2008年05月30日

「地震外交」の愚

四川大地震で中国が日本に軍の派遣を要請しました。

このニュースは海外でもそこそこ大きく報じられていて、欧米のメディアは一様に好意的に伝えています。しかしながら、欧米メディアの報道には、ある種案の定ともいえる嫌な傾向が垣間見えます。

この出来事がニュースバリューを持つ理由は、日中関係がギクシャクしているからに他なりませんが、それについて欧米の主要メディアは、ほぼ例外なくこんな風に述べます。

日中関係は、2001年から2006年にかけての小泉政権時代に、戦中の日本の暴虐について、被害者の気持ちをさかなでる象徴と批判されている靖国神社を参拝をしたことで冷却化した。

Japan military to provide China quake aid
Reuters 08年5月28日(英語)


これは必ずしも間違いとはいえませんが、大きな文脈を無視しており、その結果事実をねじ曲げてしまっています。

小泉首相の靖国参拝は、日中関係を悪化させた原因ではなく、関係悪化の現れ、結果のひとつに過ぎません。日中関係は、それ以前から極度に冷え込んでおり、それを引き起こした最大の要因をあげるとするならば、江沢民政権の極端な反日姿勢に行き当たります。

そのことを無視して、あたかも小泉首相の靖国参拝さえなければ、日中関係は安泰だったかのような視点に立てば、その後に続く論調は自然とこうなります。

靖国参拝をしないという、小泉氏の2人の後継者の賢明な判断と、中国のより実利的なムードにより、小泉首相の退陣以降、両国関係は急速に好転した。しかし今もタブーは残る。戦中の暴虐(特に南京虐殺)を認めようとしない日本の態度。自衛隊のより積極的な活動に対するアジア諸国の警戒感。第二次大戦に関して、双方に見られる自己の見解に固執しようとする態度。そうしたことが、両国の本当の政治的な協力を難しくしている。中国と日本は、お互いに猜疑心を抱いている。

しかしながら自然災害は、硬直した政治的対立を一蹴する力を持つ。ギリシア人とトルコ人の長年にわたる対立は、それぞれの国で起きた2つの地震により解消され、大きな共感の中で互いの見方を改めるに至った。中国の災害も、日本との関係を変える契機になるかもしれない。今こそアジアのヒューマニティを発揮するときだ。胡氏は勇気ある決断をした。今度は日本がお返しするべきだ。

China and Japan: earthquake diplomacy
China's invitation to Japanese troops will change relations in Asia
TIMESONLINE 08年5月29日(英語)


お金と時間をかけて、場合によっては隊員の生命を危険にさらしてまで援助し、さらに「お返し」までしなくてはならないのだそうです。

最新のニュースによると、結局胡氏は勇気ある決断を撤回したようなので、お返しできなくて残念です。

banner_03.gif
この記事へのコメント
派遣をめぐるゴタゴタは、中国の「国内問題」でしょう。

四川地震の真実1 日本部隊の早期帰国
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080525089995_1.htm
四川地震の真実2 人民解放軍とリスク
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080525089999_1.htm
四川地震の真実3 核施設・伝染病
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080525090002_1.htm
Posted by 戦勝国面の欧米メディア at 2008年05月30日 08:40
そりゃ江沢民よりは子均等のほうがマシかもしれんけど。
早く北京と上海と分裂して自立していけばいいよ。
Posted by 寄付はチベット関係機関にしました at 2008年05月30日 09:23
欧米系新聞でも記者の国籍及び民族も見ておかないといけないかも知れないです。タイムズの大西氏のように。
Posted by あら座 at 2008年05月30日 10:04
■毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる■
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1211846778/l50

毎日新聞のWaiWaiというのは、Ryann Connellなる人物が、『実話ナックルズ』、『日刊ゲンダイ』、
『夕刊フジ』等、日本のタブロイド誌から、刺激的なエロ記事ばかりを「クリエイティヴに」翻訳して
紹介するという趣向のコーナー。

「六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」
ttp://www.cakehead.com/archives/2007/09/bestiality_rest.html
というような、『実話ナックルズ』からの真偽不明なエロ記事や、
「日本軍は南京大虐殺の集団から、小児性愛家の軍隊に変貌した」
ttp://wikiwatcher.iza.ne.jp/blog/entry/271153/
というような反日記事が、毎日新聞のサイトから毎日毎日大量に配信され、それを反日外人や
中国人・韓国人が世界中のフォーラムに転載し、日本人に対する人種的偏見を増幅するための
手助けとなっています。

このような事態に対し、有志が抗議を行っていますが、毎日新聞は記事の責任を負わないと明言し、
このConnellなる人物も、これはただの翻訳なんだと開き直っています。
つまり日本を代表する新聞が、責任を放棄した上でデマをタレ流しているという状況です。

このような毎日新聞の姿勢に対し、以下のような行動で対抗するべきだと考えます。

1.毎日新聞英語版のこのような事態を、2ちゃんやブログを通じて日本国民にもっと知らせる。
2.毎日新聞に対し、メール・電話・質問状などを通じて抗議する。
3.他の新聞・雑誌に、毎日新聞英語版のこのような現状を記事として取り上げてもらう。

毎日新聞英語版WaiWaiを潰すために、ご協力をお願いします。

「毎日新聞WaiWai問題」に関し、詳しくは↓
ttp://rockhand.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_6f5f.html
Posted by ぼにょ at 2008年05月30日 13:22
>そのことを無視して、あたかも小泉首相の靖国参拝さえなければ、日中関係は安泰だったかのような視点に立てば、

これは日本の新聞やテレビでさえそのように報道し続けているので、海外メディアならなおさら、って感じです。
うちは読売を取っていますが、日中関係の記事には枕詞のように「小泉元総理の靖国神社参拝で悪化した日中関係」がついていました。江沢民時代にどんな反日政策が取られていたか、その実態を知っている日本人も少ないですし。
Posted by とし at 2008年05月30日 14:08
物事の本質を探らないで雑な見方しかできないなんて、メディアの仕事は世界のどこでも楽でいいですね。
Posted by かえる at 2008年05月30日 17:10
江澤民政権は何故そんなに極端な反日政策を執ったのですか。
Posted by . at 2008年05月30日 20:36
中国ロビイストの研究 Part2 − 山口百恵 天安門再デビューの策謀
http://jp.youtube.com/watch?v=tXgxDcN0EpI
【ここまでやるか、「日中友好」 − 胡耀邦が画策した「引退」山口百恵・天安門再デビュー】
中国でも絶大な人気を誇った日本の歌姫・山口百恵を"友好のシンボル"に利用しようと 画策した両国間の首脳パイプは、果たして日中関係に"真の"友好と発展をもたらし得る ものなのか? その実態に迫ります!
Posted by ZOC at 2008年05月30日 20:51
 10年前、上海で日本語の先生を遣っていた女性から聞いたのですが、テレビで毎日歴史ドラマを遣っているそうです。歴史と言っても70年前の。
 日本の水戸黄門や大岡越前の様な物で、悪代官は必ず日本軍です。結構視聴率は高く、内容を本当だと信じている人が大半だそうです。
 「これはフィクションであり、事実とは関係ありません。」と言うテロップを入れるよう、中国に申し入れてはどうですか。
Posted by 八目山人 at 2008年05月30日 20:55
物事の上っ面だけ撫で(た様なフリだけってのも相当多い様子ですが)自分に都合の良い記事を仕立て、ワケ知り顔で世にばら撒いて悦に入るマスゴミ体質は世の東西を問わず、って事ですか。

全くお気楽な商売ですな。
Posted by k.c at 2008年05月30日 22:39
>胡耀邦が画策した「引退」山口百恵・天安門再デビュー

胡耀邦は最終的には保守派に潰されて、最悪な亡くなり方をしましたね。
この人が無事だったら、少しは政治改革が進んだんじゃないかと思いますよ。
胡錦濤は、政治改革にはあまり熱心ではないようです。
それでも無事でいられるかどうか・・・
Posted by 胡耀邦か・・・ at 2008年05月30日 22:49
上記の記事、
 Reporting by Teruaki Ueno and Isabel Reynolds; Editing by Valerie Lee
だそうです。
この手の記事には必ず日本人(日系人?)が噛んでいる感じですね。嘆かわしい限りです。
Posted by / at 2008年05月31日 01:14
ああいう国ですから
現地の偉い人の思い付きで働かされて
それで問題が起これば「日本のせいだ」と言うと思うんですよ。
じゃ事前にやる事できる事を契約してというと、それはそれで「融通が利かない」と怒り出しそうだし。
人治の国ですからねぇ。
Posted by ト at 2008年05月31日 07:29
中国共産党の五輪ボイコットの歴史

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
     ■■開催期間中に核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)
2008年 北京五輪 「オリンピックと政治を結びつけるな」

署名「チベット弾圧への抗議」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1521.html

署名サイト
http://www.for-the-people-of-tibet.net/
Posted by 名無し at 2008年06月24日 23:10
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353−7111)に電話してみた。

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない
Posted by 名無し at 2008年06月24日 23:10
国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか?
http://jp.youtube.com/watch?v=pBra6bd_xfQ
中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-54.html
創価「チベット無視」か
都合勝手に加工した「平和」「人権」
チベットの惨状には触れず(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1476.html
胡錦濤と池田大作
走狗・池田大作と中国共産党(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1472.html

さようなら中華人民共和国
http://www.youtube.com/watch?v=SBX5tdC61e0&NR=1
Posted by 名無し at 2008年06月24日 23:11
「もう警察は信用できない!これからは入管の時代だ!
〜中国人テロリストを国に帰してあげよう。みんなにもできる通報マニュアル〜

1.初級編
基本的に留学生用のビザでの就労は認められないため資格外許可を取らないといけません。
結構手続が面倒くさいので許可を取ってない留学生が沢山います。
アルバイトをしている中国人を見かけたら通報しましょう。

2.中級編
なぜか中国人は中国人がいるところでしか食事をしません。よって中国人のたまり場は不法入国者だらけです。
中国人を見かけたら店名を示して通報しましょう。最近では牛丼屋さえも中国人に占拠されているようです。
中国人経営の中華料理店などに多いので、ついでに保健所にも通報すると幸せになれます。

3.上級編
駅では工場などが中国人労働者を送迎をしています。そこでは大量の不法入国者が群れを作っています。
中国人を送り迎えしているバスを見かけたら、企業名をメモに控えて通報しましょう。」
Posted by 名無し at 2008年06月24日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_03.gif
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/98497797

反日・四川を助けるな
Excerpt: どうやら中国が自衛隊機の派遣を拒否したようだ。流石は反日国家。しかも物資だけはよこせ、というのだから、日本もとことんコケにされたも...
Weblog: 憲法改正社
Tracked: 2008-05-30 15:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。