見える年齢になったときに、もう子供を産めないことに愕然とするわけですな。
Posted by 渡辺 at 2008年05月24日 16:29
嘘をつき続けて得られるものは、後悔だけだったということでしょうか・・・

この女性は、嘘をつくのではなく、夫と話すべきでしたね。
Posted by 紫電 at 2008年05月24日 17:57
もっとも誠実であるべき相手に対して嘘をつき続けたこの女は地獄に堕ちるであろう。
ここまで来たら半端な後悔などせずに突っ走ってほしいものである。
Posted by 小野まさ at 2008年05月24日 18:15
コメント欄の酷さが敬語でいっそう引き立って見えるのは気のせいだろうか
Posted by 野分 at 2008年05月24日 20:45
 自分もかつては子供であった、その自分を産み育ててくれたのは他ならぬ自分の親であった、その事に思いが至らない「子供のままの親」が増えているような気がします。
 毎晩息子の為に夕食を作っていますが、「ごちそうさま」とも「おいしかった」とも言われたことはありません。でもいつの日か、彼が親となった時に私の作った食事の味を懐かしく思い出してくれるのであればそれでいいと思っています。妻に家事を任せっきりにしていた頃は、こんな気持ちにはなれませんでした。
 うまく言葉で説明できなくてスミマセン。
Posted by . at 2008年05月24日 22:29
いや、「ごちそうさま」はちゃんと言うように躾なきゃダメでしょ。
Posted by ナナシ at 2008年05月25日 00:00
サムの立場を思ったら涙が出そうになった。
サムは子供を奪われたんだ。
後悔しているのなら、今からでも養子を取って、
サムに子供を育てる機会を与えて欲しい。
Posted by 自転車泥棒 at 2008年05月25日 01:04
旦那がかわいそうなんだか、そんな罪を背負った自分がかわいそうなんだかよくわからんな。
もっといえば、誰のため、なんのためにわざわざそんなウソをつき続けたんだかな。

まあこういう了見じゃ子供持っても苦労するし最悪子供を不幸にするだけかもしれんしな。
Posted by 鈴木 at 2008年05月25日 04:43
むしろここまでやったんだから
今更悔やむよりも、仕事をがんばって欲しいけどね
上にもあるけど当時の気持ちで子供をつくっても、今の逆みたいな後悔をしてるよ
Posted by at 2008年05月25日 10:21
えーっと、よく判らないのですが、
サムさんが仕事を辞めて主夫宣言してくれれば、解決できたのでは???
日本以上に男性権力の強いオーストラリアでは無理でしょうか?
Posted by あら座 at 2008年05月25日 11:56
自分が少しでも楽になりたいのか、告白してるのが腹立つな。
この写真は・・・モデルか・・・それでもサムが気付いちまったらどうする。
ここまで来てしまった以上「最愛の妻が自分を騙し続けていた」という事だけは知られてはいけない。子供を得る可能性を奪われたことではなく、相談して貰えなかった、即ち、信頼されていなかったという事がサムを打ちのめす。

元記事で寄せられてるコメントを機械翻訳を併用して少し読んだけど、曰く「嘘はダメ」「最早サムに知らせるな」「キャリアを選ぶのは良いけど、他の人を巻き込むな」「貴女は酷い母親になったろう」とな。他国の人も我々と同様の感想を持っている様で何か安心した。

それにしても、そんなに打ち込める仕事って何だ?
子供がハンデになるなら雇われ仕事だと思うけれど興味あるね。

後、子供の居る女性(妻の居ない子持ちの男性)は、何かと仕事の上で周囲に負担掛けるかも知んないけど、周りは甘受するという感覚じゃなく、進んで支援すべきだと思うんだ『こいつは人類とか民族の義務を余計に負ってくれてるんだからな』って。企業も人材確保とかイメージアップとかの浅薄な理由じゃくて、もっと高い意識で支援すべきだな。少子化が進む日本なら尚更・・・等と、先日「うさぎドロップ」を読みながらそう思った。
Posted by 小野まさ at 2008年05月25日 12:46
何十年か前に起こったウーマンリブの運動以来、女性は男性と同等の権利と自由を勝ち取ってより幸せになったかのような印象があるけれど、それは錯覚じゃなかったのかな。本当にそれで女性は(男性も)幸せになったのかな・・。

この女性もその錯覚に陥っている多くの女性のうちの一人、フェミニズム信仰の犠牲者だと思います。 
Posted by sunny at 2008年05月25日 13:59
なまじ頭が発達した人間は、本来の動物として自然な大事な事がイデオロギー、思想などで頭が乗っ取られてしまいます。歳を取り死ぬに当たって人生幸せだったと思う事は、多くの孫、子供に囲まれてオバーちゃん死なないでと泣かれる事ではないでしょうか?人生の真実の一つだと思います。キャリアと両立できない性格、能力、チャンスの場合は子供を優先するのが自然と思います。主婦で良いのです。なぜ主婦がいけないのでしょうか?社会的にも、例えば大会社部長になって子供を生まないで終われば、長い老後に社会的な負担は増し、社会貢献は個人の人生でマイナスの可能性も大きいハズです。この方のように遅くなれば子供を望んでも体の問題で叶わない人も多くいます。本来18−20代始めに生むようにできているのです。自分がこの世にいる事は、両親を含めて先祖が大変な思いをして命を継いで来たからです。この流れを自分が絶つ事の意味を考えるべきです。子供を生み育て朽ち果てるのが自然です。社会もそれで回るようになっているのです。人間の自然を壊すエセ思想に頭を改造されない事が重要です。
Posted by kaosyun at 2008年05月25日 16:59
kaosyun さん

それも極端な。人生の幸せは人それぞれ。
引き籠って、ゲームに一生を費やすのも、家が裕福で誰にも迷惑を掛けないならアリだ。
不思議に配偶者に縁がない人も居るしな(俺とか)不満はあっても不幸であるとは思わない。そこそこ小金もあるし独りで死ぬ覚悟をしています。配偶者を得るために自分を曲げて、似合わないことや不向きな努力をする方がイ・ヤ・です。自分で自分は偽れない。

極端な話をすると、仮に「俺は一流の殺人者になって、心から好きな殺人をやりまくりてえ」ってキラキラ目を輝かす人が居たとしたら「僕は狙うな」位は言うけど、その前向きで求道的な姿勢に好感を持ってしまうかも知れない(多分持つ)。そいつは思いっ切り他人を巻き添えにする訳だが、よー考えるとビシネスでも恋愛でも敗者は出る訳だから大差ないなと。

元記事の告白の女性は、最大の味方を騙して巻き添えにしている点で不誠実なのであって、一概に他人を害する人生が駄目とも言い切れない。どうせ僕等は生きているだけで他人を害しているのだから。

社会負担に関しては自分は不甲斐無いなと思い、子供を育てている方に感謝しています。
税金を結構取られてますが不満を感じた事はありません。
Posted by 小野まさ at 2008年05月25日 17:41
今からでも旦那さんに事実を告白して、その結果彼が離婚したがったら、彼を自由にしてあげてはどうなんでしょうね?
男性の生殖期間は女性より20年ほど長く、旦那さんが何歳か知りませんが今からでも再婚してパパになれるかもしれないし、もしくは子持ちの女性を伴侶にして、子供のいる家庭の主になれるかもしれない。
Posted by ふみ at 2008年05月25日 21:42
身につまされますねぇ。このくらいの人生の意図しない失敗は、ままありますよ。ドンマイ、ドンマイ。一番の自責の念は、彼を騙し続けたことでしょう。これは率直に彼に伝えないと、心の痛みは癒されません。その上で彼が許してくれたら、養子をもらうと言う方法もあります。頑張って下さい。→オーストラリアの女性
Posted by trma at 2008年05月26日 14:13
仕事を選ぶにしても、子供を持つにしても、どちらも当時の彼女にとっては嘘をつかなければできないことだったんでしょう
「それほど大切な仕事」を単に子供を産むことと解釈するのはどうかと思いますが
Posted by at 2008年05月26日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL


【チャイルドシート】についてブログでの検索結果から見ると…
Excerpt: チャイルドシート をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
Weblog: おまとめブログサーチ
Tracked: 2008-05-25 04:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。